24 septembre 2019

10f311a1 (1)

家族揃って生き物が好きだったので
子どもの頃に飼ったのは
イヌ、ネコ、ハムスター、小鳥、
ヒヨコ(すぐニワトリになっちゃったけど)
金魚、熱帯魚、どじょう等々と数知れず。

娘たちが欲しがってフェレットも飼ったし 
イヌは雑種を数匹、ポメラニアン、
母が飼っていたケアンテリアと
色んなわんことお付き合いしました。

どの子も個性的でみんな可愛かったけど
中でもダントツなのはアレックスです。
ラブの愛らしさはたまらんのよ。
小型犬は気が強いけど
大型犬は大らかで気が弱いの。

あんないい子と15年間暮らせたことを
心から感謝するばかり。
体が丈夫で病気もせず長生きしてくれました。
最後はオムツ生活で老犬介護が大変だったけど
おじいさんになってヨレヨレになっても
最後まで可愛かった。

アレックスとの出会いは近所のペットショップ。
娘たちとお散歩がてらのぞいたら
生後40日のアレックスと目が合った。

0044174001

「抱っこしてみますか?」
と言われ抱っこしたら最後、
まんまと罠にはまって連れて帰りました。

小さいうちは
出かけてる間に壁紙をボロボロにしたり
ティッシュを全部出しちゃったり
いたずらばかりしていたけど
可愛さが勝るから許せちゃう。
叱られたときの情けない顔がね。

穏やかでとぼけた性格は
ラブ独特だと思いますが、
歳を取っても永遠の少年みたいな
あどけなさがあってそれが魅力なの。
イヌはみんな永遠の3歳児って感じだけどね。

イヌは感情が豊かなので
笑いもすれば泣きもする。
叱られれば反省もします。
すぐ忘れちゃうけど。笑
手応えのあるところがイヌの魅力です。

今でも外でラブを見かけると
声を掛けずにいられません。
でも自分で飼うのは諦めてる。

いたら癒されるのはわかってるけど
大変さもわかっている。
動物は散々飼いましたから
気が済んでいるんだ。

気が済むって大事なことよね。



コメントする

名前
 
  絵文字