25 juin 2019

FullSizeRender

私が通っているアートスクールでは
只今展覧会を開催中。

久我山のアトリエの壁に
生徒たちの作品が並んでいます。
日本画が多いけど、水彩、デッサンもあって
色とりどりです。

スクールのアトリエは小さいので
1度にレッスンできるのは多くて4人。
なので一緒になる人は大体固定しています。
私は土曜日の午後チーム。
27歳の個性的な女性と同じクラスです。

彼女はこんなのを描くのよ。
面白いでしょ?

FullSizeRender

展覧会でもなければ
他の曜日の人の作品を見る機会はないのですが
面白いのは作風がバラバラで
誰も先生に似ていないこと。
みんな自由自在に個性を発揮してるんです。

それって、いい先生の証拠ですよね。
それぞれの個性を尊重して
伸ばしてくれる先生は意外と少ないのです。
手を出さずに見守るのは忍耐がいる。

ある墨絵の先生の社中展は
みんな上手いんだけど全部同じなの。
全員が先生の作風を真似しているから
名前を見なければ誰が誰だかわからない。

私も墨絵を習っている頃は
憧れの先生に近づくことばかり考えていました。
でも先生はそれじゃちっとも褒めてくれないの。
上手くなくても個性的な人を褒めてたな。
私がようやく褒めてもらえるようになったのは
先生の晩年でした。時間がかかったわぁ。

画材が変わると画風もがらっと変わります。
日本画はなんだかはじけちゃうんだ。
ポップアート魂が炸裂します。

FullSizeRender

アレックスの連作のあとはネコ。
今回は日本画らしく金箔も貼ってみました。
まだ途中なんだけど娘に見せたら
「ふーん、出来上がったら飾ってあげるよ」
上から目線だけど、褒めてるらしい。笑

あと1回で完成するかな。
展覧会は7月いっぱいやっていて
新しい作品ができるとまた飾ってくれるの。
ネコたんも間に合いそうだね。



この記事へのコメント

1. Posted by さよならサカナ   25 June 2019 14:54
色彩弾け猫ちゃんかわいいですね(笑)
こっちの方がお転婆感や躍動感あって個人的に好きです(笑)

最近は「浮世絵ポップ様式」なんて素敵な言葉があって 原色感強い色味でモダンな作品が作られたりしてるんですよね

現代的な絵と日本画って隔たりが強くて別次元みたいな認識されがちだけれども
こうやって様々な要素を掛け合わせればより新しい美術の扉が開かれて嬉しい気持ちになります。

yuricoさんの墨絵もその1つで このブログでたまに紹介してくれる時はトキメキながら見てます!
これからもアップしてくれるとありがたいです!
2. Posted by ゆみこ   25 June 2019 16:40
猫が起き上がって来そうでいいですね。
金箔も使うんですね!
私もレッスンが1回終わりました。(笑)
最初はりんご。
結局エンピツでした~。
でも好きな時に水彩画にしても、なんでもいいんですって。
幼稚園の絵になると覚悟してたんだけど、先生にちょっと教えてもらったら丸いりんごになってびっくりしました。
先生はやっぱり、どう見ても右脳の人でした。(笑)
3. Posted by Yurico   25 June 2019 16:48
おー、ゆみこさん!
ついにレッスンに行ったんですね!
最初はデッサンやらせれますよ、そりゃ。笑
でも先生ってスゴイよね、さすがって思うもん。
早く色をやりたい気持ちわかります。
お絵かき仲間が増えて嬉しいです。

4. Posted by Yuricon   25 June 2019 16:53
さよならサカナさん!
(どうしてこのペンネームなのか気になる)

お褒めいただきありがとうございます。
ネコは絵になる動物なので描きやすいかも。
てか、顔のあるものは描いていて楽しいです。

墨絵も見てくださってたんですね。
うれしいなぁ。
B型ですからね、
おだてられるとすぐ出しちゃいますよ。笑

コメントする

名前
 
  絵文字