フランス人&恋愛

14 décembre 2018


ハニーは高校生のときから
自分の力でアメリカで暮らしていたので
利用できるものは何でも利用していたそうです。

その1つが奨学金。
アメリカには日本と違って
返済しなくていい様々な奨学金があって、
例えばモルモン教徒だけが受けられるもの、
ヒスパニックだけが受けられるもの、
黒人だけが受けられるものなどがあるそうです。

そういうのをハニーは
片っ端から申し込んでいたらしい。

モルモン教徒の奨学金を申し込むためには
モルモン教徒の振りをしなければなりません。
でもモルモン教は身だしなみなど規則が厳して
コーヒーもコーラも飲めないから断念。

また黒人でもないのに
黒人のための奨学金を申し込んで
「色は白いけど祖父が黒人ですから
  私は25%黒人です」と言い張ってみたり。
12%黒人の血が入っていれば黒人なんだって。

またある時は
「母がメキシコ人です」と言って
ヒスパニックの奨学金に申し込んだことも。

全然ダメだったのがネイティブ・アメリカン。
流石にそれはバレるか。笑
フランス生まれのネイティブ・アメリカンは
ありえないからね。

日本だったら戸籍謄本を提出!
と言われたら一発でばれちゃうけど、
アメリカは流石人種のるつぼ。
そういうところは曖昧なんだね。

私はそんな話を聞いてゲラゲラ笑ったけど、
ハニーは本当に色んな工夫をして
生きてきたんだと思う。
生きるチカラが強いのは当然なんだわ。
もちろん上手くいったりいかなかったりだから
彼は働きながら学校に通いました。

私が高校生のときなんて
生活のことを考える必要はなかったし
授業をサボって友だちと遊んだりしてたもん。
今思うと本当に申し訳ないよ。

ハニーはアメリカに来たとき
勉強する環境が整ってることを
スゴイな、嬉しいな、と思ったって。
フランスの公立高校は最低だったらしいよ。
たった25人しかいないクラスの生徒の名前を
先生が覚えていないくらいだって。

そんなことを聴いちゃうと
彼のしちめんどくさい部分も
自分優先で勝手なところも理解できるし
逞しく生きてきた彼を尊敬しちゃうの。
で、つい甘やかしたくなっちゃうんです。



8 décembre 2018


以前はよく仕事前の早い時間に
ハニーがやって来たものですが
ここ1年は彼と会うのは火曜日
と決まっています。

それ以外の日は
朝の "Ohayo!" のラインに始まり
日に何度かメッセージのやり取り。
時には昼休みに電話で話すこともあって
何だかんだ毎日コミュニケーションしています。

土日は彼が仕事なので
行き帰りに電話が架かってきます。
そんなことをしていると
1週間なんてあっという間で
火曜日はすぐにやってきます。
ちょうどいいペースだわ。

昨日は彼がうちの近くの職場で
朝1番から仕事があるというので
久々に早朝に来ることになっていました。
火曜日以外に会うなんて新鮮。

「パン買っといてね」と言われ
新宿でフランス人の好きそうなパンを調達し、
私はいつもより早起きしてスープまで作り
待っていましたが7時半になっても連絡なし。

さては寝坊したな。
なんか、そんな気がしてた。

私は別に腹を立てることもなく
1人で朝食を済ませ
いつもの時間に家を出ました。
ハニーのお陰で早起きができたよ。
最近朝起きられなくて困ってたんだ。

出がけにパンの入った袋を
玄関に置いておくことも忘れません。
彼は多分期待しているからね。

それからバスで駅まで行き
いつもより混んだ電車に揺られていたら
ハニーからラインが来ました。
「ごめん、寝坊した」
「だよねー」

「パンを置いてあるから取りに行ってね」
ハニーは喜んで "Merci !!!" と言いました。
まったく私っていい人だわ。
彼は私がいない家の鍵を開けて
大好きなパンを持って行くでしょう。
ポチしてくださると励みになります♡              

23 novembre 2018


パトリス・ジュリアンの言葉です。
元々フランスの外交官だった彼は
レシピ本を出版する料理人でもありますが
彼の高い美意識はジャンルを超えて
多くの人々に影響を与えました。

彼の著書にあるこの言葉
「カップルは子供を作りなさい」とは
人間の子供を指すわけではありません。
2人で育てていく何か、
共通の目標を作りなさいということです。

パトリスが当時のパートナーと一緒に作った
白金台の一軒家レストラン
サントル・フランス・デ・ザールは
彼らの子供でした。

ボロ家をリノベーションして
庭を自分たちできれいに整え、
インテリアもメニューも一緒に作り
大切に育てた子供だったんです。

庭の草花でもいい、
イヌやネコなどの動物でもいい、
共に育てる何かがあれば
カップルはそれをかすがいに
仲良くしていられるということ。

もちろん人間の子供でもいいです。
子供は最高の宝物になります。
一緒に慈しんで育てれば
素晴らしい家族になるでしょう。

ハニーと私も今子供を育てています。
仕事という子供をね。
いつの間にかこんなことになって
いいんだか悪いんだかわからないけど
とにかく一緒に仕事を始めました。

そしてパトリスの言う通り
仕事を始めてからますます
彼にとって私はなくてはならない
存在になりました。
なんか巻き込まれた感じだけどね。

一世を風靡したパトリスのレストラン
サントル・フランス・デ・ザールは
時代の流れとともに消え去り
彼は当時のパートナーとも別れ
2010年には帰国しましたが、

4年前に再び来日、
相変わらずの美学を携えて
何か新しいことを始めている模様。

ハニーと私の子供がどう成長するか
まだまだ未知数ですが
これは「彼の」仕事だと思っているので
私はあくまでサポートです。
いつか彼が1人でできるようになるまでの
サポートね。

私の1番得意なポジションを
ハニーはうまくつかんだね。
ポチしてくださると励み になります♡            

29 octobre 2018

 
大切な人を失いたくないと思ったら
そのためにできることはたったひとつ。
愛情深く接することです。

よくマンネリ夫婦と言うけど
問題はマンネリ化そのものではないです。
何年も一緒にいれば新鮮でなくなるのは当たり前。
問題は相手に対して気を遣わなくなり
文句ばかり言うようになることです。

私はまさにそんな妻でしたから
反省を込めて言いますが、
愛情深く接していれば男性は浮気しない、多分。

人は誰でも自分を好いてくれる人が好きだし
優しくしてくれる人が好きです。
どんなに美人で教養があっても
どんなに仕事ができても
優しくなければパートナーにとっては
大した意味はないのです。

朝仕事に出かけるとき、ちゃんと顔を見て
「いってらっしゃい」と言ってくれる人、
仕事から帰ってきたとき
「おかえりなさい。おつかれさま」と
優しく言ってくれる人、

美味しいご飯を作ってくれて
愛情いっぱいにハグしてくれる人、
それが男性にとって最良のパートナーです。

女性にとっての男性も同じですね。
会社でどんなに偉くても、どんなに高収入でも
共に歩んでいる実感ができなければ
段々と意味のない人になっちゃう。

今時は共稼ぎの夫婦が殆どなのに
家事を手伝わず子育てに協力的でなければ
女性は優しくすることができません。
優しくするどころか敵になっちゃう。

日本人の男性は家事をする率が
世界最下位なんですってね。びっくり!
最下位って凄過ぎませんか?

お互いに相手を気遣い
家庭の仕事をシェアしていれば
2人の時間を作ることができます。
そうすれば自然と仲良くなると思うの。 

そういう小さな努力の積み重ねが
円満な家庭に繋がるのだと思います。




25 octobre 2018


時間がないときに
大急ぎでチャチャッとエッチすることを
英語で "quicky" っていうんだって。

そんなことをハニーに教えてもらったのは
まさにそういうことをしたからです。
あははは。

ハニーとは、会えば大抵ベタベタします。
それが目的では全然ないんだけど
なんとなく自然にそうなる。
いつも仕事の話ばかりしているから
それをリセットしてリラックスするためには
イチャイチャする時間が必要なんです。

物理的な距離が近づくと
心の距離もぐっと近づきます。
くっつけば幸せホルモンが出て
なんともいえずハッピーになります。

ハニーは背中を触られるのが好きなんです。
変な意味ではなく、
私の掌から出ているパワーを感じるから
身体に触れられると落ち着くんだって。
それもセロトニン効果だね、きっと。

なので仕事でいっぱい頭を使った後は
「背中を触って」と甘えます。
で、どれどれと背中を撫でたり
ついでに頭や首をマッサージしてあげる。
彼はいつも臨戦態勢だから頭が凝るのよ。

最近はツボにピタッと指が行くので
マッサージ師になれそうなくらいなんだけど
純粋にそれだけで終わることもあるし
そのうちその気になってくることもある。

だから、パートナーと暫く遠のいている人は
マッサージから入るといいかもね。
肩こりを解してもらうとか。
身体に触ったり触られたりするのって
間が空くとなんか変な感じになるじゃない?

クイッキーだった日は、
彼にお昼から仕事がある日で
ゆっくり朝ご飯を食べて仕事の話をして、
もうそろそろ出る支度をしないとね
というタイミングでハニーが迫ってきた。笑

こういうのがごく自然に行われることが
カップルには必要だと思うのです。
そう、ナチュラルなんだと思う、私たち。 


23 octobre 2018


ハニーは毎年11月初めに静岡に行きます。
静岡で開かれる大道芸のイベントで
世界中からやって来るアーティストたちの
お世話係をするのです。

空港で迎えるところから
イベントが終わって空港に送るまでの
およそ10日間の仕事。
またこの季節が巡ってくるなぁという感じです。

初めて出会ったときはこの仕事の直前で
おまけにそれまでに仕上げなければならない
論文の追い込みと重なって彼は超多忙でした。

そんな事情を知らない私は
「付き合おう」と言ったくせに
一向に会う気がないなんて
「いい加減なやつ」と思ったものでした。

翌年は、静岡のホテルに押し掛けました。
翌朝カフェで軽い朝ごはんを食べていたら、
フランス人やロシア人やイタリア人など
入れ替わりやって来る大道芸人たちと
その都度違う言語で話すハニーを
「カッコイイ♡」と眺めたものでした。

その翌年は、ホテルの朝食バイキングで
イスラム教徒の彼にベーコンと大根の煮物の
大根を食べさせてしまって彼の逆鱗に触れました。
これで一巻の終わりと思ったのに
何故か追いかけて来たハニー。

去年は、もうお泊りはどうでもよくなって
そのことには触れなかったけど、
週末の仕事のために途中で帰ってきた彼を
新横まで迎えに行って家まで送ったり
空港まで送って行ったりしたんだっけ。

そして今年。
ハニーとの関係は日常になり
この距離感もすっかり定着しました。
お互いの立ち位置がハッキリしているので
敢えてワクワクを求めて
静岡まで行く必要もなくなった。

大道芸をきっかけに
毎年日常と違うことが起きていたのに
こんな風にすっかり落ち着いちゃうなんて
なんか不思議な気持ちだなぁ。


11 octobre 2018


ハニーが来ていた日、
2人で昼間からお鍋をつつきながら
会話の中心は仕事でした。
彼とお鍋を食べるのは初めてで新鮮。
冬場はコレでいこう。

共通の話題が仕事というのもナンだけど
まだ海のものとも山のものとも分からない
アメーバみたいなものを育てていくのは
なかなか面白いものです。

考えてみたら、今までもずっと
私は彼の仕事の話ばかり聴いていたのです。
大抵は仕事の悩みや愚痴など。

でも今は一緒に建設的な話をしている。
それだけでも随分楽しいよね。
私は外国人の彼にわかり難い部分を
サポートすることができるし、
ハニーは大胆な発想で私を驚かせます。

彼にはリミッターがないの。
そこがスゴイと思う。
16歳の時にたった1人でフランスを離れ
ずっと外国で生きてきたんだもん、
ぬくぬくと生きてきた私とは違うのです。
ホント、彼の逞しさには感心する。

そういう逞しさは全然ないけど
私は自分が何者か知っています。
仕事に関しては誰かの右腕になっている時が
自分を1番活かせるし、1番魂が喜ぶ。

その相手は1人でなくてもよくて、
会社では社長の役に立ってるのが楽しいし
ハニーをサポートするのが楽しい。
まだ余裕があるからあと1人、2人はOKね。

この前社長が、1ページの広告を取ってきたら
給料のほかにマージンを払うって言ったけど
私は「そんなの要らないよー」と言いました。
それ、私の給料に含んでると思っていいから
私を上手に使ってくださーい。

私は誰かの役に立つことで
自分が楽しませてもらっているので
お金はある意味どうでもいいのね。
十分貰ってると思ってるから。

でも、そんな風にしていると
いつの間にかどこかから収入が入るから
不思議だなぁと思うの。
お金はハッピーのエネルギーと同じというけど
お金の正体ってそういうことなんだね。

夕方、表参道で打ち合わせがあったので
ハニーとは早目に別れました。
別れ際にハニーが言いました。
「表参道の仕事が終わったら
 どうだったか電話で教えて」

どうせその時間には電話に出ないくせに
なんか、いいなぁと思った。
「今終わったからこれから帰るね」
って会話もなかなかいいものよね。



6 octobre 2018


「合同会社にした方がいいと思う」
ハニーが言い出しました。 

ハニーの副業はもはや本業になっていて
そのまた副業が優秀な秘書(私ねw)のお陰で
なんだか上手く回り始めちゃったのです。
私、あげまんだからね。覇王線があるし。

その仕事のお金の出し入れに
今は私の個人口座を使ってるのですが、
このままだと私の収入になってしまいます。
「それは困ります」と言ったら
会社を作るという話になったのです。

仕事上の事情によって
表に名前を出したくないハニーは
会社を作って私を代表にすると言うの。
えええ? 私が社長ですかぁ?
私の人生に社長の予定はなかったんだけど
こういうのを想定外っていうんだわ。

ハニーと一緒に仕事をするのは楽しい。
でも正直、会社とか社長とかは面倒臭い。
かといってこのままでも私は困っちゃうので
遠からず何かの手を打つ必要があります。
いずれにしても専門家に相談しないとダメだな。

会社を作るとしても今年は困るので
来年の計画として保留にしてもらおう。
来年は私、社長かも?笑

それにしても、
ハニーって本当に無防備だわ。
一緒に会社をやったりしたら
私たち縁が切れないじゃないねえ。。。
ま、私は別れても意地悪したりしないけど。

で、一応ハニーに言っておきました。
「もし私たちが付き合うのをやめても
 私はあなたを決して裏切らないからね。
 親友としていつまでもあなたを助けるよ」

するとハニーが言いました。
「知ってるよ。I trust youだから」

初めて会ったのは5年前の10月5日でした。
こんなに長く付き合うなんて
あの時は思わなかったよね。
 

                                                  



12 septembre 2018


次女は感情のコントロールができません。
付き合っている相手とすぐに喧嘩するし
喧嘩をするとどんどんエスカレートして
畳み掛けるように攻撃します。

そうなったときの彼女は恐ろしく頭が冴えて
理詰めでガンガン攻めてくる。
とても太刀打ちできないの。

後でよく考えれば彼女の理屈は
全然理屈になっていないのだけど、
一旦火がつくと手がつけられなくて
こちらの言うことなど耳に入らなくなります。

そしてとことん相手を打ちのめすような
決定的なことを口にしちゃうのです。
これだけは言っちゃいけないようなことを
平気で口にするので相手は傷つきます。
今回もそんな感じで喧嘩して家出したらしい。

あの激しさがどこから来たのか
まったくわからないのですが、
私も人格を全否定されたことがあるから
婚約者の彼が怯んだ気持ちはわかる。

彼女の中には多分、男性不信があるのです。
なので不安を感じると攻撃する。
猛然と攻撃する。
なので相手は娘を怖いと感じる。

離婚した彼女の元夫は
娘と同じように激しい人だったから
2人の喧嘩はそれは凄まじいものでした。
あんな風にキレちゃうのはなぜだろう。

その話をハニーにしたら
彼も以前はそういう感じだったって。
うん、わかる。容易に想像がつく。
彼女と凄まじい喧嘩してたもんね。

最近の私はそういうタイプの諍いを聞くと
なんだか弱っちゃうんです。
自分のことじゃないのに傷つく。
娘もハニーと同様 "HATE" 担当なんだな。

ハニーが日頃の生活について
また心無いことを言うので
私は彼の背中に手を当てながら言いました。

愛情深い人になりますように。
愛が全身にあふれますように。

ハニーは黙って聞いていました。


6 septembre 2018


時々、ハニーと話していると
嫌いになりそう、と思うことがあります。
ハニーは基本 "HATE" 担当だからさ。
彼の考え方が心に痛いの。

なんだろう。
ヨーロピアンはちょっと捻くれてるもので
へそ曲がりの私としては
そこが好きなとこでもあるんだけど
ハニーは特別捻くれててまず否定から入るのね。
私とは正反対なんだ。

彼は私に対して不満はないから
私に直接辛辣なことを言うことはないけど、
他の誰かの話や仕事の話を聞いていて
胸が痛くなることがある。
なんでそう考えるかなぁ、って。

半世紀もそうやって生きてきたのだから
それを変えるのは容易じゃないし
第一本人に変える気がないので
ただ傍観するしかないんだけど。

"HATE" は "LOVE" で包むしかないから
私はそのように振る舞いますが、
彼の砂漠のような心は
いくら "LOVE" を注いでもすぐ乾いちゃう。

私は愛を自家発電しているので
それで消耗することはないんだけど
なんでこの人と付き合ってるんだろうって
時々わからなくなっちゃう。

この前もすごく楽しく過ごした後に
ふと、やめようかなって思った。
別に自分が嫌なことを言われたわけでも
何でもないんだけどね。
彼なりに私には優しいし。 

衝動的に「別れようと思う」って
メールしそうになったけど
唐突にそんなことを言ったら混乱するだろうから
思い留まりました。
彼は今、仕事が大変な時なのでね。

何の縁だか5年も付き合ってるから
彼がもっと優しい人になったらいいと思う。
でも文化や育った環境や宗教絡みの諸々で
一筋縄ではいかないんです。

理想のフランス人は
全然違うタイプだったのになぁ。

彼はずっと一緒にいられる人ではないと思う。
彼の心はカチカチに固まっているから
一緒にいたらきっと辛くなる。
だから今のペースが丁度いいのね。

そんなことを考えていたら
勘のいいハニーは1日中
何だかんだとラインしてきます。
「明日の朝は忙しい?
  一緒に朝ごはん食べられないかな」なんてね。

ダメだよ、明日は忙しいから遅刻できない。
今日は半日取材で外に出ていたから
原稿が溜まってるの。ごめんね。

そんなやり取りをしているうちに
もうさっきの気持ちはどうでもよくなって
いつもの自分に戻りました。
また来週の火曜日にね。