23 juillet 2019

FullSizeRender

日本画では動物ばかり描いていますが
これがあまりにもハマり過ぎて
アートが止まりません。

最新作は「ネコの愚連隊」。
愚連隊なんて死語だけどね。笑
まだ途中だから右端の1匹は輪郭だけ。
他のネコたちもまだ色を足します。

愚連隊だから目つきは悪いのよ。
青いのはボスネコ。
ひと際悪そうでしょ?
いっぱい並べて描いたら
いきなり日本画らしくなりました。

絵を描くとき、
大きく分けると2つのタイプがいます。
描きながらイメージを固めていくタイプと
はじめから頭の中に絵があるタイプ。

墨絵の大先輩でもあり
稀有な才能の持ち主だった伯母は
最初は何を描いているのか本人にもわからず
描き進むうちに形になっていくと言っていました。
私の生徒さんも1人はこっちだな。

私の場合、墨絵でも日本画でも
いつでも明確なイメージが先にあります。
頭の中に既に絵があってそれを再現する感じ。

それでも墨絵では墨が滲んだり
墨色がきれいに出ないこともあって
思い通りにならないことが多いです。
逆に偶然生まれる表情というのもある。

でも日本画にはそれがまずありません。
色は見たままで出るし、滲むこともないので
頭の中にあるイメージ通りに描けるの。

なので骨描き(輪郭を描くこと)をしたら
あとは塗り絵をしている気分です。
岩絵の具の使い方にも慣れたので
作業が格段に早くなった。

イメージ通りに仕上がると気持ちいいので
次々と調子よく描いているけど、
ここまできて思うのは
やっぱり墨絵は永遠のテーマだということ。
極めるべきはこっちだな。

でも目下のところは日本画に夢中。
当面は動物シリーズでいくけど
本当は人物も描きたいのよ。
男性の顔がいいんだけどモデルがいないしな。
自画像はきっとチョロいけど
そんなの飾りたくないしねえ。



コメントする

名前
 
  絵文字