décembre 2017

21 décembre 2017


明日は冬至。
東京では夏至と比べて4時間49分も
日照時間が短いそうです。

この日を境に再び太陽の力が蘇って陽に転じます。
だから「一陽来復」といって
冬至を境に運が上向くとされるのね。

日が長くなっていくのはそれだけで嬉しいですね。
冬至までは体調がすぐれなかったり
ヤル気が出なかったりすることが多いらしいけど
昼が短いと誰でも気分が落ちます。
縁起物で元気をつけなくちゃ。

冬至といえばカボチャに柚子湯ですが
ダイコン、ニンジン、レンコン、うどんなど
「ん」の付く食べ物で「運」を呼ぶ
「運盛り」という縁起担ぎの習慣もあるそうです。

「ん」というのは50音の最後ですから、
これもまた陰が極まるということで
やはり一陽来復の意味があるのですね。
根菜は大好きだから大歓迎。
「ん」尽くしの「けんちんうどん」は
冬至に最適というわけです。
好物のカボチャも入れたら完璧だわ。

一陽来復といえば穴八幡宮。
今年の節分では間違って1日早く貼ってしまい
一攫千金を逃した私です。
お札を貼るチャンスは冬至、大晦日、節分と
1年にたった3回だけ。

しかも今になってわかったんだけど
冬至にお札をもらわなくちゃダメなんじゃないね。
そのため当日は朝5時から夜9時まで
お札を求める人の長蛇の列が続きます。
こりゃ、仕事帰りに行くしかないな。
そして一気にその日の夜中に貼ろう。

金運といえばもう1つ。
友だちが来年2月1日にお財布を下すといい
と教えてくれました。
この日は天赦日と一粒万倍日と甲子が重なった
金運的に大ラッキーな日なのです。

私は既に "凄まじい財運" を持っていますが
こういうのに乗っかるのって楽しいじゃない?
今のお財布は好きだから惜しいけど
よっしゃ、この際縁起を担いで新しくしよう。

今のがとても使いやすいので
同じものの色違いを買うことにしました。
今まではパイソンの黒だったんだけど
シャンパンゴールドにしてみた。

新しくしたお財布はすぐに使わず
3週間寝かせるといいんだって。
どうやって寝かせるのか調べてみたら
これが面白い。

お財布は最初に入れてもらったお金の量を
覚えているらしいのです。
なのでできるだけたくさんのお金を
入れておくといいんだって。

で、それ用の「お札の元」というのが
売られているんです。
1番上に1万円札を乗せると
100万円の札束になちゃう札束もどき。
なんと、540円也。安っ!笑
思わず友だちのと2人分買いました。 
 
こんな風にバカバカしいことを楽しんでいる
師走の私です。

                                                    
ついに来るか、一攫千金!
ポチしてくださると励みになります♡               


20 décembre 2017


毎週会っているのに
ハニーとゆっくり過ごしたのは
久しぶりの気がします。
いつも午前中に入る彼のミーティングが
昨日は3時過ぎからだったので
時間を気にせずのんびりできたのです。

特別なことなんて何もしないんだけどね。 
いつものようにBSニュ—スを観ながら
ごはんを食べたり、 
彼が仕事をする横でスマホをいじったり
イチャイチャしたり昼寝したり。

会っていないときは
時々メールで喧嘩することもありますが
口の悪い彼がどんなに酷いことを言っても、
私が「キライ!鍵返して!」と言っても、
それが本気でないことをお互いに知っていて
「ごめんね」とすぐに仲直りしちゃう。

会ってるときは実に穏やかなのに
顔を見ていないと何でも言えちゃうのが
ネットの良くないところだね。

このところレクリエーションみたいに
ちょっとした喧嘩をしてたけど、 
それでもその瞬間は嫌な気持ちになります。
そういうのは良くないので
「喧嘩するのはやめようね」
ということにしました。

この前私が送り付けたルールも
彼にとっては自由を奪われるみたいで
嫌な気持ちがするものだとわかってる。
だからもういいや、と思っていました。

ところが、彼は帰り道に電話をくれて
「毎日メッセージするからね」と言ったのです。
「ホント?嬉しいよ!」
「できるだけ頑張るよ」

ルールなんて言うから反発するのであって
最初からお願いすればよかったのよね。
私も彼と同じくらい捻くれてるからな。。。

ハニーは来年仕事を立ち上げるので
私に手伝って欲しいと言っています。
仕事のパートナーということでね。
彼は色んな意味で私を必要としているのです。

そんなこんなで私たちも
収まるところに収まった感じです。
こんな感じでいいんじゃない?




19 décembre 2017


なんか、色々なことが落ち着いてきた。
ちょっと前まで乱れていたものが
収まるところに収まってきた感じがします。
冬至が近いからなのかな。
今年の冬至は12月22日です。

太陽の力が1年で最も弱いこの日は
陰が極まる日でもあります。
この日を境に再び太陽の力が蘇って陽に転じます。

このところ外の世界も私の周りも
目に見えて荒れていると感じていたんだ。
世界情勢は緊迫しているし、
凶悪事件が次々起きるし、
会社の中もガチャガチャしていて
嵐の中にいるみたいな印象。

もしかしたら地震かな、と思ったりしたけど
私の周辺に関しては突然静かになりました。
まるで台風の目に入ったように
ぴたっと風が止まった、という感じ。 
陰から陽に転じる間の真空状態なのかもしれない。

会社の中も急に穏やかになりました。
子宮筋腫の手術で休んでいた人が出てきて
制作室は落ち着いた状態に戻りました。

営業の人が辞めてどうなることかと思ったけど
何の問題もなく物事が進んでいます。 
社長はデザイナー君がぶつける意見に
素直に耳を傾けるようになりました。
尖っていた空気の角が削れて風通しが良くなった。 

私が提案した企画もすんなりと受け入れられて 
仕事に変化が出てきました。
会社全体がいい感じになっています。 

今までどれだけ言っても聞き流されていたことが
簡単にできるようになってる。
そういうことが一気に変わり始めたの。

今年の冬至は強烈らしいんです。
ただでさえ地球全体の大きな転換期だから
冬至と重なって大どんでん返しがあるって。

陽に転じるのですから
良い方向にどんでん返しがあるわけよね。
きっと個人の問題ではないところで
それがあるわけよね。 

でも地球レベルで陽転することが
必ずしも人間にとって都合の良いこととは
限らないわけよね。
ま、それも含めて楽しみにしていよう。

少なくとも会社には良い兆しが見えてきました。
きっと大どんでん返しで
素晴らしく売り上げが上がるんだわ。
だって、私がいるからね。


                                                    
気になるわぁ、大どんでん返し。


18 décembre 2017


どよんとした空気の所にいるより
清々しい場所に身を置いた方が
自分のエネルギーが上がるのは当然のこと。

パワースポットを訪ねるのもいいけど
そういう場所でたまに強烈なパワーをもらうより
毎日暮らしている自分の家を快適にして
住まいをパワースポットにする方が
手っ取り早いよね。

住まいのエネルギーってあるんだなって
引っ越してみて改めて思いました。
風通しや光の入り具合や窓の方向や
建物が建っている土地のエネルギーなど
色々な要素があると思いますが、
今の住まいは前に比べて圧倒的にライトです。

明るいし風通しがいいし、
とっても "気" の流れがいいんです。 
窓の外には四季折々の景色があるし
遠くには丹沢の山々や富士山のてっぺんも見える。
東京っ子の私にとっては窓から山が見えるなんて
ものすごい喜びなのよ。

でね、きちんと整理されているときと
そうでないときの "気" の違いもハッキリわかる。
たとえば、朝起きたときに
ベッドをきちんと整えるのとそうでないのとでは
寝室の空気が全然違う。

休みの日にいつもより遅く起きて
だらっとパジャマのままでいたりしますね。
ベッドも乱れたままでテレビなど観て
「そろそろ着替えるか」と寝室に入ります。
その時の "気" はなんか乱れている。 

でも、起きてすぐにベッドを直しておくと
いつでも "気" は整っているのです。
見た目がキレイというだけでなく
部屋の空気が整っているの。

これね、前の家では気づかなかった。
あまりにもモノが多くて
しかも使っていない部屋は滅茶苦茶だったから
空気が淀んでいたんだわね。

自分のいる場所だけキレイにしていても
家中に詰まっている不要なモノのエネルギーで
空気が重く沈んでいたのだと思います。
モノがエネルギーだというのは本当です。

引っ越しの時に処分したのは
2tトラック2台分以上の荷物。
しかも住んでいない人のものが大半なのだから
持ち主に放棄されたモノのエネルギーが
充満していたというわけ。
そりゃ、空気も淀むわよ。

で、今の様にスッキリ暮らしていると
家全体が軽くて爽やかなものだから
ちょっと気が乱れるとわかるというわけ。

大掃除もしなくていいくらい
普段からピッカピカだからね。
我が家は私のパワースポットなのです。 



17 décembre 2017


運気を上げる一番簡単な方法は
ご機嫌でいることです。
いつもウキウキ楽しくしていれば
エネルギー値が上がります。
するとエネルギーの高いものが寄って来ます。

だからまずは
ワクワクの種を見つけることが大事なのね。
で、女性が手っ取り早く
エネルギーを上げる方法は、キレイになること。

自分に合った基礎化粧品を見つけて
お肌の調子が良くなると
すごく気分が上がりますね。

たまにエステに行って
アロマの香り漂うオシャレな個室で
プロのハンドマッサージを受けながら
ゆったりとお姫様気分を味わうのもいい。
(ああ、もう長いこと味わってないわぁ)

朝、しっとりと潤ったお肌を実感しながら
いつもよりキレイな自分を鏡に見ると
その瞬間に内側からエネルギーが沸いてきます。
気分が上がるってことは
エネルギーが上がるってこと。

お肌の変化って自分にしかわからないけど
それだけにすごく気になる。
調子がいいと気分がうんと上がるよね。
その時に鏡に向かって言うんです。
「とってもキレイよ」

女性だったら毎朝お化粧をしますね。
きれいにメイクアップした自分に向かって
声をかけてあげます。
「今日もキレイよ」「大好きよ」
なんなら「モテモテ」を加えても。

そして夜、お風呂上りに鏡を見るとき
また自分に言ってあげます。
「今日もいい日だったね。ありがとう」
「本当にキレイよ。大好きよ」

これを毎日続けていたら
どんどんキレイになっちゃって
1年後には「大好き」って言ってくれる人が
周りにいっぱいるようになって、
本まで出版して豊かになったという人がいます。

私も、もう何年も前から
自然とそういうことをしています。
鏡の中の自分を褒めまくる。
誰も見てないから恥ずかしくないしね。

それをするとね、
胸のあたりがほわっと温かくなります。
ハートチャクラに火が点くのがわかります。
運気を上げるにはまず
ハートを開くのが大事だからね。

たまに劇的に変身して
一気にエネルギーを上げるのも楽しいけど
本当に大事なのは日々の積み重ね。
「キレイ」「大好き」「ありがとう」
こんな言葉のシャワーを自分に浴びせていると
願いを叶える名人になっちゃうわよ。




16 décembre 2017


どうしても鍵を返したくないハニーです。
鍵を返さない=別れたくない、ですから
強気な私はマイペース過ぎる彼に
ルールを作ってメールしました。

1. 毎朝必ずおはようメールをすること
2. 週末には必ず電話をかけること
3. たまにはレストランに連れて行くこと
4. クリスマスプレゼントをくれること 
大したルールじゃないと思うわ。

ところが、人にコントロールされるのが
大キライなハニー。 
反発するだろうと思ったら案の定、
「そんなルール、勝手に作られても守れない」

これまで私たちは大抵私の通勤時間に
気楽なメッセージのやりとりをしていました。
大抵は向こうから「おはよう!」と
話しかけてきて会話する感じだったのです。
でも「毎日」と決められた途端に嫌になるのね。

ルールを作った翌日に私がおはようとメールしても
うんともすんとも言って来ません。
さては、わざと返事して来ないな。

彼の意図は見え見えです。
"アンタのルールに従う気はないよ"
くっそー、癪なヤツだわ。

しかし、そこまでハッキリ自分を貫かれると
なんだか妙に感心してしまいます。
鍵を返したくないくせに、
それでも自分がしたいようにしかしないという
まったくぶれない自分の基準というか軸がある。
それ、大事なことかもしれない。

昨日も通勤中にメールが来なかったので
「もう君は君のしたいようにしなさい」
半ば諦めてそう思っていたら、
なんと仕事が始まってすぐに電話が来ました。

「おはよう!」と明るい声。
「おはよう。どうしたの?」
「 朝メールできなかったから
  怒られると思って電話したよ」
またそんな言い方しちゃって。

私の意図を少しずつ外しながら
自分のタイミングでアプローチしてくる。
わかったよ、君は君のやり方でいいよ。
それでも思いがけずハニーの声を聞けて
私は朝からご機嫌になりました。

誰にもコントロールされない彼の意志の強さは
憎らしいけど魅力でもあるのよね。
なんか、野生動物みたいだわ。
そういう人だからね。

そして、そう言いながらもちゃんと
今朝は電話をくれました。




15 décembre 2017


行動できる人と行動できない人の違いは
「変化しないことに恐怖を持つか」
「変化することに恐怖を持つか」
の違いなのだそうです。
 ふむふむ。

私は明らかに前者です。
別に恐怖を持っているとは思わないけど
ずっと同じだと退屈しちゃうもんね。

行動学とか心理学とか学問的な見方をすれば
根っこにある恐怖に駆られて
ということになるのかもしれないけど、
自覚はありません。
それに恐怖が動機ってなんか嫌よねえ。

そういうの、好きじゃないのです。
恐れとかトラウマとかブロックとか。
そんな風に面倒くさく考えない方が
人はお気楽に楽しく生きていけると思う。

だって、よーく考えたら
私は何も足りないものなんてないんです。
好きなことを仕事にしていて、
ツボにハマる恋人がいて、
快適な住まいで暮らしています。

さらにもう1人BFが増えちゃったし、
自由な時間と暮らしていけるだけのお金と
気の合う友だちや家族もいて
なんて恵まれた人生なんだろうと思うよ。

それなのにさ、
もっといいコトがないかと探してしまうのね。
人間って強欲だわ( 私だけか?)
平穏無事で満たされた状態は
すぐに慣れて刺激が欲しくなります。

もっと一緒にいてくれる人が欲しいし、
もっとガッツリ稼ぎたいし、
何か楽しいことしたいし。
でもそれがないと進化しないでしょ。

それってシアワセを求めているんじゃなくて
単に刺激を求めているだけなのね。
だってシアワセは既にあるから。
  
その結果、度々迷走することになるのですが
それがまた面白いじゃないね。
ハニーなんて迷走すればするほど近づいちゃって、
それがまた愉快だし。
そうやって人生を楽しむわけです。

ある人が言いました。 
「自分ひとりだけ非常識なことを
  するのを恐れないでください」

その人はもっと崇高なことを指して
そう言っていたのですが 
身近なことでもそれは言えていて、     
常識という枠を超えてチャレンジしないと
その向こうへは行けないの。     

私はね、死ぬ瞬間に
「あー、バカバカしくて面白かった」
と思いたい。多分そうなる。笑
人生後半のテーマはそんな感じで。



14 décembre 2017


私、身の程知らずな面食いなんですけどね、 
この度はかつてないほど
外見の好みに悩まされているのであります。 
いえ、ポールのことなんですけど。

見た目にこだわるなんて
大人としてどうかと思うけど
どうしても理性がいうことを聞かないのよ。

ポールはごく普通のタイプだし
ハニーが特別ハンサムなわけでもないです。
ただ、ポールは目が小さくてハニーは大きい。
ポールは背が低くてハニーは背が高い。

ポールの目はリチャード・ギアみたいな感じ。
ほんと似てるわ、この目元。



ハニーは大きな目に
まつ毛がバサバサ生えていて目ヂカラがある。
私、濃い顔が好きなのよー。

たとえば、マット・ボマーとか♡         

image

ジャンセン・アクレスとか♡         



ライアン・エッゴールドとか♡         



なんならジョージ・クルーニーくらい
濃くてもちょうどいいくらいなんです。
てか、いつまでもカッコいいな、この人。



そしてポールは背が低い。
160センチくらいしかないんじゃないかな。
私もチビなんだから差し支えないんだけど
私、背の高い人が好きなの。
ハニーなんか全然頼りにならないけど
188センチもあるとそれだけで安心する。

フランス人は小さい人が多いから
長身のフランス人に当たる確率は
そう高くないけど170センチは欲しいのよ。

一時期付き合っていた
アメリカ人のケビン・コスナーは
顔は好みじゃなかったけど背は高かった。
お父さんだから優しかったしね。
ああ、一緒に食べた生ガキが美味しかったなぁ。

ポールも優しい人だと思います。
色々と気を使ってくれるし
ワガママで自分勝手なハニーとは大違い。
でも、でも。。。

で、なんでこんなに派手な顔が好きなのか
棚からポロリと落ちてきた
この写真を見てわかった気がしました。
父親の顔が派手系なんだわ。私、似てるし。

image

人は自分に似た顔を好むというけど、
きっと薄い顔は見慣れないから
違和感があるんだわ。



13 décembre 2017


「私、デートしたんだ」
ついに昨日ハニーに言いました。
「今度ディナーした後に六本木を散歩して
  それから彼の家でフランス映画を観ようって」

ハニーは一瞬たじろいだ後に言いました。
「あ、そう」
「残念ながらその日は都合が悪かったので
  お断りしたけど、また誘われると思うわ」
ハニーは黙って聞いていました。

で、更にその話を詰めようとしたら
「そういう話は聞きたくない」と逃げ、
終いに「頭が痛い」と言い出しました。
またそれ?

嫌な話をされると頭が痛いとか言っちゃって
すぐに具合が悪くなるんだから。
実際、ガイジンのくせに寒がりだし、
冷え性だからすぐ風邪引くし、
図体がデカイくせに虚弱なのよねえ。

私は強気で尚も食い下がりました。
「でも、そういうワケにはいかないのよ。
  あなたの気持ちをちゃんと聞いておかないと。
  あなたは私のNo.2になる気ある?」

ハニーは私を止めることができない立場だと
承知しています。
そしてこのズルイ男は居心地の良い今の状況を
変えるつもりがありません。
というか、何も考えたくないのね。

「でね、近いうちにカギを返してって
  いうことになるかもしれないから、
  覚悟しておいてね。
  バッティングしたら困るしね」

私はポールと親しくなっても
簡単に家に入れるつもりはありませんが、
この位のことを言っとかなくちゃね。
ついでにダメ押しのカウンターパンチ。
「私のごはんを食べられるのもあと数回かもよ」

するとハニーはちょっと考えた後、
すました顔で言いました。
「大丈夫。そんなことにはならないから。
  自信あるから」 
何それ? その自信はどこから来るの?

そして「カギは返さないから」
とニッコリ笑うんです。
何なんだ、そのノリは。
また逆切れするかと思ったのにこんな作戦?
やだぁ、このまま押し切られそうだわ。。。

なんだか馬鹿らしくなった私は
それ以上その話をするのはやめて
いつもの様に食事の支度をしました。

向かい合って食べながら彼の顔を見ていたら
超マイペースで自分勝手な態度や
モリモリ食べる旺盛な食欲や
真剣な顔で仕事の悩みを話す姿に
すっかり馴染んじゃってる自分を感じました。

ま、いいか。

ポールとはこの先どうなるかわからないし、
彼が本気でパートナーを求めていても 
高校生の1人娘が独立するまでは現状維持です。

私の生活は今までと変わらないわけだし、
それなら今どちらかに決める必要はないかもね。
相手はフランス人なんだし、
この際、私もフランス式でいくわよ。

てなわけで、当面はボーイフレンド2人という 
状態になりそうなのですが
なんか結果が見えてる気がしてきた。
ハニーとは磁力が働いちゃってるからなぁ。
あのオトコ、確かに魅力的なのよ。 




12 décembre 2017

img_point_outline

今って第2の世紀末な感じなんですか?
近頃、海外ドラマは悪魔ブーム。
少し前「ダミアン」というのが始まったと思ったら
今度は「エクソシスト」だって。

「オーメン」や「エクソシスト」は
今更観る気がしないけど、
1つだけお気に入りのドラマがあるんです。
それはAXNで放映している「ルシファー」。
ジェリー・ブラッカイマー制作総指揮。

美人刑事クロエがルシファーをパートナーに
事件を解決する刑事モノなのですが、
ルシファーって、つまりは悪魔。
人の心の奥に眠る本音を引き出すことができ
その能力が事件解決に役立つわけです。
でもクロエは彼の正体を知らないのね。

ルシファーは元々天使だったのが
神に命じられて地獄の統治者になった過去があり
背中には翼を切られた跡があったりします。
ところが地獄の生活に飽きて
勝手に休暇を取り地上に来ちゃった。
で、ロスでナイトクラブを営んでいます。

なので時々別の天使がやって来て
「地獄に戻れと父が言っている」
と警告されるんだけど、ルシファーは無視。
そのやり取りも面白い。

ルシファーに見つめられると誰でも
隠している本心を話してしまうのですが、
なぜか主人公の美人刑事には効かない。
それどころか一緒にいると人間みたいになって
不死身のはずが怪我をしたり。

人間の行動に感動して徐々に影響を受ける
悪魔の姿がユーモラスでもあり可愛くもある。
元々天使だからなのか、根が素直なのです。
あんな悪魔だったら友だちになりたい。

ルシファーを演じるのはトム・エリス。
これがイケメンなのでございます。
とぼけた悪魔にピッタリ。
ハマリ役だと思います。

刑事クロエ役はローレン・ジャーマン。
AXNの人気番組「シカゴ・ファイア」で
まさかの殉職をしたと思ったら
この番組に出るからだったのね。 

このシカゴ・シリーズにもハマっていて
「シカゴ・ファイア」「シカゴPD」
そして新番組「シカゴ・メッド」は、
ファイアの消防士のお兄さんが
メッドのお医者さんだったりして
番組同士がクロスオーバーするのも面白い。

海外ドラマ大好き。
ああ、ますますテレビっ子になっちゃうわ。