février 2017

28 février 2017


妹はヒーラーだし
従姉は霊能者として旧防衛庁の仕事をしていたし
霊界の宣伝マンだったあの人は親戚だしね。
曾祖母からこっち身内はそんなのだらけ。
多分曾祖母以前から続いているんだと思う。

なので私にとって、目に見えないものや
目に見えない力は当たり前のように存在するもので
過去とか未来とか色んな次元とかは
パラレルに存在しているんだと
何となく思いながら生きてきました。

でも、そういうのは
取り立ててどうということのない
性格の違い程度の個性で、
むしろ大事なのは動物的勘だと思うんです。

私は過去や未来は見えません。
でも動物的勘は人一倍鋭い。
その勘が自分の道を自然と選ばせ
その時々で一番良い方法を選択させ
私の人生を「OK!」と思えるものにしている。

これってスピリチュアルの括りに入ることではなく
何度もいうように五感を磨くという
ごく当たり前のことなんですね。
普段の生活の中で
色んなものに感動して生きていくということです。

スピリチュアルが何を指すのだか
よくわからないけど
そこにハマる人たちを見ていると
五感がうまく使えていないことが多いです。

感覚が鈍っているから何が本当かわからなくて
自分が信頼できないから
ヒーリング系の様々に頼ることになるのね。
まずは五感を磨く生き方をしようよ、と言いたい。

私、所謂スピ系があまり好きではないんです。
特に過去世に遡るヒーリング系のものは苦手。
てか、キライ。(あ、言っちゃった)

私は輪廻転生を信じているし
訳もなく懐かしくて魂が震える時代があって
きっとその時に生きていたんだろうと思います。
でもそれは、とっくの昔に終わった過去のことで
現在の人生には関係のないことです。

脳は正常な生存に邪魔になる記憶を
自動的に消すようにできているんです。
自己防衛本能です。
人は忘れるから生きていけるともいえる。

余程の理由がない限り
忘れていることは不必要なものです。
深刻な病気で専門家の治療が必要な場合
退行催眠を使うことはあるでしょうが
そういうのは特殊なケースです。

今の人生においてさえそうなのに
過去生の記憶をわざわざ掘り起こすとか
過去生の自分を癒すなんて
ナンセンスだと思うんです。

前世が何だったのか考えるのは面白いけど
そもそも過去にフォーカスすることに意味がない。
フォーカスするなら未来だよね。
そして、未来を良くするのは今の自分。

というわけで、明日から3月。
春を探しにお散歩に出かけてみてはいかがですか。


   
いつも読んでいただきありがとうございます。
ポチしてくださると励みになります♪
           

27 février 2017


睡眠には成長、回復、記憶の整理という
主に3つの役割があるそうです。
そういうのは何となく知っているけど
普段はそれを意識することはありません。

ところが夕べは
眠りによる回復のチカラを実感した。

加減を知らない私は
一気呵成に片付けを終わらせようとして
限界まで働いてしまったんですね。

何しろ夕べはどろどろに疲れていて
もう起きていることができない位だったのです。
カラダが悲鳴を上げている状態。

娘が泊まりに来ていたのですが
「ごめん、私はもう寝ます」
とさっさとベッドに入り、そのまま爆睡しました。

新しい寝室は超快適でよく眠れるんです。
元々眠るのは得意なんですけど
それにしてもぐっすり眠れます。
真ん中の部屋で窓がないから真っ暗になる
というのが大きなポイントみたい。

以前の寝室は2面に窓があったので
朝になれば自然と明るくなります。
ところが今度は朝になっても真っ暗なのだ。

でも、体内時計というものスゴイ。
ちゃんと7時になれば目が覚めます。
昨日も日曜日だというのに7時に起きましが
起きたときにはもう疲れが取れている。
あんなに疲れていたのに。

睡眠ってホントにスゴイわー。

ココロとカラダに蓄積した疲労を解消し
ダメージの治癒を促進することが
回復における眠りの役割だそうですが
確かにひと晩寝たら何でも治る。

肉体であればケガや病気が、
精神であればストレスや気分の落ち込みが、
知的機能であれば脳に蓄積された疲労が
眠ることでぜーんぶ解消されちゃうのです。

成長ホルモンというと子供の成長や
美容のことくらいしか思い浮かびませんが
血圧や血糖値などを一定に保ったり
細胞の再生を速めて肉体のダメージや
疲労の回復を早める役割をするんですね。

さらに睡眠は心理的ストレスへの耐性を高め
ココロの健康を維持するために不可欠なもので
眠ること自体が精神的なストレスの
解消法になるということ。

確かに、よく眠っている人で
精神的な問題を抱えている人はまずいないもんね。
というわけで、みんな早く寝ましょうね。


  
いつも読んでいただきありがとうございます。
ポチしてくださると励みになります♪
           

26 février 2017


仏壇を整えていて
今更ながら思い出した母の命日。
平成22年の7月22日だった。
あら、22のダブルじゃない。
そして新しい住所を書いていたら番地が22でした。

繰り返しになりますが、
数秘術において22という数字は
マスタービルダーと呼ばれ
"創造の熟練者"という意味を持ち
ビジョンを現実化する力を指します。

そして2という数字のメッセージは
「自分の道を信じて信念を貫く」
神様は余程私に信念を忘れるなと言いたいらしい。
はい、わかりました。
頑張ります!

ところが、

流石に引っ越し疲れがピークに達して
夕べは10時に寝落ちてしまいましたよ。
ブログも書き損ねてしまった。涙

だって、引っ越ししてたった2日で
納戸を除きほぼ完ぺきな状態にしたんだもん。
収納に必要な棚まで大工仕事で作っちゃって
そりゃもう大変な騒ぎであります。
たった1人でここまでやっちゃう私って
天才だと思うw

それもこれも自分の思い描いたものを
イメージそのままの形にしないと
気持ちが悪くて仕方がないから。

犬でも猫でも眠るときは
自分のベッドを前足で整えて
居心地の良い状態を作るじゃないですか。
アレと同じだと思うのね。

で、この強いイメージ力が
私の引き寄せ上手の理由なんだなぁ
と思ったりするのです。
何に関しても曖昧なイメージってないから。

住まいというものは、
明確なイメージがあって
そこに向かって作業をすれば
必ず思った通りの形になります。

自分の未来も同じことで
明確なビジョンがあって
それに向かって行動を起こせば
必ず思ったような形になる。

そういう感じでここまで来た気がするんです。
2のゾロ目だからね。
自分の道を信じて突き進むわよ。


  
いつも読んでいただきありがとうございます。
ポチしてくださると励みになります♪
          


24 février 2017


キッチンを片付けていて思いました。
食器の数も多いけどキッチン用品の量も多い。
どんだけ料理をするんだっていう数の
キッチン用品が揃っているのに
1人になってからはサボりっぱなし。

それで気づいたのは
私ってごっこ遊びが好きなんだということ。
お料理を食べさせる家族がいる間は
毎日シェフごっこをしていたんだわ。

シェフなんだから和洋中どれでも
完璧な料理を提供する必要があります。
器だってお店みたいでなければならない。
なのでどんどん器が増えちゃう。

ある時は料亭、
ある時はイタリアンレストラン、
ある時は中華料理の店。
それぞれの料理に合った器が必要になる。

食器棚の奥には遥か昔に香港に行ったとき
機内に持ち込んで抱えて帰ってきた
蓋つきのスープボウルがあったわ。
友だちにあげちゃったけど。

料理は嫌いじゃないし、
今だって誰かが来れば張り切って作りますが
そこにテキトーの文字はないんだな。
やるとなったら完璧を目指しちゃう。
これは性分だから仕方ありません。

同じことがすべてのことに当て嵌まります。
着物といえば着物をとことん。
凝っていた頃はヤフオクの常連で
着物やら草履やら色々買っていました。
ヤフオクだから洋服程度の値段なんだけど
引っ越しのとき草履だけで1箱あったわ。

あの頃は着物屋さんごっこをしていたんです。
樋口可南子さんと大橋歩さんの着方が好きで
彼女たちの着こなしを真似っこしたな。
そのうち着物コーディネーターごっこに
移行していったりして。

骨董は学生の頃からだから歴史は長いのですが
古伊万里から始まって古道具やアフリカ物や
それはもう色々集めました。
白洲正子に憧れて民芸っぽいものに走ったり。
そのうちにギャラリーごっこが始まります。

私はパリのケ・ブランリーという美術館が
大好きなのですが
そこはプリミティブアートの美術館なんです。
そういうのはいっぱい持ってるから
家の中でプチ・ケ・ブランリーごっこ。

そんなことばかりしてたからなんだね。
私の家にモノが多いのは。
でも、こうしてモノが収まってみると
やっぱりどれも好きなものなんです。
結局、場所が変わっても
美術館ごっこは続いています。

考えてみたら、
子供の頃もごっこ遊びが大好きだったからね。
私はあの頃からずっと
ごっこ遊びを続けているんだね。


  
いつも読んでいただきありがとうございます。
ポチしてくださると励みになります♪
         

23 février 2017














引越しが無事に済んで 
いよいよマンション生活が始まりました。

マンションってあったかーい。
エアコンが入るのが明日なので
娘がダイソンのヒーターを貸してくれたのですが
それだけで十分暖かい。

何しろ一軒家は寒いのであるよ。
特にウチは日当たりが悪かったので
冬は横浜のシベリアと呼ばれていました。
それと比べると天と地の差。
一日中明るいし遠くの山に陽が沈むのが見えて
何とも快適であります。

がしかし、

家具が入ると思ったより余裕がなくて
ソファを置くスペースがないではないか。
ああ、憧れのソファは一生憧れで終わるのか。。。

あんなに毎日インターネットで研究したのに、
何度も家具屋さんを見て回ったのに、
ソファに寝っ転がってテレビを見る夢は
どうやら叶わないようです。涙

そして、あんなに捨てて来たのに
まだ死ぬほどモノがある。
私ったらどんだけ増やしてしまったのかしら。
これを全部収めるのは至難の技です。
収納が多いのも良し悪しと思ったけど
少ないのもまた問題です。

でも、寝室にはウォークインクロゼットがあるので
洋服は美しく収まりました。
ウォークインクロゼットってステキだわ。
こんなの憧れだったのよ。

ベッドもちゃんと2台入ったしこちらはカンペキ。
壁に絵を飾りたいね。
壁面が真っ白だから2枚かけてもいいな。
どれにしようかな。
墨絵作家だから絵には事欠きません。

とまあ、100%とはいきませんが
全体としてはなかなかいい感じであります。
当分はダンボールと格闘しそうですが
ボチボチやることにしよう。


22 février 2017


エンジェルナンバーってよくわからないし
あまり信じてもいないのですが、
この頃よくゾロ目を見るんです。

1月11日には、車に乗っていてふと時計を見たら
11曲目のときに11時11分だった。














あら、なんだかいい感じだわと思って
エンジェルナンバーを調べたら数秘術なんですね。
「エネルギーの通り道が開きました。
  あなたの思考は素早く現実のものになります」
だって。

それは私の得意技だわ。

引っ越しの今日は2月22日。
昨日廃棄業者の人が来て寝室の家具をどけたら
10円玉2個と1円玉2個が落ちていました。
あら、また22だわ。
それで22を調べたら「信じる心を持つ」だって。

=====
22という数字は、数秘術において
マスタービルダーと呼ばれています。
つまり"創造の熟練者"ということです。
現実が思考やアイデアによって
生まれることを理解し、
ビジョンを現実化する力のある人のことです。
=====

2という数字は
「信念を貫いてください。
  自分の道を信じてください」
という意味らしい。

ふーん、なんか面白いわね。
こういうのはおまじないだと思っているので
だからどうということはないけれど
それでも「信念を貫く」なんて言われると、
雑事に負われて後回しにしていたことを
思い出します。

信じる心を持つ、か。
そうだね、色んなことを信じてみよう。
まずは自分自身を。
そして私を取り巻く人たちを。
てか、とっくに信じているんだけどね。

私は今、持つべきものは友だなと
つくづく思っているのです。
引っ越しのことで色々助けてもらって
ほんっとに助かってる。
私1人ではどうにもならなかったもん。

ハニーも「手伝えなくてごめん」
と言いながら色々と気にかけてくれます。
昨日の朝も私を励ましに来てくれた。

私には信じられる友だちがいて
ハニーという恋人もいる。
そして自分の道を信じている。
うん、バッチリじゃない。


 
いつも読んでいただきありがとうございます。
ポチしてくださると励みになります♪
        


21 février 2017


いやはや、引っ越しというのは大変なものです。
今日は廃棄業者さんが来て
不要なものを全部持って行ってもらうのですが
廃棄するものの量がハンパない。

業者さんも想像以上の量に
一瞬唖然としていましたが、
「いや、僕の見積もりが甘かったんで
  仕方ないっす」 
ということで気持ちプラスしてお支払いする
ことで納得していただきました。

それにしても、
収納が多いのは良し悪しだと思った。
我が家には各部屋にクロゼット、
長女の部屋には1間の押入れ、
1階には半間の物入れ、
そしてロフトまであります。

ロフトの中なんて
ここに引っ越してきた時に
とりあえず入れておいた段ボールが
そのまま入っていたりもする。
1階の物入れも殆どが要らないものではないか。 

収納がなかったらその都度
要るものと要らないものを分けるのに、
入れる場所があると「とりあえず」入れて
そのまま忘れてしまいます。
ホント、ビックリするようなものが入ってる。

意外と多いのが紙類。
電化製品の取説などは
殆ど開かないまま仕舞ってあって
もう今はない製品のものまで全部あった。
今はインターネットで調べられるんだから
あんなものはすぐに捨ててもいいね。
教訓にしよう。

もう必要のない書類もいっぱい。
郵便物ってポストから出した時点で
捨てるものと開封するものを分けないと
すぐに机の上に山積みになりますね。
それにしても必要のないDMの多いことったら。
DMはやめてほしいよ。

幸い新居の収納は今のように多くないので
スッキリと暮らすしかありません。
これからは家に持ち込むものを
厳しく吟味するつもりです。

というか、モノを持ち込まない。
そうだ、モノとの決別だー!
って、今だって十分に多いんだわ。
決別というより打ち止めだった。笑


  
いつも読んでいただきありがとうございます。
ポチしてくださると励みになります♪
        

20 février 2017

c68b1722

段ボールだらけの部屋の中。
大幅に断捨離したつもりなのに
食器だけで12箱ある。。。
花器だけで3箱もある。。。
この荷物、全部収まるのだろうか。

食器棚が空になり、
下駄箱も空になり、
クロゼットも空になって
昨日は近所に挨拶に行きました。

もう私の家ではないこの家で
段ボールに囲まれながら
色々なことを思い出しています。

子どもたちが育った家、
アレックスと暮らした家。
一軒家に住まなければ大型犬は飼えなかった。

犬は感情の豊かな動物です。
笑いもするし泣きもする。
特に家の中で一緒に暮らしていると
日常会話くらいは十分に成立するほど
人間の言葉を理解します。

ラブラドールは表情が豊かで
特にしょんぼりしたときの表情が可愛い。
悪いことをして叱られたり
お留守番をさせられるときに
耳をぺったんこにして上目遣いで見る姿が
なんとも可愛くてね。

嬉しいときにはニコニコ笑うし
娘たちが喧嘩をしていると仲裁に入ります。
本当に賢かったなぁ。

おもちゃが大好きで15個くらいあったけど
夫々に名前を付けたら教えたそばから覚える。
で、「〇〇を持ってきて」と言うと
迷わずそれを持って来るんです。

怪我や病気をしたことがなくて
予防接種以外は獣医さんに行くこともなかった。

でも14歳になった頃には、
ひと月が1年位の速さで年を取っていきました。
最後は老衰でヨレヨレだったけど
最後の最後までお散歩に行きたがった。

15年と2か月と2日。
アレックスと一緒に過ごした年月です。
この家に住んだ21年のうち
15年以上一緒にいたのだから
この家の1番の思い出はアレックスだな。

大型犬がいるとフローリングが傷みます。
傷だらけこの床とももうすぐお別れ。
私のことをいつも見ていて
いつでも待っていてくれたアレックス。
あんなに一心に愛してくれてありがとう。

新しいマンションはペット不可です。
ちょっと残念ではあるけど
これで "猫を飼う独身女" にはならなくて済む。
ペットがいない生活にもすっかり慣れたし
優雅な独り暮らしを満喫することに致しましょう。
  

 
いつも読んでいただきありがとうございます。
ポチしてくださると励みになります♪
        

19 février 2017


スキージャンプで
歴代最多勝利になった高梨沙羅ちゃん。
メイクでキレイになったと評判です。

沙羅ちゃんに限らず
最近のスポーツ選手はみんなキレイ。
昔、選手のスッピンが当たり前だったのは
「化粧なんかする暇があったら練習しろー!」
という体育系丸出しの世界だったからだと思う。

でも今やスポーツ界では
選手のためにメイクレッスンを開く程
メイクを推奨しているらしい。
メイクをルーティーンに取り入れることで
スイッチがオンになるからです。

沙羅ちゃんも言っています。
「身支度をすることでスイッチが入り、
 オフがオンになる。戦闘モードになる」

それ、すごーくわかります。
私も朝メイクするまではぼーっとしている。
でも鏡の前でお化粧をしているうちに
どんどん気持ちがオンになっていきます。

私は新宿へ仕事に行かない日も
必ずお化粧をしますが
それは家でダラダラしないため。
家でいつまでもスッピンでいると
ほんっとにスイッチが入らない。

今だって引っ越しの荷造りをするのに
スッピンだとなかなかヤル気が起きません。
で、メイクをしますとですね。
沙羅ちゃんじゃないけど
戦闘モードになってバリバリ働けるんです。

山田コーチも言っているように
メイクすることでメンタルコントロールが
できるんですね。
こんな簡単なことでスイッチが入るんだから
女って得だと思うわ。

メイクといえば、
私の美容師さんが同窓会に行ったんですって。
彼女は42歳には見えない程若くてキレイです。
でも同級生の女性たちは残念な人が多かったって。
その1番の理由がメイクだというのです。

みんなお化粧が濃いんだって。
同窓会だから若作りしようと頑張り過ぎたのか
ファンデーションも厚塗りだし
ポイントメイクも濃い。

彼女のお客さんは年齢より若い人が多いから
それが基準になっていたらしく
同級生たちの残念な感じにショックを受けた
と言っていました。

メイクは大事。
キレイになるためにもスイッチを入れるためにも。
ファンデーションはナチュラルに、
眉毛は自然な形にきちんとね。
細い眉は老けて見えるからNGよ。
これがナチュラルメイクのポイントね。
  

 
いつも読んでいただきありがとうございます。
ポチしてくださると励みになります♪
       

18 février 2017

f5409391

人は誰でも自分の中に
花を咲かせる種を持っています。

どんな風に咲かせるか
いつ咲かせるかは人それぞれ。
若いうちにパーッと花開く人もいれば
大器晩成型の人もいます。

咲かせ方もそれぞれですが
外に向かって咲かせる人と
内に向かって咲かせる人がいるのかな。

傍目から見ても華やかと映る人は
外に向かって思いっきり花を咲かせる人です。
そういう人はエネルギッシュで
他を圧倒する何かを持っていて
いつかひと花咲かせたいという
野望を持っていたりする。

パワフルな人は人を惹きつけるから
本当にひと花咲かせることもあるでしょう。
本物の花に例えるなら真っ赤なバラ。

一方、内に向かって咲かせる花は
人からは見えない小さな花です。
野に咲く花のように
自分の中にひっそりと咲かせる花。

それは好きなお稽古事を
極めようとすることかもしれないし、
自分の中の小さな目標に向かって
進んでいく姿かもしれません。
或いは人知れずコツコツと
何かを追及することかもしれない。

人の評価とは関係ないところにあるものだから
これはただ自分のためだけに咲かせる花です。

バラは野の花になれないし
野の花はバラにはなれません。
バラの人は輝きを放ちながら咲き誇ろうとするし
野の花の人は内に秘めた情熱をもって
静かに自分を高めようとします。

これはもう性分の問題ですから
それぞれの持ち味で咲けばよいのです。

どちらの花であっても
花を咲かせようとするエネルギーを持つ人は
美しく魅力的だから。

大切なのは自分が何者であるか知ること。
ほかの誰かを真似することも
誰かになろうとする必要もない。
自分の価値は自分で決めればいいんです。

自分に合った生き方をしている人だけが
自分らしく豊かで輝く人生を
送ることができるのだと思う。
  

 
いつも読んでいただきありがとうございます。
ポチしてくださると励みになります♪