9 janvier 2019

FullSizeRender

墨絵を30年もやっていると
色を使って描いてみたいという衝動に駆られます。
色をやるなら絶対に日本画と
ずっと前から思っていたのですが
それは岩絵具のマットな質感が好きだからです。

とはいえ岩絵の具は他の画材と違って
チューブから出して水に溶かせばいい
というものではないので
習わなければ使い方が分かりません。
こんな粉ですから...

FullSizeRender

たまたま友だちが、引っ越した先に
日本画を教えてくれる絵画教室を見つけてね、
先生がまためっちゃいい先生で
念願叶って通うことになったのが去年の夏。

先生は高い岩絵具を惜しみなく使わせてくれます。
使ったら箱にチャリンと寄付するシステム。
そうかぁ、岩絵の具ってこうやって使うんだ。
そして日本画ってこんなに工程が多いんだね。
いやぁ、墨絵も楽しいけど日本画も楽しい!

今、3作目として
アレックスを描いている途中なのですが
最終的に黒く仕上げるために
こーんなに色を乗せました。
もっと重ねちゃうかもー。
この上から黒を塗ってそれから洗うの。
出来上がりのイメージがまだ見えません。

なんならこれで完成でもいいと思うけど
いやいや、まだこれからなのよねー。

私、色彩には自信がなかったんです。
洋服ぐらいならなんとかなるけど
絵となるとまったく自信がなかった。
道具好きなので色んな画材を持っていますが
苦手意識が邪魔して使ったことがなかったの。

FullSizeRender

でもやってみたら意外といけると思った。
色彩感覚悪くないかも、なーんてね。
名画はいっぱい観ているし
そういうのがどこかに入っているのかもね。

私、性格的に日本画に向いているみたいです。
墨絵をやっているお陰で
筆の使い方や水加減がわかるし
3作目にしてコツがわかってきました。
これを先にやらなくてよかったよ。
先にやってたら墨絵は上達しなかったと思う。

そんなわけで、今は色にハマっています。
これが今度は墨絵を描くときに活かされます。
頭の中に色を描きながらモノクロで描く
ということが必要になるからね。
カラフルな墨絵が描けるかな、なんて。



コメントする

名前
 
  絵文字