魔女のうんちく

4 août 2020


各種占いも示す通り
私には自分の時間がたくさん必要です。
だって絵を描いたり文章を書いたりは
独りですることだからね。 

この前50代独身の友人と話していたら
彼女は家族が欲しいというんだけど、
私は自分がどうしたいのかわからないの。
こうしたいというのがなくて
まるでイメージできないのです。

例えば、今度こそ当たる宝くじについては
幾らでもイメージが湧きます。
アトリエを買って墨絵や日本画のグループ展をして
コロナが落ち着いたら海外でも展覧会をして。
ついでにポンコツになったクルマを
買い替えちゃおう、なんてね。 

ところが、自分自信のこととなると
こんなに恋愛、恋愛と騒いでおきながら
その先のビジョンが浮かばないのです。
誰かと暮らしている自分も 
可愛い老夫婦になって手を繋いでお散歩
なんてシーンもまるで想像できないの。

私は自分がイメージしたことは
大抵現実になりますが、逆に言えば
イメージできないことは起きないってこと。
今はその時じゃないのかもしれないけど
それにしても白紙状態。

これ、東京オリンピックが
どうしてもイメージできなかったのと同じだわ。
ってことは、私には共白髪の未来はないのか?

実際、いざという時に頼りになる
ステディな相手はいて欲しいんだけど
一緒に暮らすとなると、今は困る。
自分のことで忙しすぎて今はムリ。
フランソワも今のところ頼りにできないしねえ。

かといって永遠に1人でいる気もないので
いつかは素敵な誰かと家族になりたいよね。
その相手が誰なのかは
その時になってのお楽しみ、かな。



3 août 2020


知人2人が一緒にライブ配信をするというので
仕事中にこそっと視聴しました。
そこで数秘術の話を聞いたので
改めて自分の数字を見てみました。

私は25日生まれなので運命数が7。
徹底的に物事に没頭する性質で
生まれつきの研究者気質あるいは職人気質。
良くも悪くも完璧主義のナルシストらしい。
あら〜、ナルシストではないけど
完璧を求めるこの気質は誕生日のせいか。

そうだよね、
気になるととことん追求せずにいられず
その研究のためにどれだけ散財したことか。
B型のせいだと思ってたけど7のせいか。。。
そして今はアートに没頭。

7の人は追求するのは好きだけど
ディプロマには興味がないというのも
まさに私なんだよねえ。
自分で納得できればそれで完結。

しかし不思議なのは
数秘術で見ても算命学で見ても
まったく同じことを言われること。

例えば、私は東洋占星術では火の隠で
"灯火" と表されるのですが
何より大事なのが1人の時間なんだそうです。
考えに耽る時間がないとダメなんだって。

で、数秘術でもまず言われるのが
7の人は1人の時間が大事だってこと。
どんだけ1人が好きなんだ?
これでは嫁に行けないではないか。

また、こんなことも。
風変わりな人という印象を与える。
全般的に運命数7の人は日本の気質とは合わず
外国語や外国に触れることで幅が広がる。

ふーん、
私がイケメン・長身・フランス人を求めるのは
運命数が7だからなのか?
そして風変わりな印象というが
周りに風変わりが多すぎて
自分は普通だと思ってたよね。笑

で、1人の時間が必要な7の恋愛の傾向は
風変わりな一面はあっても独創性にあふれ
互いを束縛し合わない相手に惹かれる
とあります。はぁ...だろうね。



2 août 2020


8月の到来とともに関東の梅雨も明け、
待ち望んでいた夏がやってきました。
青空と太陽、そしてセミの声!
日光ってありがたいね。

そんな中、
東京の新型コロナの感染者数が472人となり
連日の記録更新に緊張が走っています。
でも、感染者が増える一方で
重傷者は前日から1人減って15人、死者はゼロ。

4月頃とは状況が違うのは明らかだし
欧米とも様子が全然違います。
コロナウイルスは変異が速いというけど
じゃあ日本のコロナって、今どういう病気なの?

テレビは伝えたいことしか伝えないから
あまり信用していないんだけど、
伝わってくるのは数字ばかりで
病気の実態というのはまったく伝わってこない。
入院した人の体験談も、
大変だった人を選んで報道してるようにも見える。

だって考えてみてください。
数字だけで見るなら
東京の人口1400万人のうちの400人は
率にしたら0.00002%です。
総数の12,000人でも0.0008%。

普通の風邪だって拗らせれば肺炎になるし
治療薬があるインフルエンザでさえ
年間3000人程が命を落としていることを考えると
コロナってそんなに大変な病気なのかな?
と思ったりもするんです。

アメリカでは毎日7万人が感染しているし
ヨーロッパでも再び感染が増えていますが、
日本と生活習慣が違うとはいえ
この数字の差はウイルスが違うのか
人種によって感染率や重症化率が違うのか
とにかく東アジアとは全然違う。

このままでは欧米のようになる
と熱く語る専門家もいますが
そんなことになるわけないよね。
それ、観察していればわかるじゃない?

ワクチン開発も進んでいますが
人種の違う欧米で開発されたワクチンを
日本人に接種していいのかも疑問です。
日本はむしろ中国と共同開発した方がいい
と思うんだよね。
政治的に色々あって難しいかもしれないけど。

私はね、この病気の実態を知りたいのです。
重症者も軽症者も全員からアンケートを取って
どんな症状だったのか詳細に調べて
その結果を発表して欲しいのよ。
でなきゃこれが一体どんな病気なのか
さっぱりわからないじゃない。

やみくもに恐れて行動が制限されるのも
経済が失速するのも困るし
甘く見過ぎて大変なことになるのも困る。
なので、この病気が今どういうものなのかを
きちんと調べて教えて欲しいのです。



31 juillet 2020


洋の東西を問わず、歴代の支配者は
不老不死の薬を求めました。
昔は寿命が短かったですからね。
20世紀の初めまでは人生50年でした。 

うちの情報紙の最新号に
通販の化粧品の広告が載っていて
30歳にしか見えない58歳がモデルさんでした。
もちろん加工してあると思うけど、
それにしてもその見た目が年齢に相応しいのか疑問。

「若いねー」と言われるのは誰でも嬉しいけど
不自然に若くても不気味だよねえ。
58歳が30歳に見える必要はないと思うの。
まあ、普通の人はそんなのはあり得ないけど。

生まれて半世紀も経つと人は劣化していきます。
動物として老いていくのは自然の姿。
いつまでも若く美しくありたいと誰もが願うけど
若さにあまり執着するのは美しくない。

私に関していえば
最近、見た目を気にする度合いが減りました。
もちろん最低限のお顔の手入れはするし
メイクもするしオシャレには気を使うけど
根本的な部分で老化を認めざるを得ない。

夏になって二の腕を出すと
いつの間こんなにシミだらけになったのかと
ほんとビックリしちゃうし
筋肉もなくハリもない腕があちゃーでさ、
細いとか太いとかいう以前の問題で
これはもうギブアップするしかないと思うわけ。

その上、手術で立派な傷痕ができたり
転倒の衝撃で前歯が動いちゃったりすると
なんか細かいことはどうでもよくなって
概ねキレイならオッケー!って気持ちになる。

もちろんキレイでいようとする気持ちは必要で
それを失ったらおしまいだと思うけどさ、
経年変化に対応する心の持ち方も大切で
今ある自分の姿を愛してあげることは
心の充足につながると思うのです。

そんでケガなんかするとさ、
元気で好きなことができることの方が
ずっと大事だと思えるのよ。

                        


29 juillet 2020


次女のところに遊びに行ったら
「これやってみて」
と性格診断テストのサイトを渡されました。

結構項目が多くて面倒くさいんだけど
全部答えて出た結果を見せると
「ゲッ、私と同じ」だって。
全人口の2%しかいない「主人公」だった。。。

面白いから墨絵のクラスの変人たちにも教えたら
2人は7%しかいない「広報活動家」、
1人は3%しかいない「論理学者」。
4人合わせても全人口の12%しかいないなんてね。
道理で変わってると思ったわ。笑

広報活動家なんて、
「真の自由な精神の持ち主」
「その“小さな狂気の閃光”を忘れるな」だもん。
本当にその通りで面白いの。
永遠の小学生男子みたいでね。 

論理学者は「平凡であることが何より苦痛」。
思考プロセスが途切れることなく
頭の中では目覚めた瞬間から
アイデアが飛び交っているって。
 
彼女は長年服飾のデザイナーをやっていて
今はデザインの専門学校で教えています。
絵も独創的なんだ。 

この16の性格診断は
さらに4つのグループに分けられるんだけど、
広報活動家の2人と私は
同じ「理想主義者気質(アポロン型)」 で
論理学者の彼女は
「合理主義者気質(プロメテウス型)」だった。 

このメンバー、血液型ではABが2人、Bが2人。
こっちで見ても少数派。
どの道変人の集まりか。笑

思えば、高校生の頃は仲の良い友だち数人で
自分たちを「異端児グループ」と呼んでた。
目立つグループだったけど
異端であることが誇りだったよね。 
後にみんな個性的な職業に就きました。

コピーライターになり立ての頃も
同期の人たちと「変」を自慢し合ってた。
普段は在宅で仕事をしていたので
時々「"変"が欠乏したー」と言っては集まり
"変さ"を補い合っていました。

「変」イコール強烈な個性ですからね、
結局ずっと変な人たちに囲まれてる人生。
その「変」が居心地よくってさ。 
きっと一生変人に囲まれて暮らすんだわ。
最高! 

                        


28 juillet 2020


4連休の最終日は墨絵のお稽古で
3人の生徒さんが来ました。 
自粛期間以来で4ヶ月ぶりだって。
お久しぶり〜。 

彼女たちは生徒というより友だちなので
このメンバーの時はお稽古が終わると
私は先生からシェフに早変わりします。
ご飯を作って一緒に食べるの。

普段は手抜きばかりの私も
この日ばかりは張り切ってお料理を作ります。
今日も前日から肉を仕込んでおいて
数種類のメニューを用意しました。
美味しいチーズもお取り寄せしといた。

やっぱりお料理というのは
食べてくれる人がいてこそだなぁ。
月に1度こうして何品も作ると
生き返ったような気持ちになるし
普段眠っている作家モノの大皿も喜びます。
これがなかったら完全に堕落する。

久しぶりのご飯は楽しくて
おしゃべりにも花が咲きます。
一緒に食べる人がいるとご飯が美味しいね。
そして友だちと自由に会えるのは嬉しいね。

そういえば、
この前のオンライン飲み会の時に
ある男性が言ってたけど
奥さんの話を聞いてると噂話か悪口が多いって。
へえ、そうなんだと思ったけど
私の周りにはそういうタイプはいないの。

他人のことより自分自身に関心があるから
いつでも夢と希望にあふれていてね、 
楽しい話ばかりしてるんだ。
みんないいエネルギーなんだなぁ。

お客さんが帰った後に
余韻を味わいながら食器を洗います。
以前よくパーティーをしていた頃も
山のように積まれた食器を
喜びを反芻しながら洗うのが好きだった。
普段は食器洗いなんて大嫌いなのに不思議だね。

人は群れで生きる動物なんだと
こういう時に感じるのです。


26 juillet 2020


「聖なる巡礼路を行く
カミーノ・デ・サンティアゴ 1500Km」
という番組を観ました。

キリスト教の聖地
サンティアゴ・デ・コンポステーラを
徒歩で目指す旅「サンティアゴ巡礼」。
南仏のル・ピュイ・アン・ヴレイを出発し
ヤコブの墓があるというスペインの大聖堂までの
長大な道のりを祈りつつ歩くのです。

フランスで最も美しい村など
巡礼路に沿って出会う絶景も素晴らしいけど
それより興味深かったのは
私たち日本人と外国人との人生の考え方の違い。

巡礼には世界中から老若男女がやって来ます。
その中にアメリカ人の母娘がいました。
巡礼に参加しようと母を誘ったのは17歳の娘。
「高校を卒業したので、
  大学に行く前に1年間学業を休んで
  自分の目標を見つけたいと思ったんです」

日本では、高校を卒業したら大学へ
大学を卒業したら社会人へと
決まった年齢で決まった道へ進むのが
当たり前とされています。
でも海外ではそういうのがないのね。

北欧には17歳以上なら誰でも入学できる
フォルケホイスコーレという教育機関があって
大学に進む前に本当に興味があることを探したり
転職したい人が新しいことに挑戦するための
勉強をしたりするために通います。
いつでも立ち止まって考えることができるの。

巡礼にはまた
南米から来た中年の医師と父親もいました。
息子は15歳の時からいつかこの巡礼に
父親と一緒に来たいと思っていたんだって。
年取った父親の健康をチェックしながら
長い道のりを歩きます。

フランス人のシェフもいました。
家族のためと思って働き詰めだった彼は
去年心臓発作で倒れ気づいたそうです。
「自分には癒しの時間が必要だったのだ」
それで店を手放して巡礼の旅に来ました。

目的地のサンティアゴ・デ・コンポステーラまで
徒歩で約40日かかるそうです。
40日仕事を休むことが許されることが
まず大きな違いだし
自分の人生のためにそれだけの日数を
使おうという考えも違います。

羨ましいよね。
自分の人生だもん、
時間の使い方は自分で決めたいよね。
日本もそうなればもっとみんな
シアワセになれるのにね。



23 juillet 2020


新型コロナウイルスがなければ
明日、新しくできた国立競技場で
東京オリンピックの開会式が
華々しく行われるはずでした。

代わりに今日から始まったGoToキャンペーン。
これも東京が除外という形になり
冴えない連休の始まりです。
東京の結界は破れたのか?と思っちゃう。

来年に延期されたオリンピックの
カウントダウンも再開されましたが
なんだか虚しいですよね。
来年の今日開会式ができると思ってる人は
あまりいないんじゃないかな。

だから延期するなら2年後がよかったよね。
そうすればこんな光景も目にできたかも。

こんな風に世界が一変すると
今までのことをそのまま続けようとするのは
無理があるし不自然だと思うのです。
状況が変化したらそれに合わせて
生活を変えていくことが必要。

私は日本のコロナの状況は
それほど深刻ではないと思ってるけど
それでも世の中が変わったことは確かで
それに合わせていくことは大事です。

休みが取りにくい日本ですが
連休だから旅行に行かなくちゃと思うのも
どうなのかな。
コロナは永遠に続くわけじゃないし
1年や2年どこにも行かなくても
いいんじゃないかと思っちゃう。

生きていれば思い出なんて幾らでも作れます。
今年じゃなくちゃいけない理由は
ないと思うんだけどね。

オリンピックもやると決めたから
何が何でもやるというのではなく
潔く中止を決めれば追加の予算を削れます。
その分コロナ対策や災害復興に回した方がいい
と思うのですが、そうはいかないのかな。

想定外といわれることが
度々起きるようになったこの時代では
状況に合わせてフレキシブルに対応する
ということが求められます。

幻のオリンピックとして歴史に残る
というのでもいいじゃないね。



22 juillet 2020


若い俳優さんが亡くなって
多くの人がショックを受け悲しんでいます。

芸能人に疎い私は
その日のニュースで名前を聞いた時
男性なのか女性なのかもわからず
暫くしてようやくそれが男性だとわかったくらい。

よく聞いてみたら時々観ることのある
NHKの「世界はほしいモノにあふれてる」
に出ていた俳優さんだと知ってやっと
「ああ、あの人か」とピンときたのです。

人の反応は様々だなぁと思う。
Facebookを見ていると
特別なファンじゃなかったのに
悲しみが止まらないという人や
何故彼が死を選ばなければならなかったのか
理由を探す人など様々。

でも、どんなに考えたって
人の気持ちがわかるわけないから
若いのに、活躍してたのに「何故?」
と理由を探しても答えなんか見つからない。

「逃げ出せばよかったのに」
「いくらでもやり直せたのに」
というコメントも目にするけど
それも変な感じがするの。

友だちでもないし 
彼の心の中に何があったのか知らないのに
色んなこと言うのは変だなって。

でも感受性の強い人は想像以上に影響大で
思い切り感情移入してダメージを受けちゃう。
自分の恋人が死んでしまったような
気持ちになって落ち込んでいる。

HSP (High Sensitive Person) と呼ばれる
人いちばい繊細な人は5人に1人の割合だそうです。
そういうデリケートな人たちは
あらゆることに敏感に反応するから大変なのね。
彼の死を嘆き悲しんでいるHSPも多いみたい。 

私は彼の存在すらよく知らなかったので
特別な感情は湧かなくて
ただ若いのに勿体ないなぁと思うだけです。
(だから娘に共感力がないって言われるんだわ)

以前は自分が繊細だと思ってたんだけどねえ。
この頃は図太くて余程のことがなければ
感情が揺さぶられることはありません。
こだわりが強くて共感力がないなら
どちらかというとアスペかもね。

そんな私は
よく知らない人の死に感情移入できず
世間の人と話を合わせるのが大変です。
これが身近な人だったら
死にそうになっちゃうけどね。

                        


21 juillet 2020

FullSizeRender

数ヶ月ぶりに下北沢のアキちゃんの
FIKAを楽しみに行きました。
「今日は宇都宮のパンなの」 って
宇都宮まで買いに行ったの? スゴイね。

彼女は本当にパンを愛していて
美味しいパンがあると聞けば
どこまででも買いに行くし
自分でも上手に焼くのです。スゴイなぁ。

IMG_3649

お客さんは私を入れて4人で
何度か顔を合わせている常連さんばかり。
みなさん、お久しぶりです。

この数ヶ月どうしていたのか話したり
コロナがすっかりなくなって
何処にでも行けるようになったら
何処へ行きたいか話したりしながら
楽しいFIKAの時間を過ごします。 

FullSizeRender

この宇都宮のパンと一緒にいただくお料理はこちら。
まずは涼しげな器に入った小鉢3種。
旬のトウモロコシの冷たいスープと
コリンキーの甘酢漬け
トウモロコシとアボカドの粒マスタード和え。
元気が出る黄色いメニューだね。 

IMG_3658

クルミのパンとチーズのパン。
この手のパンは大好きです。
この後に出てきたクルミとラズベリーと
レーズンのパンも
最初に出てきた玄米パンも美味しかったなぁ。

IMG_3646

コロナ対策のシールド代わりに
テーブルの中央には花を入れたカゴを。
1番上の写真とこのカゴが
さりげなく置かれてるんだけど
夏らしく涼やかで素敵です。

IMG_3657

カラフルトマトとアンズの一品は
こんな可愛いガラスの器で出てきました。
シンプルな食材と素敵な器づかいが絶妙。

こちらはアキちゃんが私のために焼いてくれた
サプライズの快気祝いのパン。
ハートのロウソクまでついてて感激。
嬉しい! ありがとう!

FullSizeRender

時節柄ロウソクをフーッと消せないので
手で消してみんなでいただきました。
美味しかったよー。

ちょこちょこ食べながらおしゃべりしてると
いい感じにお腹が膨れてきます。
もう夕ご飯は要らないな。

最後の一品はなんとパフェ。
しかもパッションフルーツに
ちょっぴり炭酸水を混ぜたものをかける
という凝りようです。

FullSizeRender

今パフェがマイブームなんだって。
あちこち食べに行ってはこうして再現しちゃう。
お店か?と思う美味しさでした。
全部美味しかった。ごちそうさま!