プチ地震予報や地球のこと

23 février 2020


毎日2倍ずつ大きくなるスイレンの葉が
湖全体を覆うまで48日かかるとすると
半分を覆うまでに何日かかるか。

答えは47日。
昨日まで半分しか覆っていなかった葉が
翌日には全面を覆っているのです。

指数関数的増加の信じられない動きを表した
フランス人の生物学者
アルベール・ジャガールの方程式です。

つまり、物事が転換点を超えるとき、
それは同じ速度でじわじわと進むのではなく
転換点ギリギリまで来たら
あとは水一滴で崩壊してしまうという話。
転換点を超えたと気づいた時には遅いのです。

なぜこの話をするかといえば
私たちの文明が今、
崩壊の危機に直面しているからです。

気候の急激な変化については
誰もがおかしいと気づいています。
昨日は東京でも春一番が吹きましたが、
今年のこの暖冬も異常ですね。

地球温暖化は、
かつてないほどの長期的で厳しい熱波や
暴風雨、ハリケーン、台風、洪水、干ばつなど
かつてない程の非常事態が多大な被害を
もたらしています。

水不足や極端な異常気象は
農業生産高に直結します。
ちなみに平均気温が2度上昇すると
インドの農業生産は25%減少し
かつてない飢饉をもたらすそうです。

それだけではありません。
生物多様性の損失は
無視できないところまで来ています。
地球上の生物は地上も海の中も
相互関係にありますが、その多くが絶滅、
あるいは絶滅の危機に瀕しています。

たとえば果樹の受粉をする
ミツバチが絶滅したら果物が採れなくなります。
虫や鳥が絶滅しても同じことです。
海の生態系が乱れることで魚が絶滅すれば
人間は一体どうしたらいいのでしょう。

またエネルギー源の減少は
代替エネルギーでは追い付かない程
急速に進んでいます。
それは経済の失速と直結しているので
いずれ今の経済システムを維持できなくなります。

あらゆる意味で限界が近づいてるの。
そのことを知っておくべきだと思うんだ。





14 février 2020


ニュースを見ていたら
少し前に見ていた海外ドラマ
「ザ・ラストシップ」を思い出しました。
未知のウイルスが世界中に広がる話なの。

全人類が絶滅するほどの猛威をふるう伝染病が
全世界に広まったところからドラマは始まります。

陸上ではウイルスによって大多数が死亡、
最後の望みを託された合衆国駆逐艦の艦長が
唯一ウイルスに侵されていない洋上で
細菌学者の女性とともに脅威の伝染病を解明する
というストーリーです。 

翻って今、
クルーズ船ダイヤモンドプリンセス号では
港に足止めされたまま船内感染が広がっています。 
同じ船にずっといるんだから当然ですよね。
高齢者が多いから心配です。
 
昨日、日本では海外渡航と関係ない人の感染が
複数の地域で出ましたね。
新たな段階に入ったということなのかな。
当初思われていた以上に感染力が強いらしい。

今朝の新聞によれば
新型コロナウイルスの感染拡大を受け
大規模な展示会や見本市を中止する動きが
世界で広がっているとのこと。
「経済効果33兆円に影」ということでした。

日本も感染がどの程度で抑えられるか
今のところ未知数ですが、
収束には8ヶ月かかるという話もあるから
オリンピック・パラリンピックの開催も
危ぶまれますよね。 

東京五輪は始めから躓きました。
まずロゴのデザインが盗作とわかり
一旦決まったものが変更になりました。
次に国立競技場のデザインも
女性建築家ザハ・ハディド氏に決まったものの
建築費が高額過ぎるため白紙撤回。

「はじめ良ければ終わり良し」
という言葉があるでしょ。
上手くいくものはするっとスムーズに進むのよ。

その後も有力選手が病に倒れたり事故に遭ったり
マラソンの会場が札幌に移ったり
トライアスロンで水泳の会場となる
東京湾で大腸菌問題が発生したり。
何かが違うからスムーズに運ばない。

今回の新型コロナウイルスは
ダメ押しという気がするのよ。
東京五輪は最初から無理だったんだと思う。
だからイメージできなかったんだわ。。。 



8 février 2020


新型コロナウイルスなんて
すぐに収束するだろうと思ってたのに
意外にもしぶとくて感染拡大が報じられています。

日本での感染も増えてはいますが
水際で押さえているので
国内での爆発的感染などは心配していません。 
海外から入ってくることが明らかだからね。

でも中国国内は上海などでも人がまばら。
ラッシュ時の電車もガラガラでした。
日本に来る予定だったツアー客の
キャンセルは40万人に上るそうです。

新宿も銀座も
普段は大きなスーツケースを引いて歩いている
中国人観光客の姿がすっかり消えてしまいました。
インバウンドを当てにしている
百貨店や小売店は大変だよね。

海外旅行の予定のある日本人も
行き先がどこであろうと
空港を利用すること自体を不安がっているので
旅行業界全体が打撃を受けるでしょう。

で、思ったのです。
私が東京オリンピックをイメージできないのは
これかもしれないなって。

当初は地震だと思ってたのよ。
オリンピックの前に地震が来るのかなって。
南海トラフ地震であろうと
東京直下型地震であろうと
そんなのが来たらオリンピックどころじゃない。

でも、今思うのは地震ではなく
新型コロナウイルスの影響で
海外からのお客さんが来なくなったり
選手が来られなくなったりして
正常な開催ができないかもしれないってこと。

だって、日本は中国に次いで2番目に
国内の感染者が多いことになってるから。
中国国内とは数字的には雲泥の差だけど
2番目に多いなんて言われたら
躊躇する人もいると思うよねえ。

ウイルスの全容がわかって
収束するまでには半年ほどかかるとか。
オリンピックはギリギリだね。
本当にどうなることやら。。。



17 janvier 2020


IMG_1793
産経新聞より

阪神淡路大震災から25年を迎える直前の昨日
東京大学と海上保安庁が
南海トラフでスロースリップを初めて捉えたと
NHKや新聞各社が報じました。

スロースリップとは、プレート同士の境目が 
ゆっくりとずれ動く現象で、
東日本大震災が起きる引き金になったといわれ
巨大地震との関連が注目されています。
陸地から遠く離れた海底で観測されたのは初めて。

私がずっと気になっている千葉東方沖も
スロースリップが数年おきに確認されていて
その後比較的大きな地震が起きています。

「NスペPlus」のこの記事
読むとメカニズムがよくわかります。

つまりこれは南海トラフ地震の前兆現象なのよ。
前兆現象があるということは
その時が近いということ。
かなりヤバイよねえ。

東日本大震災の時は2ヶ月前から
スロースリップが観測されていました。
チリの大地震でも本震に先立って
スロースリップがあったのね。

私はさ、どうしても東京五輪の開催が
イメージできないのです。
地震という明確なイメージが
あるわけではないんだけど
オリンピックがイメージできないの。

地震国日本に住んでいる私たちは
いつ何時巨大地震に襲われるかわかりません。
明日その日が来るかもしれない。
でも、そうであったとしても
今日という日を希望を持って生きたいよね。

「たとえ明日世界が滅びると知っていても
  私はリンゴの木を植え続けるだろう」
        マルティン・ルター 

その上で、準備だけはしておかなくちゃダメ。
南海トラフ地震が発生したら
東京でも東日本大震災の時と同じ
震度5強が想定されています。

それ自体は大したことはないけど
また停電して電車は止まるだろうし
食糧や水やトイレットペーパーが
お店からなくなるでしょう。

でさ、南海トラフ地震が起きたら
連動して首都直下地震も起きると思うの。
その時に慌てなくて済むように
自力で生きていくための備えが絶対に必要です。
今度は誰も助けに来られないから。

阪神淡路大震災から25年。
これが私のナマズ人生の始まりだったのよね...


10 décembre 2019


関東地方に住んでいる私たちは
子供の頃から大地震が来るから備えろ
と言われ続けています。
でもあまりに言われ慣れているので
「オオカミが来るぞ」状態なのよね。

私が子供の頃は大地震といえば
主に東海地震を指していました。
首都直下地震よりもそちらのリスクが高い
とされていたのだと思います。

ところが95年の阪神淡路大震災以降
都市型の地震に注目されるようになり
東京では東海地震より首都直下地震について
盛んに言われるようになりました。

私は95年の地震の後、
地震の本を読んで色々調べたのよ。
そして南海トラフのリスクに気づきました。
24年も前のことですよ。
でも2011年に東関東大震災が起きるまでは
誰もそのことを言わなかったんだよ。

素人の私がちょっと調べただけでわかるんだから
専門家は当然知っていたはずなのに
南海トラフ地震のことが報道されないのは
何かの意図が働いていると思ってた。

でも想定外の3.11が起きて、
その被害があまりにも甚大だったために
南海トラフ地震で想定される被害状況を
一般に知らせないわけにはいかなくなったのね。
それで度々取り上げられるようになりました。

そして今、NHKが総力を挙げて
先週の首都直下地震に関する番組を作ったのです。
番組を観た人が意外と少なくて驚いたけど
あれね、批判を覚悟で作ったと思うよ。
絶望しかないような結末ですからね。

それでも一般に知らせなくてはならない
理由があるから1週間もかけてやったのです。
一体どういうことが起きるのか、
自分の命を守るために何が必要で
何をしてはならないのか、
そういうことを知ってもらうためにね。

大方の人が舐めてかかっている理由のひとつは
3.11の時の成功体験だと思うんです。
あの時、関東圏の私たちも影響を受けました。
激しい揺れも輪番停電も経験しました。
歩いて帰宅した人も大勢いたし
商品が店頭からなくなるのも見ました。

でも振り返ってみたら大したことなかったよね
というのが何処かにあると思うのね。 
また地震があっても何とかなるだろうって。
でも、あれは震度5強ですから
あの時のことを成功体験にしてはダメなの。
 
もし首都直下地震や南海トラフ地震が起きたら
日本の力だけでは復興できません。
番組の中では日本が滅びるとまで言ってたけど
これは大袈裟な表現ではないのね。

ゲストの専門家が言ってたように
首都直下地震が起きた瞬間に
日本は発展途上国になると思った方がいいし
数年で復興できるレベルではないと
覚悟しなければなりません。

と、散々脅かしておいてナンですが
だからと言って怯えて暮らす必要はなくて
ちゃんと知って覚悟した上で
当たり前の日常を大切に生きればいいと思うの。

今日という日が無事に迎えられたこと、
みんな元気で過ごせることを
今まで以上にありがたく感じるじゃない?
この美しい人生を改めて大事に生きたいよね。
なので、地震の話はここまで。



6 décembre 2019


私の中で起きている分離した感覚について
昨日はハニーという視点で書きましたが
本当はそれが原因じゃない気がしているのです。 

ハニーが面倒臭いのは今に始まったことではなく
彼が地雷を踏んだのも今回が初めてではない。
私はハニーが好きですが
彼がいなくなったくらいで
世界がバラバラになる程ヤワではありません。

それに私はフランソワと
結構上手くやっているのです。

なので、ハニーが地雷を踏む前から
私の中ではそれが始まっていて
地雷をきっかけに一気にバラバラになった
と考える方が自然なのではないかと思うの。

このバラバラな感じやザワザワ感、
どこかで覚えがある...

話は飛びますが、
マイケル・ジャクソンが急逝してからの1年半程の間
私は宙に浮いたような感覚で生きていました。
地球のエネルギーのバランスが大きく崩れたようで
居ても立ってもいられない感じだった。

不思議なのは私が彼の特別なファンではなく、
忘れていたくらいだったこと。
それなのに、なんだかおかしくなっちゃって
何かに突き動かされるように
来る日も来る日もマイケルの映像を観て
彼のメッセージを1つ残らず受け取ろうとしてた。

地上から2〜3センチ浮いている感じでね、
アドレナリンが出っ放しで
2時間踊り続けても全然疲れなかった。
東京タワーの特設ステージで
毎週末踊りまくってたなんて異常だわ。。。

マイケルが亡くなったのは2009年6月25日、
それから2年も経たない2011年3月11日に
東日本大震災があったのです。

今思うのは、
当時私に起きた奇妙な現象はマイケルというより
地球が大きく動いていたからで
私はそのエネルギーの歪みの影響を
受けていたのではないかということ。

地球が興奮していたから
私も興奮していたのではないかということなの。
その時の感じと今はちょっと似ているんです。

だとしたら、
地球では今何かが起きている、
大きな地震が起きる日が近いのかもしれない、
思ってしまうのよね。
だって私は2020年の東京オリンピック開催が
どうしてもイメージできないんだもん。

そして、それは首都直下地震とは限りません。
むしろ南海トラフ地震かもしれないのです。
なので、私はもう少しこのまま
観察を続けることにします。



4 décembre 2019

IMG_1213

NHKでは12月1日(日)から8日(日)まで
NHKスペシャルを集中編成、
「体感 首都直下地震ウィーク」として
様々な番組を放送しています。

中でも見逃せないのはドラマ「パラレル東京」。
私たちが住む東京とは別のパラレル東京で
M7.3の首都直下地震が発生した様子を
リアルなドラマ仕立てで伝えています。

30年以内に70%の確率で起きる首都直下地震。
でも本当にピンと来ている人は
少ないんじゃないのかな。
そして本当に東京で大地震が発生したとき
一体どういうことが起きるのか
わかっていない人が多いのでは?

そういう危機感を持って作られたのが
ドラマ「パラレル東京」なのね。
番組は政府が想定している被害状況を正確に再現し
地震発生からの4日間を4日に渡って放送しています。
すごく良くできてると思う。
ドラマの後には専門家による解説もあります。

政府の想定によると
首都直下地震の規模はM7.3、最大震度7。
揺れによる全壊家屋最大17万5千棟、
消失家屋41万2千棟、死者2万3千人、
負傷者13万3千人、経済的被害95兆円。

地震による死者の数は22万人
という試算もあります。
いずれにしても人類が遭遇したことのない
大惨事になることは確かなのです。

東日本大震災のとき、
私は早々に帰ることを諦めて会社で待機しましたが、
物凄い数の人が歩いて帰ろうとするのを見て
ちょっとゾッとしました。

あのとき歩いて帰った人の85%が
また地震が起きたら歩いて帰る
と言っているんだってね。
でも、それはダメなのよ、絶対に。

家族と一緒にいたい気持ちはわかるけど
慌てて家に帰ろうとするのは
自分にとっても他人にとっても危険なの。
3.11は震度5強程度でしたが
首都直下地震は震度7ですからレベルが違う。

パニックになった人が
ぎゅうぎゅうの状態で移動すると
誰かがちょっと躓いただけで群衆雪崩になる。
将棋倒しになって圧死しちゃうんだよ。
それにどこで火災が起きているかわからない。
冷静な行動が求められます。

私は、何故今NHKがこれを1週間もかけてやるのか
つい考えてしまいます。
相当危ないんじゃないかなって。
昨日もあちこちで地震があったし
さっきも茨城県で震度4の揺れがありましたね。
私もこのところザワザワしているんだ。

地震は必ず来るんだけど
大事なのは心の準備と備え、
そして冷静に対応するための知識です。
日頃から家族と話し合っておくことも必要。


27 octobre 2019

FullSizeRender

昨日は素晴らしい晴天だったので
夕焼けがひときわきれいでした。

夕方ふと空を見たらあまりにも美しいので
マンションの最上階に見に行きました。
すると、富士山の上に不思議な雲が広がってたの。
まるで富士山から煙が出ているみたいな感じ。

もっとちゃんと見たいと思って
近くのスーパーの屋上まで走って行きました。
空は刻々と変わるので見逃したくない。
私が最初に見たときは富士山のてっぺんから
三角定規が生えてるみたいにシャープだったけど
下の方が崩れてきたね。

ツイッターに別の角度から見た写真があったので
拝借しました。

IMG_0847

不思議でしょう?
なんでこんな雲ができるんだろ。
三角形が崩れてきたらまるで噴火してるみたいだ。

IMG_0850

「即位礼正殿の儀」があった22日は
雨上がりに虹、富士山に初冠雪があって
国内外でも話題になりましたが
自然は実に不思議なものを見せてくれます。

逗子に住んでいて毎日富士山を見ている同僚が
前日まで雪がなかった富士山が
翌日には絵に描いたように真っ白になっていて
びっくりしたって言ってた。
普段の初冠雪はもっとまだらなのだそうです。

そういう話を聞くと
やはり天皇という存在は特別なもの
という感じがしますね。

それにしても気象は年々荒くなって
こんな美しい夕焼けを見せてくれる半面
度々大量の雨を降らせて大きな被害を出します。
「もうこれ以上降らないで」と祈るばかり。

今日も東京は曇り空。
早く安定した秋晴れにならないかなぁ。



13 octobre 2019


台風が通り過ぎていきました。

あちこちで一級河川が氾濫して
大変な被害を出していますが、
毎日通勤電車で渡る身近な多摩川が
氾濫したのはショックでした。

普段はバーベキューなどで賑わい
花火大会も行われる二子玉川の河川敷。
あそこが全部濁流で覆われるなんて
考えただけで恐ろしい。
そして私もよく通る道路を超えて
あふれてしまうなんて怖すぎる。

多摩川の氾濫というと連想するのは
昭和49年の堤防の決壊と「岸辺のアルバム」。
家のほかにアルバムを失ったことがショックだった
という被災者の話を基に
山田太一が新聞に連載した小説がドラマ化。
最終回には実際の報道映像が流れたよね。

あの時流された家の1軒が
友だちの先生の家だったと今日聞いて驚いたけど。

多摩川はあの水害で堤防を強化したので
以来水害は起きていなかったんです。
大雨が降って濁流で川幅が広がることはあっても
道路を超えるまで水が増えるなんて
想像もできませんでした。

台風が大型化しているのは
日本付近の海水温が高いからで
地球温暖化の影響であることは明らか。

温暖化の原因が何であるかは諸説あるけど
温室効果ガスがその一端なのも事実です。
人間にできることはしておかないと
結局は自然にしっぺ返しされることになります。

スウェーデン人の高校生環境活動家が
毎週金曜日に学校をボイコットして
議会に温暖化対策を訴えたことから
若者による抗議活動が世界中に拡大しました。

日本人はそういうことに無関心で
喉元過ぎるとすぐ忘れてしまいますが
何か起きてから対処するだけでは
子どもたちに安全な環境を残すことは
できないよね。

そのためには便利を捨てる覚悟が必要。
まずはスーパーのレジ袋やペットボトル、
過剰包装をなくしてほしい。
あれはゴミを増やすだけです。

私も財宝温泉の水を頼んでいるので
ペットボトルはゼロではないけど
それ以外では極力買わないようにしてる。

今週行くフランスはレジ袋はないので
エコバッグを持つのが当たり前です。
私もいつもエコバッグをバッグに入れています。
そのくらいのことは誰でもできると思うの。

                       


12 octobre 2019


かつて経験したことがないくらいの
大雨、高潮、強風を伴った台風が接近中です。
こんな台風が関東を直撃するのは
昭和33年以来ということで
緊張感が高まっています。

去年関西を直撃した台風を経験した
ニュースキャストの男性が
盛んに警戒を呼び掛けています。
荒川が氾濫して地下鉄が浸水する
シミュレーション映像が流れています。

地下鉄があんなことになったら
都市機能は完全にマヒしちゃう。

NYでは地下鉄が水没する可能性があるときは
前日に運行を中止して車両を全部
地上に上げるのだそうです。
それでも完全復旧まで1週間かかるらしい。

東京の地下鉄はあちこち乗り入れしているから
ただでさえ山間部で雨が降ると
遅れたり止まったりします。
都心は海抜が低いし500ミリも雨が降ったら
河が氾濫しなくても雨が流れ込むよね。

でもニュースを見ても地下鉄の入り口を
土嚢でガードしている様子はないし
準備が悪い感じがするなぁ。

昨日は台風に備えるために
会社を早く上がるようにと言われ
全員が5時前に退社しました。 

買物を済ませて家路につくと
家の近くで珍しい光景を見ました。
うちの目の前では中央新幹線の
非常口の工事をしていて
いつも何台もの大きなクレーンが動いています。

その巨大クレーンが全部地面に置かれて
きれいに並んでるの。
あれ、どうやって外すんだろ。

家に帰るとベランダの鉢を中に入れて
排水溝の掃除をしました。
水やりのときに少しずつ土が流れて
いつの間にか排水溝の周りに溜まってた。

Facebookでは都内のスーパーに食べ物がない
という投稿をいくつか見ました。
うちの近くのスーパーは通常通りでしたが
棚の食品がなくなるなんて
プチパニックになっているんだね。

私は日頃から備えているので
水も食料もあるし、
非常用のランプもロウソクも
スマホ充電用のソーラーバッテリーもあるから
お風呂に水を溜めるだけで大丈夫。

スマホに緊急速報が流れ始めました。
雨足が強くなってきたよ。