フランス人&恋愛

10 juillet 2019

2264a5fb5448775f7347e0dad2bfff46556b17bf

先週、ハニーの問題の解決のために
ルーマニア人の男性に会った時のこと。

彼はちょっとした誤解から
ハニーの会社に迷惑をかけたのですが、
なんとか平和的に解決したので
今後お互いに悪い影響を与えないように
念のため一筆交わしましょう
ということになったのです。

なぜ私が行ったかといえば
私が社長ということになっていたから。
(なんで私が社長なんだ。。。)

で、ここからが本題。
待ち合わせの店で私が待っていたら
遅れてきた彼は私のテーブルに歩み寄ると
徐にブーケを差し出したんです。

青いカスミソウの小さなブーケ。
「ご迷惑をおかけしました」
彼は流暢な日本語で言いました。
私は思わず顔をほころばせてしまいました。
こういう場面でブーケをくれるなんて
ヨーロピアンだわぁ。

友だちの話を思い出しました。
彼女のニュージーランド時代の友だちに
イタリア人と結婚している人がいてね、
その彼女が1人で日本に里帰りする度に
イタリア人の夫が花束を持って
空港に迎えに来るんだって。

本人は鬱陶しいと思ってるらしいけど
お花をもらうと超嬉しい私は
それをステキ!と思いました。

喧嘩をした時に仲直りのブーケ、
2人の記念日にブーケ、
誕生日にブーケ。 
お詫びの印にブーケ。 
何でもない日にブーケ。

何年か前、たまたま私の誕生日に
カナダ人の男友だちに会うことがありました。
彼にはラブラブの奥さんがいて
私とは普通の友だちなんだけど
その日、バラの花束をくれたの。

その渡し方が堂に入ってるんだな。
この前のルーマニア人もそうだったけど
最初はお花を後ろに隠してるのよ。
で、私が「お待たせ!」と目の前に現れると
さっと花束を出すんです。サプライズ。
そういうのに慣れてる文化なのね。

お花なんて安いものです。
3,000円も出せばそこそこ豪華なブーケができる。
でも自分で3,000円のブーケは買わないよね。
そしてお花を貰って喜ばない女性は
いないと思うんです。

なので男たちよ、女性に花を贈ろう。
そして誰か、私にもください。笑 



26 juin 2019


私はしばしば、ハニーは “Hate担当”
私は “Love担当” と書いていましたが
その意味についてちょっと説明しようと思います。

私がいう “Love” は恋愛のことではなく
人類愛や平和主義、博愛主義、
そして偏見のないフラットな立場のことです。
そういう意味で私は “Love担当” 。

同じ意味でハニーは "Hate担当" です。
彼は「人を見たら泥棒と思え」的な感じで
何でもまず疑ってかかるし、
偏見や思い込みが激しく攻撃的です。
自分の考えを絶対に曲げないしね。

これはね、島国の私たちにはわかり難い感覚。
「和を以て貴しとなす」はないんです。
彼は実際に酷い目に遭った経験もあるし
遺伝子に刷り込まれた記憶もあると思う。
移民系のヨーロピアンでなければ
わからないことだわね。

人間関係を築くためには
相手を信じることが大事ですね。
相手を信じて委ねることができなければ
仕事もプライベートも上手くいきません。
ハニーはそれが苦手なのよ。
それで時々ほころびが生じるのです。

ヨーロピアンはみんな捻くれたところがあるけど
ハニーは私が知る中で最も捻くれた人です。
16歳の時から1人でサバイバルしてきたから
自己防衛本能が強くて自分しか信じないの。

だから “hate担当” なのは仕方ないし
彼は一生変わらないと思います。
フランス社会の闇や偏見、生い立ちなど
原因が根深過ぎるから簡単には変われません。
それが彼の面白いところでもあるし
困ったところでもあります。

私は、いい大人に他人が成長を求める必要はない
と思っているんです。
それはちょっと傲慢な感じがするし
成長するかどうかは自分で決めることだと思うの。
それぞれの人生だから決めるのは自分です。

外国人と付き合うには
相手の文化的背景や思想的なものも
まるっと受け入れなければやっていけません。

頭では理解できても感覚的に相容れないことは
そりゃもうたくさんあって、
違うと思えば意見は言うけど
自分の感覚に引き寄せようとするのは無駄だし
それはちょっと違うのね。

だから、まるっとOKかそうでないか
ということになると思いますが、
砂漠に水をやり続けるには忍耐が必要です。
夫婦でもないのに我慢したくない。

私は平和的に生きていたいのです。
なので私の平穏を乱されると困る。
攻撃的なものを見たくないんです。

彼はとても魅力的な人ではあるんだけど
どこまでも "Hate担当" であり、
自分を守るあまり与えることをしません。
気を回す余裕がないだけかもしれないけど。

彼はそういう人で、
私はそういう彼と別れたのです。



20 juin 2019


この前あんなに頭に来て
もうあんなヤツどうなっても知らない!
と思った私ですが、
ハニーから泣きそうなメールが来てね...

彼は私のやり方が気に入らなくて
死ぬほど私を罵倒し私を怒らせたのですが
問題となっている彼のスタッフが
彼の職場の1つに毎日電話をかけてきて
大変なことになっているらしいのです。

それはまさに私の予想通りの展開でした。
そういうことになるんじゃないかと思ってた。
そうなった時、会社はトラブルを嫌って
ハニーなんかすぐに切り捨てると思う。
社員じゃないんだから。

それにハニーはその仕事の中で
求められている以上のことをやり過ぎて
社員に煙たがられていたんです。
目の上のたんこぶになってたの。

彼は自信満々なのでそれに気づかない。
私が警告しようとしても
彼は人の話を聞かないから
話を遮って聞いてくれなかったんだ。

彼はアイデアマンだし
色んな能力を持っているのですが
想像力が欠如していて
人間関係を結ぶのが下手なのです。
それが大きなネックになっている。

ハニーは私にスタッフを説得してほしいと
必死で頼んできました。
私は何度も断ったけど
彼が追い詰められていることがわかるので
見捨てることができなくて
とにかく説得だけはしてみると言いました。

これ以上拗れたらどういうことになるか
私には容易に想像がつきます。
そのスタッフがもしハニーのメインの仕事にも 
同じことをしたら...
そうなったら彼はすべての仕事を失うことに
なってしまいます。

私は彼の不幸を望んでいるのではありません。
縁があった人なんだから
幸せになってほしいと思う。
仕事だって成功してほしいと思う。

説得は試みるけどそこから先は知らない。
私にできることはもうないから。
「身から出た錆だよ」と言うと
彼は「わかってる」と言いました。

ポチしてくださると励みになります♡           

18 juin 2019


実はハニーと別れた後も 
彼のビジネスの事務仕事を手伝っていました。

内情がわかってるだけに
いきなり全面撤退することに罪悪感があってね、
メールで話し合ってごく限定的に手伝う
ということにしたんです。

ところが数日前ちょっとした問題が生じて
彼のスタッフをなだめるために
私がその人に電話することになりました。

その問題というのは
いつかそういうことが起きるんじゃないかと
以前から危惧していたことなんだけど
突き詰めれば彼がHATE担当だから。
人を信じていないから健全な人間関係が
構築できないのです。

面倒なことに巻き込まれたと思いながらも
私はスタッフに電話しました。
私はその人に会ったことがありますが
とても穏やかないい人なの。

電話で話したらその人の言い分もわかる。
でも誤解があることも事実なので
それを説明して説得して
とにかく頭を冷やしてから
もう1度話しましょうということになりました。

ところがハニーはそれが気に入らない。
厳しく答えを迫らなかったことに苛立って
私を口汚く罵倒しました。
人としてどうよっていうようなことを
平気で口にするの。

怒りの沸点が高い私もさすがに頭にきて
ブチッと電話を切りました。
すぐに彼が架けてきたけどブチッ。
何度も何度もしつこく架けてきたけどブチッ。
あんまり煩いから着信拒否にしました。

私はもう同情する気持ちもなくなって
彼が困っても知ったこっちゃない、
もう1ミリも手伝いたくないという気持ちになり
クライアントに退職の挨拶のメールを出し
それをBCCでハニーにも送り
彼のビジネス関係の人の電話をブロックしました。

これ以上関わったら心が荒む。
彼は本当にHATE担当なんだよ。
恋愛関係の間はLOVE担当の私が
その部分を癒してあげたいと思ったけど
関係なくなったらもうムリ。

夕べになってメールが来ました。
You are a special person..
And I am shit... So sorry...
今更何言ってるの?

ポチしてくださると励みになります♡          

17 juin 2019


昨日は友だちに招かれてお茶会に行きました。
彼女は食べることが大好き。
特にパンが大好きで、
都内に住んでいるのに千葉や神奈川くらいなら
ひょいひょい買いに行っちゃうの。

すごく研究しているから焼くのも上手。
美味しいパン屋さん顔負けのパンを作ります。
私はそのジャンルは端からパスしているので
心底尊敬してしまいます。

彼女はお料理もとても上手で
食に関するイベントをほぼ毎週開いています。
私も美味しいものをいただきに
時々参加させていただくのですが、
この度は是非にと誘われて参上。

彼女の手作りの
美味しいパンやお菓子をいただきながら
楽しい時間を過ごしました。

昨日の集まりにはお題があって
それは国際恋愛・結婚でした。
参加者はイタリア人と結婚した新婚さん、
20代の頃にインド人と付き合ってた人、
お相手(日本人)がいるけど迷ってる人、
フランス人と別れたばかりの私ともう1人。

こういうの、バカバカしくも面白いわぁ。
人の恋愛の話なんか聞く機会ないでしょ。
みんな身近な人には逆に話しにくいみたいで
初対面なのに恋愛話に花が咲きました。

文化の違いの難しさと面白さなど
興味深い話が飛び出しましたが、
国際恋愛のいいところを挙げるとしたら
違うのが当たり前だから許せることと
阿吽の呼吸はないから
お互いに一所懸命伝えようとすること。

日本人同士の夫婦は段々会話がなくなるでしょ。
妻のとりとめのない話に
夫はちゃんと付き合ってくれないから
おしゃべりは女同士になっちゃいますね。

でも言語が違うと
話さない限り伝わらない。
だから必然的に会話が多くなるのね。
向き合う時間が長いということです。

私がハニーと別れたのは
彼がフランス人だからではなく
個人的な考え方についていけなかったから。
そうそう、つい最近も番外編があって
ついに着信拒否にしたんだ。
 
そんな話を気づいたら4時間も。
でも面白かったからまたやろうね、
ということになって解散したのであります。 
ポチしてくださると励みになります♡          

30 mai 2019


ハニーとはキッパリと別れた私ですが、
実はあれからも彼は2~3日に1度は
"Ça va ?" なんてトボけたメールをしてきます。
私はそれには答えず無視してるけどね。

ところが彼は明日から3泊5日の海外出張。
前々からその間の仕事は手伝う約束をしていたし
内容を把握しているのは私しかいないから
「これが最後だからね」
と念を押して引き受けました。

私は週末に5人の外国人と
連絡を取り合わなくてはならないんだけど、
事前に把握しておかなくてはならないことが
いくつかあってね、
その確認のために昨日彼に電話しました。

ほら、昨日は会社を病欠していたじゃない?
昼間に電話したので彼は不思議に思ったらしく、
「あれ、仕事はどうしたの?」
「熱があるので休みました」

それから必要な情報をもらって
当日の手順を確認して電話を切ったんだけど
夜になってまた電話が架かってきました。

「具合はどうですか? 熱は下がった? 
  心配だったので電話しました」
こういう時、私は思わず笑っちゃうの。
彼の魂胆がわかってるだけに可笑しいでしょ。
それで「心配ご無用」と言う代わりに
「心配してくれてありがとう」と言っちゃった。

時々一方的にメールしてくる時も
ハニーは妙に丁寧な日本語で書いてくるし
昨日も最後は「失礼します」なんて言うから
私は可笑しくて仕方ないんです。
一応遠慮している風なところがね。

私、体が丈夫で滅多に風邪も引かないんです。
なので普段人に心配されることはないの。
でもたまに熱なんか出した時に
心配してたって言われるのは
まんざら悪い気はしないものです。
ハニー、やるな。作戦成功か?笑

だからといって
元に戻る気はないからご心配なく。

昨日は冷蔵庫の中に何もなくて
着替えて買い物に行くのは億劫だと思ってたの。
でも、たまたま電話を架けてきた娘が
ご飯を運んでくれました。

そういえば、パートナーが欲しいと思ったのは
3.11の時だったことを思い出しました。
周りの人が家族や大切な人と連絡を取り合ってる時
私を真っ先に心配してくれる人はいなくてね、
誰も心配してくれないんだと思ったら
なんか寂しかったんだわ。

娘たちは私を不死身だと思ってるから
全然心配してくれなかったしねえ。
やっぱりそういう相手は必要だわ。
「真っ先に」心配してくれる人がね。
ポチしてくださると励みになります♡      


22 mai 2019


懲りない私は、ハニーと別れたからには
新しいイケメン長身フランス人と出会いたい
と思っています。
それは何故なのか、という話。

私は自分の中がきちんと埋まっているので
ハニーがいなくなったからといって
何かが欠けたわけではないのです。 

何かが足りないから新しい恋愛をしたいのではなく
特別な人がいた方が人生が楽しいから。
いたってシンプルな理由です。
だって本当にそうじゃない? 

私は食べていけるだけのものを自分で稼げるので
経済的に誰かに頼りたいわけじゃない。
1人でいるのも大好きなので
寂しいと思ったことはないし
安心を求めているというのとも違います。
 
私が恋愛に求めるのはただ1つ、喜びです。
きっと恋愛をしている時の自分の状態が
気持ちいいからなんだと思う。
自分の中から愛があふれる気持ちよさね。 

あんなハニーでもいるときは楽しかったよ。
一緒にごはんを食べたり
色んなことを話し合ったりベタベタしたり
1人ではできないことが2人だとできるでしょ。
別れたのは喜びより嫌なことが勝ったから。

最近は恋愛しない若い人が多くて
友だちさえいればいいというけど、
異性って友だちとはまた違う喜びがあります。
同性同士とは違う高揚感があるじゃない?
鳥だってあんなに鳴き交わしているんだもん、
ペアでいる状態は動物として自然なことです。

若いときは恋愛の先に結婚があって
子育てや義理の親とのおつきあいなど
考えなくてはならないことが色々あります。
将来の計画が必要になりますね。
私もそういうのを一通りやりました。

でも今はそういう縛りがないから
なんというか、もっと余裕があるんだよね。
あ、別に結婚したくないわけじゃないから
跪いてプロポーズされたら
再婚することだってあるかもよ。

好きな人に会うためにお洒落を考えたり
その人のために美味しいものを作ったり
また逆に作ってもらったり
旅行の計画を立てたりしながら
2人で共有する体験を増やしていけたら
人生は確実に楽しくなるでしょ?

だから私はまた恋愛したいと思うし
私がそう思ってるからには
必ず素敵な人が現れるはずです。

だって、私が本気で願ったことで
叶わなかったことは1つもないから。
ポチしてくださると励みになります♡      


18 mai 2019

IMG_6966

ハニーと別れた日、
私は泥のように眠りました。 
驚くほどぐっすり眠って寝坊した。

それで気付いたのです。
私にとって彼は相当ストレスだったんだ。 
体の反応って面白いと思った。

「別れます」と宣言することは
スッキリするけどエネルギーも使いますね。 
それもかなりのエネルギー。
なのでエネルギーが欠乏したんだと思う。
安心したということもあるかもしれないし。

心と体は繋がってるというけど不思議でね、
ハニーには1ミリの未練もないんだけど
なんか体の調子が普通じゃないのです。
食欲がないし胃がもたれたような感じ。

で、それは何だろうと自己分析してみたら
私の中の悲しみだったんですね。
彼と別れたことが悲しいんじゃないよ。
付き合っている間我慢していた様々なことで
私は傷ついていたんだなぁと思ったの。

ほら、長女だからさ
何でも我慢しちゃうんだよね。
おまけにサービス精神が旺盛だから
何も返って来ないのについ与えちゃうわけ。
それで消耗してるんだからバカだよねえ。

別れたからもう我慢する必要がないのに
解放された途端に吹き出したんだね。
約束が果たされない度に傷ついてたことを
体が思い出したんです。
(ああ、いつか来た道だわ。。。)

それがご飯を食べに行く約束とか
お花を買ってくれる約束とか
小さなことだから尚更ね。

そんな些細なことさえないがしろにする
彼の無神経に私は傷ついていたの。
そしてそれが我慢ならなかった。
もうムリと思った理由はそこなのです。

怒りはないんだよね、私怒らないから。
だから悲しみなんだと思う。
大事な自分が粗末に扱われた悲しみ。
自己肯定感の塊の私でも傷ついてたんだね。

でも、これは分析してわかったことであって
顕在意識的には全然悲しくないし
あー、サッパリした!と思ってる。
ただ体が反応してるだけです。

で、反応しちゃった体を鎮めるには
五感からのアプローチがいいわけです。
こういう時、動物がいるといいんだけどね。
触れただけで緊張が取れるから。

私の場合、手っ取り早いのはお花を買うこと。
視覚と嗅覚の両方で癒してくれるから。
それで仕事帰りにいつものお花屋さんで
1番いい香りのバラを買いました。

顔を近づけたら濃厚な香りが脳に響きました。


16 mai 2019


実は昨日、ハニーに別れを告げたんです。
本当は来月頭まで待っていよう
と思っていたんですが、
どうしても言いたくなっちゃって。

というのも、昨日は彼が京王プラザホテルで
クライアントと打ち合わせがありまして、
「3月分の報酬を渡すからホテルに来れない?」
と電話が架かって来たんです。

京王プラザは会社から徒歩5分ほどなので
仕事を抜け出して会いに行きました。
彼からお金を受け取ったら
急に別れるって言いたい衝動に駆られて
「もう会わないし仕事も手伝えない」
と言ってしまいました。

ハニーはちょっと怯みましたが
私が「仕事中だからもう行くよ」と言うと
「わかった」と言って
駐車場に向かうエレベーターに乗りました。
あー、ついに言ったわ!

足取り軽く会社に戻るとハニーから
zoomのチャットにメッセージが来ました。
"Why suddenly?"
"Not suddenly. I've been thinking"

すると今度は電話が架かって来た。
いつまでも鳴らすので仕方なく出ました。
彼は本当に「突然」と思ってるみたいなので
私がもう付き合いたくない理由を説明しました。
彼は黙って聞いていたけど
仕事中だからと言って切りました。

その後も "So sad" とか "empty" とか
チャットに書いてきたけど
私は返事をしませんでした。

夜になってまたメッセージが来ました。
"38.1c fever. Can't do anything"
"Sad and sick.." 
でも私は心を鬼にして言いました。
「もう話しかけないで。
  私は何もできないから」

彼は自分が悪かったとか
敬意が足りなかったとか
約束を守らなくて悪かったとか
色々言ってきたけど It's too late だよ。

「4月分の報酬は振り込んでね」と言ったら
記録を残したくないから手渡しするって。
「だったら要らないから Keep it」
10万円は惜しいけどもういいよ、あげる。

不思議と何の感慨もなかった。。。
ポチしてくださると励みになります♡      

15 mai 2019


フランスに帰って行ったダーリンが
空港に向かうバスの中からラインをくれました。

C’était vraiment chouette de pouvoir venir chez toi.
"chouette" というのは "フクロウ"なんだけど
直訳すると
「君の家を訪ねることができたのは
  本当にフクロウだったよ」

私はこの表現を知らなかったので
早速ネットで調べてみたら
「フクロウみたいに素敵なこと」
という意味でした。可愛い。。。

西欧ではフクロウは哲学者、知恵の神
といったイメージがあるので
「素敵」「素晴らしい」「可愛い」「カッコイイ」
という意味で使われるんですって。
フランス語って、ホント可愛い。

新しい表現を覚えると
今まで耳に入ってこなかった言葉が聞こえてくる。
友だちの家で観たフランス映画の中で
"La vie est chouette"(ラヴィ エ シュエット)
(人生はすばらしい)
というセリフを早速見つけました。

「素敵!」「可愛い!」という時には
"C'est chouette" (セ シュエット)
といえばいいのね。
お店の名前にしても可愛いね。

さて、今日は朝から会社でも
フクロウみたいに素敵なことがありました。
社長って本当に人望が厚いというか強運というか、
8月から凄い人が顧問で来てくれるんだって。 

社長を見ていて改めて思いますが、
仕事というのは何より人を大切にした上で
実直かつ柔軟にやるべきなんだなぁ。
そんで幸運の女神はそういう人のところに
やって来るんだわ。

新しい展開になって
会社が発展していく様が想像できます。
仕事がますます面白くなりそうではないか。 

社長って改めて凄い人だわ。
そしてこの会社と関われた私は超ラッキー。
死ぬまでここで働ける気がする。笑
ポチしてくださると励みになります♡