お洒落とか美容とか

25 février 2021


元パリコレ・モデルの美しい女性に
美の秘訣を教えてもらいました。

彼女はワコールと共同で
ウエディングドレスを作っていたり
ファッションブランドをプロデュースしたり
ファッション業界で長く活躍しています。

その彼女が言うには
「美しくなろう」とするより「美しく見せる」方が
ずっと簡単だし早いのでおすすめだって。

体重を3キロ減らそうと思ったら
ジムに通ったり食べ物を制限したり大変だけど
スッキリ見える方法を実行すれば
一瞬でそうなるというのです。なるほど。

で、そのためにすべきことの1番は
体に合った下着をきちんと着けること。
それだけで見た目が驚くほどスッキリします。

そうだった。
もう10年以上前になるけど
ワコール人間科学研究所の長年にわたる研究結果が
話題になったことがありました。

それは1964年の研究所発足以来
4歳から69歳までの日本人女性延べ4万人以上の
データを集積したもので
同じ女性の加齢変化を25年間追跡調査するという
ユニークな取り組みでした。

その結果わかった女性の体型変化の法則は
バストならまず胸のボリュームが落ちる、
次に脇側がそげて下部がたわむ、
そして外に流れる。
調査したすべての女性に当てはまり
元に戻った人はいなかったそうです。

で、胸が胴体の線からはみ出していると
オバサン臭く見えちゃうわけよ。
なので流れちゃったお肉をブラに収めて
きちんと整えることで全然違って見えるって。
バストトップの位置は肘と肩の真ん中です。

もうひとつ大事なのは姿勢です。
ワコールでは魅力度の研究というのもしていて
その実験に彼女も協力していたそうで、
それによると姿勢が良いだけで
魅力度はぐんとアップするそうです。

太ってるとか痩せてるとかより
姿勢の良し悪しの方が数段
人が感じる魅力度が高いとのこと。

それはわかるよね。
背中がすっと伸びているとそれだけで美しい。
バレリーナがその典型ですね。
バレエをやってる人は首が長くて背中が真っ直ぐ。
あれ、憧れちゃうなぁ。

なのでブラで胸の形や位置を整えて
背中を伸ばすだけで3〜4キロは痩せて見えて
魅力度もアップする、というお話でした。


                       
姿勢は胃を真っ直ぐにするイメージだって。



21 janvier 2021

FullSizeRender

春の自粛期間中は世の中がホントに止まっていて
デパートも個人商店も軒並み休業していました。
ルミネのショーウィンドウはいつまでも真冬のまま。
そうなるとお洒落する気は起きないものです。
お洒落して歩いてる人がホントいなかった。

ところが今回は違います。
電車は多少空いているけど
デパートは開いてるしセールはやってるし。
ルミネのショーウィンドウも楽しげです。
買い物したくなるじゃないね。

黄金期を生きる我々としましては
お洒落して美しくなることも大事だと思うのです。
素敵であることは女の責務とさえ思う。
だって女性が元気な社会は健全でしょ。

キレイな女性が増えたら街が活気づきます。
素敵な街には素敵な女性が不可欠です。
私もお洒落な人を見るとウキウキするもん。
だからお洒落は社会貢献よ。

そんなことを言い訳に、
こんなフェイクファー付きジャケットを
買ってしまったじゃないの。
だって半額だったんだもん。

FullSizeRender

本当はね、画材だの額だので出費が嵩んだので
この冬は服は買わないことにしようと思ってたの。
でも、その決心はいつも空しい。
素敵なものを見るとグラグラします。

そして私、ケモノ系の素材や柄が結構好きで
なんか惹かれて買っちゃうんだな。
その割には身につけないんだけど。
去年買ったこの帽子も被ったことないわ。
いざとなると恥ずかしくて。笑

5b354069-s

逆に、ヘビロテしていたこの手袋は
どこかで落として無くした。。。

てなわけで、みんなお洒落しましょう。
そしてますます人生を謳歌するのだ。


                              

ポチしてくださると励み になります♡               

9 décembre 2020


素敵な女性は幾つになってもお洒落です。
あるご婦人は80代後半になっても
洋服はもちろん、あらゆることに拘りがあって
ハンドバッグの中身まで抜け目がありません。

ハンカチはいつも2枚、
1枚は手を拭くためのもの、
もう1枚はさっと出した時に美しい
汕頭のハンカチ。

ポケットティッシュは見た目が悪いと
ちり紙(ちりし)を使うのだそうです。
今時ちり紙なんて知らない人も多いと思うけど
薄い高級な和紙で透かしの柄が入っています。
それを必要な分だけきれいに畳んで
バッグに入れるのだそうです。

お洒落な人はボタンにも拘ります。
ボタンというのは結構目立つアイテムだから
そのご婦人は市販の服を買うと
ボタンを全部好みのものに取り替えるのだそうです。

そういう人だから
もちろん下着まで気を遣っていて
輸入ランジェリーの店が御用達。
スリップのレースの長さにまで拘ります。

パックやマッサージはもちろん
首のしわ取り専用クリームまで
使っているいるらしいのですが
80代にしてその意識の高さはすごい。

墨絵の先生もそうだったけど
昔の人は身だしなみにも気合いが入っていたよね。
先生もお稽古の時はいつも完璧なお洒落をしてた。
先生もそのご婦人もいいとこ奥様ではあるけど
そうでない人でもなんかシャンとしてたよね。

あのような美しさは私も含めて
今の大人にはないなぁと思う。
美しいものが好きな私は
そんな時代に憧れを抱いてしまうのです。
 
                        
今の時代は忙し過ぎるのね、きっと。
いつも読んでいただきありがとうございます♪
ポチしてくださると励みになります♡                   


29 octobre 2020


私が通っている美容師さんに聞いた話。
マスク生活になって以来、お客さんの中に
整形した人がめちゃ増えているのだそうです。

マスクをしていると眉と目しか見えないでしょ。
ある程度年齢を重ねた人にとって
顔の悩みってほぼ目から下なんですね。 
目の下のたるみとかほうれい線とか二重顎とか。

そこってマスクで隠れてるじゃないですか。
だから整形した後に腫れたり傷になっていても
マスクが上手く隠してくれるんですよね。
なので、マスクがスタンダードなうちに
整形しちゃおうということらしいの。

美容師さんは47歳なんだけど
美人だし肌はキレイだし清潔感があるし
そのままで十分若々しくて美しいんだけど
顔の悩みって本人にしかわからないもんね。

本人的には目の下が気になっていて
ネットで色々調べているうちに
二子玉川に良さそうなクリニックを見つけて
オンラインの無料診断してもらったの。

すると「中程度」と診断されたそうです。
本人はもう少し程度が軽いと思ってたのに
中程度と言われてショックを受け、
目の下の脂肪を取る手術を予約したんだって。

以前私の友だちもプチ整形をしたことがあって
それって家族でも気づかないほど
さり気ない変化なのです。
言われなければ全然わからない。
でも確実にキレイになってるのよ。

彼女の場合はヒアルロン酸とかボトックスとか
金の糸を使う方法だったので
半年程度で元に戻っちゃったけど
美容師さんの手術は脂肪を取っちゃうから
効果はずっと続くらしい。

費用は約50万。
それでキレイになって
コンプレックスがなくなるなら安いかもね。
次に髪を切りに行く時は手術の後だから
報告が楽しみだわ。



22 octobre 2020

image

昨日は爽やかな秋晴れでしたね。
お天気がいいと気持ちも晴れやか。
人の気分ってホント天候に左右されるね。

友だちと待ち合わせて山種美術館に行きました。
集合場所の恵比寿駅に着いたのが
約束の時間より1時間近く早かったので
アトレを見て時間を潰すことにしました。

今年は春がすっぽり抜けたでしょ。
東京は夏も自粛ムードだったので
なんだかお洒落する気にもなれなくてね。
今年になってから服なんか全然買わずに
ここまで来たのであります。

2、3日前に衣替えをしたのですが
1度も袖を通さなかった服が結構あった。
私がこんな状態なんだから
アパレル産業は大変なわけです。

アトレの中を歩いていたら
あるお店の店員さんがはいていたスカートが 
とても可愛いくて思わず立ち止まりました。

ちょうど薄手の生地のスカートがほしい
と思っていたところだったので
お店に吸い込まれていきました。
「そのスカート可愛いですね」
「これ、今季から入れたパリのブランドなんです」

パリという言葉に弱い私は
「ちょっとはいてみてもいい?」
と試着させてもらうことにしました。
やだー、いいじゃない。

お店の人は当然褒める。笑
「今のトップスとジャケットにピッタリですよ」
今日は珍しくスカートをはいていたんだけど
確かにこのままでも良さそうではないか。
こういうフェミニンなスカートには
革のジャケットが合うよね。

Gジャンでもよさそうだし
もう少し寒くなったら
去年買った大きめのニットにも合いそう。
よし、買っちゃおう。
今年初めての買い物だわ。

「これ、このままはいて行きます!」
はいてきたスカートを袋に入れてもらって
ちゃっかり待ち合わせの場所に行きました。
「これ、今買ってきたのをはいてるの」
「早いねーw」

ひらひらでちょっとキラキラしている
新しいスカートで街を歩くと
今日の空のように晴れやかな気持ちになりました。
やっぱりお洒落って楽しい。
秋だもん、お洒落しなくちゃね。



13 août 2020

FullSizeRender

普段爪には何も付けない私も
夏になるとペディキュアだけはします。
裸足の足に何もしないと
裸で歩いているみたいで恥ずかしいもんね。

ところが今年の夏はコロナのせいで
色んなことがどうでもよくなっていて
爪がすっぴんのままサンダルを履いていました。

それでもサンダルの足元を見ると
いかん、付けなくちゃとは思うんだけど
今日こそはと思っても帰宅すると忘れちゃう。

私は暑がりではないので冷房の設定温度は29度。
顔にも体にもあまり汗をかかないんだけど
なぜか足の裏だけは熱を持つのよね。
冬は冷えちゃうのになんでだろ。
 
なので夏はサンダルの類ばっかりなんだけど
電車の中で改めて人の足元を見ると
みんなこの暑いのに靴を履いてる。
パッと見渡したところ殆どの人が
スニーカーかパンプスです。

私はこの季節にストッキングやソックスはムリ。
てかストッキングは年間通してはかないし。 
みんな暑くないのかなぁ。

で、昨日表参道ヒルズでお茶してたら
向かいの洋服屋さんに並んでるネイルの中に
きれいなブルーがあるのが目に入りました。
私の好きな色。

近づいてみたらセールになっていたので
今日こそペディキュアをしようと決心して
そのネイルを買いました。

家に帰るといつものように
描きかけの絵の続きを始めました。
今描いているのが青い犬なので
持っているブルー系の絵具を全部
絵具入れから取り出して色を選びます。
ブルーのグラデーション素敵!

ひと通り描いた後、
今度はネイルを取り出して爪に塗りました。
「やっぱり夏はこうでなくちゃ」
と思いながらテーブルの上の絵具を見たら

さっきまで塗っていた色と
ペディキュアの色が同じトーンだった。



18 mai 2020

FullSizeRender

新宿ルミネのショーウインドウは
外出自粛が始まったときから時が止まっています。
「素敵だなぁ」と思っていたコートが
今も取り残されたまま。
すっかり夏になっちゃったのにね。

「春物を着ないうちに夏になっちゃった」と
友だちが嘆いていたけど
洋服屋さんも春物を売る機会が
すっかり飛ばされてしまいましたね。

仕事以外誰にも会えないでいると
着るものに気を遣う気持ちが起きないものです。
衣替えをしたら夏物も結構間に合っていて
物欲もなくなっている自分がいます。

不思議なもので
普通に洋服が買えるときには
ネットでも色々買ってたのに
こうなると洋服なんか見やしないの。

FullSizeRender

やっぱりさ、
街にお洒落して歩く女性の姿があって
ショーウインドウに季節の服がないと
刺激がなくて意欲が湧かないんだわね。

通勤している私でさえそうなんだから
テレワークでずっと家にいたら尚更。
洋服なんか要らないもんねえ。
なんなら全部ユニクロで間に合っちゃう。

私は自分がお洒落するのも好きだけど
お洒落な人を見るのも好きなんです。
今はその刺激がないからつまんないの。

女性がキレイになろうとするパワーは
経済の原動力にもなります。
早くデパートや小売店を再開させて
女性たちの消費欲を刺激しないと
日本経済が潰れちゃうよね。

ウインドウショッピングができる
楽しい生活が早く戻るといいね。



26 février 2020


以前から気になっていた整体師のKiwaさん。
アラフィフとは思えないピカピカなお肌と
自然体でオープンな人柄に
女性ファンが多い人気者。
都内で "nanea" というサロンを開いています。

1万人以上の骨盤を触ってきた経験から
骨盤を6タイプに分類。
骨格からその人そのものがわかるといいます。
その名も「骨盤リーディング」。

何年も前から興味あるわぁ、と思いながら
メルマガを読んでいたんだけど、
共感できることがいっぱいあって
絶対に「気」が合うと思っていたの。
整体師との「気」の相性って大事だからね。

Kiwaさんが整体師としての長い経験に加え
最近若い子に混じって鍼灸師の学校に通い
資格を取ったというので益々興味が湧いてね、
美容鍼も取り入れたことを知って
これは行くしかないと予約を入れたわけ。

今回は初めての人におすすめという整体+整顔の
「マドンナコース」を受けてきました。 
まず最初に骨盤をチェック。ドキドキ。
私の骨盤は小さくてハート型に開いていて
柔らかくて少女のようなんだって。笑

骨盤の形でその人の特質、
恋愛、仕事のやり方までわかるそうですが、
ハート型の人は外交的、受注発注型、
人のためだとスイッチが入る、
キメ細かいホスピタリティが強みらしい。
当たってるじゃん。

施術はソフトな整体に加えて
生まれて初めてカッピングをしました。
やっぱり肩のあたりには悪血が溜まってて
そこだけ紫色になったよ。

さらに整顔とこちらも初めての美顔鍼。
鍼自体ほぼ初めての経験でしたが
美顔鍼、上がるわよ。

Kiwaさんの手から出るパワーが
メチャクチャ気持ち良くて
しかもおしゃべりが楽しくて
今日来たのは大正解だと思いました。

彼女なら上手に寄り添ってメンテナンスしてくれそう。
頬の筋肉をほぐすために自分でチクチクできる
「てい鍼」を教えてもらって帰宅してからポチ。

来月の予約も入れたから
定期的に通って美容と健康を手に入れよう。
新しいお楽しみを見つけちゃった♪



18 février 2020

FullSizeRender

2週間くらい前から髪の毛が限界だったのですが
昨日、やっと美容室に行くことができて
伸びきっていた髪を切りカラーをしました。
あー、スッキリした。

もっと計画的に予約を取ればいいのに
いつもギリギリになって電話するから
10日くらい待つことになるのです。
その10日が長くて、長くて。

美容師さんに「赤くする?」と聞かれ
私は勇んで「お願い!」と答え
可愛い赤毛になりましたよ。
赤毛といっても黒の上に乗せるから
ほんのり赤いという感じです。

春だしね、今日はそんな気分だった。
ヘアスタイルについては美容師さんにお任せで
彼女の提案は全て受け入れています。
だって、黙って座ればいつもきれいにしてくれて
1度も期待を裏切られたことがないんだもん。

それにしても、美容師さんがブローすると
なんでこんなにツヤツヤになるんだろう。
自分ではこうはならないよね。

さて、今どきは大々的なセールが終わっても
細々と店の片隅にお買い得品がありますね。
髪の毛がスッキリしてご機嫌の私は
帰りに寄った東急で黄色いニットを見つけて
思わず買いました。
セールだから7000円だった。

いかにも冬物という感じの服は
もう買う気がしないけど
このニットは薄手でまだまだ活躍しそう。
それにちょうどVネックを探していたのよ。

早速着てみました。
一気に春が来たようにウキウキした気分。
これには、ずっと前に買ったショールが合うな。
そう思って合わせたら
ほら、まるで春のお花畑みたいです。

午後から出かけるからこれ着て行こう。
ウキウキを身にまとうと
少々寒い日も春になります。



11 février 2020

IMG_2078

どこかでたまたま一緒になって
Facebookで繋がる人がいます。
多くの人はそれっきりだけど、
その後全然接点がなくても
ニュースフィールドに流れてくる発信が
何故か気になる人もいますね。

そんな1人にフランスに生地を買い付けに行って
服を作っているデザイナーの女性がいてね、
1度彼女と話してみたいと思っていたんです。

私の仕事のいいところは
「取材に行ってきまーす」
と言って自由に外出できること。
そして取材ということで
気になる人の話を聞きに行けること。

で、昨日彼女のアトリエに行ってきました。
広尾の駅からすぐのお洒落なビルで
壁はコンクリートの打ちっぱなし。
アンティークの家具が溶け込んでいて
とてもセンスのいいアトリエでした。

話を聞いたらなかなか面白い人物で
彼女が作る服もステキだった。
シルクのブラウスは面白いデザインで
吊るしてあると普通なのに
着るととっても個性的。

カシミヤのコートはフランスの生地で
羽織った時に自然に出るドレープが美しいの。
軽くて暖かくて流石カシミヤ。
春先に着たら風に揺れて素敵だろうなぁ。

でね、彼女と話していたら
なんとなく同級生のニオイがしたんです。
それで聞いてみたらやっぱりそうだった。
同い歳だと思ったらお互いに親近感が沸いて
ますます話が弾んじゃった。

取材は普段長くても2時間なのに
たっぷり3時間以上も話し込んで
慌てて事務所に戻りました。

彼女と話して気づいたんだけどね、
若い頃より首って短くなってませんか?
私の場合、肩凝りのせいで肩が盛り上がって
昔より確実に首が短くなってると思う。
その上、フェイスラインがぼやけるから
襟元が開いていた方がキレイなのよね。

寒いからつい襟の詰まったものを着ちゃうけど
なるべく襟元を開けようと思っちゃった。
そんなことを自覚したのも
この日彼女に会った収穫でした。