12 mai 2018


ハニーとは恋に落ちたわけじゃない。 
たまたま出会ったら気が合うから
なんとなく付き合い始めて
付き合ううちに好きになったという感じ。
でも熱烈大好きというのとは違う。

ハニーはタイプですからね、
ベタベタしながら "I love you" とか
"Je t'aime" とか言われるのはステキだし
長く付き合ってるから気心が知れています。

ダーリンのときみたいに熱烈大好きで
その気持ち自体に酔っているのではなく、
むしろ彼氏がいるという環境の方を
楽しんでいるという感じです。

だから感情的には
自分をコントロールするのは簡単なんだけど
1番困るのは彼がタイプだということなの。
外見だけではなく、なんかツボにハマる。
好みはコントロールできないからなぁ。

好きになれば痘痕もえくぼ、
というのとは真逆ですね。

たとえばお気に入りのタオルとか
お気に入りのクッションとか
そういうものが身近にあると気持ちいいでしょ?
それに近い感じなのかなぁ。
ダーリンとハニーがご対面したときなんて
2人もタイプがいて倒れそうだったもん。笑

彼が誰かと一緒に住んでいると
わかったときからずっと
私は別の人を探し続けています。
ハニーにもそれは宣言しています。

で、度々新しい人にチャレンジして
コメディみたいになっちゃうんだけど、
好みのタイプってなかなかいないのよ。

本当に好きな人ができれば
その人がタイプになるのかもしれないけど
さすがに今更そんなことは起きないと思う。
そうなるとタイプかどうかは大きな問題になる。

で、おまけにハニーが私に執着するから
ちっとも前に進めないというわけ。
でもハニーも大人だから
私に本当の相手が現れれば私を手放すと思う。

ハニーが唯一私を諦めそうになったのは
ちょうど2年前、アメリカ人のケビン・コスナーと
付き合っていると宣言したときだったのね。
今日デートなのっていちいち言ってたから。

ケビンは長身だし銀行マンでリッチだし
いつも素敵なレストランに連れてってくれて
絵に描いたような完璧なデートだったの。
そういうのを全部ハニーに報告してた。

で、そのときに初めて
「君を失いかけてるって感じる...」
とハニーも別れを覚悟したんです。
でもケビンも実はタイプじゃなかったから
自然と会わなくなっちゃった。

この、タイプ問題は私にとってネックです。
早くタイプの人を見つけなければね。
というわけで、フランス人が集まる
パーティーに行くよ。


                                                  ポチしてくださると励みになります♡                 


この記事へのコメント

1. Posted by ウォッカ   12 May 2018 18:52
5 果たして今度もコメディになるのか本当の人を見つけちゃうのか楽しみです〜
2. Posted by yuricon   12 May 2018 21:16
ウォッカさん
はい、楽しみにしていてください。笑

コメントする

名前
URL
 
  絵文字