24 avril 2022

IMG_9985

太陽には活動の周期があって
活発な時期には太陽フレアが増加します。
このところ太陽活動が活発になっていて
今年2月には連続でプラズマ塊を放出、
「極大期」が近づいているようです。

太陽の活動は2025年7月ごろ「極大期」に入り
巨大な太陽フレアが発生すると予測されていて
地球での影響が心配されています。

総務省による過去の事例では
・1989年にカナダで10時間に渡り大規模停電が発生
    600万人に影響
・2003年にスウェーデンでも1時間の停電が起き
 5万人に影響
・2003年、日本では人工衛星の機能に障害
などの報告があります。

太陽フレアは電子機器やGPSなどに影響を及ぼし
具体的には無線や短波放送などの障害
停電、航空機の乗務員が被ばく
自動運転やドローンに影響が出る
などの恐れがあるんですね。

航空機の乗務員が被ばくってことは
乗客だって被ばくするよねえ。

2月のプラズマ噴出は地球から離れた方向だったため
通信の途絶や電力網の変動など
磁気嵐の影響はありませんでしたが
近い将来、磁気嵐が地球を直撃する可能性もあり
専門家たちは警戒しています。

2025年7月といえば
フィリピン沖で海底火山が爆発する
という予言のあるまさにその月ですよね。
太陽活動とも関係あるのかなぁ。

それとも
フィリピン沖を潜航中のロシアの潜水艦が
太陽フレアの影響で機器が誤作動して
搭載していた核弾頭が爆発するとかね。
ロシアは潜水艦からのミサイル発射に成功してるし
このご時世だから核弾頭を搭載する可能性も。

いやー、ありそうな話だわ。。

                       
予言がホントになると思えてならない。
いつも読んでいただきありがとうございます♪

ポチしてくださると励みになります♡    


コメントする

名前
 
  絵文字