19 février 2020


ダーリンに片思いしていた頃、
毎日はバラ色で喜びしかありませんでした。
そのときに思っていたのは
「切ない気持ちになったらこの片思いはやめよう」
ということでした。

だって、いい歳になって
恋愛で切ない思いはしたくないじゃない?
恋愛は楽しいものでなければ。

実際にはそういう思いをすることはなく
終始ウキウキと喜びにあふれ
ダーリンとは本当に良い友だちになって
幸せいっぱいの数年間を味わったのでした。

で、ハニーですが
この頃ハニーと話していると
ざわざわするのです。

彼の周辺ではいつもトラブルがあって
元を正せば原因は彼にもあるんだけど
彼はいつでも自分が正しくて
悪いのは相手なのよね。
だからいつも同じような問題が起きる。

昨日もそんな話を聞かされて
反論したら面倒くさいから黙って聞いてたけど
黙っているからざわざわする。
言いたいけど言えないからざわざわする。

「外人は面倒くさい」って彼は言うけど
1番面倒くさいのはキミかもよ、ハニー。 
自分のことしか考えてないから
上手くいくわけないんだよねえ。

それでもいつものように数時間を一緒に過ごし
じゃあね、と気持ち良く別れた後に電話が来て、
新たに発生したトラブルを私のせいにした。
それが同居している彼女のことだったから
私はブチギレ。

もういい加減にしてください。
もう一切何も手伝いたくないから
2度と連絡してこないで、と言って
電話を切りました。
今度こそお別れよ、ハニー。



コメントする

名前
 
  絵文字