13 août 2020

FullSizeRender

普段爪には何も付けない私も
夏になるとペディキュアだけはします。
裸足の足に何もしないと
裸で歩いているみたいで恥ずかしいもんね。

ところが今年の夏はコロナのせいで
色んなことがどうでもよくなっていて
爪がすっぴんのままサンダルを履いていました。

それでもサンダルの足元を見ると
いかん、付けなくちゃとは思うんだけど
今日こそはと思っても帰宅すると忘れちゃう。

私は暑がりではないので冷房の設定温度は29度。
顔にも体にもあまり汗をかかないんだけど
なぜか足の裏だけは熱を持つのよね。
冬は冷えちゃうのになんでだろ。
 
なので夏はサンダルの類ばっかりなんだけど
電車の中で改めて人の足元を見ると
みんなこの暑いのに靴を履いてる。
パッと見渡したところ殆どの人が
スニーカーかパンプスです。

私はこの季節にストッキングやソックスはムリ。
てかストッキングは年間通してはかないし。 
みんな暑くないのかなぁ。

で、昨日表参道ヒルズでお茶してたら
向かいの洋服屋さんに並んでるネイルの中に
きれいなブルーがあるのが目に入りました。
私の好きな色。

近づいてみたらセールになっていたので
今日こそペディキュアをしようと決心して
そのネイルを買いました。

家に帰るといつものように
描きかけの絵の続きを始めました。
今描いているのが青い犬なので
持っているブルー系の絵具を全部
絵具入れから取り出して色を選びます。
ブルーのグラデーション素敵!

ひと通り描いた後、
今度はネイルを取り出して爪に塗りました。
「やっぱり夏はこうでなくちゃ」
と思いながらテーブルの上の絵具を見たら

さっきまで塗っていた色と
ペディキュアの色が同じトーンだった。



コメントする

名前
 
  絵文字