フランス人&恋愛

19 février 2020


ダーリンに片思いしていた頃、
毎日はバラ色で喜びしかありませんでした。
そのときに思っていたのは
「切ない気持ちになったらこの片思いはやめよう」
ということでした。

だって、いい歳になって
恋愛で切ない思いはしたくないじゃない?
恋愛は楽しいものでなければ。

実際にはそういう思いをすることはなく
終始ウキウキと喜びにあふれ
ダーリンとは本当に良い友だちになって
幸せいっぱいの数年間を味わったのでした。

で、ハニーですが
この頃ハニーと話していると
ざわざわするのです。

彼の周辺ではいつもトラブルがあって
元を正せば原因は彼にもあるんだけど
彼はいつでも自分が正しくて
悪いのは相手なのよね。
だからいつも同じような問題が起きる。

昨日もそんな話を聞かされて
反論したら面倒くさいから黙って聞いてたけど
黙っているからざわざわする。
言いたいけど言えないからざわざわする。

「外人は面倒くさい」って彼は言うけど
1番面倒くさいのはキミかもよ、ハニー。 
自分のことしか考えてないから
上手くいくわけないんだよねえ。

それでもいつものように数時間を一緒に過ごし
じゃあね、と気持ち良く別れた後に電話が来て、
新たに発生したトラブルを私のせいにした。
それが同居している彼女のことだったから
私はブチギレ。

もういい加減にしてください。
もう一切何も手伝いたくないから
2度と連絡してこないで、と言って
電話を切りました。
今度こそお別れよ、ハニー。



15 février 2020


昨日の朝、フランソワからLINEが来ました。
"Happy Valentine's Day dear Yurico! "
彼は一昨日フランスから帰ってきたの。
私も同じように "Happy Valentine's Day! "
と返しました。

そうか、帰って来たのか。。。
彼が日本にいない2ヶ月近くの間
私はハニーとすっかり元に戻って
またまた新しいプロジェクトを進めていました。

私はコピーを書いたりイラストの原案を作ったり。
そういうのがあるから彼には私が必要なのよ。
今回はきっちり報酬を決めて始めたので
仕事としてやっています。

そんなハニーはバレンタインデーの朝、
「ネコが死んじゃった」とメールしてきました。
2匹同時に来たエキゾチックのうちの女の子。
元々弱かったみたいなんだけど
前の夜に急変して亡くなったんだって。

「飼いたいといったのは自分じゃないし
  ネコなんて面倒くさい」
っていつも言ってるくせに
"I am just so so so sad...I loved her so much..."
と落ち込んでいました。

彼がネコに死なれるのはこの6年余りで3回目。
情緒のないハニーも流石に参っていて
バレンタインデーどころではありません。

この時期、世界中の美味しいチョコが集まるので
最近甘いものを欲しない私も
このときばかりは買いに行きます。
義理チョコも調達しなくちゃだしね。

今年もいくつか買いましたが
チョコはどっちにもあげないことにする。
1人でちびちび食べちゃおう。
なんかそんな気分なんだよね。

ボーイフレンド2人というのは
正直ちょっと面倒くさいのよ。
フランソワとは進捗がゆっくりだし
ハニーとはテンポが速いので
なんか調子が狂うのよねえ。

ダーリンにチョコをあげてた頃が懐かしい。
片思いは罪がなくてよかったわ。。。



3 février 2020


ここはどこかのホール。
私はハニーを背もたれにして寄りかかり
彼は後ろから私に軽く手を回しています。
 
私たちはホールの隅にいて
そこだけ椅子席ではなくソファなんだけど
そんなリラックスした格好で
誰かの講演を聴いているんです。

私は近くの席に同僚のSさんを見つけて
「彼女に見られたかな」なんて思いながら
気にせずそのまま講演を聴いています。
それがさ、すごい幸福感なのよ。
.。o○.*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚

これは昨日見た夢です。
他にも色んな場面があったけど忘れた。。。

夢から覚めたときには
殆ど内容を忘れかけていたんだけど
その幸福感だけは続いていて
ハートチャクラが全開になりました。

何ともいえないハッピーな気持ちで迎えた朝。
気持ちよく顔を洗ってコーヒーを淹れて
朝の報道番組を見ていたら
ハニーから電話がかかってきました。

その時は夢のことなんかすっかり忘れていて
訳もなくシアワセな気分のまま
全然違う話をしていました。
で、そろそろ電話を切ろうというときに
突然夢を思い出した。

「あ、今日あなたの夢を見たよ」
" Good dream? or bad dream?"
「Good dreamです」
「それならよかった」

その幸福感はその後もずっと続いていました。
で、改めて思ったわけです。
シアワセって自分の中にあって
自分以外の人とは関係ないものなんだわ。。。

夢に出てきたシチュエーションは
現実ではあり得ないものです。
第1に彼はそういう場所に行かない。
第2に人前でそんな風にベタベタしない。

夢を分析するのは簡単。
現実に経験したことと願望が
入り混じっているだけのことです。
(ちなみにソファは永遠の憧れです)

でもそんな分析は必要なくて、
イメージだけでも人は最上級の幸福感を得られる
ということが重要なんです。

夢と妄想はきょうだいみたいなもの。
私は妄想力が高いので
日頃から何かになりきるのが得意です。
自分に都合の良いことしか考えてないから
いつもご機嫌なのは当たり前。

誰かに何かをしてもらったから、
誰かが何かをしてくれないから、
ということで幸不幸は決まらないんだな。
大事なのは自分の内側の状態。
すべての鍵は愛の自家発電ということ。

そんなことを改めて確認した朝でした。



1 février 2020

 
ハニーは毎日昼休みに電話してきてこう聞きます。
「何かニュースはある?」 
毎日だからそんなに新しいことはないんだけど
私は仕事のことや些細な出来事を話します。

「そちらはどう?」と聞くとハニーも色々話します。
フランス人は基本的におしゃべりです。 
仕事上のちょっとした変化や今考えていることを
たくさん話してくれます。

最近やたらと電話が長いのよね。
それほど特別なことがあるわけじゃないのに
あれやこれや色々話したがります。
週に1度しか会えないのでお喋りしたいらしい。

彼の言うことに私が反論すると
彼はその場では認めないんだけど
後で「やっぱりYou are right」と言ったりする。
そういう素直さもあります。
私とは普通に話ができるからいいんだって。

いつか友だちの家に泊まりに行った時
夫に話しかけられると眉間に皺を寄せて
ぶっきら棒に答える友だちを見て
私もそんな妻だったかもしれない
と思いました。

ダンナは普通に話しかけているのに
友だちは短く嫌味っぽく答えるだけで
全然会話が成立していないの。
彼を見下していて会話する気がないのね。

ふたりの大恋愛時代を知ってるだけに
複雑な気持ちで見ていましたけど
ダンナの方は気にもしていない様子。
そういうのに慣れているんだね。

不思議なもので、
相手が変わるとできなかったことができる。
私も今は「普通に話せるからいい」
と言われる立派な人になりました。笑

人も環境も変化しますから
どんなに古い付き合いでも
話さなければわからなくなっちゃうよね。

くだらないことでもいいから
最新情報をアップデートしていかないと
距離はどんどん離れていくんだと思う。
なのでカップルの会話は怠けてはダメ。
反省から学んだことであります。 



30 janvier 2020


フランソワといい感じですが
彼は今フランスに行っているので
暫くは会うことができません。

でも相変わらず毎日のように
お気に入りの音楽をLINEに届けてくれたり
お母さんの家にある木々を写真に撮って
送ってくれたりして私を喜ばせてくれます。
サービス精神があるのよ。

それに引き換えサービス精神ゼロのハニー。
こちらも相変わらずで、
いつの間にかチャッカリ元の座に座り
色んな課題を送りつけてきては私を煩わす毎日。
サービス精神を発揮しているのは私です。
でも、何故かそれが心地いいのよね。。。

ハニーには絶好調ということがないの。
特に問題がなくても何かしら大変がっているのが
私には物珍しくて面白いんだけど、
必要以上に慎重で相手を信用できないのが仇になり
しょっちゅうトラブルを引き寄せるの。

今も、私だったら絶対に巻き込まれないような
トラブルを抱えて頭を悩ませています。
私の爪の垢を煎じて飲ませてあげたいよ。笑

彼が私を手放せないのは
そういうところにあるのだと思う。
私の言うことなんか全然聞かないくせに
私みたいにしてたら楽に生きられることを
どこかで感じているのかもしれません。
だから私をサンシャインと呼ぶのよね。

自分の世界は自分で作っているというけど
ハニーを見ているとまさにそうだと思う。
自分で面倒くさい世界を作って
人生は大変だ、と思いこんでいるんです。
ホント、変わってるんだから。
人生は興味深く面白いものよ。

多分、普通の日本人はハニーと付き合ったら
すぐにイヤになっちゃうと思うわ。
楽しい人ではあるけど如何せん気難しい。
私だって毎日一緒にいたらブチ切れそうだけど
今は程よい距離感だから許せるんだと思う。

それに、私は少々変態気味なのでね、
素直で優しくて欠点のない人では
物足りないのかもしれません。
色んな意味で手応えが欲しいんだな。
課題がないと退屈しちゃうからさ。

そんな私の恋愛模様。
フランソワがいないあと半月は
ハニーに注目しちゃうわね。



15 janvier 2020


昨日つくづく思ったんだけど
フランソワはとても知りたがりで
文化的なことに好奇心が旺盛なんです。
なので何にでも興味を示して追求するタイプ。

感覚的な人だから
どちらかというと右脳をよく使います。
私も似たようなタイプだから話が合います。

私はかなり偏ったジャンル専門ですが
彼の興味の幅は私より広いし
本当に物知りだから話してると面白いのよ。
私は自分の知らないことを教えてくれる人が
男女を問わず好きなんです。

食に対する考え方も似通っています。
社交的だし、きちんとした親に育てられた
健全な精神の持ち主という感じがする。
フランス人だから皮肉っぽいけどね。

ハニーは文化的なものに興味がなくて
左脳ばかりでモノを考えます。
自分でも言っているように
良い環境で育ってないから仕方ないの。
素晴らしく頭はいいけど情緒はないのよ。

なので私は何も言わぬまま
敢えて文化の香りをプンプン漂わせて
彼を家に迎えます。
何か感じてくれたらいいし
何も感じないならそれでもいいし。

ハニーは仕事人間です。
仕事そのものが人生の目的になっている。
人生を楽しむ術を他に知らないから
夢も希望もすべて仕事の中にあって
それを実現させることで自己表現しています。

それ自体は悪いことではないんだけど
外国人が日本人と仕事をするわけだから
ストレスが多くていつもイライラしていてね、
何か趣味でも持てばいいのにと思う。

過去に苦い経験をしているので
日本人の友だちを作る気はないというし
かなり難しい人なのです。

この両極端のような2人の男たち。
どちらも魅力的なのよね。



14 janvier 2020

FullSizeRender

昨日はフランソワとデートでした。
お天気が良かったので
散歩にちょうどいいと思って
うちの近くの生田緑地に誘いました。

生田緑地は多摩丘陵の一角に位置する
川崎市内最大の緑の宝庫です。
広大な敷地の中にはプラネタリウムや公園、
岡本太郎美術館、日本民家園などがあり
様々な楽しみ方ができるの。

IMG_1750

フランソワは元々建築が専門で
日本の建築物にも興味があるので
民家園に行ったら喜ぶかなと思ったんだけど
前にも来たことがあるんだって。

ここには地方から移築された
古民家が23棟も建っているのです。
改めて見ると古民家って面白い。

IMG_1772

西門を入るとすぐに
藍染めが体験できる建物もあります。
「入ってみようか」
私たちは中に入ってみました。

生田緑地には何度も行ってるけど
ここに入るのは初めて。
ちょうど藍建てをしているところで
藍の独特の匂いがしていました。
本格的な藍染なんだね。

物知りのフランソワは
デニムの語源はフランスのニームの藍染で
Serge de Nîmes(ニームの織物)から来ている
などとうんちくを披露し
職員の女性と盛り上がっていました。

そこを出ると急な長い階段を下って
民家園の方に入っていきます。
この階段、行きはよいよい、なんだ。
帰りは結構キツイぞ。

FullSizeRender

私たちはたっぷり2時間半かけて
民家園を巡りました。
フランソワは隅々まで熱心に見ては
私に解説してくれます。

突然、この前書のレッスンをしたときに
「うんちくを語る男性は苦手」と
みんなが言ってたことを思い出して
私はクスッと笑いました。
私はうんちく、好きだけどね。

FullSizeRender

フランソワは22日から3週間、
フランスとスペインに行きます。
パリに住む2人の息子家族とも会うんだって。
でもメインはワインの仕入れなの。

出発前にまた会おう、
会社の昼休みにランチするのもいいね、
などといって夕方別れました。
なかなか楽しいデートでありました。

夜になってLINEが来ました。
Can’t think of a better place to go today ... 
thank YOU ❤️


7 janvier 2020

FullSizeRender

妹たちが帰るのと入れ違いに
ハニーがやってきました。
ああ、忙しい朝だわ。

私は七草がゆで朝食を済ませたけど
ハニーは朝ごはんを期待してるから
2度目の朝食を準備します。ブランチか。
彼に美味しいものを食べさせなくてはという
変な義務感があるのよねえ。

準備の良い私は
前もって下ごしらえしたものがあるので
オーブンに入れて仕上げるだけでOK。
パンもたくさん買ってあるし。

土曜日にフランソワに会ったとき
うちに来たいと言われたらどうしよう
って思ったのよね。
でも幸い彼には用事があって
早々に別れることになったのでホッとした。

今年最初に会ったのはフランソワでしたが
最初に声を聞いたのはハニーでした。
彼は2日の午前中に電話してきて
「Happy New Year !!!!
  すぐに電話したかったけど
  遅くなってごめんね」って。

日曜日も随分長いこと電話で話したんだけど
「行ってもいい?」って言うのでOKしました。
腹が立つこともあるけど会うと嬉しい。
私を怒らせたり喜ばせたりするのは
やっぱり彼なのよね。。。
なんというか、とても現実的で身近なの。

フランソワは忙しい人だし
彼には大勢の友だちがいて
彼らと過ごす時間が大事なのです。
友だちがたくさんいることは健全な証拠だけど
私の優先順位はその分低いのね。

その点ハニーは真逆で
友だちがいないから私の優先順位が高いわけ。
私は彼の親友でもあり、よろず相談所なので
色んな意味で彼には私が必要なのです。
その分引力が強いのね。

なのでこのバランスが変わらない限り
ハニーの優先順位は高いままなのよ。

いつかフランソワが
私を彼の世界に連れて行ってくれたら
きっとバランスは変わると思います。
そういう展開になることを、祈る。



5 janvier 2020


「週末は何してる?」
フランソワからLINEがきました。
予定はないと返事をして
午後から会うことになりました。
今年最初に会うのはフランソワか。。。

洋服で行くつもりで着替えたのですが
突然思い立って着物を着ることにしました。
お正月ぐらいしか着る機会がないからね。
着物は大好きなのに去年は1度も着なかった。

「パリで着物」なんて言っておきながら
結局持って行かなかったので
向こうできるならコレと思っていた
ビンテージの着物を着ることにしました。
これ、好きなのよ。

久しぶりだったのに手はちゃんと覚えていて
手早くチャチャっと着ることができました。
着付けも自転車と同じだわね。
一度覚えたら忘れないみたい。

帯はいつものように銀座結び。
フォーマル以外はいつもこれ。
今日の帯は全通の袋帯なので
銀座結びにしたときにふっくらして可愛いんだ。

会社の顧問が着付け教室の総本山みたいな
団体のお世話もしている関係で
今年はホテルでの着物イベントも計画中。
私も仕事で着ることがあるかもしれません。
そうすればまた着る機会ができて
嬉しいんだけどなぁ。

さて、待ち合わせの場所で待っていたら
フランソワは来るなりベタ褒めしてくれました。
着物、好きなんだって。
フランス人と着物を着た女の組み合わせは
バルテュスと節子夫人みたいで酔います。

私の用事で大久保に付き合わせた後は
カフェに入っておしゃべり。
私のプロフ写真をプロが撮ったみたいだと言うので
ULIKEの威力だと教えてあげたら
さっそくダウンロードして遊んでた。
あのアプリ、男性も反応するよね。笑

フランソワはこの後
亡くなった友だちを忍ぶ会があるといって
お茶だけして別れました。
ホント、忙しい人だわ。



24 décembre 2019



週末にフランソワからLINEが来ました。
いつものようにリンクが張ってあります。
今日の曲はジョン・コルトレーンの
"My Favorite Things" でした。

不思議なことに、
私は最近ずっとキャロル・キングの
同じ曲を聴いていたのです。
彼の音楽の趣味はマニアックなので
普段はあまり被ることはないのにね。

"My Favorite Things" は
映画「サウンド・オブ・ミュージック」の中で
ジュリー・アンドリュースが歌っていた曲で
これがオリジナルです。
この映画を何度観たことか。

悲しい時、お気に入りのものを思い浮かべると
まんざらでもない気分になれる、という歌詞で
そのお気に入りが、子猫のひげだったり
バラの花に乗っている雨粒だったり
ピカピカの銅のケトルだったり可愛いの。

JR東海の「そうだ 京都、行こう」でも
この曲がドラマチックに使われていますね。
あのCMはコピーも映像も音楽も美しくて大好き。

いつかうちでクリスマスパーティーを開いたとき
友だちが持って来てくれた何枚かのCDの中に
キャロル・キングの "A Holiday Carole" があってね、
彼女が歌う ”My Favorite Things” がすごく良くて
私の "お気に入り" になっているんです。



クリスマスが近づいたので思い出して聴いたら
フランソワがコルトレーンの同曲を
送ってくれたというわけです。

昨日は墨絵のレッスンの後で
クリスマスイブイブのプチパーティーを楽しみ
夏にフランソワからもらった
スパークリングワインをやっと開けました。
口当たりの良い美味しいワインだった。

彼もレッスンに誘えばよかったかな、
という思いがチラと頭をかすめました。
とにもかくにもメリー・クリスマス!
 
ポチしてくださると励みになります♡