17 septembre 2019

IMG_7677

連休中にお絵かきばかりしてたら
墨絵に使う紙がなくなってしまったので
描きかけの絵をそのままにして
日本橋の「小津和紙」に買いに行きました。

インターネットでも買えるんだけど
平日は留守をしていて受け取れないし
お店で買うとポイントが付くのよね。
それにずっと引きこもってたから
ちょっとドライブでもしたいと思って。

私が使うのは土佐の「清帳紙」という
地元の楮100%で作られる手漉きの和紙です。
漉き手は尾崎さんという製紙所の4代目。
主に奥さんが漉いているみたいで
清帳紙の運命はこの人にかかっています。

墨絵は手漉きの和紙を使いますが
紙によって色々癖があるので
自分の手に合った紙を見つけるのは
簡単なことではないのです。

私の先生が清帳紙を使っていたので
私も自然と使うようになりましたが
これが上品で雰囲気の出る紙でして
代わりになるものを見つけられません。
なので私の運命も尾崎さんにかかってる。
頑張ってー、尾崎さん!

お店に向かう道すがらラジオを聞いてたら
音楽評論家と映画評論家が
「ロケットマン」が面白いと話していたので
夕方観に行こうと決めました。
エルトン・ジョンの話だよね。

さて、小津和紙に着くと
清帳紙の売り場にまっしぐら。
先生はいつもまとめて1反(100枚)買って
私たち生徒に分けてくださいましたが、
如何せん1枚2,050円もするのでね、
私は10枚だけ買いました。

あの頃は値段が今の半分で、
おまけに先生たちは3割引きで買えたの。
私たちは手間賃を加えて
1000円で譲っていただいてたけど
それが今では2050円です。

職人さんが減ったので
貴重な和紙がいつまで手に入るかわかりません。
大切に使わせていただかないとね。

家に戻ると描きかけの絵が乾いていました。
うーん、何かが足りない。
それで続きを描き始めて夢中になっていたら
気付くと「ロケットマン」が始まる時間まで
あと10分でした。

しまった!
今から出てもギリギリだなぁ。
迷ったけど諦めました。
仕方ないから明日にしよう。


コメントする

名前
 
  絵文字