プチ地震予報や地球のこと

4 juin 2020


昨日はとても変な1日でした。
昼間は会社のネットがすごく不安定で
繋がったり繋がらなかったりで困った。
会社のネットがこんなんじゃ仕事にならないよ。

ネットのトラブルは夜まで続き
家で日課のFacebookライブを観ていたら
突然ネットがブチッと切れてまったく繋がらない。
暗号キーを何度入力しても間違ってると言われ、
ルーターのコンセントを抜き差ししてもダメ。

カードを見ながら入力してるんだから
パスワードが間違ってるわけないのよ。
それなのに拒否されてしまうんです。
今日特にネット環境が悪くなる理由はない
という気がするんだけど何かが邪魔している。

お陰で楽しみにしていた海外ドラマも観られず
諦めてゴミを出しに外に出ようとドアを開けたら
マンションの共有部分の電気が消えてて真っ暗闇。
仕方ないからスマホのライトをつけて恐る恐る外に。

エレベーターは動くけど中は真っ暗。
オートロックの扉は開きっ放し。
一体何が起きてるの? 無用心ではないか。。。

おまけにゴミを出し終わって上に上がると
廊下の暗闇にカサカサと何かの気配。
なぬ?と思って照らしてみたら不気味なムシが。

FullSizeRender
 
なんじゃ、こりゃ???
10センチ以上ありそうだけど、
3階まで歩いて上がってきたのか?
はぁ〜、なんて変な日なんだ。

暫くしたら廊下の電気が点きました。
その後ひかりTVが何もしないのに突然点いて
スマホも使えるようになりました。
外の電気とネットと関係あったのかなぁ。
 
でもPCのインターネットは全然ダメ。
相変わらず暗号キーを入力しても
パスワードが間違ってるとか
サーバーのIPアドレスが見つからないとか。
一体どうなってるの?

本当に変な日。狐に包まれたような気分です。
こんな日の後は地震が来たりするんだよね。
でも今日はやめてほしい。
次女が出産するから。





6 mai 2020


このところ関東地方では
立て続けに地震が起きています。
緊急地震速報が鳴るとドキッとするよね。

一昨日なんて、
お風呂の中にスマホを持ち込んで
動画を観ようとしていたところに緊急地震速報。
お風呂場だから響き渡っちゃって
慌てて止めました。
夕べは夜中に鳴って起こされた。。。 

いずれも茨城・千葉で震度4程度で
私のところでは殆ど揺れなかったけど
久しぶりに聞くあの音は実に嫌な感じ。
本当に神経を逆なでされる音です。

少し前から長野で揺れていたけど
今は茨城・千葉方面。
これは東日本大震災の最南端だから
一連の流れの中で起きているのかな。
千葉はなんか気になるけど。

地震がプレートの境界で起きることは
よく知られていますが
熱エネルギーの伝道による熱移動説もあって
地殻から高温の熱の通り道に沿って
地震や火山の活動を起こすとされます。

ニュージーランドで地震が起きると
その後日本で地震が起きるんだけど、
熱エネルギーの表層の出口の1つがNZ付近で
エネルギーの道が2つのルートで
日本に到達しているからなんだね。

最近の様子はどうかといえば
西之島の噴火をもたらした熱エネルギーが
八丈島を経由して首都圏に継続的に流入。
首都圏に到達した熱エネルギーは
2018年7月に千葉県東方沖などで
最大震度5弱の地震を発生させています。

1923年に起きた関東大震災の震源は
伊豆半島付近だったという説が有力ですが、
最近伊豆大島の地盤変化が確認され
伊豆半島付近での大規模な地震発生が
近づいている可能性があるとされています。

伊豆半島や長野県南部で
マグニチュード6後半の地震が発生する
可能性があるのだそうですよ。
そうなると長野で揺れているのが気になるね。

これが首都直下地震を引き起こす
可能性があるということだけど、伊豆半島か。
一時期は伊豆半島には近づきたくない
と思っていたけど静かだからすっかり忘れてた。
そうなると富士山噴火もあり得るよね。

コロナ禍の中、世の中は大変だけど
私はこれだけでは終わらない気がするので
今年中に大地震が起きることも
あり得ない話じゃないと思っちゃう。

熱伝道説を提唱している学者は
熱エネルギーの流れから
今年前半に首都直下地震が起きる可能性がある
と言っているそうです。

私はあるとしたら後半って感じがする。
いずれにしても今はやめて欲しいよねえ。



6 avril 2020


人類の歴史は
感染症との闘いの歴史といわれます。

14世紀にはペストの流行で
当時の人口の2割以上が死亡しました。
1918年から1920年に流行したスペイン風邪では
全世界の4分の1が感染し、
1700万から5000万の命が失われたと言われます。

スペイン風邪のインフルエンザウイルスは
これまでで最も強毒なウイルスだったことが
最近になってわかってきたそうですが
その毒性は感染したサルも死んでしまう程でした。
季節性のインフルエンザでは動物は死なないからね。

このようなパンデミックは
以前なら100年に1度の話だったのですが、
SARS、MARS、エボラ出血熱、ジカ熱と
このところ頻繁に起きています。

コロナウイルスは、1万年前に牧畜が始まり
家畜からヒトに感染したのが始まりです。
以来コロナウイルスはヒト社会の中で生息して
しばしば感染症を広げてきました。

最近頻繁に起きている感染症のパンデミックは
無秩序な生態系への進出が原因だといわれます。
熱帯雨林の破壊などにより
宿主の野生動物の生息域が狭まって
ヒトの世界に入り込んできたのです。

また、温暖化によって永久凍土が溶けることで
氷の中に閉じ込められていたウイルスが
表に出てくることも危惧されています。

ヒト社会に入って来たウイルスは
進化した移動手段によって運ばれていきます。
文明とともに新しい感染症が生まれ
それが文明によって広がる
ということが起きているんですね。

こういう話を聞くと巷で流れている陰謀説など
本当にバカバカしく思えます。
環境破壊のせいでどの道ウイルスは襲ってくるのです。

今世界を震撼させている
新型コロナウイルスを封じ込めたとしても
破壊した森林を取り戻せるわけではありません。
私たちはそのツケを払い続けることになるでしょう。 

人間は愚かだからね。
文明はこうやって消えていくのかもしれないね。


2 avril 2020

img_top

一昨日、富士山が噴火した場合
3時間で都市機能がマヒするという
国の検討会のシミュレーションが発表されました。

そうなった時は鉄道の運行が停止し、
大規模な交通マヒや停電・断水が発生。
都市機能が集中している地域では
通常の生活や経済活動は継続困難になると
今回の被害想定で報告されています。

ついこの前、ロックダウンの話が出たときに
みんなが慌てて買いだめに走ったばかりなのに
こんなことを聞いたら
また買いだめしたくなっちゃうじゃないねえ。

で、こういう発表があると
私は勘ぐってしまうのです。

なぜ今このタイミングでその話をする?
ただでさえ人が不安になってる時に
さらに不安を煽るような発表をするのはなぜ?

東日本大震災直後の3月15日、
富士宮市で最大震度6の地震が発生しました。
あの時専門家は、すわ噴火かとひやりとしたらしい。
マグマだまりの直上にひび割れを起こしたのでは
と指摘する地質学者もいてね、
どうやら富士山は300年の眠りから目を覚ましたみたい。

私はずっと前から
生きている間に富士山の噴火を見るだろう
と思っているから全然意外ではないんだけど、
このタイミングであの発表というのが
どうも引っかかるのよね。

富士山に何か動きがあるのか?
大地震より先に噴火か?

直近の噴火は1707年の「宝永噴火」。
この時は小康状態を挟んで16日間続きました。
そんなことになったらコロナどころじゃない。
今それは困るので富士山にはぜひ
もう少しいい子にしててほしいと思います。

富士は日本一の山。
こんなに美しく雄大な山は他にないですね。
見る度にありがたい気持ちになるし
日本人の心の支えみたいなところがあります。

でも一旦牙をむいたら最後、
私たちの生活は一巻の終わりだわねえ。
新宿にいる時に噴火したら
電車が止まる前に小田急線に飛び乗ろう。
せめておうちに帰りたい。

とはいえ、
今日明日という程差し迫ってはいないので
そう慌てる必要はないと思います。
富士山の呼吸と私たちの呼吸は
速さが違いますからね。

でも本気の備蓄を考えた方がいいとは思う。
備えは地震の時と同じだから
備蓄のはなしで書いたようなものね。
私も今月から水を2箱買おう。
ポチしてくださると励みになります♡                 


31 mars 2020


少し前からBCGワクチンが
コロナウイルスにも効いているのでは
といわれていますが、
これ、信憑性があるなぁ。

欧米とは明らかに広がり方のスピードが違う。
どう考えてもおかしいから何かが違うはず、
だけどなんだろうと思ってたの。
食べ物や習慣というのも関係あるとは思うけど
それだけではイマイチ弱い。

そこに入ってきたのがBCGの情報。
「ヨーロッパってBCGやらないんだね」
と友達が貼ってくれたツイッターのリンクを見て
あ、これかも!とピンときた。
ワクチンが効いているというなら納得だわ。

BCGといえば9つ針のハンコ型の注射。
日本人にとっては馴染みのあるワクチンです。
あれ、結核だけを予防するのだと思ってたけど、
「自然免疫を刺激するもっとも強力な物質」
なんだってね。

免疫には自然免疫と獲得免疫というのがあって
自然免疫はいわば体を守るための
最前線の働きをするもの、
獲得免疫は病原体などの異物に接することで
後天的に獲得する免疫です。
詳しくは調べてみてね。

BCGを子どもに接種すると
自然免疫が強化されて結核以外の感染症が
減ることがわかってきているそうです。

BCGは、途上国では出生直後に
ツベルクリン検査を行わずに接種していますが
結核の発症頻度が低い欧米諸国では
BCG接種を行っていないのですね。
BCGは卒業したんだって。

日本は欧米に比べて結核の発症頻度が高いため
BCGを接種していますが、
WHO標準より160倍濃い濃度なのだそうです。
重症化しやすい高齢者は
BCGを受けていない世代でもあります。
なるほど、これが理由で感染しにくい
というなら理に適っているではないか。

昨日は朝から日本中がざわざわしてました。
ついにロックダウンが宣言されるらしい
という噂が駆け巡っていましたが
今はそういう段階ではないということでした。

院内感染が発生した病院や
集団感染がわかった施設からは
これから判明する感染者が相当数出るから
一時的にぐっと増えますよね。
でもそれは想定内で、注目すべきは
感染経路がわからない人の数の増え方です。

都内のホテルは都から
軽症者を収容する準備をして欲しいと
要請されているそうです。
医療崩壊が起きないための準備も
着々と進んでいるんですね。

境界線を越えるかどうかは
私たち1人ひとりの行動次第。
気を引き締めて頑張らなければね。


27 mars 2020


【自然淘汰】
自然界で、生態的条件や環境などにより
よく適合するものは生存を続け、
そうでない劣勢のものは自然に滅びていくこと。

人類は一体、地球に適合しているのだろうか。

地上でこんなにも数を増やし、
地球を我が物顔で使い倒し、
化石燃料を使うだけ使って環境を破壊し、
奪い合い殺し合い、多くの生物を絶滅あるいは
絶滅の危機に追いやったヒトという種は
地球に適合してるといえるのだろうか。

何にでも当てはまることですが、
物事の均衡が崩れると
それを元に戻そうとする力が働きます。

今回の新型コロナウイルスを含め
ここ数年の世界の自然災害を見ていると
地球という生命体が怒って
人類を排除しようとしてるように見えるのです。
人類は自然淘汰されつつあるのかなって。

こういった災厄が
温暖化というひと言で説明できるのか、
それとももっと大きな別の法則によるのか、
あるいは地球の意思によるのかわからないけど、
何か大きな力が働いているようにしか思えない。

「今地球の免疫システムがMaxに活性していて
この星と世界の健康にとって有害なものを
排除しようとしている気がする」
宇宙物理学者の女性がそう呟いていましたが
うん、そんな気がするよね。

今私たちは、
全人類が力を結集しなければ解決できない難題を
母なる地球に突きつけられています。
人類は敵も味方も国境もなく1つになる必要があり
愛と助け合いでこれを乗り越えるしかありません。
こんなことは多分人類史上初めて。

私たち人類がこのテストに合格して
地球に住み続ける許可をもらえるのかどうか
今が正念場なのかもしれません。

世界中の人々が手を取り合い
愛と助け合いで1日も早く乗り切ってほしい。
これを乗り越えたとき、
その先に見える景色はどんなものなのだろう。


25 mars 2020


情報があふれる世の中で
どの情報を選択するかは難しいですね。
よく物事を俯瞰して見ろというけど、
つい目の前のことに注目しちゃうから
俯瞰するのは簡単ではないですね。

今みんなが心配しているロックダウン。
オリンピックの行方が決まるまで
東京の封鎖を待っていたという話ですが
私は東京が都市封鎖する事態にはならないと思う。 

まったくの素人考えではありますが
日本人の国民性や習慣が功を奏して
爆発的な感染拡大には至らないと思うから。
海外と日本ではベースが違います。 

第一に、日本人は異常なまでの潔癖症です。
何にでも抗菌・抗ウイルス加工が施されるほど
元々清潔に対して神経質です。

また花粉症の人が多いのでマスクの着用が日常的です。
普段から手もよく洗うしお風呂にも入ります。
ハグしたりキスしたりする習慣もないし。
そういうことに随分助けられていると思うんだ。

そして1番大きいのは
自粛しろと言われればちゃんと守ること。
海外では自粛要請に従わず無茶をする人がいます。
ドイツでは若者がコロナパーティを、
フロリダでも春休みの学生たちがパーティ三昧。
あんなことを日本人はしませんね。
真面目だし臆病だから。

そういう気質の賜物で、
首都封鎖をするところまでいかないと思うのよね。
街の様子を見ていてもそう思います。
このまま、うっすらと感染を広げながら
経済活動を止めずにゆるゆるいけるんじゃないかと。
ま、希望的観測ではありますが。 

それより水際対策をもっと強化してほしいのよ。
こっちは深刻ですから
海外から帰国した日本人を含め
2週間隔離することが急務だと思う。
「要請」では甘いですよね。
公共交通機関を使うなと言っても使っちゃうから。

都知事の立場では、人々の気が緩まないように
「感染が進めばロックダウンもあり得る」
と最悪の事態を警告する必要があるでしょう。
最悪の事態を共有してもらうことで
みんなの気持ちを引き締める必要があります。

私たちも、自分や身内のためだけでなく
より大きな社会的意義を視野に入れて
行動の自粛をする必要があります。
これ以上緩めないことが大事よね。

というわけで
私は東京が封鎖されることはないと思うし
そのための備蓄は考えていないんだけど
甘いかしら? 



23 mars 2020


去年の10月にルーヴルで墨絵の展示をした時、
パリは観光客であふれ街は賑わっていました。
まさかコロナウイルスでヨーロッパが
ロックダウンするなんて想像もできなかった。

この先、コロナウイルスが蔓延すれば
日本も鎖国状態になるかもしれません。
実は私はあまりそういう感じがしないけど
日本がロックダウンしなくても
世界中がそういう状態であれば同じこと。

私たちは食糧があって当たり前と思ってるけど
日本の食料自給率は37%ですからね、
いつ食糧不足になってもおかしくないのです。

備蓄って、何を想定するかにもよると思いますが
私は常に大地震を想定しています。
これを基準にすれば大抵のことには対応できる。
(家で被災することが前提ですが)

まずは1ヶ月自力で生きられる水と食糧。
それと非常用のトイレ、救急箱は必需品。
もし想定されている大地震が起きたら
1週間やそこらでは誰も助けに来れません。

私は、毎年送ってもらう大量のお米、
魚の缶詰やトマトの水煮缶とパスタを備蓄してる。
缶詰は嵩ばらなくて日持ちがするから。
今後はドライフルーツも買っておこうと思うけど
好きだから食べちゃうかもねw

地震ではライフラインが寸断されるので
カセットコンロとボンベは必需品。
あとランプ、電池、キャンドル、レジ袋、ラップ、軍手、
スマホ充電用のソーラーバッテリーも。

こんな時でなければトイレットペーパーとマスク
と言いたいところですが、今は無理だね。
私は3.11の直後に備蓄した
9年物のマスクを今使ってます。

地震を想定しないなら
水と食糧、それから現金ですね。
何があっても物が買えるように。

備蓄をする時は最悪の事態を想定します。
今想定できる最悪のケースは強烈よ。

コロナウイルスを引き金に大恐慌が起きる。
混乱の中、ウイルスも一向に終息せず
食糧や物資が不足しているところに
南海トラフ地震か首都直下地震が起きる...

ああ...そんなことになったら
多少の備蓄なんて役に立たないわねえ。
でも、こんなことだって
起きないとは限らないということ。




11 mars 2020

IMG_2217

2月の初めにも書いたバッタの大発生。
アフリカ東部を襲っていたサバクトビバッタが
今、海を終えて中東からインド、中国まで
迫っているというのです。
その数1000億から2000億匹。

バッタは新型コロナウイルスとほぼ同時期に発生。
各国がコロナウイルスの対応に追われる中、
穀物や野菜、果物を食い尽くしながら
じわじわと移動の範囲を広げています。
その上、6月までに数が500倍に増える
とも言われているので事態は深刻です。

国連によると、最も被害が深刻なケニアでは
約2400平方キロメートルの農作物が襲われていて
全て食い荒らされた場合は
8400万人分の食糧が失われることになります。 

IMG_2218

サバクトビバッタは日本にはいない種類だし
大群が日本に到達する可能性は低いらしいけど
風に乗って1日に100〜200キロ移動する
というから油断はできません。

すでに新疆ウイグル地区に到達しているので
このまま中国に広がっていけば
日本だって他人事では済まされません。
コロナで打撃を受けたサプライチェーンが
さらに滞ることになります。

今世界はコロナウイルスの封じ込めに必死で
国連の食糧農業機関(FAO)が
資金協力を呼びかけても動きは鈍いようです。
それどころではない国が多いからねえ。
食糧不足は紛争の火種にもなりかねません。 

疫病の蔓延にバッタの大発生と聞くと
クリスチャンでなくても
旧約聖書の出エジプト記を連想します。

神の怒りに触れた古代エジプトで
病気の蔓延やバッタの大量発生などの災禍が
相次いだという記述です。

私はクリスチャンじゃないけど
キリストがスーパー超能力者だったことは
間違いないと思っているので
この現象はちょっと気になるのよね。



2 mars 2020


生きてると色んなことがあるなぁと思う。
私の世代は戦後の日本の栄枯盛衰を見ています。
高度成長期もバブルも失われた30年も
この目で見ているからね。

ふむふむ、国というのは
こんな風に栄えてこんな風に衰退していくのね、
こういう曲線になっているのね、という感じ。
歴史の教科書を読んでるみたいです。

日本が1番元気な時代に育ったので
世の中がどんな状態になろうと
ちゃっかり逃げ切っちゃうのかなと
漠然と思ってたのよね。 

でも、この10年程は想定外のことが次々と起きて
そうでもなさそうだと今は思っています。
それはそれで興味深い。 
そして読んでいるのが単なる歴史ではなく
別の教科書だったらしいと最近思うのです。

今回の騒ぎも然り。
未知のウイルスが世界的に大流行するなんて
つい最近まではいつも観ている
海外ドラマの世界だったのよ。

このウイルスそのものは
恐れるほどのことはないと思っていますが
美術館が休館になり、各種公演が中止になり
テーマパークが休園になり
日本中の学校が休校になるなんて前代未聞。

この騒ぎが当分続くとすると
ウイルスより深刻なのは経済ですよね。
株価は日に日に下がっているし
中小企業を中心に相当なダメージを受けるはず。
私の会社も既に影響を受け始めています。

リーマンショック以上の危機というから
後世歴史の教科書にこう記されるかもしれない。

<2020年>
中国武漢で発生した新型コロナウイルスが
世界的大流行したのをきっかけに
株が大暴落、世界恐慌へと発展。
予定されていたオリンピックも
史上初めて戦争以外の理由で中止された。

2020年は大きな節目になると言われていたけど
こういう形で表れるとは思わなかったな。
想定外のことっていくらでも起きるんだね。
そしてこんな騒ぎの中、戦争をしてる国もある。

私たちは歴史の中にいるんだなぁ。
今見えるのは世界史よりもっと大きな人類史。
人類はどこに向かっているんだろう。