フランス人&恋愛

13 février 2019


昨日はハニーと思い切り喧嘩しまして
「自分勝手でわがままで、もうこんなヤツ嫌!」
と思ったのであります。

一応仲直りはしたのですが
今朝は気分が晴れずに悶々としながら
通勤電車に乗りました。

で、スマホをいじっていたら
ある人のメルマガが目に入りました。
まるで私の心を見透かしたかのように
「欠点」と「魅力」について書いているの。

思わず読み進むと
「相手の惹かれるところ」と
「相手の許せないところ」って
案外、『根っこ』は同じだったりする。

「自分勝手な男」は
「自分に正直で意志の強い男」
なのかもしれない、と。

そうそう、そうなのよ。
私がハニーに魅力を感じるのはそこだし
腹が立つのもそこなんだわ。
そうよね、それって表裏一体。
私のご機嫌次第でどちらにもなるのよ。

そんなことを思いながら会社に着くと
来月のチケットプレゼントのことで
4月から開催される「ドービニー展」
の話題になりました。

シャルル・フランソワ・ドービニーは
モネに影響を与えたフランスの画家。
私は今まで知らなかった人ですが
パンフレットを見ると
どの絵もなんか "どよん" としているのよ。

水辺を好んで描く画家らしいのですが
どの絵も空が灰色で木々の色もダーク。
石造りの古い建物には似合いそうだけど
私は飾りたくないタイプだわ。。。

同僚とそんな話をしていて思い出したけど
ハニーは曇天の日にはいつも
「フランスを思い出す」って懐かしがるの。
フランスの空はいつもこうだって。

そう言ったら同僚が
「フレンチのシェフってみんな捻くれてて
  取材するのに苦労する」って言うんです。
理屈っぽっくて斜に構えてて
底抜けに明るいフレンチのシェフは
見たことがないって。

そうかぁ、そういうことだよね。
あの空の下で生まれ育ったんだもんね。
私はフランス人のちょっと捻くれたところが
好きだったりもするのです。
でもそれは時として苛立つ原因にもなる。

私はハニーの信じられないくらいの自己中に
呆れながらも力強さを感じて
それが魅力だと思っていたのです。
絶対に思い通りにならない強さをね。

なんだかスッキリしてハニーにLINEしました。
おはよう!Ça va ?
ポチしてくださると励みになります♡         

10 février 2019


妄想は本当に現実を創るなぁと思う。
私は仕事ばかりしている日本人はイヤ
と思って次はフランス人と決めました。

で、実際そうなってからは
独身で恋愛したいという人がいると
外国人にしなよ、面白いよと
国際恋愛をオススメしています。

で、私にそそのかされた50代半ばの友だちは
英会話スクールを経営している知人の紹介で
ある外国人と知り合いになりました。
2年くらい前のことです。

それが話を聞くとかなり変わった人でね、
でも彼女も変わってるから
どういうことになるか
その行方を楽しみに見ていたんです。

彼女と外国人の彼は
恋愛関係という感じでもなく
かといって友だちというには微妙
という感じでしたが、
彼女は彼との未来を妄想していました。

それは冷静な目で見れば
滑稽とも思える妄想でした。
普通の人から見たら
バカじゃない?というレベルかも。

そんな中、
彼女の元夫が不治の病で入院して
娘と一緒に面倒をみることになったり
認知症のお父さんを抱えたり
それどころじゃない感じになったのね。

ちょうど時を同じくして
彼はビザの関係でアメリカに一時帰国し
その話は聞かなくなっていたのです。

ところが、昨日彼女から電話がきた。
彼がアメリカから帰ってきて
会いに来たというのです。
そして「結婚するかも」って。
ええええ、いきなりそんな展開?

彼女は経済的に大変な時期もあり
今は実家暮らしをしているのですが、
最近は仕事も順調らしい。
それも元を正せば妄想から始まっています。

行く行くはハワイで暮らしたい
と言っているけど本当にそうなるかも。
いや、そうなりそうだな。

彼女は何のアクションも起こしてないの。
ただ妄想していたら向こうから来た。
大きなうねりが来てるからね、
その波をつかまえると
こんなことが起きる、という話。
ポチしてくださると励みになります♡         

6 février 2019


ハニーは出不精で街中にでるのは嫌いです。
それでも以前はよく外食をしたのに
この頃おうちごはんばかりでした。

たまには外に食べに行きたいと言っても
今度ね、とはぐらかされてばかりで
なんだかなぁと思っていたんです。

最近は会えば仕事の話になるので
ボスと秘書みたいでね、
私はちょっと拗ねていました。
もう仕事だけの付き合いでもいいかってね。

ハニーは勘がいいので
私がいじけているのを察するといつも
絶妙なタイミングでアクションを起こすの。
ギリギリのところで喜ばせてくれる。

昨日もそんなタイミングでした。
私は午後から娘に頼まれた用事で
出かけることになっていて
会える時間は少なかったのですが、
「今日は外でごはんを食べよう」
と誘ってくれたのです。

で、たまプラーザへ。
お目当ての店が閉まっていて
ハニーが「ここでいいよ」と選んだのは
昔ダーリンが教えていたスクールの
1階にあるスパニッシュの店でした。
スクールは2階にあったのですが
設計事務所に変わってた。

「私、ここでフランス語を習ってたの。
  ダーリンが先生だったんだよ」
ハニーはダーリンと会ったことがあります。
私の友だちで唯一ハニーに会った人だから。

イタリア系イギリス人が校長になったら
フランス人の先生4人がみんな辞めたと言ったら
「フランス人とイタリア人は合わないからね」
とハニー。そうなんだ。

お店では野菜のグリルやチーズリゾットなど
色々頼んでおしゃべりしながら食べました。
とっても美味しかったよ。

窓の外を観ていたら
突然不思議な感覚に襲われました。
お店の向かいにはダーリンのお気に入りだった
小さな八百屋さんがあります。
彼はよく野菜を買っていたなぁ。

冬になると焼き芋を売っていてね、
私はレッスンの時にそれを買っていって
一緒に食べながらレッスンしたんだ。

英会話を習おうと突然思い立ったとき
この小さなスクールを選ばなければ
私はフランス語を習うことはなく
ダーリンともハニーとも
出会うことはなかったのです。

私をフランスへと誘ってくれた
懐かしいスクールはなくなり
ダーリンはフランスに帰り
私はハニーとここでごはんを食べてる。

時の移り変わりを感じるとともに
物事はこうやって繋がっていくんだ、
面白いなって思ったのでした。
ポチしてくださると励みになります♡        


23 janvier 2019


この頃ハニーとは仕事の話ばかりしていて
なんだかつまんないなぁと思うのです。

彼とやり始めた仕事は
少しずつ形になってきているので
色々とやることがあって忙しくてね。
ハニーには、あれやって、これやってと
次々とオーダーされて本当に秘書みたい。

仕事を手伝うのはやぶさかじゃないんだけど
思いがけない展開があったりして
それが心に引っかかるんです。
それでいいのかなって。

こんな時に限ってハニーは
本業の仕事が立て込んでイラついているし
そのくせ私に頼んだメールを
いちいちチェックするんだからさ。
もう、メールぐらい任せてよ、ボス。

最近ハニーと会っても楽しくない。
なんか、やだなと思うことが多くてね。
一緒に会社を作るのはもっと楽しいと思ったけど
子育ての意見が合わない夫婦みたい。
ご飯を食べに行く約束も果たされないしな。

そんなこんなで
せっかく会ったのに私は段々無口になって
頭の中で色々考えてしまいました。

この際、プライベートを完全に切り離して
仕事だけの関係にする方がいいかも。
カレシだと思うから腹が立つけど
仕事仲間だと思えば
もっと上手くやれるんじゃないかしら。

そんな私の様子を察してハニーが言いました。
「何か考えてるでしょ。
  言いたいことあるなら言って」
「ねえ、私たちただの仕事仲間にならない?」

「それ、どういうこと?」と聞くから
私は思っていることを言いました。

あなたは私を喜ばせようという気持ちがないし
約束しても全然果たされない。
でもただの仕事仲間だったら
そういうのは考えなくていいから
その方がスッキリするでしょ?

今度はハニーが自分の言い分を。
彼は忙しくてゆっくり休む暇がありません。
それでも火曜日は50キロの彼方から
私のために会いに来る。
もちろん自分がリラックスしたいからだけど
私に会いたいから来るのだと。

ふーむ、
よく考えたらそれだけでもありがたいか。
以前は私が向こうに通ってたけど
往復100キロは結構きついもんね。
会いに来てくれることが彼の誠意なんだ。

「そうだね、来てくれてありがとう」
「来週はどこかに食べに行こう。
  どこか決めて予約しておいて」
それで、一見落着。
ポチしてくださると励みになります♡           


14 janvier 2019


large_色っぽい女性の特徴

男性の殆どはAVで性を学ぶと思います。
でもさぁ、あれって男性のファンタジーで
実際とはかけ離れているよね。

きっぱりと言わせていただきますが、
あれを真似しても女性はぜーんぜん感じません。
でも殆どの男性はそれを知らないと思うの。
女性は言わずに我慢して
なんなら演技までしちゃうから。

女性も、AVみたいに扱われて感じないと
自分がおかしいのかと不安になるよねえ。
それで性が嫌いになる人も多いのよ。
でもあなたはおかしくありません。
感じないのは単に男性が下手だからです。

男性の攻撃性を刺激しようと
AVの制作者は過激な演出をします。
それを真に受けて実行しちゃうのよね、男性は。
あんなんでいいわけないのにね。

女性器の触り方1つ取っても
あんな風に激しく出し入れされたら
女性は痛いだけで全然気持ちよくないです。
ホント、やめて欲しい。

だって逆を考えたらわかると思うの。
男性だってアソコをガシガシと
激しく乱暴に擦られたら痛いでしょ。
優しく丁寧に触られた方が気持ちいいはず。

女性は「そうじゃないんだよね」
と思ってもなかなか言いづらい。
なので痛くても我慢して
「早く終わらないかな」と思うのです。
そんなんだからレスになるんだよ。
それじゃ楽しくないもん。

女性の身体というのはデリケートなんです。
段階を追って攻めてもらわなければ
男性を受け入れる準備ができません。
激しくすればいいってもんじゃない。
というよりそういうのやめてください。

触るときも挿入した後も
とにかく激しいのはダメです。
優しく丁寧にお願いします。
思うに前戯が圧倒的に足りないんじゃない?
これは双方に言えることかもしれないけど。

して欲しいこと、して欲しくないことを
お互いにちゃんと伝え合えば
性はもっとずっと楽しいものになります。
カップルの特権なんだからさ、
どうしたら楽しいか考えた方がいいよ。

本当に素敵なセックスができたら
お互いがもっと大切になり絆が強くなります。
カップルはもっと性を大事にして欲しい。
老婆心だけど本当に大切なことだと思うから。
ポチしてくださると励みになります♡          

8 janvier 2019


若い頃の恋愛は極論をいえば
種の保存のためです。
誰かを好きになるのも生物学的にいえば
自分にとって最も優秀な遺伝子を求める
本能の為せる技です。 

なので結婚して子供を産んで...というのは
動物としてもごく自然な成り行きです。
それはそれでよし。

でも人間は動物と違っていつでも恋に落ちます。
結婚しているのにほかの人と恋に落ちたり
ずっと独身だった人が50になって恋をしたり
もっと年を重ねてから恋をすることもある。
その相手が現れたらいつでもそうなる。
なので年齢制限はありません。

でも世間では恋愛は若い人のもの、
いい大人が恋をするなんて愚かなこと
というような漠然としてイメージがあって、
大人の恋愛を何か汚いもののように
受け取る人さえいます。

私だって人にどう思われているかわかりませんが
そんなのぜーんぜん気にしない。
外野の言うことなんか無視するべし。
自分の人生に他人の価値観は要りませんよね。

恋をするのは素敵なことです。
自分の中に愛があふれているのは気持ちいいし
幸せホルモンでキレイになっちゃうし
みーんな恋をしたらいいと思うよ。

私はね、フランス語の先生だったダーリンに
熱烈恋をしていました。6年も片思い。
ティーンエージャーだった頃と
何ひとつ変わらない感情です。

「私、ダーリンが好きなんだわ♡」
と気づいたときの驚きと喜び。

20歳も年下のフランス人に
恋してる自分が可笑しくてさ、
でも毎日がバラ色でした。
片思いって案外いいのよね。
最初から自分のものにしようって気がないから
失うことがないのよ。

ただただ嬉しい、楽しい、ハッピーなだけで
片思いバンザイって感じだったわよ。
お陰ですごくいい友だちになれて
彼が日本にいる間はとにかく楽しかった。
私の「イケメン・長身・フランス人」の
原型ですからね。笑

ハニーはそういうのと違うんです。
なんとなく出会って
気が合うから付き合い始めたって感じで
熱烈に好きというのが先にあったんじゃない。

それでも5年以上付き合ってるから
今ではもちろん好きだし
彼は私の生活の一部になっています。
ハニーがいなかったらつまんないよね、きっと。

そのハニーが今日、今年初めて来ました。
やっぱりカレシのいる生活は楽しいわ。
そしてジュテームはやっぱりしびれる。



27 décembre 2018


友だち同士というのは揺るぎのない関係です。
気が合うから付き合っているわけだし
女性は共感し合う生き物ですから
喧嘩になるようなことはありません。
一緒にいればただただ楽しい。

でも男女というのは全く違います。
感情が揺さぶられることの殆どは
異性との関係の中で生まれます。

一緒にいるだけで
夢のような幸福感を味わうかと思えば
どん底の気分になったりもする。
時には嫉妬に狂ったり、悲しみにくれたり、
逆に希望に燃えたりね。

ドーパミンもオキシトシンも
セロトニンも放出し放題。
その虜になってしまうのですから
ジャンキーのようなものです。

何しろありとあらゆる感情が
男女関係の中にはあって
上がったり下がったり忙しい。
異性に対して沸き上がる感情は独特です。

そういう感情を
私も若い頃にたっぷりと味わいました。
振り幅が大きいよね、若いときは。
本当に死にたくなったこともあった。

今は立派な大人ですからそうはなりません。
色々経験済みなので動揺することはまずないし
基本的に物事を俯瞰しているから
いちいち感情が揺さぶられることはないです。
振り幅は超小さい。

でもそんな私をウキウキさせたり
ガッカリさせたりしてくれるのは
やっぱりハニーなんだよね。
何なんだろうね、これは。
ありがとうございますって感じよ。

男と女はつくづく違う生き物だと思う。
その上ハニーは外国人だからますます違う。
女友だちのような共感は絶対にあり得なくて
どこまで行ってもすれ違います。

そこが面白いところでもあり
ムカつくところでもあるのですね。笑
退屈してるヒマはない。

ヨーロピアンのハニーは皮肉っぽいし
物事をネガティブに捉えがちです。
気は短いし怒りの沸点は低いし
いい事があっても手放しで喜ぶことがないです。
もっと素直になれば人生はうんと楽しいのに。

そしてあんなに自由に生きてるのに
自分の生活はハードだって言うんだよ。
どの辺がハードなんだろうね?
何も困ってないし好き放題だと思うけどねえ。

なんというか、私とは真逆の感覚の持ち主。
彼はHATE担当、私はLOVE担当なのでね。
だから時々嫌になっちゃって
勝手にしれーって思うのよ。

昨日もそんな感じになったので
「私は買い物に行きます!」
と宣言してとっとと出かけることにしました。

そしたら別れ際にハニーが
「じゃ、これで何か買って」
とお財布から1万円札を出して私にくれました。
え、お小遣いくれるの? やったー!

途端に機嫌が良くなった私を見て
「諭吉のパワーは凄いな」とハニー。
女の機嫌は買い物で直るからね。
意外と簡単よ。笑

ポチしてくださると励みになります♡            


14 décembre 2018


ハニーは高校生のときから
自分の力でアメリカで暮らしていたので
利用できるものは何でも利用していたそうです。

その1つが奨学金。
アメリカには日本と違って
返済しなくていい様々な奨学金があって、
例えばモルモン教徒だけが受けられるもの、
ヒスパニックだけが受けられるもの、
黒人だけが受けられるものなどがあるそうです。

そういうのをハニーは
片っ端から申し込んでいたらしい。

モルモン教徒の奨学金を申し込むためには
モルモン教徒の振りをしなければなりません。
でもモルモン教は身だしなみなど規則が厳して
コーヒーもコーラも飲めないから断念。

また黒人でもないのに
黒人のための奨学金を申し込んで
「色は白いけど祖父が黒人ですから
  私は25%黒人です」と言い張ってみたり。
12%黒人の血が入っていれば黒人なんだって。

またある時は
「母がメキシコ人です」と言って
ヒスパニックの奨学金に申し込んだことも。

全然ダメだったのがネイティブ・アメリカン。
流石にそれはバレるか。笑
フランス生まれのネイティブ・アメリカンは
ありえないからね。

日本だったら戸籍謄本を提出!
と言われたら一発でばれちゃうけど、
アメリカは流石人種のるつぼ。
そういうところは曖昧なんだね。

私はそんな話を聞いてゲラゲラ笑ったけど、
ハニーは本当に色んな工夫をして
生きてきたんだと思う。
生きるチカラが強いのは当然なんだわ。
もちろん上手くいったりいかなかったりだから
彼は働きながら学校に通いました。

私が高校生のときなんて
生活のことを考える必要はなかったし
授業をサボって友だちと遊んだりしてたもん。
今思うと本当に申し訳ないよ。

ハニーはアメリカに来たとき
勉強する環境が整ってることを
スゴイな、嬉しいな、と思ったって。
フランスの公立高校は最低だったらしいよ。
たった25人しかいないクラスの生徒の名前を
先生が覚えていないくらいだって。

そんなことを聞いちゃうと
彼のしちめんどくさい部分も
自分優先で勝手なところも理解できるし
逞しく生きてきた彼を尊敬しちゃうの。
で、つい甘やかしたくなっちゃうんです。



8 décembre 2018


以前はよく仕事前の早い時間に
ハニーがやって来たものですが
ここ1年は彼と会うのは火曜日
と決まっています。

それ以外の日は
朝の "Ohayo!" のラインに始まり
日に何度かメッセージのやり取り。
時には昼休みに電話で話すこともあって
何だかんだ毎日コミュニケーションしています。

土日は彼が仕事なので
行き帰りに電話が架かってきます。
そんなことをしていると
1週間なんてあっという間で
火曜日はすぐにやってきます。
ちょうどいいペースだわ。

昨日は彼がうちの近くの職場で
朝1番から仕事があるというので
久々に早朝に来ることになっていました。
火曜日以外に会うなんて新鮮。

「パン買っといてね」と言われ
新宿でフランス人の好きそうなパンを調達し、
私はいつもより早起きしてスープまで作り
待っていましたが7時半になっても連絡なし。

さては寝坊したな。
なんか、そんな気がしてた。

私は別に腹を立てることもなく
1人で朝食を済ませ
いつもの時間に家を出ました。
ハニーのお陰で早起きができたよ。
最近朝起きられなくて困ってたんだ。

出がけにパンの入った袋を
玄関に置いておくことも忘れません。
彼は多分期待しているからね。

それからバスで駅まで行き
いつもより混んだ電車に揺られていたら
ハニーからラインが来ました。
「ごめん、寝坊した」
「だよねー」

「パンを置いてあるから取りに行ってね」
ハニーは喜んで "Merci !!!" と言いました。
まったく私っていい人だわ。
彼は私がいない家の鍵を開けて
大好きなパンを持って行くでしょう。
ポチしてくださると励みになります♡              

23 novembre 2018


パトリス・ジュリアンの言葉です。
元々フランスの外交官だった彼は
レシピ本を出版する料理人でもありますが
彼の高い美意識はジャンルを超えて
多くの人々に影響を与えました。

彼の著書にあるこの言葉
「カップルは子供を作りなさい」とは
人間の子供を指すわけではありません。
2人で育てていく何か、
共通の目標を作りなさいということです。

パトリスが当時のパートナーと一緒に作った
白金台の一軒家レストラン
サントル・フランス・デ・ザールは
彼らの子供でした。

ボロ家をリノベーションして
庭を自分たちできれいに整え、
インテリアもメニューも一緒に作り
大切に育てた子供だったんです。

庭の草花でもいい、
イヌやネコなどの動物でもいい、
共に育てる何かがあれば
カップルはそれをかすがいに
仲良くしていられるということ。

もちろん人間の子供でもいいです。
子供は最高の宝物になります。
一緒に慈しんで育てれば
素晴らしい家族になるでしょう。

ハニーと私も今子供を育てています。
仕事という子供をね。
いつの間にかこんなことになって
いいんだか悪いんだかわからないけど
とにかく一緒に仕事を始めました。

そしてパトリスの言う通り
仕事を始めてからますます
彼にとって私はなくてはならない
存在になりました。
なんか巻き込まれた感じだけどね。

一世を風靡したパトリスのレストラン
サントル・フランス・デ・ザールは
時代の流れとともに消え去り
彼は当時のパートナーとも別れ
2010年には帰国しましたが、

4年前に再び来日、
相変わらずの美学を携えて
何か新しいことを始めている模様。

ハニーと私の子供がどう成長するか
まだまだ未知数ですが
これは「彼の」仕事だと思っているので
私はあくまでサポートです。
いつか彼が1人でできるようになるまでの
サポートね。

私の1番得意なポジションを
ハニーはうまくつかんだね。
ポチしてくださると励み になります♡