octobre 2016

31 octobre 2016


久しぶりに家族全員が家に集まりました。
それぞれの荷物を整理して
必要なものを持って行くためです。

午後からはまた内見の人たちが来るので
タイムリミットは12時半。
朝9時から始めて3時間半、
脇目も振らず片付けていきます。

元夫はベッド2台と本棚を持っていくと言って
タウンエースを借りてきました。
長女の夫が友だちを1人動員してきたので
男手は3人あります。

山ほどあったLPも夫と分けて
私の部屋の棚はスカスカになりました。
娘たちの部屋からは20袋程のゴミが出ました。
でも、まだまだ。

元夫とは憎み合って別れたわけではないので
穏やかに話ができます。
コーヒーを飲みながら一緒に写真を見ていると
まるで何事もなかったかのように和やかで
不思議な気持ちがします。

「この家族のままでいる
 という選択もあったのかな」

ふと、そんなことを思い想像してみました。
別れた人とはいえ長い付き合いなのです。
家族愛みたいなものはある。

でも、やっぱり違う。
想像した世界は私のものではありません。
私はもう違う世界を生きています。
彼にとってもまたそうです。

たまに会うからいいんだわ。
みんな、たまに会うのがいい。

家族が帰って行くと、
私は娘たちの部屋を更に片付けました。
家具が減った部屋がやけに広く感じます。
誰かの部屋だったものが
誰のものでもなくなっていくのは寂しいものです。

そういう寂しさを味わっている自分を
もう1人の自分が眺めて言いました。
「こんなのも、たまにはいいわ」

そこに、ハニーから電話が来ました。
「ハニー、物が減ったらちょっと寂しいよ」
すると彼が言いました。
「大丈夫だよ。僕がいるから」

そうよ、私には新しい世界があるんだ。
家族みんなと同じようにね。

さあ、午後からはまた内見会です。
ピカピカに掃除して
お客さんを迎えなくちゃ。 


              
いつも読んでいただきありがとうございます。
ポチしてくださると励みになります♪
                  

30 octobre 2016


生まれた日によって
決まった星があるというのは
すべての占いに共通する考え方です。

マヤ歴では「KINのごとく生きている」
と言われた私ですが、
今度は四維八干という陰陽師の命術の話。

私は「地の月氣質(地月人)」 らしいのですが
その星の性格というのがまさに私そのもの。

まず、「こんな人」というところを読むと
・世話好きで無私無欲
・頼られると一所懸命
・気配り目配りができるので過保護になりがち

やだー、なんでわかったの?
確かに私は世話好きよ。
「私を上手に使ってー」と思うのも
頼られると一所懸命になる性格だから。

子供たちにも過保護だったし
今はハニーを甘やかしてる。
これ、星だから仕方ないわけね。

更に「性格詳細」にはこんなことが。

========
表舞台に立つことを好まず
努力している人を陰でサポートすることに
喜びを感じる、筋金入りの「ナンバー2」です。
「世のため人のため」を貫くことで
不思議と金運にも恵まれるという
他の氣質とは異質の氣質の持ち主です。 
========

筋金入りのナンバー2!笑
ホント、その通りだわぁ。
小学生の学級会から娘の幼稚園の役員まで
ずっと書記だったし。

職場でも、ボスを支える参謀的な役回りが
自分を一番発揮できるポジションでした。
そういうの、大好きなのよー。
表舞台に立つポジションを打診されたときは
それを人に譲ってトレーナーになったんだ。

私は自覚しています。
ナンバー2のポジションに喜びを感じる。
やっぱり星ってあるんだねぇ。

これが当たってるってことは、
「世のため人のため」と思って行動していれば
私は自然と金運に恵まれるってことね。
あーら、なんて簡単なのかしら。
人を喜ばせていれば豊かになれるなんてね♪ 

占いってバカにできないわね。


              
いつも読んでいただきありがとうございます。
ポチしてくださると励みになります♪
                  


29 octobre 2016


ハニーは来週月曜日から1週間
仕事で静岡へ行きます。
毎年この時期に行われるイベントで
外国人タレントのお世話をするのです。 

本職とは関係のないオマケの仕事ですが
世界中から来るタレントの言語に対応するので
ギャラがとても良いのです。
マルチリンガルって便利ね。

この仕事をする時期は
彼と泊まれる年に1度のチャンス。
織姫と彦星であります。
去年も一昨年も私は彼の部屋を訪ねました。

その去年の出来事。
私は彼の宗教上のタブーに触れて
彼を死ぬほど怒らせてしまったのでした。
詳しくは過去記事「グッバイ、ハニー」へ。

その頃私は、いつも側にいてくれる
ライフパートナーが欲しいと思っていたので
ハニーとは別れるつもりで色々算段していました。
なのに、これがなかなか上手くいかなくて。

でも、思いがけない展開で突然別れがやってきて
私は宇宙に強制終了されたのだと
大いに納得したのでした。
でも結局、再起動しちゃった。

あれから1年が経とうとしています。
この1年の間に私たちの関係は
とても安定したものになりました。

丁度いいツボにピタッと嵌ったような感じ。
彼が私に求めるものと
私が彼に求めるもののバランスが取れていて
お互いにとても居心地がいいのです。

こんな形もアリだと私が受け入れたからだと思う。
これが今の自分にとって一番自然なんだと
認めざるを得なくなっちゃったのね。

今週は毎日一緒にいました。
火曜日なんて、朝8時半から夜11時まで
一緒にいたんだよ。
もう、お腹いっぱいであります。

こうなると、わざわざ静岡まで
会いに行く必要がなくなります。
泊まりに行っても、どうせ彼は勉強してるから
邪魔しないように静かにしているしかないし。

去年の今頃は、彼に対する気持ちは
愛というほどのものではないと思っていました。
でも、今は愛だと言える。

だからといって、
私は永遠を求めたりしません。
人の気持ちも何もかも変化するものだから。
何かが生まれたり、何かを失ったりするのは
宇宙の基本法則です。
私はただ、今のこの時間を味わうだけ。

今週ずっと彼が座っていた椅子に
今日は彼がいません。
いないことが不思議なくらいだけど
離れていても大丈夫。
ちょうどいい感じで繋がっているからね。

今日は久しぶりに映画を観に行こう。


              
いつも読んでいただきありがとうございます。
ポチしてくださると励みになります♪
                 

28 octobre 2016

image

スマホで簡単に写真を撮れる時代。
シャッターを押す機会は以前に比べて
圧倒的に増えました。

美味しいものを食べればパチリ。
きれいな風景を見ればパチリ。
友だちと一緒にパチリ。
自撮りをパチリ。

いくら撮ってもデータだから
嵩張ることはありません。
後で要らないものは消せるので
深く考えずにいっぱい撮っちゃう。

でも、ひと昔前までは紙焼きが中心。
娘たちが小さいときの写真は全部紙だし
当然、私の昔の写真はすべて紙です。
アルバムの数もすごい。

その割に写真って
広げて見ることは意外と少ないですよね。
そこにあるだけで安心する感じ。
でも、アルバムは結構な場所取りです。

それで、断捨離女としては
写真をなんとかしようと考えています。

私は長女なので、小さい頃の写真だけでも
アルバム2冊分くらいあります。
でも、それは私以外の誰にも価値がないもの。

若い頃の写真も物凄い量ですが
私がいなくなったとき、
それを処分するのは娘たちです。

自分の写真を捨てるのは簡単でも
人の写真を処分するのは心苦しいものです。
母が亡くなったときに思ったもん。

妹は、東京から京都へ引っ越すときに
小学校、中学校、高校の時の写真を
それぞれ1枚ずつ残して
あとは殆ど処分したそうです。

あの時は「勇気があるなぁ」と思ったけど
今になってみると、それも悪くないと思う。
1枚ずつというわけにはいかないまでも、
コンパクトに収まる程度に整理しようと
アルバムを取り出しました。

それぞれのアルバムから
気に入った写真を外していきます。
学生時代は海とパーティの写真ばかり。
いつも同じメンバーの御一行様だわ。笑
こうしてみると、学生時代は濃かったなぁ。

結局、12冊のアルバムだったものが
小さな箱に収まりました。
これが私のこれまでの人生。
といっても、最近の写真はデータだから
30代までのものかな。

元夫にも分けてあげようと
少しだけ彼用によけました。
あまりあっても邪魔になると思うから少しだけね。
なにせ中学生の頃の写真まであるから。

因みに、私の小さい頃の写真は
両親が作ってくれたものなので
もう暫く手元に置いておくことにしました。

処分した写真は膨大ですが、
頭の中のメモリにデータとして保存されています。
いつだって鮮明に思い出せるし
おまけに頭のメモリには動画も入っています。

だから紙で残さなくても大丈夫。
過去より未来だから、ね!


              
いつも読んでいただきありがとうございます。
ポチしてくださると励みになります♪
                

27 octobre 2016


好きな物に囲まれていると元気になるのは
モノにエネルギーがあるからです。 
私の場合、かなりエネルギーの強いものが好き。

こんなんとか・・・

image


こんなんとか・・・

image


こんなんとか・・・

image

うつわも、作家ものやら骨董やらなので
とにかく重いんだな。
備前なんて、実際に重量もある。
ふー、重っ。

なので、引っ越しをしたら
このエネルギーレベルを
少し下げたいと思うわけです。
もうチョット軽やかな感じにね。

とはいえ、これらの家具やオブジェは
私の魂が喜ぶものなので手放せません。
ここが私の中の大いなる矛盾なのよね・・・

となると、私にできるのは中身を軽くすること、
これに尽きるわけです。
それで私は本格的に整理整頓を始めました。

せっせと片付けていると
殆どの物が要らなかったりする。
本当に必要なものってそんなにないんだな。

どんどん捨てて中身をコンパクトにすると
見た目は変わらないのに
なんだか空気が軽くなった感じがします。
物質はエネルギーだとつくづく実感。

リビングの隣には和室があって
戸を開け放しひと続きにして使っています。
好きな家具が置いてあるのに
そこで作業をすることがないので
普段はあまり気にしない場所でした。

この部屋はなんだか重たい。
物が多いということもあるけど
物のエネルギーだけのせいではありません。
部屋を可愛がっていないからいじけてるの。
全部の窓を開け放すこともあまりないし。

ところが、
部屋中の窓を開けて片づけを始めると
すーっと風が通り抜けて、
なんて爽やかな空間だったのだろうと
新鮮な驚きを感じました。
今まで大事にしなくてゴメンネ。

私は自分の趣味に合わないものは
家に持ち込まないので
ここにあるものは好きなもの、
或いはかつて好きだったものだけのはずです。
それなのに要らないものがこんなにあるなんて。

減らさなくちゃ、どんどん。
次は写真だな。


              
いつも読んでいただきありがとうございます。
ポチしてくださると励みになります♪
                

26 octobre 2016


「フランス語には魔力がある」
と言ったのはある友人でしたが、
その通りだと思います。

彼女は、20年もフランス語を勉強していながら
全然好みじゃない男性に「ボンジュール」
と言われただけで気絶しそうになったらしい。

まあ、それは少々大袈裟だとは思いますが
そのくらいフランス語には色気があります。

アイラブユーとジュテームでは
波動が違う・・・ように感じる。
これは多分受け取る私の問題なのでしょうけど
なにせフランス語は素敵なのです。
 
さて、11月にはペラペラのはずだったのに
一向に進んでいない私は
今更ながら「アメリ」を買いました。
何度観ても好きだわぁ、これ。
繰り返し観て、丸暗記大作戦だ。 

フランス語が遅々として進まない私とは対照的に
ハニーは文法も語彙もぐんぐん覚えて
日本語能力検定N1合格に近づいていきます。
今週は毎日ウチに来て一緒に勉強するんだって。

今日も朝からやってきた彼は
私の目の前で勉強しています。
私はブログを書いたり、フランス語の勉強をしたり
時々彼が質問するのに答えたり、解説したり。

彼が答え合わせの番号を読み上げるとき
アン、ドゥ、トロワとフランス語なのが
なんだか嬉しくて
「やっぱりフランス語には魔力があるわ」
と心の中で笑ってしまう。

毎日一緒にごはんを食べるから
私は張り切ってお料理をします。
人のためにお料理するのって楽しいわ。

ハニーは、「フランスは好きじゃない」
と言いながら、やっぱりフランス人なのです。
パンやチーズの話をするとき、
フランスの食文化に対する誇りを感じます。
やっぱり、フランスは「セ・ボン」な国だわ。

彼が長文読解の練習問題をしている最中に
ダーリンからメールが来ました。
私はその中の1つの単語がわからなくて
ハニーに聞きます。
「フランス語の読解をお願いします」
便利であります。

勉強に疲れると私たちはお昼寝をします。
本当にお昼寝するんだよ。
彼にギュッとされて赤ちゃんみたいに眠るの。
気持ちいいんだ、これが。
リフレッシュするとまた勉強。

こんな風に、
私たちは教えたり教えられたりしながら
日がな1日過ごします。
なんて素敵なのでしょう。

「ジュテーム、モナムール」
そう言われて、私はうっとりします。
やっぱりフランス語には魔力がある。


              
いつも読んでいただきありがとうございます。
ポチしてくださると励みになります♪
               

25 octobre 2016


我が家の内見会に燃えている私です。

そりゃあ、私はお調子者ですが、
長年住んだ家を売ろうというのに
何故こんなに楽しんでるのか
自分でも不思議に思ってしまいます。

で、気が付いたのですね。
当たり前といえば当たり前の話ですが
それは、家を探している家族の幸せが
私に伝わるから。

まだ子供が小さくて
これから家を持とうという家族は
希望に満ちています。
間取りを見て、自分の夢と重ねて
目を輝かせています。

私だってここに越してきたときは
そうだったもん。

リビングには大きなテーブルを置いて
いつでも家族が集まる場所を作ろう。
ご飯を食べたり、宿題をしたり、絵を描いたり
子供たちがそこで何でもできるように。
そして、いずれは墨絵も教えられるように。

玄関に続くアプローチはお洒落にしたいな。
白と紫の花だけでイングリッシュガーデン風に。
果樹も何か植えなくちゃ。
イチジクはここで育つかしら。
そうだ、絶対に大型犬を飼おう・・・

などと、
あれこれ想像し、夢を膨らませながら
家が建つのをウキウキと待ったものです。

今、ウチを見に来る人たちは
まさにそういう状況なんですね。
そのワクワク感や期待感がシンクロして
私までハッピーになっちゃうんだわ。

やっぱり幸せって移るんだなぁ。 
不動産屋さんって案外いい仕事だわね。

私もウキウキしながら案内します。
奥さんには、たっぷりあるキッチンの収納や
IHの使い勝手について。
だって、女性はキッチンが一番気になるでしょ。

2階は広々とした主寝室と6畳、7畳の部屋。
まだ小さい子供たちが大きくなって
それぞれの部屋で勉強したり音楽を聴いたりする
そんなイメージが湧くような説明をします。
すると、どの家族もますます嬉しそうに見てる。

私はこれから暫くの間
何組ものハッピーな家族から
ハッピーなパワーをもらえるわけです。

お返しに、私もできるだけ良い気で家を満たして
残りの日々を過ごそうと思います。
この家に住む家族が幸せいっぱいになるように。 


              
いつも読んでいただきありがとうございます。
ポチしてくださると励みになります♪
               

24 octobre 2016


家を売りに出した途端
4組の家族から内見の予約が入りました。
週末はその人たちが見学に。

なんか、楽しーい。
はじめはチョット面倒だと思っていたのですが、
いざ人が来るとサービス精神が顔を出し
同行した不動産屋さんが必要ない程の営業活動。

私、きれいに住んでいるからね。
家の古さがそれ程気にならないかもしれない。

4組のうち3組は、
小さいお子さんがいる家族です。
そうそう、家を買うならこの時期よ。
楽しい我が家を作ってね。

納戸状態になっている娘たちの部屋も
一度解放してしまえばどうということない。
「どの部屋も2方向に窓があるから
 明るいですよ」
なーんて案内しちゃったりして。

もう、この家は私にとっても商品です。
引っ越しなんて億劫だと思っていたのに
こうなると「早く売れないかなー」と
楽しみになっちゃう。

担当してくれている営業マンに
「売り出した週に4組の申し込みがあるのは
 いいペースですよ」
と言われて、自分が褒められたみたいに
喜んでしまいます。

売買をお願いしているのは
不動産業と併せて設計もしている会社で
担当の営業マンも一級建築士。
その彼から建築やリフォームの話を
色々聞けるのもすごく楽しい。

思えば、インテリアデザイナーになりたい
と思った時期もあったからね、私。笑

こんな話も聞きました。

今、中国人のお金持ちが
日本の不動産を爆買いしています。
あるタワーマンションは
結構な割合で中国人の持ち物になっています。

でも、彼らはなんと
リッチなのに管理費や修繕積立金を払わない。
払わなくても追い出されることはないから
彼らはちゃっかり住み続けます。
すると修繕積立金がどんどん減ります。

問題は、未払いが増えると
マンション修繕の長期計画が立てられないこと。
我が家の価値が知らぬ間に下がっちゃうのね。

タワーマンションの高級な部屋を買ったつもりが
必要な修繕さえできないことになる。
当然、売るときには価値が下がっています。
いずれあちこちで問題が出てくるだろうと
営業マン氏が言っていました。

ダメよー、中国人の皆さま。
ちゃんと払うべきものを払わなくちゃ。

という話を聞くのも面白い。
早く次の人来ないかなー。 


              
いつも読んでいただきありがとうございます。
ポチしてくださると励みになります♪
                  

23 octobre 2016


私が体験した最初の震度5は
忘れもしない33年前のことでした。
その時住んでいたのはおんぼろアパートで
部屋の枠組みが左右に歪むのを見て
このまま潰れるかと思いました。

それ以前は、震度3程度、
せいぜい震度4の地震がたまにあるくらいで
そんなに大きな揺れは経験したことがなかった。

その次が、15年位前かな。
丁度、中学校の同窓会の最中で銀座にいたのですが
電車が止まり足止めされて
3次会まで参加したんだっけ。

母は博多の出身なので、
東京に出て来るまでは
地震を経験したことがありませんでした。
なので、はじめは震度3程度でも怖かったらしい。

今や、九州でも地震は当たり前になったし
震度5程度では誰も驚かなくなりました。
震度6でも「またか」と思うくらい。
まるで“もぐらたたき”みたいに
あちこちで大きな地震が起きている。

日本列島の地面の下では
何やら活発な地殻変動が続いているようです。
私は20年以上前から気づいてたけどね。

さて、今私はもっと大きな地震が
近づいて来ているのを感じています。

私はナマズですが、
地盤がずれるときに生じる何かを感知して
ムズムズするだけで場所まではわからない。

それで、どこが危ないかなって調べるわけです。
南海トラフが危ないのはわかっています。
南関東を震源とする地震にも注目しています。
これね、どっちが先かって思うんだけど
どちらかが起きたら結局全部という気もするね。

気になる地震が起きると、私は気象庁のサイトで
「震源・震度に関する情報」を見ます。
日本全国の地震情報が時系列でわかるから。

今は、もちろん鳥取の地震活動が活発です。
東北も沈静化したとはいえ相変わらず活発。
でも、その中に22日に起きた
日向灘の震度4というのがポツンとあります。
日向灘かぁ、南海トラフの西端だな。

今年に入ってからの日向灘の地震を調べてみると、
2月、3月、5月、6月にそれぞれ1回ずつ。
7月、8月に3回ずつ、
10月に入ってから既に5回。
周辺で大きく揺れてるから影響ありそう。

東大名誉教授の地震学者・村井教授が
新しい方法で予測している情報も
時々チェックします。
南関東は警戒レベル5だって。

房総半島、三浦半島、伊豆半島、御前崎付近が
が震源になるだろうと分析されているらしい。
もう、震度7がどこで起きてもおかしくないね。

そんな中でも、家を買おうという人はたくさん。
昨日も3組が我が家を見に来ました。
ウチは耐震は大丈夫だよ。
基礎を作るところから家が建つまで
毎日チェックしていたから。 
ソーラーも付いてるからお買い得であります。


              
いつも読んでいただきありがとうございます。
ポチしてくださると励みになります♪
                  

22 octobre 2016


ハニーは最近、木曜日の朝というと
仕事の前にうちに寄るのです。
たとえ30分くらいしか時間がなくても
私たちは一緒にコーヒーを飲みます。
ラブラブだからね♪ 

9時まで一緒に過ごし、彼を送り出すと
私はクルマであざみ野まで行って
駅前の駐車場にとめます。
9時12分が遅刻しないギリギリの電車なんです。

今週も、私はそんな風にクルマをとめて
電車で仕事に向かいました。
いつもは隣のたまプラーザを利用するから
帰りに間違って降りないようにしないとね。

さて、仕事が終わって
私は大江戸線の新宿駅に向かいました。
いつもは18時14分の電車に乗りますが
今日は1本早い18時9分に乗れました。
ラッキー! 

私はドアの側に立って
買ったばかりのフランス語の例文集を
真剣に読んでいました。
「なかなか役に立つ本だわ」
私は本の中に没頭していきます。

夢中になっていた私は、隣駅に着いたとき
何も考えずドア付近にいた人たちと一緒に
電車を降りてしまいました。

自分では青山一丁目で降りたつもりですから
半蔵門線に乗り換える階段を探しますが
そんなモンあるはずがありません。

「あれ?階段がない」
と思ってよく見たらまだ代々木。
無情にもドアは閉まり電車は行ってしまいました。
せっかく1本早く乗れたのに、私ってバカバカ。

気を取り直して次の電車に乗り、
今度こそ青山一丁目で乗り換えると
ラッキーなことに渋谷で座れました。
私は再び本に没頭します。

「たまプラーザ」という車内アナウンスに 
条件反射で席を立ちました。
今日は買い物をして帰る予定がないので
神戸屋で明日のパンだけ買ってバス停へ。

バスはすぐに来て順調に家に着きました。
ところが、クルマがない!

ああああああ、そうだったー。
私はあざみ野にクルマを置いたんだ。 
まったく、何やってるんだか。

でも、まあいいか。
今日はなんだか爽やかな夜。
全然疲れていないしご機嫌です。
こんなお散歩も悪くないわ。

私はそのままバス停まで歩き、
再びバスに乗ってあざみ野駅へ向かいましたが
駐車場でもちょっとしたトラブルがあって
スムーズに出られませんでした。

で、ふと頭をよぎったんです。
こういうマヌケなことが続いた後は
大抵大きな地震が来るのよね。

案の定、
鳥取で震度6弱の地震がありました。
ほらね、いつもこうなんだ。  

熊本の次は鳥取か。
ますます不穏な空気が漂ってきたね。 
南海トラフも気になるけど、 
私は千葉東方沖も心配なのよね...。