23 avril 2018

FullSizeRender

墨絵のお稽古の後は
生徒さんと一緒に夕ご飯を食べます。
外に食べに行くこともあれば
私が用意してウチで食べることもあります。

生徒さんといっても
1人は親戚同然の友だちだし
もう1人も長い付き合いなのでほぼ友だち。
なのでその日の食事会はみんなのお楽しみです。

私はお料理が好きですが
自分だけのために作るのは面倒くさい。
平日は帰りが8時過ぎになるので
食事はそりゃあもう酷いものです。

そもそもお料理というのは
誰かのためにするものだと思う。
大切な家族や恋人や友だちに
美味しいものを食べさせたいという思いが
お料理を作るモチベーションになります。

で、やるとなると凝り性の私。
このところ、たまプラーザに出店した
マヨルカというスパニッシュデリのおかずを
再現することに凝っているので
昨日はそんなお料理になりました。

ついクセで野菜が多くなっちゃうのは
万年ダイエッターのハニーが
ヘルシーな料理をご所望だからです。
肉好きの友だちには物足りなかったかもだけど
ダイエットメニューということでご勘弁。

お料理は私の場合、器とセットです。
器が先か、お料理が先かというくらい
器の取り合わせが大切なのです。
器が使いたくてそれに合わせたお料理を
考えることもあります。

昨日はまさにそれでした。
というのも、少し前に買った
写真の器を使いたかったのです。
アンティークなんだけど可愛いでしょ?
ソーサーと一体になった珍しい形。

これにはディップかドレッシングしかないでしょ。
で、"ÇA VA?(サバ?)" という名前のサバ缶と
オリーブの刻んだもので作ったディップを入れて
やはりアンティークのスプーンを添えました。
バゲットに乗せて食べたら美味しかったよ。

今週末は京都の妹と姪が来るので
娘も合流して賑やかな夕ご飯になります。
久しぶりに和食を作ろう。
たけのこご飯とがめ煮、食べたかったんだ。



コメントする

名前
 
  絵文字