1 avril 2020


卒業旅行でヨーロッパを訪れた大学生が
相次いで感染しています。 
この時期に海外旅行するなんて
しかもヨーロッパに行くなんて
ハッキリ言って大馬鹿者だよね。

就職したらなかなか休みは取れないし
友だち同士で都合を合わせるのは難しい。
キャンセル料もかかることだし
旅行を決行したかった気持ちはわかります。
でも、非常識にも程があります。

私も同じような理由で
苦い経験をしたことがあるんだ。
以前、友だち2人とパリに行った時のこと。
友だちの1人が百日咳に罹っていて
出発の前日まで38度台の熱があったのです。
それなのに解熱剤を飲んで来ちゃった。

百日咳は伝染病ですからね、
本来外出もしてはいけないはずです。
人に移しちゃうんだから
普通はキャンセルするでしょう。
てか、ホント止めればよかった。。。

当然フライト中はずっと具合が悪くて
咳も止まらない状態。
熱があったらフランスに入国できないので
解熱剤を飲んで熱を下げたけど
ホテルに着いた時には既に最悪の体調。

おまけによく聞くと
彼女は自分で旅行の荷物を詰めたことも
スーツケースを自分で運んだこともない
というので倒れそうになりました。
なんで来ちゃったんだ?

翌日、日本人のドクターがいる病院を探して
1人でタクシーで行ってもらいました。
私ともう1人は観光に行きましたよ。
冷たいようだけど自己責任。

ホテルの目の前にはバーがあって
毎晩ライブをやっていてね、
楽しそうな音楽が聞こえてくるのに
それにも行けず窓から眺めるだけ。
彼女の体調を考えて行きたかった所にも行けず。
何しに行ったんだかわからなかった。

彼女にとっては初めてのヨーロッパ、
しかも友だち同士で行く初めての旅行。
行きたかった気持ちはわかるけど
迷惑をかけることは目に見えてるんだから
キャンセルする勇気が必要だったよね。

件の大学生も同じです。
スペインやアメリカに行った親子も。
渡航を自粛しなければならないこの時期に
よりによってヨーロッパやアメリカに行って
まんまと感染して帰ってきた。

私たちが一所懸命頑張ってるのに
そういう人がいると台無しになっちゃう。
自覚の足りない人は本当に困ります。
ポチしてくださると励みになります♡                 

コメントする

名前
 
  絵文字