プチ地震予報や地球のこと

1 août 2020


おとといの朝、関東地方の人は
けたたましい緊急地震速報の音に驚かされたけど
誤報ということでホッと胸を撫で下ろしました。

このところ茨城周辺で地震が多発しています。
これを受けて首都直下地震の
カウントダウンが始まった
と考える専門家も多いようです。

約1000年前の東日本大震災(貞観地震)では
9年後に首都直下で相模・武蔵地震が起きました。
そのパターンに当てはめれば
そろそろ来てもおかしくない時期なんですね。
3.11の東日本大震災では地下深くの岩盤が
5メートルも東にずれたんだって。 

首都直下と南海トラフばかりが注目される中、
御嶽山の噴火や東日本大震災を予測していた
海洋地質学者で地震学者の
琉球大学名誉教授・木村政昭氏が指摘するのは
伊豆・小笠原沖の巨大地震。

この海域には「地震の目」があって
今年中に地震が起きてもおかしくないような
兆候を示しているそうです。

これについては測量学の世界的権威で
「MEGA地震予測」を主宰する
東大の村井名誉教授も注目しています。
伊豆諸島にある電子基準点・青ヶ島で
上下変動が81センチもあったというのです。

村井氏の予測のベースとなっているのは
国土地理院が全国1300カ所に設置した
「電子基準点」のGPSデータで
衛生が捉えた地表の隆起・沈降や上下動、
東西南北の水平方向の動きから
異常を発見、地震を予測するのです。

そのデータが捉えた青ヶ島の上下変動が
東日本大震災の前年に同じ地点で観測された
76センチを大きく超える異常変動だったの。

伊豆・小笠原沖での巨大地震では
東京での揺れは震度5程度らしいですが
東京湾に津波が入ってくるので
沿岸に住む人は注意が必要。

この他にも東北警戒ゾーン、
北信越警戒ゾーン、
南西諸島警戒ゾーンがあり
いつどこで大地震が起きてもおかしくない
という状況となっています。

日本列島は地震の巣だらけ。
そして火山だらけ。
そんな列島の上に住んでいる以上
覚悟して備えるしかないですね。



30 juillet 2020


世間の関心はコロナ一色ですが、
緊急事態宣言と同時期の4月に
政府が富士山の噴火について
警告のシミュレーションを発信していたのを
覚えていますか?

前回の噴火から300年以上経っていて
いつ噴火してもおかしくないと言われる富士山。

世界中に火山はあるけど
今度の富士山噴火は人類が初めて経験する
大災害になると専門家が言っています。
富士山規模の火山が都市部の近くで噴火した例は
今までないからです。

どんな被害が生じるかは予測不可能。
でも降灰によって農作物が壊滅的な状態になり
交通機関やライフラインが機能しない状態が
長期間続くことを考えると
相当深刻な状況になることは想像できます。

降灰は風向きによって
西は愛知や岐阜、
北は新潟や福島まで被害を及ぼすらしい。
もちろん首都圏は大被害を受けます。

火山灰は重いのでとても厄介。
降り積もったところに雨が降ると
家が倒壊する危険があります。
送電線が影響を受けることも必至。

貯水池にも火山灰が降るので
上下水道が機能しなくなります。
車も電車も走行不可能になり
飛行機も飛べなくなります。
噴火初日に羽田や成田は閉鎖に追い込まれる。
都市機能は完全に止まっちゃうの。

その富士山の地下活動が昨年10月から活発化。
低周波地震が急増しているそうです。
通常毎月数回から10回程度だったのが
3か月連続で100回以上続いたことから
政府が4月に警告を発信したのです。

その時にもこんな記事を書いたけど
マグマが上昇していることは
様々な現象からわかっていて
富士山が噴火する気満々なのは確からしい。

今すぐどうこうというほど
切羽詰まってる気はしないけど
あちこちで火山活動が活発になってるし
こっちも忘れない方がいいと思うよ。



14 juillet 2020


毎年梅雨の終わりには豪雨があって
あちこちに水害をもたらします。
今も九州方面は本当に大変なことで
心からお見舞い申し上げます。

気象は年々荒くなっています。
豪雨を降らす線状降水帯という現象は
水蒸気の多い東アジア独特の現象で
適切な英訳がないのだそうです。
気象学情の新たな脅威として
日本が主体的に研究しなければいけない。

東京方面はこの頃
年間を通して強風の日が多いの。
昔は強風といえば春先くらいだったのに
なんでもない日に台風より強い風が吹く。
本当に気候が変わりました。

去年は東京でも台風が直撃し
毎日見ている身近な多摩川が氾濫して
本当にびっくりしました。
即座に思い出したのは1974年の多摩川水害。
堤防が決壊して19棟が流された水害を
「岸辺のアルバム」と共に思い起こします。

最近あちこちの火山も活動が活発になって
警戒レベルが上がっています。
千葉・茨城方面では地震も多くて不気味。
そして相変わらず新型コロナは
世界中で猛威を振るっています。

終末的ともいえる破壊のエネルギー。
でもこれは地球のサイクルなんだと思う。
私たちは今日あるものが明日もある
と思っているけど
物事は常に変化しています。

地球温暖化が問題になっていて
私たちも努力を求められていますが
地球的にはミニ氷河期に向かっているらしい。
氷河期は太陽活動との関係で起きます。

現在は約258万年前に始まった第4氷河時代。
10万年の氷河期と1~4万年の間氷期を
繰り返しています。
その間氷期にたまたま私たちはいるのです。

地球の46億年の歴史から考えたら
人類のこの文明なんて一瞬。
消えてなくなっても不思議はないの。

今太陽には4つの極があって
(北極2つ、南極2つってことね)
2つの磁気波が互いに相殺し合っています。
そうなると太陽の力が弱くなって
地球では寒冷化が進みます。

今後15年ほどで太陽の活動が60%も減衰し
ミニ氷河期に突入するという研究が
英王立天文学会で発表されたのは去年のこと。
本当だとしたらどれだけの影響を受けるか
計り知れません。

地球は太陽の影響をまともに受けるからね、
地球の活動だけを考えても
活動期に入っている印象がありますが
太陽まで絡んでくるとしたら
これは人間の力ではどうしようもない。

そんな太陽系の中の
地球の中の日本に住んでいると思うと
もう開き直って悠然と構えるしかない
と思ってしまうのよ。



5 juin 2020


昨日の話ですが、
うちのネットが繋がらない原因は
マンションの設備が原因でした。。。
こんなオチで申し訳ございません。

今日になってもまだ繋がらないので
今朝管理会社に電話したら
実は停電はあの日だけではなく
このところ毎日あったらしいの。

私は日中留守してるから
気がつかなかったんだね。
ネット環境もそれが原因かもしれなくて
現在調査中とのことでした。
なーんだ、地震じゃなくてよかったよ。

それはさておき
コロナの犠牲者が10万人を超えたアメリカ、
今度は暴動で大変なことになっていますね。
アメリカの人種差別問題は根深いですね。

トランプが軍による鎮圧を示唆したことに対し
「香港情勢や人権問題で中国を非難する
立場にない」と批判したのは北朝鮮。
確かにその通り、たまにはまともなこと言うじゃん。

その香港でも市民によるデモが続いています。
でも中国では変な法案が可決されたし
香港の一国二制度は危うくなってきたね。
自由のない世界って考えられる?

コロナの最初の波は
まあまあ収まってきているようで
世界中で移動の制限が緩くなってきました。
いつまでもじっとしてたら死んじゃうから
人が活動することは必要です。
様子を見ながらやっていくしかないもんね。

私たちはこの先1年や2年は
コロと付き合うことになるでしょうが
これで終わりじゃない気がするのよ。
災害は忘れた頃にやってくるというし
コロ生活に慣れた頃がね。。。 

“世界がひっくり返るような出来事”
という表現がありますが
本当にひっくり返るとは思ってなかったよね。
でもひっくり返っちゃったよね。
なのでまたひっくり返ることだってある。

それが何かはわからないけど
地震かもしれないし、
別のウイルスかもしれないし、
もしかしたら戦争だってあり得ます。
世界には危険なリーダーがいるから。

有名なチャネラーが
10月から12月に何かあると言ってるそうな。
私もその辺りに何か来る気がするのよね。
何が来るんだろ。



4 juin 2020


昨日はとても変な1日でした。
昼間は会社のネットがすごく不安定で
繋がったり繋がらなかったりで困った。
会社のネットがこんなんじゃ仕事にならないよ。

ネットのトラブルは夜まで続き
家で日課のFacebookライブを観ていたら
突然ネットがブチッと切れてまったく繋がらない。
暗号キーを何度入力しても間違ってると言われ、
ルーターのコンセントを抜き差ししてもダメ。

カードを見ながら入力してるんだから
パスワードが間違ってるわけないのよ。
それなのに拒否されてしまうんです。
今日特にネット環境が悪くなる理由はない
という気がするんだけど何かが邪魔している。

お陰で楽しみにしていた海外ドラマも観られず
諦めてゴミを出しに外に出ようとドアを開けたら
マンションの共有部分の電気が消えてて真っ暗闇。
仕方ないからスマホのライトをつけて恐る恐る外に。

エレベーターは動くけど中は真っ暗。
オートロックの扉は開きっ放し。
一体何が起きてるの? 無用心ではないか。。。

おまけにゴミを出し終わって上に上がると
廊下の暗闇にカサカサと何かの気配。
なぬ?と思って照らしてみたら不気味なムシが。

FullSizeRender
 
なんじゃ、こりゃ???
10センチ以上ありそうだけど、
3階まで歩いて上がってきたのか?
はぁ〜、なんて変な日なんだ。

暫くしたら廊下の電気が点きました。
その後ひかりTVが何もしないのに突然点いて
スマホも使えるようになりました。
外の電気とネットと関係あったのかなぁ。
 
でもPCのインターネットは全然ダメ。
相変わらず暗号キーを入力しても
パスワードが間違ってるとか
サーバーのIPアドレスが見つからないとか。
一体どうなってるの?

本当に変な日。狐に包まれたような気分です。
こんな日の後は地震が来たりするんだよね。
でも今日はやめてほしい。
次女が出産するから。



6 mai 2020


このところ関東地方では
立て続けに地震が起きています。
緊急地震速報が鳴るとドキッとするよね。

一昨日なんて、
お風呂の中にスマホを持ち込んで
動画を観ようとしていたところに緊急地震速報。
お風呂場だから響き渡っちゃって
慌てて止めました。
夕べは夜中に鳴って起こされた。。。 

いずれも茨城・千葉で震度4程度で
私のところでは殆ど揺れなかったけど
久しぶりに聞くあの音は実に嫌な感じ。
本当に神経を逆なでされる音です。

少し前から長野で揺れていたけど
今は茨城・千葉方面。
これは東日本大震災の最南端だから
一連の流れの中で起きているのかな。
千葉はなんか気になるけど。

地震がプレートの境界で起きることは
よく知られていますが
熱エネルギーの伝道による熱移動説もあって
地殻から高温の熱の通り道に沿って
地震や火山の活動を起こすとされます。

ニュージーランドで地震が起きると
その後日本で地震が起きるんだけど、
熱エネルギーの表層の出口の1つがNZ付近で
エネルギーの道が2つのルートで
日本に到達しているからなんだね。

最近の様子はどうかといえば
西之島の噴火をもたらした熱エネルギーが
八丈島を経由して首都圏に継続的に流入。
首都圏に到達した熱エネルギーは
2018年7月に千葉県東方沖などで
最大震度5弱の地震を発生させています。

1923年に起きた関東大震災の震源は
伊豆半島付近だったという説が有力ですが、
最近伊豆大島の地盤変化が確認され
伊豆半島付近での大規模な地震発生が
近づいている可能性があるとされています。

伊豆半島や長野県南部で
マグニチュード6後半の地震が発生する
可能性があるのだそうですよ。
そうなると長野で揺れているのが気になるね。

これが首都直下地震を引き起こす
可能性があるということだけど、伊豆半島か。
一時期は伊豆半島には近づきたくない
と思っていたけど静かだからすっかり忘れてた。
そうなると富士山噴火もあり得るよね。

コロナ禍の中、世の中は大変だけど
私はこれだけでは終わらない気がするので
今年中に大地震が起きることも
あり得ない話じゃないと思っちゃう。

熱伝道説を提唱している学者は
熱エネルギーの流れから
今年前半に首都直下地震が起きる可能性がある
と言っているそうです。

私はあるとしたら後半って感じがする。
いずれにしても今はやめて欲しいよねえ。



6 avril 2020


人類の歴史は
感染症との闘いの歴史といわれます。

14世紀にはペストの流行で
当時の人口の2割以上が死亡しました。
1918年から1920年に流行したスペイン風邪では
全世界の4分の1が感染し、
1700万から5000万の命が失われたと言われます。

スペイン風邪のインフルエンザウイルスは
これまでで最も強毒なウイルスだったことが
最近になってわかってきたそうですが
その毒性は感染したサルも死んでしまう程でした。
季節性のインフルエンザでは動物は死なないからね。

このようなパンデミックは
以前なら100年に1度の話だったのですが、
SARS、MARS、エボラ出血熱、ジカ熱と
このところ頻繁に起きています。

コロナウイルスは、1万年前に牧畜が始まり
家畜からヒトに感染したのが始まりです。
以来コロナウイルスはヒト社会の中で生息して
しばしば感染症を広げてきました。

最近頻繁に起きている感染症のパンデミックは
無秩序な生態系への進出が原因だといわれます。
熱帯雨林の破壊などにより
宿主の野生動物の生息域が狭まって
ヒトの世界に入り込んできたのです。

また、温暖化によって永久凍土が溶けることで
氷の中に閉じ込められていたウイルスが
表に出てくることも危惧されています。

ヒト社会に入って来たウイルスは
進化した移動手段によって運ばれていきます。
文明とともに新しい感染症が生まれ
それが文明によって広がる
ということが起きているんですね。

こういう話を聞くと巷で流れている陰謀説など
本当にバカバカしく思えます。
環境破壊のせいでどの道ウイルスは襲ってくるのです。

今世界を震撼させている
新型コロナウイルスを封じ込めたとしても
破壊した森林を取り戻せるわけではありません。
私たちはそのツケを払い続けることになるでしょう。 

人間は愚かだからね。
文明はこうやって消えていくのかもしれないね。


2 avril 2020

img_top

一昨日、富士山が噴火した場合
3時間で都市機能がマヒするという
国の検討会のシミュレーションが発表されました。

そうなった時は鉄道の運行が停止し、
大規模な交通マヒや停電・断水が発生。
都市機能が集中している地域では
通常の生活や経済活動は継続困難になると
今回の被害想定で報告されています。

ついこの前、ロックダウンの話が出たときに
みんなが慌てて買いだめに走ったばかりなのに
こんなことを聞いたら
また買いだめしたくなっちゃうじゃないねえ。

で、こういう発表があると
私は勘ぐってしまうのです。

なぜ今このタイミングでその話をする?
ただでさえ人が不安になってる時に
さらに不安を煽るような発表をするのはなぜ?

東日本大震災直後の3月15日、
富士宮市で最大震度6の地震が発生しました。
あの時専門家は、すわ噴火かとひやりとしたらしい。
マグマだまりの直上にひび割れを起こしたのでは
と指摘する地質学者もいてね、
どうやら富士山は300年の眠りから目を覚ましたみたい。

私はずっと前から
生きている間に富士山の噴火を見るだろう
と思っているから全然意外ではないんだけど、
このタイミングであの発表というのが
どうも引っかかるのよね。

富士山に何か動きがあるのか?
大地震より先に噴火か?

直近の噴火は1707年の「宝永噴火」。
この時は小康状態を挟んで16日間続きました。
そんなことになったらコロナどころじゃない。
今それは困るので富士山にはぜひ
もう少しいい子にしててほしいと思います。

富士は日本一の山。
こんなに美しく雄大な山は他にないですね。
見る度にありがたい気持ちになるし
日本人の心の支えみたいなところがあります。

でも一旦牙をむいたら最後、
私たちの生活は一巻の終わりだわねえ。
新宿にいる時に噴火したら
電車が止まる前に小田急線に飛び乗ろう。
せめておうちに帰りたい。

とはいえ、
今日明日という程差し迫ってはいないので
そう慌てる必要はないと思います。
富士山の呼吸と私たちの呼吸は
速さが違いますからね。

でも本気の備蓄を考えた方がいいとは思う。
備えは地震の時と同じだから
備蓄のはなしで書いたようなものね。
私も今月から水を2箱買おう。
ポチしてくださると励みになります♡                 


31 mars 2020


少し前からBCGワクチンが
コロナウイルスにも効いているのでは
といわれていますが、
これ、信憑性があるなぁ。

欧米とは明らかに広がり方のスピードが違う。
どう考えてもおかしいから何かが違うはず、
だけどなんだろうと思ってたの。
食べ物や習慣というのも関係あるとは思うけど
それだけではイマイチ弱い。

そこに入ってきたのがBCGの情報。
「ヨーロッパってBCGやらないんだね」
と友達が貼ってくれたツイッターのリンクを見て
あ、これかも!とピンときた。
ワクチンが効いているというなら納得だわ。

BCGといえば9つ針のハンコ型の注射。
日本人にとっては馴染みのあるワクチンです。
あれ、結核だけを予防するのだと思ってたけど、
「自然免疫を刺激するもっとも強力な物質」
なんだってね。

免疫には自然免疫と獲得免疫というのがあって
自然免疫はいわば体を守るための
最前線の働きをするもの、
獲得免疫は病原体などの異物に接することで
後天的に獲得する免疫です。
詳しくは調べてみてね。

BCGを子どもに接種すると
自然免疫が強化されて結核以外の感染症が
減ることがわかってきているそうです。

BCGは、途上国では出生直後に
ツベルクリン検査を行わずに接種していますが
結核の発症頻度が低い欧米諸国では
BCG接種を行っていないのですね。
BCGは卒業したんだって。

日本は欧米に比べて結核の発症頻度が高いため
BCGを接種していますが、
WHO標準より160倍濃い濃度なのだそうです。
重症化しやすい高齢者は
BCGを受けていない世代でもあります。
なるほど、これが理由で感染しにくい
というなら理に適っているではないか。

昨日は朝から日本中がざわざわしてました。
ついにロックダウンが宣言されるらしい
という噂が駆け巡っていましたが
今はそういう段階ではないということでした。

院内感染が発生した病院や
集団感染がわかった施設からは
これから判明する感染者が相当数出るから
一時的にぐっと増えますよね。
でもそれは想定内で、注目すべきは
感染経路がわからない人の数の増え方です。

都内のホテルは都から
軽症者を収容する準備をして欲しいと
要請されているそうです。
医療崩壊が起きないための準備も
着々と進んでいるんですね。

境界線を越えるかどうかは
私たち1人ひとりの行動次第。
気を引き締めて頑張らなければね。


27 mars 2020


【自然淘汰】
自然界で、生態的条件や環境などにより
よく適合するものは生存を続け、
そうでない劣勢のものは自然に滅びていくこと。

人類は一体、地球に適合しているのだろうか。

地上でこんなにも数を増やし、
地球を我が物顔で使い倒し、
化石燃料を使うだけ使って環境を破壊し、
奪い合い殺し合い、多くの生物を絶滅あるいは
絶滅の危機に追いやったヒトという種は
地球に適合してるといえるのだろうか。

何にでも当てはまることですが、
物事の均衡が崩れると
それを元に戻そうとする力が働きます。

今回の新型コロナウイルスを含め
ここ数年の世界の自然災害を見ていると
地球という生命体が怒って
人類を排除しようとしてるように見えるのです。
人類は自然淘汰されつつあるのかなって。

こういった災厄が
温暖化というひと言で説明できるのか、
それとももっと大きな別の法則によるのか、
あるいは地球の意思によるのかわからないけど、
何か大きな力が働いているようにしか思えない。

「今地球の免疫システムがMaxに活性していて
この星と世界の健康にとって有害なものを
排除しようとしている気がする」
宇宙物理学者の女性がそう呟いていましたが
うん、そんな気がするよね。

今私たちは、
全人類が力を結集しなければ解決できない難題を
母なる地球に突きつけられています。
人類は敵も味方も国境もなく1つになる必要があり
愛と助け合いでこれを乗り越えるしかありません。
こんなことは多分人類史上初めて。

私たち人類がこのテストに合格して
地球に住み続ける許可をもらえるのかどうか
今が正念場なのかもしれません。

世界中の人々が手を取り合い
愛と助け合いで1日も早く乗り切ってほしい。
これを乗り越えたとき、
その先に見える景色はどんなものなのだろう。