14 juin 2018


昨日みたいにくたくたになるほど忙しいと
ココロとカラダが離れて行くのがわかります。 
やることが1つならまだいいんだけど
幾つかのことを同時に考えていたりすると
どんどん乖離していく。 

カラダが自分のものじゃないようになるのね。
カラダが置いてきぼりになる感じがして
中心がなくなってふわふわしちゃう。
こんな風になったのは何十年ぶりだろう。
こういうときに病気になるんだわ。

前にこんな感覚になったのはずーっと以前、
まだ30代前半の頃でした。

あの頃はまだ若くて体力があったので
徹夜で仕事をしながら
幼稚園の役員会で週に何度も集まったり
ほかにも首を突っ込んでることがあって
すごく多忙だったんです。

でも、私って痛みとか疲れに鈍感でね、
自分が疲れていることに気付かないのです。
で、知らないうちに無理して
ある日全身がむくんで起きられなくなった。
肝機能障害だって。

お酒も飲まないのに過労で肝機能障害になり
完治するのに半年かかりました。
肝臓は遺伝的にもウィークポイントなので
それ以来一応気にしてるけど
健康診断で引っかかったことは1度もないわね。
基本的には丈夫なんです。

しかし、昨日久しぶりに
ココロとカラダが離れた感じを思い出しました。
ちょっと熱が出たくらいですぐ治ったけど
病気になるのはそういう時なんだと実感。
大病するのもきっとそういう時なんだ。

自分のペースを守るのって大事ですね。
私みたいにせっかちで調子に乗るタイプは
おだてられると自分の能力以上のことを
しようとしちゃうから危ない、危ない。

今度の週末はダラダラしよう。

                                                  ポチしてくださると励みになります♡          

コメントする

名前
URL
 
  絵文字