30 avril 2018

IMG_4787

ベランダのスカビオサに
毎日やって来るお客さんがいます。
大きな羽音を立てて飛んでくるオスのクマバチです。
余程この花の蜜が好きらしく、
この10日ほど見るといるんです。可愛いぞ。

私は虫好きなので、
ブーンと重そうに飛んでくるクマバチを
ペットのような気分で見ていますが、
虫好きと虫嫌いってどの段階でそうなるのか
結構不思議なのよね。

妹と私は同じ環境で一緒に遊んでいたのに
私は虫好き、妹は虫嫌い。
長女も小さい頃は
一緒に虫取りをしたのに
ある時期からダメになった。

次女は長女よりはマシで
飼っているフトアゴヒゲトカゲに食べさせるために
虫かご片手にバッタを狩ったりします。
↓↓↓ この子ね。

IMG_3649

昔、近所にネコを怖がる親子がいましたが
ネコを怖がるなんてねえ。
それはお母さんが怖がるから
子どもが影響を受けたケースです。
こういうのはまぁ、わかりますね。

動物嫌いは親の影響など後天的な理由が多いけど
虫嫌いは必ずしもそうではないらしい。
もっと生理的な問題なんでしょうね。

何だか気になってググってみたら
ウィキペディアで「虫嫌いの発生原因」と
大真面目に分析してありました。

それによると、こういうことらしい。
①虫の生態に関する無知
「虫には毒がある」などのイメージが先行し、
 被害に遭ったことがないのに嫌いになる
②現代の生活様式の影響
 高気密住宅に住み、虫に触れる機会がないため
 遭遇した際に「未知なる生物への恐怖・不潔感」
 にさらされる

未知なるものへの恐怖があるからこそ
敵を知ることは大事だと思うのよね。
つまり、昆虫図鑑で勉強しようってこと。
図鑑を見てると面白くて好きになっちゃうわよ。

最近は若い男子の中にも虫嫌いが多くて
小さなシジミチョウが教室に入って来ただけで
女子と一緒になって逃げ回るらしい。
そんな男子ってどうよ?
野生度ゼロじゃん!

時は折しもゴールデンウィーク。
この機会に自然と触れ合って
虫嫌いを克服しましょう! 

                                                  


コメントする

名前
 
  絵文字