25 décembre 2017

image
 
私は着物が大好きです。 
でも、なかなか着る機会がないのが悩みのタネ。
今年は、お正月に1回、
クリスマス茶会で1回の2回だけだったけど  
たまに着物を着るとね、気分が上がります。

私の着物のテーマは "お茶目" であること。
余程きちんとした場所でない限り
このテーマでいきます。
しっとりと女らしい感じは柄じゃないので
カジュアルな紬ばっかり。
私の着物は多分洋服感覚なんだ。

着物の面白さは何といっても小物にあります。
着ない人にはピンと来ないかもしれないけど
帯揚げ、帯締め、帯留め、帯飾りと
個性を発揮するポイントが色々あるんです。

季節を装うという意味では
洋服とは比べものにならないほど。
そして、その人らしさを表現できるのも
洋服以上だと思います。

image
 
で、こんな帯留めがモノを言うワケ。
可愛いでしょ?
この前のクリスマス茶会には
スパンコールでできたクリスマスツリーの
ブローチを帯留めに使いました。

「本日のテーマ」は帯回りで主張するのです。
そう、着物のお洒落にはテーマが必要なんだな。
その人のセンスも、表現したいことも
帯回りを見ればわかります。
そしてお互いにそれを褒め合ったりするわけよ。

そんな楽しい着物ですから
もっとたくさんの人に着てほしいと思うの。
日本の民族衣装だしね。

とはいえ、きものは敷居が高い。
第一にお値段が高い、着付けができない、 
畳めない、動きにくい、仕舞う場所がない etc.

私も実際に着るようになるまでは
そんな印象を持っていました。
着始めたのはここ10年くらいだもん。
でも無料の着付け教室でちょっと習ったら
意外と簡単に着られるようになったし、
着てみれば動きにくさも全然気になりません。

image
image

呉服屋さんで新しい反物から作ったら 
何十万もかかってしまいますが 
古着屋さんで上手に探せば 
新品同様のものがセーター1枚の値段で買えます。
一番上の黒い小紋なんてヤフオクで6500円だった。

最近お気に入りのお店が 
銀座アンティークモールの中にある "SUZUKI"。
店主の桃ちゃんがなかなか面白い人物でね、 
アメリカやヨーロッパのビンテージから作った
オリジナルの帯留めや帯飾りが素敵なの。

センスのいい古着の着物や帯もあります。
上の着物も彼女の店で調達したもの。
2つ合わせてもワンピース1枚分です。

というわけで、
お正月くらいは着物を着ましょう。
着物を着ると気分が上がる、オンナが上がる。
モテモテになっちゃうかもよ。

                                                    
着物は世界一美しい民族衣装だから。
ポチしてくださると励みになります♡                


この記事へのコメント

1. Posted by クリスマス子   25 December 2017 19:55
こんにちは!メリークリスマス!

ゆりこさんのお着物素敵ですね!
日本人として着物について学んだり その美しさを愛でたりして羨ましいです

現代では日本でも日常的に洋服を来ていて
あんまり着物は馴染みが浅く、着物の配色についてもまだまだ勉強が足りないので 今回の記事はとても参考になりました ありがとうございます
2. Posted by Yurico   25 December 2017 21:53
クリスマス子さん、メリークリスマス!

着物の配色については洋服と同じ感覚でいいと思いますよ。
私も着物が柄なら帯は無地っぽいものを選んじゃうし、
逆に着物が無地のときは帯を柄にします。

私、洋服はシックな色ばかり着ているのですが、
着物だと洋服では絶対に着ないような色を着ます。
そこが楽しいところかも。
難しいことを考えずにぜひお着物に挑戦してくださいね!

コメントする

名前
 
  絵文字