29 juin 2019


友だちのお嬢さんのライブに行きました。
方向音痴の私ですが、
間違えて前日に行っちゃって小顔になったので
今日は迷わずスイスイと行けましたよ。 

会場には開演15分前に着きました。
初めてのワンマンライブなので
親類縁者がこぞって来ていて
定員を超える70名程で既に満席。

お客さんは彼女の友だちの年代と
お父さんの年代にパッキリ分かれていて
中間層がいないの。
なんか笑っちゃったけど微笑ましい。

主役のシンガーソングライターは
遠坂めぐちゃんといいます。
まだ大学4年生なんだけど
プロデビューしている歌手です。

めぐちゃんはミス慶應にも
エントリーしているらしい。
応援しなくちゃ!

彼女の両親とは大学時代からの友だちでね、
本当に古いおつきあいなのですが、
彼女のお父さんが一昨年亡くなって以来
その頃の仲間たちと頻繁に会うようになったの。

めぐちゃんはパパを亡くしたけど
パパの友だちだった何人ものお父さんたちが
彼女を見守っています。

この日彼女が歌った曲のうち何曲かは
ラブソングにも聞こえるんだけど
実は亡くなったお父さんのために作った歌。
美しい歌声に乗せたパパへの想いが
会場にいる私たちに伝わり胸が熱くなります。

幸せな家庭に育ったんだね。 
あの両親だもん、そうなるよね。

ピアノの弾き語りに
助っ人のアコースティックギターという
シンプルなユニットでしたが
めぐちゃんはさすがプロの歌唱力で
自作の楽曲もすごくよかった。

どの曲もサビの部分が印象に残るメロディで
1度聴いたら忘れません。
MCもすごく上手いの。頭のいい子だからね。
初のワンマンライブは大成功でした。

帰りにみんなで一杯やっていたら
亡くなった友だちの声が聞こえた気がしました。 
君はいつもふざけてばかりいたっけね。
でも愛情深い良いお父さんだったんだね。

友だちは亡くなり、
代わりに幾つもの名曲が誕生しました。
なんか不思議な感じがする。 



コメントする

名前
 
  絵文字