31 mai 2016


ケビンには中学生、小学生、5歳の
3人の子供がいます。

親権を持っているとは聞いていたけど、
彼は週末毎に地方へ出かけていたし
私と仕事帰りにデートしたりするので、
子供たちはお母さんと暮らしているものだと
勝手に思い込んでいました。

ところが、子供を育てているのは彼でした。
なるほど、そういうことだったのね。
パーティの日も昼間は小学校の運動会で
彼は日焼けした赤い顔でやって来ました。
うん、彼はいいお父さんに違いない。

私たちはまだ清い関係ですが、
彼が性的にガツガツしていないのは
父性が強いからなんだとわかりました。
なんか、思い切り納得。

この前のレッスンの時、ダーリンに
「で、デートの時はどっちに泊まるの?」と聞かれ
「泊まらないよ。帰るよ、それぞれの家に」
と言ったら「なんで?」と不思議がられ
返答に困りました。

そうよね、若い人なら会ったその日に
ホテルへ直行ということもあるでしょうが、
大人はそういうこと急がないの。
それに彼はロマンチストなんだと思う。
ラブホに行くようなタイプではありません。

子供たちが手を離れるまでには
まだまだ相当な時間がかかります。
私がどういう形で関わることになるのか
今は見当もつきませんが
もしかしたらママになるのかもしれない。
そういう可能性だってあるのです。

なんか、楽しい。

まあ、そんなことになるとしても
それは随分先の話だし
実際にそうなったら勿論大変だと思います。
でも、今まで発想したこともない世界を
妄想してみるのも面白いかもしれません。

でもまあ、現実的な路線を考えると、
お互いを心の支えにしながら
それぞれに自分の拠点を持っていて
会いたい時に会うという可能性が高い。
私はむしろそれが理想です。

今、私たちは週1回のペースで会っていて
今週も木曜の夜にオイスターバーに
連れて行ってもらうことになっています。

ところが昨日LINEが来て聞かれました。
「木曜日は別として、週末は予定ある?」
子供たちがお母さんと一緒に
泊まりがけで出かけることになったのです。
彼にしてみたら土日を私と一緒に過ごせる
絶好のチャンス。

でも、残念。
週末は既に予定があります。
私たちの清い関係はまだ暫く続きます。 


いつも読んでいただきありがとうございます。
ポチしてくださると励みになります♪
  

コメントする

名前
 
  絵文字