フランス人&恋愛

11 octobre 2018


ハニーが来ていた日、
2人で昼間からお鍋をつつきながら
会話の中心は仕事でした。
彼とお鍋を食べるのは初めてで新鮮。
冬場はコレでいこう。

共通の話題が仕事というのもナンだけど
まだ海のものとも山のものとも分からない
アメーバみたいなものを育てていくのは
なかなか面白いものです。

考えてみたら、今までもずっと
私は彼の仕事の話ばかり聴いていたのです。
大抵は仕事の悩みや愚痴など。

でも今は一緒に建設的な話をしている。
それだけでも随分楽しいよね。
私は外国人の彼にわかり難い部分を
サポートすることができるし、
ハニーは大胆な発想で私を驚かせます。

彼にはリミッターがないの。
そこがスゴイと思う。
16歳の時にたった1人でフランスを離れ
ずっと外国で生きてきたんだもん、
ぬくぬくと生きてきた私とは違うのです。
ホント、彼の逞しさには感心する。

そういう逞しさは全然ないけど
私は自分が何者か知っています。
仕事に関しては誰かの右腕になっている時が
自分を1番活かせるし、1番魂が喜ぶ。

その相手は1人でなくてもよくて、
会社では社長の役に立ってるのが楽しいし
ハニーをサポートするのが楽しい。
まだ余裕があるからあと1人、2人はOKね。

この前社長が、1ページの広告を取ってきたら
給料のほかにマージンを払うって言ったけど
私は「そんなの要らないよー」と言いました。
それ、私の給料に含んでると思っていいから
私を上手に使ってくださーい。

私は誰かの役に立つことで
自分が楽しませてもらっているので
お金はある意味どうでもいいのね。
十分貰ってると思ってるから。

でも、そんな風にしていると
いつの間にかどこかから収入が入るから
不思議だなぁと思うの。
お金はハッピーのエネルギーと同じというけど
お金の正体ってそういうことなんだね。

夕方、表参道で打ち合わせがあったので
ハニーとは早目に別れました。
別れ際にハニーが言いました。
「表参道の仕事が終わったら
 どうだったか電話で教えて」

どうせその時間には電話に出ないくせに
なんか、いいなぁと思った。
「今終わったからこれから帰るね」
って会話もなかなかいいものよね。



6 octobre 2018


「合同会社にした方がいいと思う」
ハニーが言い出しました。 

ハニーの副業はもはや本業になっていて
そのまた副業が優秀な秘書(私ねw)のお陰で
なんだか上手く回り始めちゃったのです。
私、あげまんだからね。覇王線があるし。

その仕事のお金の出し入れに
今は私の個人口座を使ってるのですが、
このままだと私の収入になってしまいます。
「それは困ります」と言ったら
会社を作るという話になったのです。

仕事上の事情によって
表に名前を出したくないハニーは
会社を作って私を代表にすると言うの。
えええ? 私が社長ですかぁ?
私の人生に社長の予定はなかったんだけど
こういうのを想定外っていうんだわ。

ハニーと一緒に仕事をするのは楽しい。
でも正直、会社とか社長とかは面倒臭い。
かといってこのままでも私は困っちゃうので
遠からず何かの手を打つ必要があります。
いずれにしても専門家に相談しないとダメだな。

会社を作るとしても今年は困るので
来年の計画として保留にしてもらおう。
来年は私、社長かも?笑

それにしても、
ハニーって本当に無防備だわ。
一緒に会社をやったりしたら
私たち縁が切れないじゃないねえ。。。
ま、私は別れても意地悪したりしないけど。

で、一応ハニーに言っておきました。
「もし私たちが付き合うのをやめても
 私はあなたを決して裏切らないからね。
 親友としていつまでもあなたを助けるよ」

するとハニーが言いました。
「知ってるよ。I trust youだから」

初めて会ったのは5年前の10月5日でした。
こんなに長く付き合うなんて
あの時は思わなかったよね。
 

                                                  



12 septembre 2018


次女は感情のコントロールができません。
付き合っている相手とすぐに喧嘩するし
喧嘩をするとどんどんエスカレートして
畳み掛けるように攻撃します。

そうなったときの彼女は恐ろしく頭が冴えて
理詰めでガンガン攻めてくる。
とても太刀打ちできないの。

後でよく考えれば彼女の理屈は
全然理屈になっていないのだけど、
一旦火がつくと手がつけられなくて
こちらの言うことなど耳に入らなくなります。

そしてとことん相手を打ちのめすような
決定的なことを口にしちゃうのです。
これだけは言っちゃいけないようなことを
平気で口にするので相手は傷つきます。
今回もそんな感じで喧嘩して家出したらしい。

あの激しさがどこから来たのか
まったくわからないのですが、
私も人格を全否定されたことがあるから
婚約者の彼が怯んだ気持ちはわかる。

彼女の中には多分、男性不信があるのです。
なので不安を感じると攻撃する。
猛然と攻撃する。
なので相手は娘を怖いと感じる。

離婚した彼女の元夫は
娘と同じように激しい人だったから
2人の喧嘩はそれは凄まじいものでした。
あんな風にキレちゃうのはなぜだろう。

その話をハニーにしたら
彼も以前はそういう感じだったって。
うん、わかる。容易に想像がつく。
彼女と凄まじい喧嘩してたもんね。

最近の私はそういうタイプの諍いを聞くと
なんだか弱っちゃうんです。
自分のことじゃないのに傷つく。
娘もハニーと同様 "HATE" 担当なんだな。

ハニーが日頃の生活について
また心無いことを言うので
私は彼の背中に手を当てながら言いました。

愛情深い人になりますように。
愛が全身にあふれますように。

ハニーは黙って聞いていました。


6 septembre 2018


時々、ハニーと話していると
嫌いになりそう、と思うことがあります。
ハニーは基本 "HATE" 担当だからさ。
彼の考え方が心に痛いの。

なんだろう。
ヨーロピアンはちょっと捻くれてるもので
へそ曲がりの私としては
そこが好きなとこでもあるんだけど
ハニーは特別捻くれててまず否定から入るのね。
私とは正反対なんだ。

彼は私に対して不満はないから
私に直接辛辣なことを言うことはないけど、
他の誰かの話や仕事の話を聞いていて
胸が痛くなることがある。
なんでそう考えるかなぁ、って。

半世紀もそうやって生きてきたのだから
それを変えるのは容易じゃないし
第一本人に変える気がないので
ただ傍観するしかないんだけど。

"HATE" は "LOVE" で包むしかないから
私はそのように振る舞いますが、
彼の砂漠のような心は
いくら "LOVE" を注いでもすぐ乾いちゃう。

私は愛を自家発電しているので
それで消耗することはないんだけど
なんでこの人と付き合ってるんだろうって
時々わからなくなっちゃう。

この前もすごく楽しく過ごした後に
ふと、やめようかなって思った。
別に自分が嫌なことを言われたわけでも
何でもないんだけどね。
彼なりに私には優しいし。 

衝動的に「別れようと思う」って
メールしそうになったけど
唐突にそんなことを言ったら混乱するだろうから
思い留まりました。
彼は今、仕事が大変な時なのでね。

何の縁だか5年も付き合ってるから
彼がもっと優しい人になったらいいと思う。
でも文化や育った環境や宗教絡みの諸々で
一筋縄ではいかないんです。

理想のフランス人は
全然違うタイプだったのになぁ。

彼はずっと一緒にいられる人ではないと思う。
彼の心はカチカチに固まっているから
一緒にいたらきっと辛くなる。
だから今のペースが丁度いいのね。

そんなことを考えていたら
勘のいいハニーは1日中
何だかんだとラインしてきます。
「明日の朝は忙しい?
  一緒に朝ごはん食べられないかな」なんてね。

ダメだよ、明日は忙しいから遅刻できない。
今日は半日取材で外に出ていたから
原稿が溜まってるの。ごめんね。

そんなやり取りをしているうちに
もうさっきの気持ちはどうでもよくなって
いつもの自分に戻りました。
また来週の火曜日にね。


1 septembre 2018


ハニーに夫婦のレスについて
意見を聞いてみました。

彼が言うには1番の原因は日本社会にあると。
欧米ではベビーシッターは
中高生のポピュラーなバイトです。
「冷蔵庫の中にピザがあるから自由に食べてね」
と夫婦は子どもを託して出かけます。

子どもも「金曜日の夜は大人の時間」
と自然にそれを受け入れています。

夫婦はパパ・ママから離れ、カップルとして
レストランで食事を楽しんだりお酒を飲んだり
映画館やお芝居に行ったりする。

夫婦だけの旅行というのもありますね。
いつまでも男と女であることを忘れない。
そしてその努力を怠らないのね。

羨ましいね。
日本の高校生は受験勉強でバイトどころじゃないし
第一、日本人は他人が家に入るのを嫌います。
子どもを預けて出かけることには罪悪感もある。

結果、どこに行くにも子どもが一緒です。
子ども連れではファミレスぐらいしか行けないし
夫婦はお互いにパパとママの顔しか見なくなる。
子どもはモチロン大事だけど
大人のステキなことはなくなるよね。

家にいれば妻はスッピン。
夫のためにはお洒落もせず
女らしさを見せることもありません。
そんなんじゃ妻が女に見えなくなるのは当然...
というのがオトコの言い分。

そういうハニーも
一緒に住んでる彼女とは完全にレスです。
(二股かけてる彼の身勝手は今はスルーしてね)
多分6年近くになると思う。
一緒にいる期間の殆どだ。。。

「なんで?」って聞いたら
「あの人とはやりたくない」

理由はやはり何度も断られたこと。
「いや」って言われると男性はプライドが傷つく。
彼は特にプライドが高いから
また断られるかも、と思うと誘わなくなります。
そのうちに頭をよぎることさえなくなり
性の対象ではなくなる、という経緯。

それにいつもいつも自分からアプローチするのは
男の義務みたいで嫌なんだって。
「日本人の女性は待ってるだけでしょ?」
男性だって誘って欲しいのにそういうのがない。
向こうからアプローチされることがあれば
レスにはならなかったのかもしれないね。
私は獣ですからね、襲います。

確かに、日本人は受け身の人が多い。
"夜のおつとめ" なんて言葉があるくらいだから
主体は男性という刷り込みがあるのかも。
未だに性はタブーだしね。
私だって友だちとそういう会話しないし。

でも2人だけの時間では
もっと大胆になってもいいと思うの。
本当は女性がリードした方が上手くいくと思うし
たまには相手の妄想につきあうのもアリよね。

お互いの考えていることを
もっと知ろうとしなければダメだと思う。
結局はコミュニケーションの問題。
わからなかったら何でもストレートに
聞けばいいし言えばいいと思うのよ。

                                                  ポチしてくださると励みになります♡                 


31 août 2018


レスの問題は実は根深くて
夫婦の在り方そのものの話になります。
 
特に夫の家庭内不参とは関係が深いです。
仕事が忙しいことを理由に
夫が家事や育児に参加しない夫婦で
仲がいいケースは見たことはない。

逆に夫が協力的な夫婦は
レスかどうかなんて超越して仲良し。 

妻にとって良い夫、良い父親だったら
妻はいつまでも夫を好きでいられますが、
そうでなければ不満が募り、
いつかどうでもいい人になってくる。
経験者だからよーくわかるの。

家庭内不参の夫に求められても
妻はマグロになります。
さっさと終わってよ、って感じよね。
単に夫の性処理になっちゃう。
どこにも愛はないですね。 
これでは妻も夫もつまらない。

そもそも、セックス=射精(結果)
と思っている人が多過ぎると思う。
多分、男性も女性も。

そうじゃないよね。
むしろ大事なのは導入部と経過ですよね。
コミュニケーションも含めて。
そしてお互いのカラダのことを知らないと
上手くいかないと思う。

女性はカラダが温まるのに時間がかかります。
だから愛されてることを実感しながら
十分やさしくしてもらわなければ
カラダの準備ができません。

でも男性は瞬時に準備ができるから
女性がその気にならないうちに
早々に合体しようとする。
ダメだよね、これでは女性は楽しめない。

楽しくないことはしたくないもんね。
まして家庭内不参の夫では
ベッドの上でも自分本意なのかと
ますますシラケるばかりです。

つまり、レスの問題は
思いやりの気持ちが欠落していることと
相手を知ろうとする関心度の低さの問題。

結婚というのは日常です。
本当に変わり映えのしない毎日の繰り返し。
だからこそ、相手に対する思いやりや
敬意を忘れたらいけないのよね。

家庭は2人のものなんだから
協力するのは当たり前だと思う。
夫が無関心というのはありえません。
「家のことは嫁さんに任せてる」
なんてセリフは体のいい逃げ口上です。

一緒に家庭を作り上げている実感があれば
妻は夫のことをいつまでも好きでいられる。
好きな人とはくっ付きたいから
レスになんかならない。

と、つらつら書きましたが
私もそんな風にしてダメになった夫婦の1人。

結婚生活ではレスだった私も
今はハニーとくっ付くのが大好きです。
それはコミュニケーションが十分にあるから。
相手の気持ちが自分に向いていることが
わかるから。
結局は愛情と関心度の問題なんだろうね。

                                                  ポチしてくださると励みになります♡                


30 août 2018


このところカップルの性の問題を
度々耳にするもので
なんか真剣に考えちゃったのです。

仲の良いはずの若いカップルがレスというのは
どう考えても不自然だと思うんだけど
一体何がそうさせるのだろう。 

夫婦の場合、
子どもができたことがきっかけになることは 
容易に想像がつきます。
私もそうだったから。

女性はホルモン的にそうなるし
赤ちゃんのお世話は24時間体制。
疲れてそれどころじゃないよね。
正直面倒くさい。 

で、夫がアプローチしてきても断ります。
それが2度3度続くと
夫は断られたくないから誘わなくなる。
大抵の女性は自分からアプローチしないから
そのまま遠ざかってしまうという感じでしょうか。

一旦ストップしちゃうと再開するには
ものすごいエネルギーが要ります。
どちらが誘うにしても勇気が必要。

「また断られたら嫌だな」と
あのときの屈辱を思い出して誘えなくなっちゃう。
また断った方も、あのとき断ったのに
自分から誘うのは気が引ける、とかね。

そこまでの情熱はもうないし
もう夫婦になったんだし、まあいいか
という感じで相手が性の対象ではなくなっていく。

でも、今日本では
3組に1組の夫婦が離婚しているんです。
その現実を考えたら性の問題を軽視するのは
危険だと思うのね。

だって離婚のきっかけって大抵は浮気でしょ?
夫も妻もパートナーとはしないのに
ほかの人とはするんだから
興味がないわけじゃないですね。
だったらそこ、何とかしようよ。

パパ、ママとしてだけでなく
お互いを人として異性として
ちゃんと認め合っていかなければ
いずれ夫はATMに、妻は家政婦になっちゃう。
熟年離婚が多いのもそういうことです。

日本ではベビーシッターという制度がないから
欧米のように金曜の夜に子どもを預けて
夫婦でデートというわけにいかないもんね。
これもいけないんだろうけど。

代わりに妻たちは
子どもが幼稚園や学校に行っている昼間
女同士で豪華なランチを楽しみます。
すると、もう別に夫と行かなくてもいい、
むしろ女同士の方が楽しいってことになるよね。 

でもね、今の関係をずっと続けたいと思うなら
ちゃんと向き合った方がいいと思うの。
ちゃんとエッチしてる夫婦は
いくつになっても仲がいいから。

                                                  ポチしてくださると励みになります♡                


28 août 2018


少し前、ハニーと出会う前に付き合った
フランス人からメールが来ました。
彼はブルターニュに住んでいます。

私、男性と2人で旅行をしたことがなくてね、
元夫とも40代半ばに知人の結婚式で
1度アメリカに行っただけ。
しかもアメリカなのに3泊 www
新婚旅行もなかったしなぁ。

学生時代はいつも集団行動だったからね、
2人きりの旅行というのはゼロ。
若いのにつまんないよねえ。
あり得ないよねえ。
なので "彼氏と旅行" というのは憧れでした。

別居してフリーになったとき
今後やりたいことがいくつかあったんだけど
その1つが "彼氏と旅行" でした。 
何でも経験しとかないと気が済まないからさ。
 
で、私はその人とフランスを旅行しました。
彼がパリまで新車のプジョーで来てくれて 
パリからマルセイユまで1週間かけて巡ったの。
私の希望通りの素晴らしい旅程を考えてくれて
フランスの美しい村々や名所を訪ねました。
それはもう楽しい旅だった。

その後、TGVに乗ってストラスブールに行って
メル友の家に2泊させてもらって。
あれは生涯で一番素敵な旅だったといえる。

その彼からメールが来たのです。
彼とはたまにメールのやり取りをするので
私が引っ越したことも知っていますが
メールには電話番号教えてって書いてあった。
以前のように電話で話したいって。

知的でいい人だけど
今はその気がないので返信していません。
彼もハニーのことは知ってるんだけど、
フランス人ですからお構い無し。笑

そしたら昨日、
今度は去年何回かデートしたポールから
「久しぶり」なんてメールがきた。
HDDを整理していたら
まだ観ていないフランス映画を幾つかみつけて
私と一緒に観たいと思ったって。

あら、今更そんなこと言ってくるなんて
遠距離恋愛の彼女と別れたのかしらね。
彼のマンションの近くで食べたラーメンは
美味しかったからもう一度食べてみたいけど
ポールはタイプじゃなさ過ぎて
こちらもメールを返していません。

同時期に2人からそんなメールが来るなんて
晩夏ってモテモテの季節なのかしら。笑


                                                  ポチしてくださると励みになります♡               


27 août 2018


好きな人に好きって言うと
気持ちが増幅されます。
増幅された気持ちは波紋のように広がり
自分も相手も包み込みます。  

お母さんと子どもはいつだって
「ママ、大好き」
「ママも○○ちゃん大好き」 
と言い合っていますね。

本当に大好きなんだけど
その気持ちを口に出すことで
お互いの気持ちをしっかり確認できる。
大好きでいてくれる相手を益々好きになる。

恋人同士も好きって言い合いますね。
私もハニーにいつでも好きって言います。
日本語で「大好き」って言うこともあるけど
それが "I love you" だったり
"Je t'aime" だったりすると
なんかセリフみたいでとても言いやすい。

もっと言ってみたくなって
唐突に "Je t'aime だよ" なんて言うと
ハニーも "Moi aussi, je t'aime"
って言ってくれる。
そしてフランス語にしびれるわけです。

私はハニーのことが大好きですが
彼なしでも全然平気で生きていけます。
もちろん一緒にいると嬉しいし
すっかり馴染んだ彼との時間は好きですが
熱烈恋しているというのとは違うのね。
磁力はすごいんだけど。

なんか10年くらい経った夫婦みたいな感じ。
2人の間のお互いの役割があって
決まったパターンがあって。。。
日常ですから目新しいことは殆どない。

だからこそ、言葉は大事なんです。
好きって言わないと忘れちゃう。
好きって言うから好きでいられる。
好きって言うから余計に好きになる。
そういうことなんじゃないかな。

そして更に、好きって口に出すと
すごくシアワセな気持ちになります。
潜在意識は自他の区別ができないから
自分が好きって言われたときと同じ化学反応が
脳内で起きているんだなぁ、きっと。


                                                  ポチしてくださると励みになります♡              


21 août 2018


先週末、友だちの家から帰るとき
外に出たらとても気持ちの良い夜でね、
友だちと暫く空を見上げながら
まだ地球に近い火星を指差して
「あの赤いのが土星だよ」
などとトボケた会話をしたのでした。

本当に良い夜で
「涼しいね、気持ちいいね」
と言いながら暫く空を眺めたあと
私はクルマで帰ったのですが、
友だちはあんまり気持ちがよかったので
そのあと旦那を誘って散歩したのだそうです。

それよ!

初秋の夜、風に吹かれながら
「気持ちいいねー」と散歩をする相手。
それこそがパートナーの存在価値なんだわ。

別に秋の夜じゃなくてもいいんだけど
何か素敵なことを見つけたときに
「ほら、見て!」と声をかけて
それを共有できる人。

いい映画や、くだらないTV番組で
心が動いたときにそれを共有できる相手。
そういう人ってやっぱりいた方がいいよね。

その点、ハニーはダメよね。。。
情緒ないしね。。
昨日そんなことを思いながらこれを書いていたら
以心伝心でハニーからLINEが来て
「明日、早く会いたい」だって。

そうか、そうか。
こういうのもいいよね。
ハニーはいつも早く会いたいって言うけど
それは離れているからこそ出てくる言葉。
「会いたい」はハートに刺さります。

月夜のお散歩と
「会いたい」とどっちがいいかな。
甲乙つけがたいな。

ずっと一緒にいれば
月夜のお散歩のチャンスはあるけど
「会いたい」はない。
一緒にいなければ
月夜のお散歩はなくても
「会いたい」って言ってもらえる。

相手によっては一緒にいたって
お散歩をすることもないしねえ。
結婚してる時、そういうのなかったもんね。

∴(ゆえに)今のところ「会いたい」でいいや。
というわけで、今日はハニーの日です。

                                                  ポチしてくださると励みになります♡