アート・工芸&インテリア

25 juillet 2020

FullSizeRender

11月に日本画の展覧会があります。
日本画はパネルに紙を貼って描くんだけど
そのまま飾るのもアリだし
額に入れる場合もあります。

今回先生は気合が入っているので
額装を希望する人は京都の額屋さんに
まとめて頼むことも考えているみたい。

それだと1点2万円くらいするらしいって
友だちは驚いていたけど
私も墨絵の展覧会に出していた頃は
2~3万かかるのが当たり前でした。
会場費もあるので何点も出すと大変だった。

でも今はそんなにお金をかけられないし
それ以前に自分で直接確かめられないのは嫌なのね。
絵は額装まで含めて作品だと思ってるので
額装にはこだわりがあるのです。
本だって装丁を含めて作品だもんね。

なので墨絵の額も
好みにピッタリのものを探して
やっと見つけたイタリアの額を
ずっと使ってたんだけど
廃番になっちゃったので困ってる。

絵は額装によって本当に見栄えが変わります。
合う額に入れると何倍もステキに見えるの。
私は自分が飾ることを前提に考えるので
洋室に合うさっぱりした額が好きなんだけど
シンプル過ぎるのも嫌なのよねえ。

で、日本画を額装するにあたっては
自分の中でハッキリとしたイメージがあって
それは色なんです。
私の絵には絶対にグレー。

ポップな色を使うので
グレーの縁取りで締めたいのです。
グレーなら金箔を貼った日本画らしい絵も
しっくりと収まります。

そう思って探したけどピッタリのものがなくてね。
シンプルなナチュラルカラーの額を見つけて
アクリル絵の具で塗ることにしました。
費用も3分の1で済みます。

猫のアート展もこの額でいくつもりなので
描く度に額も塗らなくちゃいけないけど
こういうところで妥協できない性分。
小学生の頃からそういうとこあったからなぁ。

いい額だからそのままでも十分なんだけどね、
敢えて塗っちゃう。面倒くさいけど。

FullSizeRender

ほら、似合うでしょ。
これ、元のままだと額が負けちゃうのよ。
これでやっとバランスが取れた。
やっぱり塗ってよかった。



20 juillet 2020


寝る前の過ごし方は大事だと
実感しているこの頃。
スムーズに眠りにつくためには
やはり睡眠に向けてリラックスした状態を
作る必要がありますね。

実は最近、不眠気味なんです。
以前はベッドに入れば1分で夢の中だったのに
この頃3日に1度くらいなかなか寝付けないの。
眠れなくて悩んでいる人の気持ちが
やっとわかったわぁ。

原因はわかっているのです。
寝る直前まで絵を描いてるから
アドレナリンが出まくって興奮状態なのです。
寝る前にスマホを見てはいけない
というのと同じだなぁと思う。
因みにスマホは平気なんだな。

ブルーライトがいけないというけど
寝る直前までPCをいじっていても
それで眠れないことはないのです。
ブログを書いていても平気なのよ。
文章を書いていて興奮することはないからかな。 

絵は文章を書くのと比べて高揚します。
目まぐるしく色んなイメージが湧いてくるし
じーっと眺めてたら突然何かが見えたりして 
脳が活性化する要素が多い気がする。 

今日は何もしないでおこうと決めて
テレビを見ながら気を紛らわせていても
チラ見してると色々気になることができて
つい手を加えたくなっちゃうのです。

いいアイデアが浮かんだ時なんて
今すぐにやらなければ気が済まない
という感じになっちゃって
寝る時間だというのに作業しちゃう。

そうすると案の定眠れなくなるのです。
眠れても睡眠の質は悪い気がする。
脳が興奮状態になっちゃってるからさ。

で、上手く眠れないと朝が辛い。
それなのに、ぼーっと起きた途端に
ピッカーンとイメージが降りてきて
今すぐ作業をしたくなっちゃうのよ。
今朝もその気持ちをぐっと堪えて
仕事に出ました。

これ、ほぼ病気だな。お絵かき病。 
この病気は当分治りそうにありません。



15 juillet 2020

FullSizeRender

昨日は「おいしい浮世絵展」の報道内覧会で
森アーツセンターギャラリーに行ってきました。

浮世絵の展覧会は度々開催されますが
江戸の食にテーマを絞ったこの展覧会は
なかなかユニークで見応えがありました。
当時の食事を再現した写真やレシピもあるの。

浮世絵はそのものの芸術性もさることながら
江戸の風俗が手に取るようにわかるのが
面白く興味深いところです。

食だけに絞ってもこれだけ彩りがあるなんて
江戸時代って本当に豊かな時代だったんだね。

この時代の浮世絵は庶民にとって
写真のようなもの。
鮮やかに彩色された浮世絵は
カラー写真のような位置付けだったのでしょう。
みんなワクワクしながら見たんだろうね。

ブロマイド的な役者絵から
庶民の日常のひとコマや漫画まで
浮世絵のモチーフは本当に様々。

精緻な筆致で描かれた絵には
絵師たちの気合いと心意気が見えます。
日本画を始めてからは尚更
絵師たちの絵の上手さに注目してしまう私。
あんな細い線を等間隔に描けるなんて
すごい集中力だわ。

そういえば江戸時代の古伊万里も
実にバラエティに富んだ絵付けなんだわ。
そこに惹かれて古伊万里を集めてたんだっけ。
江戸の職人はエネルギッシュだったんだね。

夜、フランソワに展覧会の話をすると
とても羨ましがりました。
彼は北斎が大好きでね、
浮世絵の展覧会は何でも行きたいタイプなの。

今月は東京都美術館で
別の浮世絵の展覧会も始まるので
「そのチケットもあるよ」と言うと
「行きたい!」と即答。
次のデートはそれだわね。



12 juillet 2020


文章を書くことと絵を描くことは
私のライフワークであり
私という人間を構成する主な要素です。

とはいえ、生業としているのは文章の方で
絵はたまに売れることがあっても
そちらはオマケのようなもので
お稽古も自分のお楽しみの範疇です。

仕事がコピーライターなものだから
文章を書いている時間が圧倒的に多いし
仕事以外でもこうしてブログを書いたりして
こっちはもう空気を吸うみたいに
毎日自然とやっていることです。

ところが、最近お絵かきが止まらないの。
いつか人形作りの神様が降りて来て
来る日も来る日も仕事の後で2時3時まで
作り続けていた時期がありました。

その頃、山岳民族の民族衣装の
ハギレを集めていたので
それを着せた人形を作りたくなってね、
座った状態で30㎝くらいあって
なかなか迫力があったのよ。

ジュサブローさんに憧れがあったから
成形した顔に縮緬まで貼って
動かせる手足にまで縮緬を貼って
めちゃ凝った作りでした。

そういう時って自分で作ってる感じがしなくて
何かに作らされてるみたいに勝手に手が動くの。
赤い靴を履いたカーレンみたい。
ついにストップしたのは
置く場所がなくなったからなんだけど
今それを作れと言われても作れない。

今、その時みたいに描くのが止まらないの。
どんどん描きたいものができて
毎日、夜な夜なお絵かきしています。
昨日なんて日本画のレッスンがあったのに
帰ってからさらに夜中まで描いちゃったよ。

レッスンではハシビロコウを描いてるけど
家ではドイツの知人の家の
お隣さんの犬ルーナを描いています。
頭の中に絵があってそれを再現してる。
3日かけて8割方できたかな。

もうお絵かきだけして暮らしたい
と思うくらい今描く方にシフトしてます。
そういう時期なんだね。

今日は書のお稽古で生徒さんが3人来ます。
お絵かきの衝動を強制的に止めないと
いつかパタッと描けなくなったら困るしね。



5 juillet 2020

FullSizeRender

上野の国立西洋美術館で開催されている
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展。
コロナ禍のため4か月遅れの開催、
完全予約制となっています。

私は昨日の夜の時間帯に観に行ったのですが
いやぁ、素晴らしかった。
何が素晴らしいって、展示物はもちろん
空いていてゆっくり鑑賞できたのがよかった。
予約制、最高。

友だちと私はいつもの如く名画を前に
「これは貰っておこう」とか
「これは要らない」とか言いながら鑑賞。
その中で、なんといっても素晴らしかったのが
一番最後に登場する本展の目玉
「ゴッホのひまわり」でした。

ゴッホは、それぞれ表情の違う
7枚のひまわりを描いていて、これは4枚目。
ゴーギャンが一番好きだと言ったそうだけど
確かに素晴らしいのひと言に尽きます。
魂が震えたよ。

近づいたり離れたりしながら
燃え立つような筆致をじっくり鑑賞。
なんて力強くて美しいんだろう。

黄色いひまわりの背景に黄色を持って来て
テーブルにも花と同じ色を使う発想。
そこにブルーの線を入れちゃうセンス。
欲しいわぁ、飾るとこないけど。

展覧会ではゴッホの7枚のひまわりを
写真で紹介していますが
この後に描かれた背景がブルーのひまわりも
私は好きだった。

ひまわりって描きたくなる花なのよね。
巨匠の作品を前に語るのは僭越ですが
私もひまわりは永遠のテーマなので
また描きたくなっちゃった。
絶対このひまわりの影響受けるな。笑

この名画はぜひ観た方がいいです。
この1枚のために展覧会に行く価値がある。
それほど素晴らしい作品です。

アートは観るのもやるのも面白い。
美術館に行けるようになって
本当に嬉しい。



3 juillet 2020


突然降って来た「猫のアート展」のお仕事。
やると決めて準備を進めながらも
手術だ何だでバタバタしていたので
イベント会社の人に正式なお返事が
できないでいました。

そしたら昨日の朝、
先方から電話がかかって来まして
次の催事が9月末から10月頭にかけて
札幌であるというのです。
タイミングも悪くないので
是非にとお願いしました。

ついにデビューだわぁ。
作品はF8が1点とF3が数点ということ。
それくらいならいけるよね。

私ね、墨絵は30年以上やってるのに
今ひとつ自信がないというか
納得がいかないんです。
個性を爆発させられないもどかしさがある。
どうしてもおとなしくなっちゃうのよ。

でも日本画だとなぜか個性が炸裂する。
滲みや濃淡が計算通りにいかない墨絵と違って
イメージ通りに描けるからかもしれません。
どうしたらいいかが本能的に分かって
私にしか描けない絵を描いてるという自覚があるの。

色をやるなら日本画って
ずっと前からぼんやり思っていたんだけど
それは岩絵の具の質感が好きだからでね、
実際私が自分で買った絵というのも
ほぼ日本画ばかりなんです。
先生のを入れたら大小様々7点買ったかな。

そのうちの1つは
私にしては相当高い買い物だった。
その絵を寝室に飾って
20年くらい毎日毎日見てたわけ。
猿の絵なんだけどさ、普通じゃないのよ。

そのイメージが焼き付いていてね、
バックの塗り方とか色の感じとか
いつか再現したいとずっと思ってたんです。
で、実際に真似してみると
ああ、こうやって描いたんだなって分かる。

日本画は初心者に毛が生えたようなものだから
知らないテクニックも多いんだけど
それはアートスクールで学びます。
先生の素晴らしい作品からも盗む。

伸びしろがあるのが自分でも分かるから
余計に面白いのです。



28 juin 2020


文字通り転んでもただでは起きなかった私は
新しい仕事に向かって準備を進めています。
昨日から色んなものが続々と届いてるよ。

オファーのあった百貨店の仕事は
小さいサイズが売れ筋だと聞いたので
F3号のパネルを12枚注文しました。

一緒にやるJちゃんも
そのサイズで描いたらいいかと思って多めに買った。
何しろ絵を描いていればご機嫌の私たち。
それがお仕事になるなら
こんなに楽で楽しいことはないもんね。

商品にするなら額装は必須なので
絵を引き立ててくれる額を探す必要があります。
絵がある程度できたら取り寄せよう。

私が普段気に入って使っている
F8号用の額はサンプルとして買ってみました。
思ってた通りのシンプルな額が届いたよ。
これは、このまま使うのではなく
絵に合わせて額を塗ろうと思ってるの。

私、額にはこだわりがあって
日本画の額ならコレという色があるんだ。
なのでその色を塗るかも。
絵は額装で見栄えが全然違うから
ここを疎かにしてはダメなのです。

本当は箱額にしたいんだけど
それはまた今度でいいや。
手首が治ったら改めて探してみよう。

日本画で足りなかった道具は全部揃いました。
絵の具もある程度揃ったし
これでいつでも始められるよ。

絵がいくつか揃ったら
ウェブサイトを作らないとね。
そんな相談も、今日これからします。
あー、楽しみ!



25 juin 2020

8e8757cd

考えてみたら私の周りには
個性的なアーティストがいるんです。
美大志望だった娘は似顔絵が得意。
こんな↑肖像画をさらさら描いちゃう。

友だちのJちゃんも絵が上手くて
可愛いワンコの肖像画を描いちゃう。
彼女は色だけでなく墨で動物を描くのも上手いの。
先生の私もあんな風に動物を描けないもん。
これ、仕事になるでしょう。

才能を埋もれさせるのは勿体ないし
みんなで得意なことを仕事にできたら
こんなにいいことはないよね。

で、思ったのよ。

先日オファーがあった仕事は面白そうだし
実績をつけるために受けようと思います。
でも百貨店の仕事はマージンを4割取られるので
その分値段を高くつけなければならないの。

日本画は絵の具が高いから
号3万円でいいんじゃないかって言われたけど
売れ筋のサイズはF2号でハガキ2枚分。
高いよねえ、ハガキ2枚分で6万円は。
まあ値段は後で考えることにしよう。

でも、直接注文を受けるなら
もっと安く提供できるじゃない?

なのでオンラインのギャラリーを作って
自分たちの絵を展示販売しつつ
お子さんやペットの肖像画を注文で制作するの。
写真があれば描けるからさ。

そんで、ねこブームに合わせるなら
絵以外にねこグッズを作ってもいいしね。
となると、Jちゃんの息子も巻きこんじゃう?
彼は芸大の院生でデザインの専門家なの。
あ、ロゴはあの銀たんマークだ!
(銀たんとはJちゃんの飼い猫です) 

Jちゃんと私はずっと
ギャラリー兼アトリエが欲しくて
宝くじを狙い続けてるんだけど
ギャラリーならオンラインでできるよね。
今すぐにでも。

そして、仲間で集まってやれば
1人より何倍もパワフルになるよね。
なんたって、Jちゃんと私は恐れ多くも
自分たちを神と呼んでいるのだ。笑
一緒にやったら最強じゃないね。

日曜日は墨絵のお稽古でJちゃんが来るから
今後についてじっくり計画を立てることにしよう。



20 juin 2020

4348333f.jpe

梅雨の合間のカラリと晴れたある夕方。
都心からの帰りにクルマを走らせていたら
西の空が何とも美しい夕焼けに包まれていました。

滅多に見られないような見事な空。
ちょうど西に向かって走っていたので
刻々と変わっていく夕焼けを
はじめから終わりまで見ることができました。

薄いピンクからサーモンピンクへ、
それから徐々に墨を流したように深い色に
変わっていきます。

実際、墨絵で色を使う時には
水彩絵の具にほんの少し墨を混ぜるのです。
そうすることで絵の具と墨が自然と馴染むの。

そうするうちにも
夕焼けに混ざる墨の量がどんどん増えていって
深い深い葡萄色になっていきます。
一瞬たりとも待ってはくれない一期一会の景色。
ああ、なんという美しさ。

やがてすべての雲に墨が垂らし込まれて
夕闇が心踊るエンターテインメントは
幕が下りました。

DSCF0483_Original

こちらは7年前にフランスに行った時に
マルセイユのホテルから見た朝焼け。
燃えるような朝焼けに感動して
夢中でシャッターを切りました。

宇宙が創るアートは素晴らしいなぁ。
「絵のように美しい」というけど
夕焼けや朝焼けの美しさは
どんな絵の具をもってしても表現できません。
実物の色にはとても敵わないね。

こんな鮮やかなアートに対抗するには墨しかない。
色を使わず色を感じさせる墨絵が
一番向いていると思うのよ。難しいけどね。
いつか思い出しながら描いてみよう。



17 juin 2020

FullSizeRender

ドイツに住む知人の
お隣りさんが飼っているボクサーのルーナ。
彼女のことが大好きみたいで
毎日ご挨拶にやって来るのです。
ドアをノックするらしい。

Facebookに度々登場するルーナが
あんまり変な子なもんだから
私はすっかりファンになってしまいました。
お耳がいつもこんな風にひっくり返ってるのよ。

IMG_3453

トボけた顔して可愛いでしょう。
まだ子供らしい。
これは何かを見せに来たところだね。

お隣さんが出かけるときは
知人のところでお留守番するんだけど
おうちの人がいないと寂しそうで
彼女にめっちゃ甘えます。

ボクサーって精悍なイメージだったけど
ルーナはなんかトボけていて
精悍さはどこにもないんです。
どちらかというと情けない感じ。

そんで朝のご挨拶に来たかと思えば
彼女の家の庭にウンチをして怒られたり
彼女とルーナの触れ合いも面白いの。

ルーナを見ていたら
この子を絵に描きたくなりました。
イメージが湧くワンコなんだもん。
で、昨日は下絵を描いてトレースもして
準備万端整えました。

IMG_3451

昨日、パネルや絵具を買いに渋谷へ行きました。
絵具数色とパネル2枚と
骨描き用の細い筆を2本買ったから
これでルーナの肖像画はいつでも始められるよ。