29 juillet 2019

sub1un

“男運がある” というとモテる人とか
お金持ちをつかむ人という印象かもしれないけど
男運のいい人、悪い人ってあるのかな?

そりゃ、
誰でも石油王と結婚できるわけではないけど
それは宿命の部分だからね。
男運とはちょっと違いますね。

お金持ちと知り合うことがしあわせではなく、
一緒にいて心から安心できる相手、
ベターハーフに出会うことがしあわせで
それを運と呼ぶと思うのですが、
そういう運は誰でも持っています。

その運を活かす鍵はただ1つ、
自分のバイオリズムを知ることです。
運勢の流れを知って
如何に上手くそこに乗れるかですべてが決まる。

バイオリズムの高い時期には
自分に合った人に出会えるチャンスが多く
低い時期にはその可能性は少ないです。
なので、男運がないと思っている人は
自分の運を上手に使っていないだけで
一生男運がない人なんかいないのです。

運気ってホントに不思議で
下がっている時期には何をしても徒労に終わる。
これは仕事でもプライベートでも同じで
私は色々実験しているので
経験的にそうだとわかります。

出会いたいと思っているときが
運気が下がっている時期だと
いくら頑張っても上手くいかないのが当たり前。
「自分に魅力がないからだ」
「やっぱり私は男運がないんだ」
と諦める必要はないんだよね。

運気が低迷しているときは
自分を高めるための学びの時期といわれます。
だから勉強したりキレイになる努力をしたりと
自分を磨く時間にしたらいいと思うの。
魅力的な人は日頃からそれをしているよね。

「自分はダメだ」と諦めて
手を抜いた途端にオバサンになっちゃう。
自分を磨くことを放棄したら
いつまで経っても出会えないどころか
運気は下がっちゃうと思うんだ。

私は自分のバイオリズムがわかるので
運気に乗って調子よく生きているけど
自分ではわからないという人は
星を見てもらうといいかもしれません。

東洋占星術や四柱推命を見てもらうと
資質や傾向、運勢が動く時期などが
あまりに自分に当てはまっていて驚きます。
やっぱり生まれた日って何かあるんだわ。

というわけで、本日は算命学のセミナー。
全員個別シートを作ってもらえるので
会社のセミナー史上最高人数の参加者です。

どんなお話が聴けるのか楽しみだわ。



コメントする

名前
 
  絵文字