18 février 2021

IMG_5921

今月に入ってからずっと
小さな丸の中に猫を描く作業を続けていたら
すっかり頭の中が丸になってしまいました。

それで、この丸いラグをインスタで見たとき
「うちの四角いスペースにはこれが必要!」
という気持ちになってしまったのです。

1970年代のヴィンテージのラグ。
トルコの手織りだそうです。

元は大きなカーペットだったのでしょうが
日本の住宅でも使いやすいように
まあるくカットして製品にしています。
上手に柄出ししてるよね。
余白の取り方が特に好き。

本当は敷物があると掃除が面倒だから
ずっと避けていたのですが、
何もないスペースが物足りなくなって
いい敷物がないかなぁと思ってたのです。

すごく気に入っている
オールドキリムもあるのだけど
形が合わなくて仕舞いっぱなし。
そうか、あれも切って使えばいいんだ。
でも自分で鋏を入れるのは勇気がいるなぁ。

女性は誰でも布に魅せられると思います。
DNAに刷り込まれてるんだと思う。
私もふきんを見ると素通りできないし
枕カバーなどのリネン類にも弱いの。

なにせ布が好きで
一時期はアフリカの布を随分集めましたが
そういう衝動は定期的にやって来ます。
今それが来ちゃったみたい。
フランスの古いリネンなんか見たら
グラグラしちゃうじゃないの。

春が近づくと高揚して
美しい暮らしに敏感になります。
日差しが明るくなるからかもしれないね。
器もちゃんと使いたいし美しく暮らしたい。
それに丸っていいなと思って。和む。
そんなこともあってこのラグに呼ばれました。

私はやっぱり美しいものが好きなのです。
そして美しく暮らしたいの。
このラグにはチューリップが似合うね。
帰りに買って帰ろっと。


                       
ヴィンテージはSDGsに適ってるしね。



コメントする

名前
 
  絵文字