30 septembre 2018

428

大手セレクトショップの靴バイヤーが
買い付けをする番組を見ました。
唯一無二の運命の1足を探すために
ミラノとパリの店を回るのです。
素敵な靴が次々と出てきて
目が釘付けになりました。

靴って、魅力的なアイテムですよね。
ハイヒールのエレガントなフォルムは
男性も女性も惹き付けられますね。
モノとして素晴らしく美しい。

私はピンヒールを履く機会はないけど
靴屋さんでは思わず手に取って見ちゃう。
美しいモノは心を豊かにしてくれます。
実際にはヒールでも歩きやすいものを
選んでしまいますが。

さて、お洒落は足元でキマるといいますが
靴はその日のスタイルの決め手になります。
その日、自分がどういう気分なのか
それを表すのが足元だと思います。

例えばロングスカートにGジャンという時
ハイヒールとスニーカーとでは
全体のイメージが全然違いますね。
もちろん、バッグの選び方も大事。

バイヤーの女性が回ったシューズショップは
男性デザイナーが多かったのですが、
男性が作る靴はフォルムが美しい靴が多い。
ピンヒールなど男性の目から見て
女性を美しいと感じるデザイン。

それに対して女性デザイナーの靴は
ハイヒールでも踵が太くて
優雅さというより履きやすい靴。
ピンヒールを1日中履いてはいられないからね。

彼女は自身が靴コレクターで
自宅には6000足の靴があると言ってた。
1日に何回も履き替えるんだって。
すごいね。

私はぺたんこだと歩くにくいので
5㎝ヒールくらいが好きですが、
7㎝ヒールを履くと見える世界が違う気がする。
目線が高くなるだけでなく
気持ちがシャンと引き締まる感じがする。

とはいいながら普段は
4〜5センチを履くことが圧倒的に多いけど。

靴屋さんは誘惑が多いので
なるべく近づかないようにしています。
でもこの冬こそロングブーツが欲しいんだ。


                                                  

ポチしてくださると励みになります♡           


コメントする

名前
 
  絵文字