23 mai 2016


宇宙にオーダーした途端に降ってきた
ケビン・コスナーとは
その後も毎週デートしています。

アメリカ人にもすっかり慣れてきました。
なぜフランス人でなくてはならなかったか
忘れてしまうくらい。

彼はとてもアクティブな人で、
平日に仕事がどんなに忙しくても
週末にじっとしていることがありません。
人生の楽しみ方を知っているという感じ。
好奇心旺盛で友だちもたくさんいて
とても健康的です。

先週末、彼はワイン三昧で
土曜はワインクラブの集まりに、
日曜は朝から山梨のワイナリーに行きました。

去年、私は帝国ホテルのオリジナルワインの
記事を書いたことがあります。
2名のホテルソムリエが何度も現地に足を運び
テイスティングを重ねて作り上げたという
「峡東」という名前のワインで
勝沼醸造が製造元になっています。

興味をそそられましたが
ワインは数量限定で1本7000円もするので
買うことはありませんでした。

その話をケビンにしたら
勝沼醸造にも立ち寄る予定だから
「峡東」があるかどうか見てくるといいます。
数量限定の商品だからどうかな。

そんな風に週末をアクティブに過ごしているのに
彼は「月曜日の夜に会えないかな」
とメールしてきました。
横浜あたりでワインでも楽しもうと。
私は「喜んで」と返事しました。

なんか、爽やかなんだな、彼。
生き生きとしています。
そして、ステップを踏んで付き合おうとするのが
彼の好感の持てるところです。
だって、私たちまだ手も握っていないから。

彼の真面目な人柄が伝わってきます。
そして真面目に相手を探しているとわかる。
私たちはお互いが気に入っています。
会話が弾む共通の話題がたくさんある。

いい感じだわ。


いつも読んでいただきありがとうございます。
ポチしてくださると励みになります♪
  

コメントする

名前
 
  絵文字