23 mai 2019


崇高な理想を持った人の魂が
必ずしもピュアだとは限りません。
また魂のステージが高い人が
必ずしも立派な行動を取るとも限らない。

社会的に素晴らしいことをしてる亡者もいるし
聖職者が性犯罪を犯すようなこともあるからね。 
魂のレベルと精神の成熟度は
必ずしも比例しないようです。 

魂は3次元の外の話ですから
人として成熟するには
現実世界で色んなことを経験して
学習していくしかないんだよね。

で、魂の修行と3次元の自分の
どっちが大事かといえば
私は現実世界をしっかり生きることの方が
ずーっと大事だと思っているわけです。
 
魂はさ、ただ行き先だけを示してくれてる
という気がするんだよね。
少なくても私の場合はね。
なので魂の声を聴くことはしますがそれだけ。

魂って喜びたいものなんだと思うの。
宇宙はより良くなるようにできてるらしいし、
魂が喜ぶように生きていたら自然と
ピュアなものに近づいていくんじゃないかな。

そんなわけで、
私はこの世界を子供みたいに遊んでいます。
心の赴くままに行動して
楽しいことしか考えてない。
小学生レベルです。

もちろん大人だからやることはやってます。
勉強も好きだし物事を真面目に考えてる。
でも根底にあるのは小学生レベルの好奇心。
仕事でさえ遊びみたいなものだから
毎日がお楽しみの連続です。 

で、大事なコツは "ムキにならないこと"。
本気でやるけどムキにはならない。
真面目に取り組むけど心まで取られない。
一所懸命だけど飲み込まれない。

仕事でも恋愛でも何でもね。 



コメントする

名前
 
  絵文字