魔女のうんちく

23 mai 2019


崇高な理想を持った人の魂が
必ずしもピュアだとは限りません。
また魂のステージが高い人が
必ずしも立派な行動を取るとも限らない。

社会的に素晴らしいことをしてる亡者もいるし
聖職者が性犯罪を犯すようなこともあるからね。 
魂のレベルと精神の成熟度は
必ずしも比例しないようです。 

魂は3次元の外の話ですから
人として成熟するには
現実世界で色んなことを経験して
学習していくしかないんだよね。

で、魂の修行と3次元の自分の
どっちが大事かといえば
私は現実世界をしっかり生きることの方が
ずーっと大事だと思っているわけです。
 
魂はさ、ただ行き先だけを示してくれてる
という気がするんだよね。
少なくても私の場合はね。
なので魂の声を聴くことはしますがそれだけ。

魂って喜びたいものなんだと思うの。
宇宙はより良くなるようにできてるらしいし、
魂が喜ぶように生きていたら自然と
ピュアなものに近づいていくんじゃないかな。

そんなわけで、
私はこの世界を子供みたいに遊んでいます。
心の赴くままに行動して
楽しいことしか考えてない。
小学生レベルです。

もちろん大人だからやることはやってます。
勉強も好きだし物事を真面目に考えてる。
でも根底にあるのは小学生レベルの好奇心。
仕事でさえ遊びみたいなものだから
毎日がお楽しみの連続です。 

で、大事なコツは "ムキにならないこと"。
本気でやるけどムキにはならない。
真面目に取り組むけど心まで取られない。
一所懸命だけど飲み込まれない。

仕事でも恋愛でも何でもね。 



21 mai 2019


運命の分かれ道ってありますね。
それは気が付かない程小さなこともある。
またハッキリそれとわかることもあります。

そういうのは振り返るとわかるよね。
そしてそこには多くの場合
人との出会いや別れがあります。
それがその後の人生に影響を与えるの。

私の場合、大きなところで言えば
最初の分かれ道は5歳の時の両親の離婚。
次は両親のどちらと暮らすか選んだ1年生の時。
それから元夫と出会った13歳の時。
マイケル・ジャクソンの死&ダーリンとの出会い。
これは強烈でした。

ほかにも墨絵の先生との出会いもあるし、
もちろん娘たちとの出会いもある。
今に繋がる仕事の数々や
もしかしたら気づいていない他のことも
あるかもしれない。

人生は選択の連続で、
意識的に、また無意識で常に選択をしています。
あみだくじみたいに引いてきた数々が
自分の人生を作っているんですね。

私は今、久しぶりに来てるって感じがしてるの。
今何かの分かれ道に立っていて
それが後の人生を変えるという感じがしています。

でも何処へ向かっているのかはわからない。
だって私は自分の人生に満足していて
変えたいことは何もないんだもん。

これ、もしかしたら
すべての人に来てるんじゃない?
そんな感じがする。

私はこういう時、ただぷかぷかと
宇宙の流れに浮いていることにしています。
様子を見ながら浮かんでるの。
まだ何処に向かっているかわからないからね。

何もせずただ浮かんでいれば
“その時” はわかります。
“その時” って行動する時ね。

何が来るんだろうね。
新しいイケメン長身フランス人なんていう
小さなことじゃないことはわかる。
(それは大事ですが。笑)
もっと大きい何かが来そうなの。

なんかムズムズするんだよね。
これって何なんだろう。。。
ポチしてくださると励みになります♡      


19 mai 2019

vans

ネットで話題になっていたから
知っている方も多いと思いますが、
このスニーカー、何色に見えますか?

グレーの地にグリーンの紐?
ピンクの地に白の紐?

私は最初グレーにペパーミントグリーン
にしか見えなかったんです。
会社で全員に聞いたら80%がグレーだった。
グレーに見える人は左脳人間らしい。

ライター仲間の洋子さんは
「ピンクにしか見えない」と言うし
別の1人は「キャメルに白」なんて言うし。。
ピンクに見える人は右脳優位の人らしいけど
人間の目って一体どうなってるんだ???

私は自分が右脳人間だと思っていたのに
左脳人間だったのが気に入らなくて
ネットで幾つかのテストをしてみました。

するとあるテストでは右脳78%。
別のテストでは左脳68%。
なーんだ、当てにならないなぁ。

ところが、不思議なことに
そのテストをした後で画像を見たら
もうピンクにしか見えないんです。
ええええええ、どうなってるの?

テストで右脳を刺激したからだと思うけど
さっきはグレーにしか見えなかったのに
もうどう見てもピンクなのよ。
同じ人間なのに違う色に見えるなんて
不思議にも程がある。。。

昨日聞いた話を思い出しました。
「みなさんが色だと思って見ているものに
  本当は色なんてないんです」

私たちが色だと思って見ているものの正体は光。
しかも人間の目には赤外線と紫外線の間の
可視光線と呼ばれる部分しか見えません。
鳥や蝶や動物はもっと見えてるんだよね。

右の目から入ってきた光は左脳へ
左の目から入ってきた光は右脳へ運ばれ
それを脳が画像処理して色として認識させるのです。
なので、そもそも私が見ている色と
他の人が見ている色が同じとは限らない。

そういうことは理屈として認識していたけど
実感することはないですよね。
でもこの画像でそれがハッキリ分かる。
私が見ているものと人が見ているものは違う!

しかも脳は右脳に偏ったり左脳に偏ったり
その時々で色んな場所を使ってるんだ。
それが自動的に行われているなんて
これはもう神秘でしかない!

こういうの、感覚の筋トレになるわぁ。
なんか世界が一気に広がった感じがする。 



17 mai 2019


私は東京生まれですが
子供の頃の練馬は、住宅地でありながら
まだ田舎っぽい部分がたくさんあって
周りには畑や空き地もありました。

雑草だらけの空き地で遊びながら
木に絡まった青大将を棒で突いたり
虫を素手でつかんだり
ガマガエルを捕まえてみたり
まあ、自然児だったと思う。

うちの周りの私道は舗装されてなくて
石ころはゴロゴロしているし埃は立つし
そういうところで遊んでた。

空き地に捨てられてた子犬や子猫を
拾って帰っては叱られたりね。
でも「ダメ」と言いながらも
母も祖母も動物好きだったので
その子たちは結局うちの子になるの。 
だからいつだって動物が家にいました。 

海や山や川のある暮らしは知らないけど
里の田舎暮らしを十分に経験しているので
私は物が自然な状態であることが好きです。

自然な状態というのは無秩序です。
植物も動物も鳥も虫も好き勝手にやってる感じで
意味のないものが周りにいっぱいあって
その中で私たち子どもは無秩序に遊ぶわけ。
その無秩序こそが大事なんだよね。

命を使っている感覚、
自然児みたいに生きてた体験は
脳のどこかのフィールドに
大事に保存されているから体が覚えています。

今はマンションに住み、
舗装された道路、コンクリートに囲まれて
1日中PC相手に仕事をしています。
人間が作り出した秩序ある世界ね。

それでも私が五感をフルに使い
動物的勘を働かせて生きていられるのは
子供時代の経験を体が覚えているからなんだよね。
色んなものに直に触れながら
意味のないものを味わっていた経験。

大人は秩序のある安全なものが好きです。
でもそういう世界からたまには飛び出して
無秩序で無意味なものの中に身を置くと
知覚がストレッチされます。

可能性が広がる時は
必ず知覚の変化を伴うのだそうです。
だから五感を磨くことは大切なんだよね。

ポチしてくださると励みになります♡      


15 mai 2019


フランスに帰って行ったダーリンが
空港に向かうバスの中からラインをくれました。

C’était vraiment chouette de pouvoir venir chez toi.
"chouette" というのは "フクロウ"なんだけど
直訳すると
「君の家を訪ねることができたのは
  本当にフクロウだったよ」

私はこの表現を知らなかったので
早速ネットで調べてみたら
「フクロウみたいに素敵なこと」
という意味でした。可愛い。。。

西欧ではフクロウは哲学者、知恵の神
といったイメージがあるので
「素敵」「素晴らしい」「可愛い」「カッコイイ」
という意味で使われるんですって。
フランス語って、ホント可愛い。

新しい表現を覚えると
今まで耳に入ってこなかった言葉が聞こえてくる。
友だちの家で観たフランス映画の中で
"La vie est chouette"(ラヴィ エ シュエット)
(人生はすばらしい)
というセリフを早速見つけました。

「素敵!」「可愛い!」という時には
"C'est chouette" (セ シュエット)
といえばいいのね。
お店の名前にしても可愛いね。

さて、今日は朝から会社でも
フクロウみたいに素敵なことがありました。
社長って本当に人望が厚いというか強運というか、
8月から凄い人が顧問で来てくれるんだって。 

社長を見ていて改めて思いますが、
仕事というのは何より人を大切にした上で
実直かつ柔軟にやるべきなんだなぁ。
そんで幸運の女神はそういう人のところに
やって来るんだわ。

新しい展開になって
会社が発展していく様が想像できます。
仕事がますます面白くなりそうではないか。 

社長って改めて凄い人だわ。
そしてこの会社と関われた私は超ラッキー。
死ぬまでここで働ける気がする。笑
ポチしてくださると励みになります♡      


13 mai 2019


私はハニーに渡してある鍵を
以前から取り戻したいと思っていました。
でもあからさまに「返して」と言っても
反発してなかなか返してくれません。

どうしたものかと考えていたら
「鍵の点検があるって言ったらどう?」
と友だちに言われてナルホドと納得。
マンションの鍵の点検などというものが
存在するのかわかりませんが実行してみた。

「そういえば...」とさり気なく切り出し
「オートロックの点検があるのよ」と言うと
ハニーは「なんか怪しい。点検はいつ?」
といぶかしがりながらも
鍵をキーホルダーから外しました。

よしよし、作戦成功である。
鍵が戻ってくれば一安心。

ハニーとはもはや
仕事だけの付き合いも無理だと思っています。
私たちの仕事についての考え方や姿勢が
あまりにも違い過ぎるから。
なのでなるべく早く手を引きたいんだ。
 
でも彼は今月末に海外出張に行くので
その間は手伝わなければならないし、
私はまだ3月・4月分の報酬を貰っていません。
なので受け取るまでは決定的なことは言わない。
 
さてさて、私の会社の人たちは皆
残業で自分が最後になった時のために
出入口の鍵を持っています。

その中で私だけが鍵を持っていませんでした。
私は2年前までは月の半分くらいしか
事務所に行っていなかったし
終業時間も社員より30分早かったので
鍵を持つ必要がなかったんです。

もっともこの会社は広告代理店にしては珍しく
残業や休日出勤がないんですけどね。

ところが、先週末に役員の人から
突然鍵を渡されたんです。
「何かあった時のために持ってて」って。
あら、今度は私が鍵を渡されたわ。

渡した鍵を返してもらったら
鍵を渡された。
それが昨日の今日だったので
なんか不思議と思いながら
私は会社の鍵をキーホルダーに付けました。

今週はそういうタイミングだったのね。
ポチしてくださると励みになります♡     


11 mai 2019


フランス語の勉強を始めた時
早く上達したくて色々なことをしました。
 
Busuuという語学学習サイトに登録して
日本語を学んでいる人たちと
課題をお互いに添削し合ったり、
マルチリンガルネットワークでメル友を作って
拙いフランス語でメールを書いたり。

純粋な向上心で取り組んでいたので
その頃出会った人たちは真面目な人ばかり。
夫婦で遊びに来てくれた人もいたし
書道の体験をしに来た人もいたし
浅草あたりを案内したりもしてすごく楽しかった。 
 
私がフランスに行った時に
ホームステイさせてもらったのも
その頃知り合った画家のジャンノ。
家族みんなでよくしてくれました。  

そんな中の1人にブルターニュに住む
ロージーという作家の女性がいます。
彼女は作家としてのデビューが遅く
ちょうどその頃3作目を書いていてね、
その中の重要な登場人物が私と同じ名前だったの。
彼女は日本贔屓なんです。

彼女はその後自分の小説を何冊か送ってくれて
まだ全然話せないのに通勤電車の中で読みました。
わからない単語だらけなのに 
不思議とストーリーはわかったのよね。
なんでだろ。。。 

ロージーとは
今はフェイスブックで繋がっています。
お互いの様子はわかるしコメントもできるから
手っ取り早いのでね。
それでもうメールを書いていませんでしたが
数日前のフェイスブックで
彼女が新作を発表したことを知りました。

「アマゾンで買えるかしら?」
とコメントを入れたら
「ちょっと複雑だからメールを頂戴」って。

ロージーにメールするなんて何年ぶり?
あの頃は文法などメチャクチャで
作家のロージーのチェックが細かくて
厳しい家庭教師をつけたみたいだった。
今ならもう少しマシな文章が書けるかな。

そんなことを考えながら電車に揺られていたら
突然「振り出しに戻った」って感じました。

色んなことが振り出しに戻って
フラットな感じになっていく感じがする。
誕生月っていつもそうなんだ。 


10 mai 2019


このところ仕事のおかげで
普段なかなかお話できないような人と
繋がることができます。

インタビューさせていただく方も
セミナーをお願いする方も
私が普段から興味を持っている方たちなので
実際にお会いすれば気が合うことになってます。

違うジャンルの方と話をすると
自分の世界が広がるよね。
みんなそれぞれの「好き」を追求していて
それがなんとも面白いんです。

自分がこだわりが強いタイプなのでね、
人のこだわりにメチャクチャ興味があって
そこんとこを掘り下げて聞いてみたくなる。
自分が聞きたいからセミナーをお願いするの。
マニアックな人、大好き。

そうやって自分のアンテナで繋がった人は
例外なく気持ちのいい人なので
話は盛り上がるし、その場の空気は温かいです。
お互いに好意を持っている相手とは
一緒にいると心地よいですね。

でも不特定多数のいる場所ではそうはいきません。
自分と合わないエネルギーの人には
いつかのように毒気に当たることがあります。
そういうのはさ、良い悪いではなく
合うか合わないかだから仕方ないのね。

インターネットもそうです。
会ったこともない誰かと繋がることは
ワクワクすることなんだけど、
PCやスマホの画面を通して
好意も悪意も伝わってくるからね。
やはり毒気に当たることがあります。

フェイスブックだけの友だちでも
ちょっとコメントのやり取りをしただけで
「この人、絶対に気が合う!」
とわかる人がいますよね。

逆に面倒臭そうだから近づきたくない
と思う人もいます。
文字にしたときって自然と
日頃の思考の癖が出ちゃうからね。

誰でもそうだと思うけど
私は心の優しい人が好きなんです。
意地悪な人、無礼な人、そしてがめつい人は苦手。
リアルだったら近づかないもん。

そうやって自然に繋がっていく人たちが
私の人生を豊かにしてくれるんだよね。
ポチしてくださると励みになります♡    


9 mai 2019


私はいつもご機嫌でいたいと思っています。
実際、概ねそのように生きていますが、
そのためのシンプルなポイントが2つあります。

1. 自分がご機嫌になるもので周りを固める
2. 自分のご機嫌を損ねるものを取り入れない

なので絶対条件として住まいの中には
好きなものしか置かないことになっています。
妥協はゼロ。スポンジ1つ、ふきん1枚にも
決めたものがあるの。

ちなみにスポンジは魚の形のもの、
ふきんは「白雪備長炭ふきん」。
わざわざamazonで買っちゃうもん。
いつかプレゼントセンスのいい友だちに貰ってから
気に入ってずっと使っているのです。

リビングのテーマは昔から
アフリカ・李朝・フランスなので
その路線のもので構成されています。
クッションはジュヌヴィエーヴ・レヴィ、
ランプシェードはヴァセリングラス、
食器はアンティークか作家もの。

カウンターの上の黒い器の中には
常に2種類以上のフルーツ、
フルーツは大好きなのでね。
浴室で使うものは白で統一、
バスソルトはクナイプしか使わない。
最近のお気に入りは "Happy For Me" です。
紫色のいい香りのお湯になるの。

壁にはアート。
絵だけでも10点は飾ってある。
寝室で使う箱ティッシュは
スコッティの花柄の赤と決めています。
ベッドサイドのテーブルに置いてある
メガネのフレームが赤だから。

ベランダに過不足なく植物があること。
毎週金曜日に花を買って玄関に生けること。
そのどれが欠けても落ち着かないの。
自分の居場所が整ってはじめて
何かをする気持ちになれるんです。
面倒くさい性格でしょ?

こういうのは人にも言えることで
私は居心地のいい人とだけ付き合いたいんです。
周りにはそういう人しかいないんだけどね。

ハニーは今や私のご機嫌を損ねる存在です。
私の大事な時間にぐいぐい割り込んでくるのが
本当に困るし嫌なのです。

この前、ハニーと別れる話を書いたら
「フランス人のイケメンなんて言ってないで
  老人になる前にいい日本人を見つけなさい」
というコメントをいただきました。

でもねえ、申し訳ないけどそれはムリなの。
そこを譲ったら私、
ご機嫌悪くなっちゃうからさ。
ポチしてくださると励みになります♡         

6 mai 2019


NHKスペシャル「人体」は大好きな番組です。
第2弾の1回目は「遺伝子」。
いやー、面白かった。

私たちを作っている細胞の1つひとつは
「DNA」を持っていますが
その人の設計図である「遺伝子」は
DNA全体の2%なのだそうです。
で、残りの98%はジャンクDNAといわれて
これまではゴミ扱いされていたのね。

でも最近の研究でこの98%の中に宝物があって
特殊な才能や病気にならない体質など
大事な要素が隠れていることがわかりました。
そういう研究から新薬ができて
今まで治せなかった病気を治すこともできるの。

また私たちは皆、両親から受け継いだDNA以外に
約70個の突然変異を生まれ持つんだって。
中世にペストのような疫病が流行っても
人類が絶滅しなかったのは突然変異のお陰です。
すごいね、種を残すために
そういうシステムが組み込まれているんだね。

最近は誰でも健康に気を付けてるから
体に良い食べ物、悪い食べ物に敏感です。
でもその効果はDNAによって違うので
闇雲に情報を追いかけても意味がないのね。

例えばコーヒー。
抗酸化物質が血管を若返らせ
体にいい飲み物だという研究と、
血管を収縮させ血圧が上がるため
心臓に負担がかかるという研究があります。

これはDNAのカフェイン分解能力によります。
研究によれば46%の人は分解能力が高く
54%の人は中間か低いのだそうです。
自分の体に合わないものは
好き嫌いではなく体が拒否しますよね。

私はコーヒーはいくら飲んでも平気。
1日中コーヒーを飲んでいるけど
眠れなくなることもないし
夜中にトイレに起きることもないです。
カフェイン分解能力が高いんだと思う。

代わりにアルコール分解能力はほぼゼロ。
飲みたい気持ちがあるのに体が拒否して
アレルギー症状が出たり
心臓が苦しくなったりするのです。

口に入れるものを
体の反応と照らし合わせてみれば
自分のDNAに合ったものがわかると思う。
健康の秘訣は自分のDNAと
対話しながら生活することなんだね。
ポチしてくださると励みになります♡