27 janvier 2021


会社のセミナーをお願いしたことのある
素敵な女性が遊びに来ておしゃべりしました。
彼女も偶然同じ新百合ヶ丘に住んでいて
私の絵を見たいというので
「来て来てー」とご招待したのです。

彼女は働く女性を応援する仕事をしているのですが
それとは別にポーセリンアートを
20年以上教えている先生でもあります。
私と同じで二足の草鞋ね。
ふんわりと優しい感じだけど芯が強い女性です。

話を聞いたらポーセリンアートで使うのも
日本画の絵具と同じで鉱物の粉なんだね。
そりゃそうか。染付の呉須も鉱物だもんね。
日本画では膠で溶くけど
ポーセリンはオイルで溶くんだって。
今度教室を見学させてもらおう。

彼女と会うのは3回目なのに
昔から知ってる友だちみたいに話が盛り上がり
お持たせの和菓子をいただきながら
何時間も爆弾トークしてしまいました。

頼まれていたポストカードを渡すと
彼女が言いました。
「次は画集ね」

突然、自分の画集の絵が浮かびました。
そうだね、いつか作品集を作りたいよね。
そんなことも中期的プランとして想定しておこう。
やだー、私の画集が書店に並んだら
派手派手で可愛いと思うわ。

画集の自費出版なんて高すぎて無理だから
スポンサーを探さないとな。
いや「ぜひ出版させてください」と
どこかからお願いされるかもしれないしね。笑
妄想はどこまでも広がります。

その前に展覧会だね。
露出しないと見つけてもらえないし。
やっぱりBunkamuraを狙うかな。
なんか夢が膨らむではないか。 


                              

ポチしてくださると励み になります♡                 

コメントする

名前
 
  絵文字