31 mai 2018

img_f4288e985e1fdffb9a96cbc63d5fdfa294483

家に帰ってテレビをつけたら
菊池武夫が出ていました。
思わず見入っちゃった。
相変わらずカッコイイけど79歳だって!
年月を感じるわぁ。

菊池武夫といえば 1980年代の
DCブランドブームの火付け役の1人。
1970年にファッションブランド「BIGI」を、
1975年に「NEN'S BIGI」を設立しパリコレに進出、
1984年に「タケオキクチ」を設立し、
一世を風靡しました。

私が学生の頃はまさにDCブーム全盛時代。
モードが元気だった時代です。
DCブームなんて言っても
若い人はピンとこないと思いますが
Designer's Characters の略ね。
あの頃のBIGIやNICOLEは輝いてたの。

でも当時NICOLEのチーフデザイナーだった
中島伊津子さんが自殺したとき
ゼロから何かを生み出すということは
命を削る大変な仕事なんだと思った。
NICOLEはあれから変わったよね。

新宿駅南口には金子功、高田賢三、山本耀司など
多くのデザイナーを輩出している
ファッションの専門学校 文化服装学院があって
朝の通勤時に学生たちと一緒になります。

学生のタイプは年によってさまざまで、
デザイナーを目指すとは信じられないほど
地味な子ばかりの年もあれば
一見して文化の子とわかる
華やかな子ばかりの年もあります。

今年は比較的華やかな年で
交差点で信号待ちをする女子や男子たちの
個性あふれる服を見るのは楽しいです。
今朝は珍しくヨウジの服でキメてる
男子を見かけました。

ヨウジの服ってなんか好きなんだ。
おばあさんになったら
シャネルスーツみたいな感じか
ヨウジのようなモード系のどちらかが
カッコイイと思うのよね。

私の墨絵の先生は90歳を過ぎてもお洒落で
ロイヤルブルーのニットのワンピースとか
真っ赤なコートが似合う方でした。
ああいうのが理想なの。

友だちとは
お洒落じゃない楽なパンツを穿くようになったら
お互いに注意しようと話してるの。
年取ると楽に流れちゃうから。

ファッションは自己表現。
一見してどういう人だかわかるもんね。
「えええ?」と思うような格好をしていても
その人らしさを発揮していると感じられるなら
それはそれでステキだと思うんだな。

なので、
いつまでも私なりにお洒落な人でいたいなぁ
と思うんです。


                                                  ポチしてくださると励みになります♡       


コメントする

名前
 
  絵文字