18 septembre 2019


私には2歳上の従兄がいます。
歳が近いので小さい頃から仲が良くて
兄のような存在でしたが、
中学校の頃からグレ始め
高校を中退した後は父親に反発して家出、
水商売の道へ入っていきました。

当時は福山雅治とデビッド・ボウイを
足して2で割ったようなイケメンだったので
女性にも随分可愛がられたようですが
義理堅い性格がヤクザの親分に気に入られて
その筋の仕事を手伝っていたようです。

一方、彼の7つ違いの兄は真面目に勉強して
出版社に勤めていたいわゆるエリート。
父親はNHKに勤める堅物でしたから
家族にとってはみ出し者の彼は
目の上のたんこぶでした。

彼はギャンブルか何かで借金を作っては
親や兄にその尻拭いをさせることを繰り返し
怒った兄は弟と絶縁。
その後すったもんだあった末に
今は兄が建てた二世帯住宅の片方に
住まわせてもらっています。

子供の頃の彼は頭が良くて
私は彼を尊敬していたのです。
両親は教養のある人たちだし
それなりの教育を受けていたはずです。
何が彼をそうさせたんだろう。

同じ親から生まれて
同じように育てられても
まるで違う人生を歩むことになる。

実は彼にはもう1人兄がいて
13歳の時にネフローゼで亡くなったの。
伯母は数年間をその従兄に付きっ切りで
幼かった弟の面倒を義母に任せていました。

そのことを伯母は生涯悔やんでいたけど
そういうのって誰かのせいじゃないよね。
親がいなくてもちゃんと育つ子は育つ。
親がついていても道を外すこともある。

それって半分は自分の責任、
半分は運命としか言いようがない。
魂がね、そっちへ向かっちゃうのよ。

彼とはある出来事があって以来
距離を置いています。
仲が良かった従兄だから切ないんだけど
私にはどうすることもできなくてね。



コメントする

名前
 
  絵文字