26 mars 2019


子供は親を自分で選んで来るという人がいます。
生まれる前のことを覚えているという子供たちが
空の上でお母さんを選んだと言っている 
映画を観たこともあります。 

でも私はそれを信じていません。
子供は親を選べない、基本的にはね。
自分を選んで来てくれたと思えば
親は気持ちがいいかもしれないけど、
それはないな。

いえ、全部が嘘とも思わないけど
全員が親を選ぶとはとても思えません。

もしそうなら
親に虐待されて死ぬ子供たちや
ユニセフのマンスリーサポートのCMに
出て来る栄養不良の赤ちゃんの説明がつかない。
好き好んで不幸な人生を選ぶわけないよね。

そういうのを信じている友だちに
「じゃあ何故虐待する親を選ぶの?」
と聞いたら「魂の修行のため」だって。
そんな修行あるわけないよねえ。
責任は子供にあるというわけ?
傲慢だよねえ。

私は意味づけをするのが好きじゃないのです。
私たちはただ生まれて死んでいく。
植物や動物の営みと同じです。
そう考える方がずっと自然だもん。

同じように、起きる出来事は
ただそれが起きるだけで、
私たちはただそれを経験するだけです。
出会いや別れも魂の修行的な意味はない。

私の家系には結構なスピ系がゴロゴロいるので
不思議なことは色々見聞きしていますが
だから尚更そう思うのです。
私たちは自然の一部で
それ以上でもそれ以下でもないってね。

でも縁というのはあると思う。
今生で出会った人は前世でも縁があった
と仏教でもいうでしょ。
同じ光の束から分かれた人なのかもしれないね。

長女が生まれて、初めて顔を見たとき、
「あ、私この子を1000年前から知ってる」
って思いました。不思議な感覚だった。
でもそれも錯覚かもしれません。

私は母が亡くなる前に約束したんです。
次は私の子供として生まれておいでって。
私が母親で母が娘。
でもそれもファンタジーです。
ポチしてくださると励みになります♡              

コメントする

名前
 
  絵文字