4 juillet 2020


私が自己肯定感の塊だということは
以前から書いていますが、
だからと言って自分に自信がある
ということとは全然違うのです。

自己肯定感というのは
自分という存在に対する信頼であり
自分の人生を信頼しているということ。 
根拠なく「私は大丈夫」と思えること。

貯金がなくても収入が半減しても
手首を骨折しちゃっても
「神様に養われてるから〜♪」と
安心していられることです。
ホント不思議だわ、自分でも。

でも、自分自身については
必ずしも自信があるわけではないんです。
長年やってる墨絵もイマイチ自信が持てないし
自信ないなぁと思うことも多い。 

自分が未熟なことも抜けてることも
怠け者なことも知ってるからね。
結構気が小さいところもあるし
ドジなこともしちゃうし自信なんて大してないのよ。

でも、存在に対する絶対的な信頼があるから
中心が揺らぐことはないんですね。
実際、なぜか調子よく生きていて
最後には必ず上手くいくの。
必要なものは降ってくる。

これさ、逆だと大変だと思う。
自信満々なのに自己肯定感が低いパターン。
このパターンは上手くいかないだろうな。
中心が据わってないからブレるし
多分上手くいってても心が満たされない。

だからね、自信なんてなくていいの。
自分の人生を無条件に信頼して
「私は大丈夫」と思ってさえいれば
神様は必要な場所に連れて行ってくれます。 



コメントする

名前
 
  絵文字