魔女のうんちく

25 février 2020

IMG_2138

近年「優曇華(うどんげ)」の花が
世界各地で咲いているそうです。
この花は人の世の花ではなく
3000年に1度だけ咲く仙界の花。

仏教の経典にも登場する優曇華。
お釈迦様は弟子たちに、
もし如来仏がこの世に下り
金輪王がこの世に現れれば、
その偉大な福徳力によってはじめて
この世に優曇華の花が見られる、と語っています。

つまり如来がもうすぐ現れる兆し、
優曇華は一種の吉兆のようなものなのです。

5005

清らかで可憐な姿のこの花。
一旦咲くと数週間から数か月、
ときには数年に渡って咲き続けます。
はじめは薄緑色で次第に真っ白になっていくとか。

このように珍しい花が
今、世界各地で見られるというのです。
しかも、この花はガラスや紙、クルマなど
あらゆる物質に咲くのです。


それもそのはず。


実はこれ、植物ではなく
クサカゲロウの卵なのです。
糸状の細い卵柄の先に産み付けられ、
草木、器、天井などに群がって付くため
花の様に見えるのですね。
成虫はコチラ。

5005

3000年に1度といわれるほど珍しいものが
頻繁に見られるということは
クサカゲロウが大量発生するってことかな。
可愛いからいいけど。

これも温暖化の影響なのでしょうけど
如来仏が姿を現す兆しと思った方が
ロマンがあっていいですね。



24 février 2020


今週開催する会社のセミナーの
講師の女性からメッセージが来ました。

 今般の事情で
 急遽イベントの取りやめが相次いでいますが
 予定通り開催されますか?

今回のセミナーは薬膳の話で
参加者も10名ちょっとなので
中止にすることなんて考えもしなかった。
でも世の中はそんなムードなのよね。。。

講師には決行しますと連絡しましたが
ふと来月のセミナーが心配になりました。
来月は数秘術で既に40名の申し込みがあります。
占い系は人気だし来月号でもう一度告知をするから
多分60名近くになると思う。

来月末にこの状況がどうなっているのか
今のところまったく読めない状態です。
もし感染がさらに拡大していたら
開催中止ということも考えなくてはいけません。

そうだった、私はイベントの主催者だった。
世間のイベントが軒並み中止になっているのを
他人事として見ていたけど、
自分の立場を思い出してちょっと慌てました。

人間の感覚って不思議ですね。
セミナーは毎月同じホテルで開催しています。
自分が慣れ親しんだ場所、普段していることは
無条件に安全だと思ってしまうよね。
でも、人の出入りが多いホテルに行くことは
お客様からすると心配かもしれないね。

自分の仕事に直接影響があるなんて
考えもしなかったけど
準備しておかないといけないと思いました。
連休明けに社長と話し合わなくちゃ。



22 février 2020


新型コロナウイルスが広がりを見せる中、
ついに東京五輪がダメならロンドンで
という代替案まで飛び出しました。
ああ、ついにそんな話まで。

イギリスはEUを離脱したばかり。
ここで五輪開催となれば勢いがつくというもの。
離脱に反対していた人の視線もそらせるし
経済効果も期待できるし一石二鳥だわね。

濡れ手に粟で持っていかれるのは
ちょっと悔しい気もするけど
そっちの方がイメージできちゃうなぁ。
ジミー・ペイジのギターがまた聴けるかも?

本当にそんなことになったら
日本としては国の威信が丸潰れですが
もしこの騒動が収まらないようなら
早目に決断しないと余計にマズイよね。

東京で開催されない場合の損失は
30兆円だそうですが
タイミングを間違えると
国際的な信用がガタ落ちになり
日本は凋落します。

かといって、ロンドンに会場を移しても
この先数ヶ月のうちに
イギリスに感染が広がらない保証はないし
こればっかりは何とも言えませんね。

新型コロナウイルスは免疫力のある人なら
恐れる病気ではないんだけど
如何せん特効薬もワクチンもないからねえ。

そうかぁ、こういうことだったのか。
東京オリンピックは誘致が決まったときから
なんだかイメージできなくて
ずっとモヤモヤしていたんです。
理由がわかってスッキリした。

ポチしてくださると励みになります♡                      


21 février 2020


会社が入っているのは
畳屋さんの小さなビルの3階で、
1階には大家さんのお母さんの
92歳のおばあさんが1人で住んでいます。

このおばあさんが元気で人懐こくてね、
同じく人懐こい私は会えば言葉を交わします。
身体はピンピンしているので
1人で歩いているのをよく見かけるの。

時々デイサービスに行くのも見るけど
頭も割としっかりしてそう。
でも食事はどうしているんだろう
そんなことを同僚と話していたんです。

ここは新宿のど真ん中で仕事には便利だけど、
近くにスーパーはないし
日々の生活を考えると意外と不便だと思う。
毎日デパ地下では不経済です。

でも、おばあさんは宅配のお弁当などの
サービスを受けている様子もなく
食事を届けてくれるお嫁さんもいません。
ごはんはどうしてるんだろうねえ。

とはいっても飲食店はたくさんあります。
隣には和食屋さん、すぐ近くには
うどん屋さんでも何でもありますから
外食してるのかもしれない。
案外、隣の店には「おばあさんスペシャル」があって
日替わりで定食を食べてたりして。

でも、あの小さな体では
それほど量は必要なさそうだし
毎日外食は流石にないんじゃないかなぁ。
でも自炊している様子もないのよね。
「謎だよね」「うん、謎」

そんな噂をしていた仕事帰り、
会社の入口でおばあさんとバッタリ会いました。
襟と袖口にミンクのファーが付いた
お洒落なコートを着ていたので
「あら、お出かけだったんですか?」と聞いたら
「息子のところに行ってたのよ」

同じビルに息子さんがいるから
ひとり息子だと思ってたけど違うんだね。
「いつもお元気でいいですね」と言うと
「はい、私は元気。あなたも気をつけてね」
そう言って送ってくれました。

おばあさんと別れてから思い出しました。
しまった、食事のこと聞けばよかった。
今度会ったら聞いてみよう。



20 février 2020


ふと思ったんだけど、
みなさんは自分のキャッチフレーズを
持っていますか?

キャッチフレーズとまで言わなくても
自分ってこんなだな、と思うキーワードや
はっきり意識しているテーマとか。

多分、大半の人は持ってないよね。
そんなの必要ない気がしちゃうもんね。
私は変態なので常にテーマがあります。
「目指せ、カリスマ主婦!」とか
「イケメン・長身・フランス人」とかね。

自分を表現するキーワードでは
おフランス・お茶目・オシャレ・魔女・変な人
コピーライター・アーティスト 等々。

でね、
昨日ある集まりで冗談半分に言われた言葉が
私はメチャメチャ気に入っちゃって
それを今後キャッチとして使おうと思いました。

それはね、

「フランス人しか愛せない女」
「存在がコンテンツ」

ステキだわぁ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

その場にいた人たちはそれぞれの分野のプロで
みんなオリジナルのコンテンツを持ってるの。
でも私は自己完結型で好き勝手にやってるから
提供できるものがないでしょ。

そうボヤいたら言われたんです。
「Yuriconさんは存在がコンテンツだから」
おー、存在がコンテンツ!
メッチャいい気分じゃないですか。

要するにおミソなんだけどさ、
ただでさえ自己肯定感が高い私は
ますます図に乗ってしまったわけよ。

さらに「フランス人しか愛せない女」。
こちらも気に入りましたことよ。
昨日ハニーを振ったばかりですけどぉ。
これでフランソワに集中できるというものだわ。

自分のキャッチフレーズってあるといいよね。
その気になるもん。
別に私みたいに公言する必要はないんだけどさ、

「自分はこういう人」というのが
自分の中で明確になってると
色んないいコトが寄ってきやすいと思う。
ぼんやりしたところには
ぼんやりしたものしか寄ってこないから。

そんなわけで、今後は
存在がコンテンツの
フランス人しか愛せない女、として
ますます調子に乗って生きていきますことよ。



17 février 2020


新型コロナウイルスCOVID-19は
国内で次々と感染者が報告されていますが、
症状が出ても仕事を休まない
日本人の性格が感染を広げている
という側面が見えてきました。

みんな、具合が悪かったら休もうよ。

一般人より知識があるはずの
医師でさえ症状が出ているのに勤務していた
というのを聞いてちょっと呆れました。
自覚が足りないよね。
院内感染するの当たり前だよねえ。

「24時間働けますか」
というリゲインのキャッチフレーズが
流行語になったのは1989年。
元夫もそんなジャパニーズ ビジネスマンでした。

日本中がブラックだったあの頃よりは
働き方は緩くなったのでしょうが
それでも休まない日本人。
何としても仕事に行こうとする日本人。

熱発する程具合が悪いのに仕事に出るのは
COVID-19でなくても(風邪でも)
人様に移す可能性があるわけで
それはエチケット違反ですよね。
第一、仕事より自分のカラダの方が大事でしょ。

責任とか色々な事情はあるでしょうが
仕事を休んでかける迷惑より
無理して出勤して病気を移しちゃう方が
よっぽど迷惑がかかるんだからさ、
具合が悪かったら休もうよ。

市中感染という新たな段階に入った今、
毎日満員電車で通勤している私も
いつ感染するかわかりません。
もし急に熱が出たりしたら私は何が何でも休むよ。

仕事は家でもできるし
会社には持病のある人もいるし
移しちゃったら大変だもん。


16 février 2020


糖質制限は一般に知られているけど
禁糖ってあまり聞いたことないでしょ?

毎年1月中旬から3月いっぱいのどこかで
禁糖をしてる知人がいて
それがとてもいいというのです。
興味あるわぁ。

禁糖というのは糖質制限とは似て非なるもの。
中毒性のあるものを一定期間断つというものです。
彼女は毎年14日間くらいやるそうです。
アルコール、カフェイン、砂糖、人工甘味料
みりん、ハチミツを断つのです。

主食は白米、玄米、雑穀米
パスタ、うどん、そうめん、蕎麦、
パンはフランスパンのみOKだって。
フランスパン以外は砂糖を使っているからね。
主食を食べられるから楽ですね。

使っていい調味料は、
アルコールや人工甘味料不使用の醤油、
塩、味噌、ごま油、オリーブオイル、米油等。
フルーツは食べてもいいいみたい。

私、これなら楽勝かも!
元々お酒は飲まないし、
コーヒーがダメならお茶があるし、
自然食品の調味料しか使わないから。
砂糖を摂らないことだけ気を付ければいいので
普段の食生活と左程変わらない。

外食も砂糖や甘味料を使わないものを
選べば以外といけるらしい。

一昨年のバレンタインの時期に
某百貨店のプレス向け試食会がありました。
喜び勇んで同僚と一緒に行ったのですが
次々と試食しているうちに
ある時点で体が糖分を拒否したの。

目は欲しいのにそれ以上入らない。
「ここが限界です」と体に言われた気がしました。
それ以来、甘いものを欲しなくなって
おやつといったらナッツかフルーツ。
たまに大福を買ったりはするけどね。

禁糖をすると
最初の数日は頭痛がすることもあるとか。
体調が悪くなる人もいるらしいけど
要するに禁断症状だよね。

中毒性のあるものを断つと
食欲が本来に戻りお腹が空かないらしい。
現代人は普段食べ過ぎですからね。
当然体重も落ちます。
お肌ももっちりするそうですよ。

ファスティングより気軽で
ストレスもなさそうだから
ベルギー王室御用達のチョコがなくなったら
禁糖に挑戦してみよう。



12 février 2020


アメリカで80歳以上のお年寄りに
「あなたが人生で後悔していることは?」
と質問したら、70%の人が
「チャレンジしなかったこと」
と答えたそうです。OMG!

アメリカ人でさえそうなんだから
日本人はもっと多いかもしれませんね。
本人がチャレンジしようとしても
「無理だからやめておけば」
って周りが止めたりね。

80歳になったとき、
チャレンジしなかったことを後悔するなんて
まっぴらご免だよねえ。
だったらやりたいことは躊躇しないことです。

人は1日に70回も選択してるんだってね。
そんな自覚は全然ないけど。
人生は選択の連続ということだと思いますが、
私が意識的に選択・決断したことは
何だったかなって思い浮かべると
全部今に繋がっていることなのよね。

仕事については、
そうなるように神様に仕向けられたものを
自動的に選択したって感じがする。
書や墨絵、コピーの仕事も
どうしてもやりたかったというより
縁があって始めたという感じだから。

逆に強い意志で選択したものはフランス語。
そしてイケメン・長身・フランス人。
この道は私の人生を相当面白くしてくれたね。 
「よくぞこれを選びました」という感じ。
エライぞ、自分。

この前誰かに
「Yuriconさんの夢は何ですか?」
って聞かれたんだけど答えられなかった。
私、いつかこうなりたいって夢はないのかも。
望みがあればその都度実行しているし
思ったことは大抵叶っているから
夢を持つ暇がないのかもしれません。

あ、宝くじの当選金で音楽スタジオ付きの
アトリエを買うってのはあるけど
それだって夢というより目標だわね。

私は何でもやってみないと気が済まないので
思い立ったことは実行するんだけど
「気が済む」って
とても大事なことだと思うんだ。

今のところ私は、やり残してる感ゼロ。
今日突然死んでも悔いはないです。
人生は短いんだから
ほんと、躊躇しているヒマはないわよ。



10 février 2020


面白いもので、
何もアクションを起こしてないのに
墨絵も書も生徒が突然増えて
週末の先生業が忙しくなりました。

昨日は書のお稽古で2人来たのですが、
先生がこんなだから生徒も自由なのよ。
書のお稽古といったら静かなイメージでしょ。
ところが賑やかなこと、賑やかなこと。
来月はもう1人増えるから更に賑やかになるね。

で、来年墨絵の社中展をやると言ったら
「じゃ、書も一緒にやりましょうよ!」
なんて言うんです。 

大胆で笑っちゃう。
だって1人は去年、1人は昨日が初めてで
とても展覧会に出せるレベルじゃないのよ。笑
でも大らかでいいなぁと思った。

私なんか気が小さいから
書を10年やった頃に展覧会に出せと言われた時
自信がなくて出したくなかったもん。
なのに初心者の彼女たちが
展覧会に出すって言うんだよ。

それで思い出したのが数秘術で言われたこと。
私は自分に完璧を求める7なので
納得できるまでに時間がかかる。
でも見てくれた女性は確か3で
深く考えずに勢いで行っちゃうタイプだって。

そういう感覚って人によって違うよね。
私みたいに完璧を求めてたら
いつまで経っても先に進めないから
ある程度の緩さは必要だと思う。
かといって、彼女たちはまだ無理だけどさ。笑

墨絵の生徒も一気に6人増えたのですが、
面白いことにみんな自画自賛タイプなの。
私も「天才かも!」っておだてるんだけど、
見事にそれに乗るんだわ。ステキ!

楽しく描いて
その日の出来栄えに満足してくれるんだから
それが何よりだと思う。
お絵かきも書も楽しくやらないとね。

しかし、教えるのってエネルギーを使うのよ。
なので初心者の墨絵のクラスは
楽しいけどよれよれになります。 
体力つけないといかんな。

思えば私の先生たちも褒め上手だったなぁ。
だから気持ちよく描いて(書いて)
長い間続けて来られたんだわ。
なんか面白いことになってきたな。




9 février 2020


2月7日は娘たち2人の誕生日でした。
双子じゃないですよ。
長女の2歳の誕生日に次女が生まれたの。 

計画出産じゃないのに
2人とも予定日は2月5日で
予定日より2日遅れて同じ日に生まれました。
珍しいでしょ。

ここ数年は誕生日には
チョコレートをプレゼントしています。
バレンタインデーが近いから
普段食べられないチョコを売ってるでしょ。
次女はグルメなのでそういうのを喜びます。

今年はサロン・ド・ショコラがいい
とリクエストされたんだけど
長女にもその旨伝えたら
「ダイエット中だからチョコは...」
と言われ別のものを考えました。

そんな誕生日に、
次女がインスタに書いてたこと。

.。o○.。o○.。o○.。o○
今日は主役でいいんですか?と思わせてくれる
友人達や家族に囲まれて、
今日自分の周りで天変地異や戦争や
体調の急変や訃報もなく、
私はなんて運が良くて幸せなんだろうと思います。

この幸せを当たり前だと思わずに、
ひっそり人生の1ページとして大事に抱えて、
ずっと眺めていたいなぁ。
.。o○.。o○.。o○.。o○

子どもの誕生日というのは
親になった日でもあり
そのことで色んな経験をさせてもらったと
改めて思ったりします。

長女は小児喘息で
しょっちゅう救急で病院にかかったし
次女はなかなかのじゃじゃ馬で
10代、20代には色々と心配させられました。

もちろん喜びもたくさんあったんだけど
成功する子育てなんてなくてさ、
良かれと思ってしたことが裏目に出て
嫌われたり軽蔑されたり。

でも、そんな娘たちも大人になり
それぞれ穏やかな気持ちで暮らしながら
また今年も誕生日を迎えたと思うと
やっぱり感慨深いです。

世界には不穏なできごともあるけど
次女が言うように
今日自分の周りで天変地異や戦争や
体調の急変や訃報もなく
爽やかな日曜日の朝を迎えられたことを感謝して
今日1日を過ごしたいと思います。