美しいもの探し

19 mars 2020

90543994_1476999875803513_7900567262677958656_n

今年も桃源郷に春がやって来ました。
今日は空にハートのオマケ付き❤︎
カプチーノに描いた絵みたいだね。
ここの魅力はただ綺麗というのではなく
ちょっと不思議な風景だということです。

どう不思議なのかというと
まず住宅街に突然現れる別世界であること。
そして畑の畝と剪定された桃の木が醸し出す
自然でもなく人工物でもないような独特の雰囲気が
箱庭を思わせるところ。

私はここに来るといつも
昔話の「うぐいす姫」を思い出すのです。

IMG_2250

「うぐいす姫」はこんな話。
昔々、若者が梅の木の下で
美しい4人の娘とその母に出会います。
彼女たちの屋敷に招かれてご馳走になると
「女所帯は物騒なのでここに住んでください」
と言われ、そのままそこで暮らすことになります。

屋敷での暮らしはそれは楽しいものでした。
ある日娘と母親が出かけることになり
1つだけ約束をさせられます。
「この家のどこを見ても構いませんが
  この箪笥の4番目の引出しだけは
  決して見てはいけませんよ」

もちろん、若者は見ちゃうよね。
1段目の引出しを開けると初夏の光景、
2段目の引出しの中には稲刈りの風景、
そして3段目の引出しには真っ白な雪景色が。

若者はどうしても4番目を見たくなり
我慢できずに開けてしまいます。
そこは思った通り満開の花々が咲き誇る
美しい春の景色が広がっていました。

すると中から5羽のウグイスが
飛び出して来て言いました。
「見てはいけないと言ったのに」
ウグイスは瞬間女性の姿になったかと思うと
そのまま空高く飛んで行ってしまいました。
そこにはもう屋敷もなく、
あの時の梅の木があるばかりでした。 

引出しの中に風景があるなんて
子ども心にこの物語が不思議で不思議で 
とっても好きだったのよね。
その、開けてしまった4番目の引出しは
こんな風景だったに違いないと思うの。

89939818_1476999949136839_2694639688118960128_n
 
そしてその箪笥のイメージは
昔実家にあった建て付けの悪い着物箪笥。
毎年桃源郷を見るたびに思い出すのです。



13 février 2020

FullSizeRender

値段に関係なく
迷わず買えるものとそうでないものがあります。
私の場合、必要なのになかなか買えないのが
耐熱ガラスのティーポットと冷茶用のピッチャー。

ピッチャーなんて1000円位なのに
なんか買う気になれないのよねえ。
そもそも普段冷たい飲み物を飲まないので
財宝温泉の水も常温なんです。
でもお客さんにいつも常温の水では悪いから
夏までには買わなくちゃと思ってる。

ガラスのポットは愛用していたものを割っちゃって
それっきり買えないでいます。
ハーブティーを淹れるのに重宝していましたが
コーヒーを飲むことの方が圧倒的に多いから
実は大して困りはしないのよ。

逆に「これがあったら確実に幸せになれる!」
と思うものに出会ってしまうと
少々高くても買ってしまいます。

そんな風にして久しぶりに買ったのは
アスティエ・ド・ヴィラットのショコラカップ。
この前デザイナーさんのアトリエで
このカップでコーヒーを出していただき
あまりの美しさにひと目惚れ。

FullSizeRender

また器を増やしちゃうなぁと思ったけど、
取手の繊細なフォルムといい質感といい
この美しいカップで毎日コーヒーを飲んだら
私の幸せ度は間違いなく上がると思ったのです。
だけど、アスティエはお高いのです。
美しいものは高い。

この前セールであんなに自制したのに
器となると抑制が効かなくてね。。。

私は衣食住の中でやはり住の優先順位が高いらしく
服は我慢できてもこれは我慢できない。
このカップがなければ生きていけない、
というくらい惚れ込んでしまったのでした。

本当は表参道のH.P.DECOか新宿の伊勢丹で
現物を見て買おうと思ったんだけど
同じデザインがちょうどあるとは限らない。
足を運んでフラれるよりネットよね。

ということでサイトを調べたら
同じのがあったので思わずポチ。しかも2客。
ポットも素敵だけど流石に高くて手が出ないわ。
せめて写真だけでも載せとこう。

美しいものは人生を豊かにしてくれます。 



21 décembre 2019

jpegOutput-1-e1518421080696-660x466

器でも何でもそうだけど
時代感というものがありますね。
その時代ならではの空気、色。

伊万里の器でいえば
江戸時代のものと明治時代のものでは
藍の色も雰囲気も全然違います。
江戸時代でも初期・中期・後期では全然違う。

江戸と明治では顔料や手法が違うので
ひと目で時代がわかるけど、
江戸期の中でも黎明期・円熟期・完成期で
職人の意識の違いが絵柄に出ます。

着物(ファション)もそうですね。
明治時代のものと大正時代のものは違います。
大正時代って、たった15年しかないのに
ものすごく個性的で特徴があります。

meisen_taisho-660x350-1

ハイカラさん、大正ロマンの時代ですから
色使いも柄もモダンで垢抜けていますね。
あの時代の女性は楽しかったと思うわ。

昭和にも "昭和らしさ" があります。
規格品でもなんか違うの。
デザインや色や材質が
昭和ならではの雰囲気を醸し出す。
昭和はやっぱりレトロという言葉が似合うね。

44c88c0b515b1da7c7b8effbf37ff40a_l

このレトロ感が落ち着くのは
私がまさにこういう時代の中で育ったからです。
いいなぁ、昭和な感じ。

昭和は長いからその時々の雰囲気があるんだけど
日本の質素な家屋の中に
当時のアメリカのデザインが混ざってる感じが
昭和な感じなのかと思います。

平成にも時代の色はあるのでしょうが
ハイテクが急激に進化したこと以外
あまり時代の色を感じないのよね。
でも人間が宇宙人っぽくなったか。

そして令和。
令和はどんな色になるんだろうね。
 
ポチしてくださると励みになります♡                

20 décembre 2019

8251208f07bce8688aa3ac64d2c531d1

私は学生時代から古伊万里が好きで
一時期は狂ったように集めていました。
当時は染付け一本やりだった。

あの頃は目指せカリスマ主婦だったので
お料理も素晴らしくきちんと作っていたし
器にもこだわっていました。
つい完璧を目指しちゃうのよ。

娘たちも離乳食から江戸時代の器を使ってたけど
流石にあまり良いものは普段には使えません。
かといって器は使ってこそ価値があるもの。

散々集めて古伊万里は理解したし
所有することが目的ではないので、
普段使いのできるものだけ残して
立派なものは皆手放しました。

骨董というのは人から人へ
時代を超えて伝えられていくものです。
いっとき私の元で使わせていただいたら
また無傷で次の人に伝えなければなりません。

買う時は「いつか娘たちに引き継ぐから」
というのを自分の言い訳にして集めてたけど、
娘たちは古伊万里には興味がなくてね。。。

で、もう骨董は買わないと固く決めたのに
見るとつい欲しくなるじゃないね。
インスタに流れてくる富山の骨董店の
素敵な器に誘惑されてHPを開いたのが運の尽き。

次々と見ているうちに
赤絵の7寸皿を見つけてしまいました。
100年程度で大して古くはないけど
骨董らしい可愛い柄で
なかなか出ない7寸というのも魅力です。

そして何といっても可愛いお値段が魅力。
たまにはこんなのもいいと思って
最近にしては珍しく5枚買いました。
全部で11500円だもん、昔の1枚の値段。
明治にしたって安いわよ。

器は増やさないって決めたのに
いやーん、また骨董買っちゃった。
 
ポチしてくださると励みになります♡               


16 décembre 2019


週末に小田急線を使うことは滅多にない私。
でも昨日は下北沢に用事があったので
珍しく電車に乗りました。

帰りに新百合ヶ丘の駅を降りると
ピアノの音が聞こえてきて
何だろうと思わず引き寄せられました。

見ると、改札の前のコンビニの外に
アップライトピアノが置いてあって
「どうぞご自由に弾いてください」
と書いてあります。
"Shinyuri Station Piano" だって。

街角ピアノは世界中で流行っていて
時々ニュースでも目にしますが、
へえ、新百合ヶ丘でもやってるんだね。

ピアノを弾いている男性は音大生かな、
ショパンのポロネーズを
素晴らしいタッチで演奏しています。
街角でこんなピアニストの演奏が聴けるなんて
すごく得した気分。

音大生の次は小学校低学年の男の子とパパが
連弾でアニメの主題歌を熱演。
これがまた上手なの。
あのパパも只者ではないな。

新百合ヶ丘には音大があるし
駅前のホールではバレエの公演もあるし
今村昌平監督が創設した日本映画大学もあります。
考えてみたら文化の香りのする街なんだわ。

前の家から今の住まいまでは車で5分程ですが
住所が横浜市から川崎市に変わり
田園都市線から小田急線に変わって
なんだか都落ちしたような気分だったのです。

なので今でも何かというと
たまプラーザに行っちゃうんだけど
新百合ヶ丘も悪くないと見直しました。
ただ、残念ながらいいお店がないのよね。
駅前には大きな商業ビルが2つもあるのに
美味しいパン屋さんも素敵な洋服屋さんもないの。

小学生とパパの連弾が終わると
今度は別の男性がモーツァルトのソナタを演奏し、
彼の後にはまた音大生が「革命」を弾きました。
あんなに素晴らしい演奏の後では
なかなか普通の人は挑戦できないね。

久しぶりに生のピアノを楽しんだ私は
その気分のままバスに乗り、
家に帰ってからもYouTubeでショパンを聴きました。

ショパンは父が好きだったのです。
私が上手に弾けるようになる前に


14 décembre 2019

IMG_1294

スマホを変えたら空を撮るのが楽しくなりました。
特に夜の空を撮るのが。

夜は暗いから月や星ばかりが目に入るけど
よく見ると晴れていれば青空なんだよね。
昼間と同じで青空には白い雲があって
そこに月や星が浮かんでいるの。

ある時、月がきれいだったから
写真に撮ろうと思ったら
青空が昼間と同じように写ることに気づいたのです。
街灯やビルの灯りと一緒に青空が写って
不思議な風景ができあがりました。
面白いと思って、それ以来夜の空をよく撮ります。

IMG_1016

そうだよね、同じ空なんだもんね。
天気が良ければ夜だって晴れてるのよね。
それに気づいたら、何だか得した気がしました。

日が短くなりましたからね、
仕事が終わって外に出るともう真っ暗です。
そんな時でも空を見上げると
晴れた日は青空が見えます。
いいなぁ、と思う。

FullSizeRender

バスを降りて家に向かう道では
大抵空を見上げています。
ほら、街灯と月のコラボレーション。
面白いでしょ。

フランスに行く前に慌てて機種変更して
iPhone11にしたんだけど
これにしてよかったと思う。
空がダイナミックに撮れるから。

本当はパソコンも限界だから買い替えたいし
カメラも欲しいと思っていたんだけど
スマホを変えたら両方が一度に手に入った感じ。
便利な世の中になったよね。



27 novembre 2019

FullSizeRender

麻布十番から六本木に向かって歩いていたら
何やら面白そうな店がありました。
「チロリアンテープ 日本総販売元」。
友だちと私は思わず立ち止まりました。
そこだけヨーロッパの雰囲気。

ショーウィンドウをのぞくと
可愛いものが色々並んでいます。
チロリアンテープの日本総販売元だなんて
興味をそそられるよね、
入ってみよう。

ドアを開けて中に入ると
棚にはさまざまなチロリアンテープと
テープを使って作られたキレイな小物が
所狭しと並んでいました。
わぉ、これはスゴイ。

え、これもチロリアンテープ?

IMG_1101
IMG_1100

フランスのテープなんですって。
さすがフランス、ゴージャスだわ。

チロリアンテープというのは
イタリアとオーストリアにまたがる
チロルからアルプス地方の伝統的民芸品です。
冬は雪に閉ざされる山岳地帯のため
こうした伝統的手工芸品が発達したのですね。
パターンは地方によって違います。

オーナーは品のいい老婦人。
現地から直接買い付けたテープを
ここで40年前から売っています。

30~40年前はたくさんのファンがいて
テープも飛ぶように売れたそうですが、
今では使う人も減り、
職人さんたちも後継ぎのないまま引退して
衰退の一途をたどっているとか。
何処も同じだなぁ。

確かに、
私が子供の頃は手作りの手さげなどに
よく飾りとして縫い付けられていましたが
最近はチロリアンテープって
言葉さえ聞かないもんねえ。

それにしてもチロリアンテープに
こんなに色んな種類があるなんて
全然知りませんでした。
何かに使いたいと思うけど
あまりにキレイ過ぎて用途が思いつかない。

友だちは箱に貼るといって
クリスマスっぽい色のテープを買いました。
ちょっとシルクロードの香りもする柄だね。
箱に貼ったらお洒落だと思う。

IMG_1102

商品の中には貴重なデッドストックもあるとか。
何しろ、日本で唯一の専門店なのです。
こういう伝統工芸を40年も扱い続けているなんて
なんか、スゴイなぁ。

お店の名前は「メゾン・ド・ロア」。
世の中にはまだまだ美しいものがあるね。




19 novembre 2019

FullSizeRender

器を買うのはもうやめると決めたのに
見るとつい欲しくなります。

少し前、友だちに
「多岐のイチジクでフィーカをしませんか」
と誘われて訪ねて行きました。
「堀川さんの素敵な器もありますよ」

今は昔、
家族と一緒に住んでいた頃は
「目指せ、カリスマ主婦!」な私だったので
毎日きちんとお料理をし
古伊万里や作家モノの器に素敵に盛りつけて
美しく食事をしていました。

真面目にごはんを作っていると
色んな器が欲しくなります。
結果、使い切れないほどの器が集まり
その半分くらいは引っ越しの時に
友だちに譲りました。
その相手がフィーカに誘ってくれたアキちゃん。

今は手元に残した器さえ
全然使いきれない状態なんだけど
それでも見ると器好きの虫がうずくのです。

FullSizeRender

FullSizeRender

今は主に印判か粉引きか黒い器しか使わないので
明るい色合いの堀川さんの器が新鮮で、
自制心など何処へやら
夢中で手に取ってしまいました。
素敵でしょう?

昔は何でも5客組みで買っていたけど
今は1客か2客で十分。
何を乗せようかな、と想像しながら
いくつかの器を選びました。

マグカップも可愛くて欲しかったけど
1人の作家さんのものが
あまり多くてもバランスが悪くなるので
今回は諦めました。
使ってみてからまた考えよう。

器にもマイブームがあって
以前は市川孝さんのシンプルな器を集めてたけど
↓ ↓ ↓

IMG_1066

この頃は堀川さんのみたいに
明るくて楽しいものも好きになってきました。
でも基準は印判と仲良くできるもの。
印判は飽きないのよね。

素敵な器があるとシアワセな気持ちになるし
人を呼びたくなります。
真面目にお料理しないとね。



24 octobre 2019

IMG_0694

ドラクロワ美術館のある小さなロータリーには
インテリアショップやお花屋さんなど
素敵なお店が並んでいます。

とりわけ店構えのステキなスパイスショップに
入ってみると、なんていい香り!
スパイスはどれも香りを試せるようになっています。
感じのいい店主に勧められて
色んな香りを試してみてました。

IMG_0692

その中から私が使えそうなものを2つチョイス。
こういうお店は東京では見かけないよね。
素敵な2人に写真に入ってもらいました。
さすがパリっ子は垢ぬけてる。

IMG_0693

その足でサンジェルマン・デ・プレ教会へ。
ここは青い天井に星が描いてあって可愛いの。
残念ながら改修工事の幕が張られていて
全容は見られませんでしたが、
前にも来たことがあるからまぁいいか。

IMG_0696

パリは街全体がアートです。
どこを切り取っても美しいの。
だから歩いてるだけで美しいもの探し。

IMG_0557
IMG_0795
FullSizeRender
IMG_0624
IMG_0704

おー、ここが最近たまプラーザにも出店した
"Les Deux Magots" の本家本元か。
私もパリジェンヌになってテラスでお茶しよう。
たまプラの店からここは連想できないなぁ。

初めてパリに来た時は
どれが目指す名所なのか探すのに苦労しました。
街並みのすべてが歴史ある建物で
そこに普通に人が住んでいるんだもん。

IMG_0787

ヨーロッパはどこもそうだけど
歴史の続きとしての今がある。
こういう場所で生まれ育ったら
特別なセンスが育まれるんだろうなぁ。

東京っ子から見たら本当に羨ましい限り。
便利なだけがすべてではないことを
パリの街が教えてくれます。



21 octobre 2019

FullSizeRender

パリに来たら蚤の市に行きたいと
ずっと前から思っていたのに
今までタイミングが合わなくて行けませんでした。
なのでこの度のヴァンヴが蚤の市初体験。

カトラリーや布で好きなのがあれば
買って帰ろうかと思っていたのに、
友だちがピロケースを物色しているのを見てたら
つられてハマってしまいました。
可愛いし、友だちへのお土産にもいい。

そのお店で手描きのリモージュを2つ買って
さらにぶらぶら歩いていると
また別の店で可愛いのを見つけてしまいました。
蚤の市では当然値切ります。
骨董と付き合いが長い私は値切るのはお手のもの。

「2つ買うから安くして」と言ったのに
「手描きは高いんだからこれ以上安くできない」
と言い張って強引に包もうとするので
「待って。じゃ、1つしか要らない」と言うと
渋々私の言った値段にしてくれました。

こっちの方がさっきの店より安かったなぁ。
最初に見た店で買わないで全部見てから買うのが
蚤の市の賢い買い方だと思うんだけど
つい興奮して最初の方で買っちゃうのよねえ。
でも、お店のマダムが感じ良かったから良しとしよう。

日本の蚤の市でもそうだけど
良いものと悪いものが玉石混交で
それがこういう市の面白いところなのね。
ガラクタの中からお宝を探すのが醍醐味です。
上手に買えると嬉しいし、
後からしまったと思うのもまた楽しい。

昨日はドラクロア美術館に行くつもりだったのに
駅を降りたら教会の荘厳な鐘の音が聞こえて
思わずそちらに向かってしまいました。
現れたのはダビンチ・コードで有名になった
サン・スュルピス教会。

FullSizeRender

日曜日なので中ではミサが行われていました。
不謹慎ながらこっそりパチリ。
何もかもが荘厳ですごい。
こういうのが日常だなんて、
コンクリートに囲まれている私たちは
美意識の形成にハンディがあるな。

巨大な建造物、美しい彫刻、ステンドグラス、
聖堂内に響き渡るパイプオルガンなど
クリスチャンでもない私が感動するんだから
信者は神を近くに感じるんだろうね。

今日は近くのスーパーでブルーベリーと
エビアンを買いました。
胃がつかれているので、今日は夕飯抜き。