septembre 2019

20 septembre 2019


私が野生動物みたいに生きていることは
いつも書いていますが、 
ずっとそうだったかと言えば
そういうわけでもありません。

むしろ10年位前までは
自分の野生を閉じ込めていたと思う。

何しろ長女なのでそのように育てられた。
お姉ちゃんだから我慢しなさいと言われ
我慢がすっかり身についちゃって
本当に言いたいことは言えない少女でした。
周りの期待に応えようと変に頑張るしね。

自己肯定感だけは高かったんだけど
期待に応えなくちゃいけない、
という思いがいつもどこかにあって
大人になってからも伯母の物語に引っ張られたり
人の価値観に合わせたりしてました。

今でも期待に応えようとする癖は残ってるな。
でも私の場合、それが原動力にもなってるし
サービス精神が旺盛なのは長所でもあるので
少々のことは良しとしています。

今思えばかつての私も自分で勝手に
プレッシャーを感じてただけなんだけど
「自分の道を自分で決めたい」と思う気持ちと
「期待してくれる人を喜ばせたい」
と思うサービス精神のはざまで
結構ストレスを感じていたことは事実。

それでも野生は解き放たれた。

理由の1つは、私に期待をかける人たちが
すっかりいなくなったということがあります。
母や伯母たちが皆いなくなったので
物理的な重石がなくなって自由になったのね。

そう思うと、
親や周りの大人が子供に期待するのが
如何に罪なことかがわかるよねえ。
野生児の私でさえそうなんだから。
子供は放っておけば自分らしさを発揮して
ぐんぐん伸びていくのよね、きっと。

で、今は思うままに生きております。
時が満ちた、という感じだしね。
お陰で自分が面白くて仕方ないの。
インスピレーションもイマジネーションも
全開でワクワクの連続です。

だからみんなも野生を取り戻そう
人の価値観に縛られるのはやめよう
そして思い通りの人生を生きようぞ。 



19 septembre 2019


相性がいい、というと
趣味が合うとか、話のテンポが合うとか
価値観が似ているとか
マインド的な要素がメインとなりますが、
こと男女に関しては
そこにフィジカルな要素が加わります。

直接的にセックスというだけでなく
手を繋いだ時の手触りとか
キスした時の唇の感触とか
顔に触れられた時の皮膚の感じとか
皮膚感覚が結構大事なのよね。

友だち同士や家族では
そんなこと全然意識しないのに
なんでだろう、すごく気になる。
なので私の場合は触った感じが嫌だと
やはり相性がいいとは言えないの。

例えば私は自分が汗をかかないので
手を繋いだ時に汗ばんでいたらイヤ。
暑い日に汗ばむのは仕方ないけど
いつもいつも湿っぽい人はそれだけで無理。
申し訳ないと思うけど生理的なことなので
理性ではコントロールできません。

そういう意味でハニーとは相性がよかった。
彼は私と同じで汗をかかないタイプです。
なので手を繋いだ時の感触が良かったし
私は彼の唇がとても好きだったの。
なぜかいつもしっとりしていて柔らかいんだ。

彼とは共通の趣味もないし、
(というか彼には趣味はないし)
情緒はないし気が利かないし自分勝手だし、
全然いいところがないのに
唇が触れただけでエネルギーが充電されるような 
不思議な魅力があったのです。

私は野生動物なのでね、
本能に触れる部分には弱いのよ。
 
それに対抗するとしたら
私の知的好奇心を満たしてくれる人しかない。
私の知らないことを教えてくれる人。
一緒にアートを語れる人。
フランソワはその点理想的です。

彼は毎日ブドウの収穫の様子を教えてくれます。
収穫したブドウを足で踏んでる様子とか
発酵していく様子などの動画を送ってくれます。
知りたがりの私の好奇心がそれを見て喜ぶ。 

よくもまあ、こんな人と出会ったものです。
そして人と知り合うのは面白いなぁと
つくづく思うのであります。 
 



18 septembre 2019


私には2歳上の従兄がいます。
歳が近いので小さい頃から仲が良くて
兄のような存在でしたが、
中学校の頃からグレ始め
高校を中退した後は父親に反発して家出、
水商売の道へ入っていきました。

当時は福山雅治とデビッド・ボウイを
足して2で割ったようなイケメンだったので
女性にも随分可愛がられたようですが
義理堅い性格がヤクザの親分に気に入られて
その筋の仕事を手伝っていたようです。

一方、彼の7つ違いの兄は真面目に勉強して
出版社に勤めていたいわゆるエリート。
父親はNHKに勤める堅物でしたから
家族にとってはみ出し者の彼は
目の上のたんこぶでした。

彼はギャンブルか何かで借金を作っては
親や兄にその尻拭いをさせることを繰り返し
怒った兄は弟と絶縁。
その後すったもんだあった末に
今は兄が建てた二世帯住宅の片方に
住まわせてもらっています。

子供の頃の彼は頭が良くて
私は彼を尊敬していたのです。
両親は教養のある人たちだし
それなりの教育を受けていたはずです。
何が彼をそうさせたんだろう。

同じ親から生まれて
同じように育てられても
まるで違う人生を歩むことになる。

実は彼にはもう1人兄がいて
13歳の時にネフローゼで亡くなったの。
伯母は数年間をその従兄に付きっ切りで
幼かった弟の面倒を義母に任せていました。

そのことを伯母は生涯悔やんでいたけど
そういうのって誰かのせいじゃないよね。
親がいなくてもちゃんと育つ子は育つ。
親がついていても道を外すこともある。

それって半分は自分の責任、
半分は運命としか言いようがない。
魂がね、そっちへ向かっちゃうのよ。

彼とはある出来事があって以来
距離を置いています。
仲が良かった従兄だから切ないんだけど
私にはどうすることもできなくてね。



17 septembre 2019

IMG_7677

連休中にお絵かきばかりしてたら
墨絵に使う紙がなくなってしまったので
描きかけの絵をそのままにして
日本橋の「小津和紙」に買いに行きました。

インターネットでも買えるんだけど
平日は留守をしていて受け取れないし
お店で買うとポイントが付くのよね。
それにずっと引きこもってたから
ちょっとドライブでもしたいと思って。

私が使うのは土佐の「清帳紙」という
地元の楮100%で作られる手漉きの和紙です。
漉き手は尾崎さんという製紙所の4代目。
主に奥さんが漉いているみたいで
清帳紙の運命はこの人にかかっています。

墨絵は手漉きの和紙を使いますが
紙によって色々癖があるので
自分の手に合った紙を見つけるのは
簡単なことではないのです。

私の先生が清帳紙を使っていたので
私も自然と使うようになりましたが
これが上品で雰囲気の出る紙でして
代わりになるものを見つけられません。
なので私の運命も尾崎さんにかかってる。
頑張ってー、尾崎さん!

お店に向かう道すがらラジオを聞いてたら
音楽評論家と映画評論家が
「ロケットマン」が面白いと話していたので
夕方観に行こうと決めました。
エルトン・ジョンの話だよね。

さて、小津和紙に着くと
清帳紙の売り場にまっしぐら。
先生はいつもまとめて1反(100枚)買って
私たち生徒に分けてくださいましたが、
如何せん1枚2,050円もするのでね、
私は10枚だけ買いました。

あの頃は値段が今の半分で、
おまけに先生たちは3割引きで買えたの。
私たちは手間賃を加えて
1000円で譲っていただいてたけど
それが今では2050円です。

職人さんが減ったので
貴重な和紙がいつまで手に入るかわかりません。
大切に使わせていただかないとね。

家に戻ると描きかけの絵が乾いていました。
うーん、何かが足りない。
それで続きを描き始めて夢中になっていたら
気付くと「ロケットマン」が始まる時間まで
あと10分でした。

しまった!
今から出てもギリギリだなぁ。
迷ったけど諦めました。
仕方ないから明日にしよう。


16 septembre 2019

IMG_7667

台風15号に直撃された千葉県では
未だに電気が復旧しない地域があります。
さぞ不自由な思いをされていることでしょう。
1日も早い復旧と地域の復興をお祈りいたします。

大規模な災害がある度に
私たちがいかに電気に頼り過ぎているかを
思い知らされますが、停電したとき
暗闇で夜を過ごすのは何より不安ですね。

灯りがあるだけで気持ちは全然違います。
私も3.11のとき停電を経験しましたので
それはよくわかります。

私が備えている防災グッズの中で
絶対に便利だと思っているものの1つが
上のライトです。
電池式なのですが、取っ手を持ち上げると
灯りが点く仕組み。

取っ手を何かに引っかければ
吊るして使うこともできるし
これが結構明るいのです。
キャンプなどにも使えますね。

ある事情で人に頼まれて買ったものですが
2個セットで2000~3000円でした。
取っ手はすぐに手に触れるので
暗闇でもすばやく点灯することができます。
1つは枕元に1つはリビングに置いてあるから
いざとなったらすぐに使えます。

IMG_7668

こちらはソーラーの大容量モバイルバッテリー。
今回の台風被害でも停電のために
スマホが使えず、充電するための
長蛇の列ができていましたね。

これ、つい最近
今月セミナーをお願いしているリンダさんに
教えてもらってその場でポチした代物。
USBポートが3つあるので
3台同時に充電することができます。
24000mahの大容量なので
iPhone、iPadなどが数回充電できます。

充電できても基地局が停電していると
スマホが使えないこともあるけど
うまく繋がれば情報も入って来るし
充電されてると思うだけで安心でしょ。
ソーラーだから明るいところに置いておけば
いつでも充電できます。

そのほか、水は2ケースあるし
缶詰も備蓄しているから
いざという時に最低限の生活はできる。
9月は防災の月ですから
この機会に防災グッズを見直すといいよね。



15 septembre 2019


私たちが現実だと思っているものは
幻想に過ぎない、というのは
哲学の世界では常識です。

そのことに気づいていようがいまいが
全員が思い描いた世界を生きているんだけど
自分の世界は自分で創っていると
自覚しているのとそうでないのとでは
人生の難易度が全然違うと思うのです。

いつも心配事をイメージしていると
心配事の多い人生を送ることになるし、
楽しいことだけに意識を向けていると
楽しい人生を送ることになります。
脳は見たいものしか見ないようにできてるから。

例えば、病気を恐れて色々気をつけて
サプリをたくさん飲んでる人がいますね。
私は病気になる "予定がない" ので
健康診断も長いこと受けてないし
栄養は食べ物からだけ摂っています。

でも実際に病気に罹る確率なんて
気をつけている人と私とでは多分変わらないのよ。
むしろ、気を付けてる人に限って
病気になったりするでしょ?
だったら心配するだけ損だと思うの。

自分の世界を創るってどういうこと?
と聞かれることがあるけど
それって簡単で、イメージを明確にして
決めるだけなのよね。

好きなことができるだけの収入を得る
と決めれば同じことをしていても収入が増える。
イケメン・長身・フランス人と決めれば
そういう人が現れる。
パリで個展を開くと決めれば
個展じゃないけど展覧会に出品する
チャンスがやって来る。

思い描いた通りの現実がやって来る。
何が気持ちいいって
自分が創った世界が機能していることが
一番気持ちいいのよね。

それって絵を描くのと似ています。
イメージを具現化する作業。
だから私は得意なのかもしれない。



14 septembre 2019


下北沢で食のイベントをやっている友人から
「急なんだけど」と
"究極のタルト会" のお誘いが来ました。

桃のタルトをメインに
きのこのタルトやフィナンシェなど
色々盛り合わせを楽しむFIKAです。
(彼女は北欧マニアです)
金曜日の夜だから行ってみるか。

彼女の本職は学校の先生なんだけど
土日にイベントを開催しています。
材料費程度の会費だから
好きでやっているという感じね。

お料理が本当に好きで好きで
おまけに器が大好きなので
いつも素晴らしい器使いで
美味しいものを提供してくれます。

小さい器を上手に使う
彼女の器使いはとても参考になります。
私が引っ越すときに譲った
たくさんの器も上手に使ってくれます。 

彼女のお料理は素材を活かした
シンプルでヘルシーなお料理なのですが、
お菓子とパンはめちゃくちゃ凝ってるの。
私はそのジャンルは放棄しているので
上手に作る人は尊敬します。

昨日の主役・桃のタルトは本当に絶品だった。
どこかのパティシエ直伝ということで
ちょっとお目にかかれないような
サクッサクのタルト生地。
これを習いたくて学校を休んだんだって。

IMG_7625

こんなのを作っちゃうなんて凄すぎる。
ただ「好き」というのを超えてるのよね。
彼女は2年後を目安に故郷の島根で
オーベルジュを始める予定です。

NY在住の別の女性は、これがまた凄くて
日本の発酵食品や梅干し・らっきょうはもちろん
ありとあらゆるものを作っちゃうの。
素材の組み合わせも斬新。
食の神様かと思うほど尋常じゃないセンス。

海外に住んでいるからというだけでなく
元々そういう人なんだと思うけど
彼女の食を見ていると息をするのと同じくらい
ひとつも無理せず手をかけてるのよね。
こだわりというより、それが彼女の普通なの。

もうさ、私なんか料理が得意ですなんて
とても言えないですよ。
そしてそんなにスゴイのに
それを仕事にしているわけではなく
ただの日常というところがまた凄い。

彼女たちの食へのこだわりは
魂が求めてるとしか言いようがない。
本当に凄いなぁと思う。



13 septembre 2019

IMG_7622

今、フランソワはブドウの収穫のために
山形の畑に行っています。
昨日はデラウエアを6人がかりで8時間かかって
3.5トン収穫したんだって。

IMG_7623

上は収穫前、下が収穫後の畑。
3.5トンのブドウからは約4000本のワインが
できるそうですよ。

フランスのブドウ畑とは様子が違うね。
フランスでは棚を作らないで真っすぐ育てるから。
↓↓↓こんな感じ。

DSC04119-740x492

フランソワは今日も早朝から作業をしているので
またたくさんのブドウが採れるでしょう。
ワイン用のブドウの収穫って
なんかステキじゃないですか?

きっとフランスのダーリンも
今頃ブドウを収穫してるんだろうな。
オレンジ色のワイン「KARASU-URI」は
今年は何本つくれるのかな。

「新しいBFはワインを作ってるのよ」
とハニーに話したら
“French cannot live without wine”
と他人事のように言ってたっけ。
彼はお酒は飲まないのでね。

私はお酒が弱いのでたまにしか飲みませんが
お酒の中ではワインが楽しいよね。
ワインにはストーリーがあるから。
うんちくが聞けると尚いいですね。

そういえば一昨日は
ハイアット・リージェンシーのパーティで
モエ・エ・シャンドンが出たので飲んだんだ。
シャンパンは好きなの。

もう少し飲めたらいいのになぁ。
せめて食事のときに
乾杯の泡に白・赤を1杯ずつ飲めたら
格好が付くんだけどねえ。

でも、こればかりは
アルコール分解酵素を持ってないので仕方ない。
モンゴリアンの半分は私と同じ
突然変異種なんだって。

朝晩はめっきり涼しくなりましたね。
窓の外は虫の音が賑やかです。
好きな季節が近づいて来ました。



12 septembre 2019


昨日は芝のとうふ屋うかいに
打ち合わせに行きました。

とうふ屋うかいは豆腐会席のお店。 
東京タワーの真下に2000坪の敷地を構え、
日本庭園と和風建築の落ち着いた佇まいは 
都心とは思えない別世界です。

場所柄、外国人のお客さんが多く、
夜は会社の接待が多いそうです。
今でもこういう高級店で接待するんだね。

それにしても、うかいはどのお店も
造りが素晴らしく凝っています。
内装から調度品、棚に置かれた小物に至るまで
いちいちお洒落でセンスがいい。

打ち合わせには支配人、料理長、女将と
錚々たるメンバーが
顔を揃えていました。
幹部がずらりと揃うなんて 
普段はあまりないことです。
料理長はとても気さくな方でした。 

ひと通りの打ち合わせが済むと支配人が
「色々と説明するより
  まずは食べていただく方が早いでしょう」
と言って試食を用意してくれました。

試食は、豆乳、甘味噌を塗った油揚げ、
そして名物の豆水とうふ。
 
この豆乳がね、とろりと濃厚で
豆乳の概念が変わったよ。まるで別物。
普通の豆乳は苦手だけどこれは美味しい。
 
油揚げはたっぷりのネギを乗せていただくのですが
これがまあ、美味しいこと。
揚げたての油揚げを炭火で炙っているので
表面がカリカリで油をまるで感じさせません。
そして甘味噌とネギと油揚げの相性が抜群。

自慢の豆水とうふはあっさりと滑らかな舌触り。
豆腐が浸かっている豆乳のお出汁が
コクがあってなんとも美味なのですが、
魚の出汁と豆乳を合わせて
塩で味付けただけなんだって。 

打ち合わせは13時からで
昼食をとらないで行ったのですが、
ちょうどいいお昼になっちゃった。

前日の夜はクライアントのホテルの
周年パーティーがあって 
ご馳走を食べ過ぎていたので
とうふ料理の優しさが胃に嬉しかった。

帰りには代理店の人にお土産までいただいて
ホント、役得だったわ。



11 septembre 2019


昨日、次女から電話がかかってきて
背中に何かがくっ付いてるというのです。
何かが取り憑いているってことなんだけど 
べたっと貼りついた感じだとか。

彼女は半年程前から急に能力が開いた
サイキック初心者です。
私自身はサイキックではないけど
周りにそんなのがわさわさいるので
その手の話には慣れています。

別に変な場所には行っていないので
悪いものではないと思うけど
若い女性の生霊のような気がするというの。

思い当たる人がないことはないけど
彼女なのかなぁ。
でもちょっと違うような。。。 

あまりしつこく貼りついているので
サイキックの妹に電話して話したら
その人じゃなさそうだと言われ
とにかく塩を家の中であちこちに置くように
と指令を受けたそうです。
 
やっぱ、浄化には塩なのよねえ。
 
塩を置いたら少しはマシになったけど
まだ完全に抜けないらしい。
で、私が持っている4096Hzの
クリスタルチューナーを
貸して欲しいというわけです。

クリスタルチューナーというのは
4096Hzの音叉と水晶のクラスターが
セットになっていて、
音叉をクリスタルで叩いて音を出します。

4096Hzというのは天使に繋がる周波数
ということらしいのですが
私はあるイベントで当たったので持ってるの。
確かにその音は頭のてっぺんに響きます。
場を浄化する力があるのね。

クリスタルチューナーを届けるついでに 
もっといいのを貸してあげようと思って、
私の大事な水晶のクラスターも持って出ました。
このクラスター、パワフルだから。
「寝てる時は無防備だから寝室にこれを置いてね」

その水晶の上では毎日
パワーストーンのブレスレットや指輪を
休ませているんだけど、
暫く貸して進ぜよう。