septembre 2015

30 septembre 2015


ある日、仕事先で社長に呼び出されました。
「あのさぁ、イラストを描いてくれないかな。
 墨絵を描くんだからイラストも描けるでしょ?」

いや、墨絵とイラストでは全然違うんですけど…

でも、よく聞いたら難しいイラストではないし
制作料も別途支払ってくれると言うので
それならと喜んで引き受けることにしました。
で、東急ハンズでイラスト用の素敵なペンを買い
頼まれたものを5種類描いて無事納品。
画材、好きなのよねー。

とまあ、こんな風に私は結構便利です。
そして、自分の能力を上手に使って貰うことに
喜びを感じてしまうお目出度い性格です。
いつもどこかで「私を上手く使ってー!」
と思っているので、
人に何かを頼まれると俄然張り切ります。

どうも最近そのモードに入ってしまったようで、
友だちの仕事を手伝ったり
また別の友だちのプレスリリースを書いたり
お金にならないことばかりに夢中になって
自分の新しい仕事の準備がちっとも進みません。
ホント、器用貧乏なのよね。

でも、いいんです。

私はそういう便利な自分が好きだし、
器用なのは1つの才能だと思っています。
それに、こういう寄り道は必ず後で役に立つ。
もうやることは決まっているし
一旦エンジンがかかったら止まらなくなることを
自分でもわかっています。

私の書の先生でもあった伯母は、
1つのことにじっくり取り組むタイプでした。
「自分が一生続けることを1つだけ選びなさい」
とよく言われましたが、
それは私にも同じ道を進んで欲しいという
伯母の願望でもありました。
色々なことを調子良くやってしまう私の器用さを
伯母は残念に思っていたようです。

でも、ごめんなさい。
私は1つのことばかりしていたのでは
飽きてしまう困った人なのです。
好きなことはどれも捨てられません。

そんな私なので、
文章を書くことと墨絵を描くことの
2つを仕事に持っていることは性に合っている。
まったく違う2つのことを交互にするから
いつも新鮮な気持ちで取り組めるのです。

よく考えたら、最近書くことばかりに集中して
墨絵をひと月以上描いていませんでした。
暑くも寒くもないこの時期は
墨絵を描くのに絶好のシーズンなのに。

よーし、今日は久しぶりに墨絵でも描くか。
ホント、私には退屈している暇はないのです。
器用貧乏で本当によかった。
ていうか、“器用リッチ”だと思う。


いつもポチしてくれてありがとうございます💛

29 septembre 2015


墨絵の生徒さんの1人はダイエットの名人です。
というのも、体重の増減が激しくて
あっという間に10キロ太ったかと思うと
またあっという間に10キロ痩せるのです。

その彼女が、この前のお稽古の時に
スレンダートーンをお腹に巻いて来ました。
日頃からテレビのCMで気になっていたアレです。

もう1人の生徒さんと私は思いきり反応しました。
「それ、効くの?」
「うん、筋肉痛になるしね」

で、私たちは早速ポチしました。

私は痩せ型で、体重は20代の頃と変わりませんが
体型はというと、これは著しく劣化しています。
悲しいかな、万有引力の法則は絶対です。
なんかこう、輪郭のぼやけたようなカラダには
鏡を見る度にガッカリさせられます。

で、どこが一番気になるってやはりお腹周りです。
痩せているのにお腹はだらしない。
そりゃ、2度も出産しているのだから仕方ないけど
マドンナだって50代にしてあのボディなのです。
これを何とか引き締めたい。
しかも、楽して。

私は運動に関してはまったくの怠け者です。
アレックスがいる頃は朝晩お散歩に行きましたが
今はすぐそこにあるスーパーも車で行く有様。
だからストイックに体を動かして
腹筋を鍛えるなんてムリです。

スレンダートーン・エヴォリューションは
ポチした翌日に届きました。
エクササイズの強度は0から99まであり、
まずはオススメの40から試すことにします。

お腹に装着してスイッチを入れると、
おおおお、来るねえ。
ギューッと腹筋が収縮します。
これは効きそうだわ。
筋肉痛になるのもわかります。

昔、元夫がこれに似たものを買って
週末の度にお腹に巻いていたのを思い出します。
あの時は、その姿を見て彼を笑っていましたが
まさか私が同じことをするとはね。

元夫よ、あの時馬鹿にした私を許しておくれ。

さて、20分経って動きが止まると
お腹は既に筋肉痛のような状態。
それに代謝が上がってなんだかすごく暑い。
面白ーい!
巻くだけで腹筋運動ができるなんて
怠け者の私にはちょうどいいかも。
楽してスポーツの秋。

ハニーもダイエットするって言ってたから
今度来た時に貸してあげようっと。



いつもポチしてくれてありがとうございます💛

28 septembre 2015


ハニーの猫が死んだ。

3匹いたうちの1匹が去年の暮れに亡くなって、
やっとその子のことを忘れかけた頃に
一番可愛がっていた子が亡くなったので
ハニーはとても落ち込んでいます。

3匹とも元気だった頃は
「猫なんて毛が抜けるし面倒臭いから要らない」
と言っていたくせに、
死なれたら悲しくて悲しくて泣いてしまいます。

私も4年前まで黒ラブを買っていました。
アレックスというとても利口な雄犬でした。
子犬の時にウチに来て15年間一緒に暮らし、
最期は老衰で穏やかに亡くなりました。

亡くなる1週間前に突然ご飯を食べなくなり、
水も飲まなくなったのですが、
私はその時アレックスに
「もう生きないからご飯も水も要らないよ」
と言われた気がしました。

だから、病院には連れて行かず
体を撫でてあげたり手を繋いであげたり
時々口の中を湿らせてあげながら
ずっと側についていてあげました。

アレックスはみるみる痩せていきましたが
最期までとても穏やかでした。
多分あれが理想的な死なのだと思います。

今、医療の現場でも自然死が見直されています。
自然死が本人にとって一番楽なのです。
死が近くなると人間も食べられなくなりますが
その時に何の処置もせずただ見守る。
クオリティ・オブ・デスを考えると
それが一番だというのです。

ハニーの猫はずっと腎臓が悪くて
半年以上毎日病院で点滴を受けていました。
職場の男性の猫は糖尿病で、
1年近く毎日インスリンを打っていました。
きっと自然界ではとっくに死んでいた子たちが
医学のお陰で命を長らえます。
でも、それが良いことかどうかはわかりません。

ペットの場合は決断が難しい。
動物自身は何も言えないから
どのくらい苦しいのか辛いのかわかりません。
どうして欲しいのかもわからない。
だから、飼い主としては出来るだけのことを
してあげたいと思います。

アレックスは丈夫な犬で老衰だったから
私の決断は簡単でしたが
これがもっと若くて何かの病気だったら
私もどんな決断をしたか分かりません。

でも、いずれにしても命は燃やすものです。
どの命もそれぞれ精一杯燃やして
そして燃え尽きるのです。

だから、きっとどんな最期を迎えたとしても
天寿を全うしたと言えるのだと思います。



いつもポチしてくれてありがとうございます💛


27 septembre 2015


ぶっちゃけた話、
私が何故毎日こんな風に書いているかといえば、
引き寄せなんてごく普通の簡単なことで
取り立てて騒ぐ程のことでないということを
面白おかしく語りたいからであります。

人生が上手くいっていないと感じると
人は特別な何かに頼りたくなりますが、
ことスピ系のアレコレに限っていえば、
それらに頼って解決した人を
私はあまり見たことがありません。

むしろ、1つ何かの講座受けても満足できずに
次から次に違うものに手を付けるうちに
バイヤスがかかって雁字搦めになることの方が
遥かに多いように思います。

それはピュアリティを求めることと
願いを叶えることを混同しているから。
その2つはまったく別物です。

だって、私は50代だしバツイチだし
色んなトラウマやカルマみたいなものもあって
おまけにこんな風に俗っぽく生きているけど、
トラウマ解消とかブロックの解除とか瞑想とか
そういうことをしなくても
誰よりハッピーで引き寄せが上手なんです。

物事はもっとずっとシンプルです。
ただ、なりたい自分になると決めればいいだけ。
誰かの影響を受けるのではなく主体的に。
大事なのは自分自身の感覚です。

もちろん、ピュアリティを求めることは
悪いことではありません。
瞑想をすれば感覚が研ぎ澄まされるし
顕在意識ではつかめない何かがつかめます。
私は上手にできませんが。

そもそも、自己実現の欲求は厄介です。
人の姿を見て漠然と自分にも「何か」できるはず
と思っても、曖昧な気持ちでは何も起こりません。
だって、何をしたいのかわからないのに
何かが成し遂げられるわけがないから。

自分の内側から湧き出て来る衝動があって
「それをしなければならない」という
強い気持ちになった時に初めてそれは起こるのです。
そう決めた時に宇宙と繋がり
すべてのベクトルがその方向へ向かいます。

そして、そういう衝動は
何かの影響を受けている間は生まれてきません。
どっしりと地に足を着け、自分の中心を定め、
直観を信じ、カラダの声を聞きいているうちに
自然と生じてくるものなのです。

また、それは華やかな成功である必要はない。
世の中の全員がスターになるワケないからね。
自分の心を満たしてくれる喜びは
ごく平凡な日常の中にあって、
それは既に自分が持っているものなのかもしれません。

だから、何処かに到達しなければいけないとか
真理に目覚めなければならないとか
そういう「ねばならぬ」を捨てたところから
それは始まるのだと思います。

今日は中秋の名月。
1年で1番美しい月を眺めながら
今ここにる幸せを感じてみてはいかがでしょうか。



いつもポチしてくれてありがとうございます💛

26 septembre 2015


家で仕事をしているとLINEの着信音が鳴りました。
スマホを覗くと、来世のダーリンでした。
途端にテンションが上がりました。

「静岡でイチジクを買ってきたんだ。
新鮮なうちに渡したいんだけど、今日は仕事?」

彼は、イチジクが私の好物だと知っていて
わざわざ買って来てくれたのです。

静岡はダーリンの彼女の実家で、
2人は連休というと畑を世話しに静岡へ行きます。
田舎の庭は広いので、彼はそこに自分の畑を作って
好きな野菜を育てているのです。

「今日は仕事はないから1日家にいるよ」
と言うと、彼は
「後でロッククライミングに行くから
行きがけに駅まで持って行ってあげる」
と言いました。

彼の家は私の隣駅で、ジムは私の駅より5つ先。
途中下車させるのは申し訳ないので、
私は彼の家までイチジクを貰いに行って
そのままジムまで送ることにしました。
彼は、美味しそうなオーガニックのイチジクと
彼女の実家の畑で育てたカボチャをくれました。

やっぱり、彼はイチジクの人だ。

彼は以前にもイチジクをくれたことがあるのです。
この辺りのお店で見つけたという地のもので
なんでもない普段のレッスンの時に
リュックから出して「はい」とくれました。
イチジクはフランス人に似合います。

イチジクは郷愁をそそられる果物でもあります。
子供の頃、庭に古い木があったからです。
大きくて甘い実はお気に入りのおやつでした。
熟した実にはおへその所にアリがいましたが、
それを指でピンと弾いて食べたものです。

車の中で、彼はとてもおしゃべりでした。
自然農法で育てるつもりだったトマトに
彼女のお父さんが肥料をあげてしまったとか、
彼のトマトを形が悪いからと全部捨てられたとか。
楽しみにしていた野菜が収穫できなくて
彼は心底ガッカリしている様子でした。

なんてナチュラルで優しい人。
私は微笑ましい気持ちで彼の話を聞き、
そして思いました。

来世では、イチジクを目印に彼を探そう。
私は彼と来世に会えると確信しています。
私がそう決めているのですから必ず会えます。
そして、彼と出会えたら一緒に野菜を作るんだ。



いつもポチしてくれてありがとうございます💛

25 septembre 2015


人の好みには前世の記憶が反映します。

私は子供の頃から江戸時代が大好きで、
旅先の土産物屋で十手や通行手形を見ると
どうしても欲しくて母にねだったり、
お小遣いで古銭を買って集めたりする
シブイ小学生でした。

おばあちゃん子でよく時代劇を見ていたから
そのせいだと思っていましたが、
ある日、サイキックの妹が言いました。

「今、突然映像が見えたんだけど、
お姉ちゃんと私、江戸時代にも姉妹だった。
長屋に住んでいたよ」

なるほど。
江戸時代といっても、私が惹かれるのは町人文化。
お城やきれいな着物に興味がなかったのは
私が町人の子だったからなんだ。

わりと最近、ある人にお金に苦手意識がある話をしたら
「だって、武士だったからね」
とひとこと言われ、その時も
「そうかぁ。武士は食わねど高楊枝ね」
と深く納得し、江戸小紋が好きな理由がわかりました。

江戸小紋というのは、武士の裃に使われた
遠目には無地に見える細かい柄の着物です。
私は着物を着ますが、きれいな色柄は苦手。
江戸小紋だけは大好きで2枚持っているのです。
なるほどね、私は江戸時代に
下級武士だったこともあるんだ。

私が強烈に惹かれて集めていた骨董品は、
卒論にまでした古伊万里にしろ何にしろ
考えてみたら全部江戸時代のものでした。
一番近い前世の記憶だからだったんだ。

そしてもう1つ。
同じ時代の清朝で騎馬民族だったこともあります。
これはもう理屈抜きにそこにいたのがわかる。
浅田次郎の『蒼穹の昴』を読んだ時に
その時代が懐かしくて涙が出そうになりました。
だから清朝の壺や建具や箪笥があると落ち着く。
それで家の中にはそういう物が置いてあります。

つまり、私はこの約250年間だけでも3回生まれ変わっている。
長生きはしなかったんですね。
それ以前にも何度も生まれ変わっているでしょうが
つい最近だけでもこんなに色々な人生を経験しています。

でも、かといって記憶そのものがあるのではなく、
何かを見た時に理由もなく惹かれるという形で
魂に刻まれた記憶が表に出て来るだけです。

輪廻転生ってそんな感じです。

だから、来世のダーリンと巡り会う私は
もう今の私のことなど覚えていません。
でも、魂に刻まれた記憶がある時ふと何かを感じさせる。
来世の彼に会った途端に理由もなく
「あ、この人だ」とわかるのです。

多分、どこかの朝市でイチジクを手にした彼を見て
雷に打たれたように恋に落ちるんだろうな。



いつもポチしてくれてありがとうございます💛

24 septembre 2015


連休前のある日、ハニーからメールが来ました。

I am going to be super busy from today.. 
I will try to mail you but if I don't..
please don't think I am forgetting you..

私は「わかった。仕事頑張ってね」と返事をしました。
その後1度だけ「元気?」とメールしましたが
Sorry, so busy.. とひと言あっただけでなしのつぶて。
まあ、私もなにかと忙しいから丁度いいのですが。
で、かれこれ1週間、彼は行方不明です。

その間、私はフランシスの仕事を手伝っていました。
フランシスとは、近い将来の旦那様です。

彼が作成中のサイトを私がこちらで開いて、
ワインのオーダーフォームが機能しているか
登録フォームの体裁はそれでいいのか
スマホでも注文できるか
そういうのをチェックして彼に知らせるのです。

日頃ハニーの話ばかりしていますが、
実は私たちはずっとこの共同作業をしていて
毎週金曜日にはスカイプで2時間程話しています。

彼は早くフランスに居を移したいと思っていますが
ランスに良いアパルトマンが見つからず、
おまけにスイスの賃貸住宅には面倒なルールがあり 
なかなか引っ越せないでいるのです。
ランスはパリからTGVで45分の所で、
シャンパーニュ地方の中心都市です。

彼はランスに引っ越したら
オーガニックのシャンパンを作る生産者を探します。
それから各地を巡って美味しいワインを探します。

そういえば、来世のダーリンも
フランスに帰った時あちこちのドメーヌを巡っていて、
そういう写真をたくさん見せてくれました。
いずれ自分のワインを作るのでそのための視察です。

フランシスとは不思議な感覚です。
会ったことがないとは思えないほど
パートナー感があるのです。
お互いを最後の相手と決めているからかもしれません。
私は2年後には、彼とランスで暮らしている予定です。
日本とフランスを行ったり来たりしながらね。

うふふ。
いいなぁ、そんな生活が来るのね。
その時はハニーよ、アデューである。
 


いつもポチしてくれてありがとうございます💛


23 septembre 2015


常々思っているのですが、
私は仕事運と男運がメチャクチャいい。

この2つが揃っていれば、
ハッキリ言って怖いものなしであります。

今まで、どんな環境にあっても
仕事が欲しいと思った時にはその時の環境に合った
丁度いい仕事が降ってきました。

1つの仕事が終わって次の当てがない時でも、
思いもかけない所から新しい話が来るので
仕事にあぶれたことはありません。

仕事運というよりプチ金運があるのかなぁ。

8月は例年のごとく仕事量が少なかったので
今月の実入りは少ないなぁと思っていたのに、
突然「イラストを描いて」と依頼されたり
思いがけず墨絵が売れたりして
結局いつも通りになりました。

ホント、運がいいんです。

男運もそうです。
世の中には変な男性とばかり出会う人もいますが、
私は上等の男性にしか出会わないことになっています。
私の望む通りか、それ以上の相手が来る。

それに仕事仲間であれ何であれ、
嫌な人には会ったことがないのです。

尤も、私は人が煙たがる相手でも
上手に手なづけて仲良くなる特技を持っているから
皆いい人になっちゃうんですけどね。

男運だけではなく人間運がいいのね、きっと。
友だちにも恵まれてるし。

というか、
本当に、なにかと運がいい!

で、なんで運がいいのかといえば
ポイントはエネルギーなのですよ。

この前、友だちと食事をした後に
エレベーターを降りたところでばったり知人に会いました。
翌日、その知人に会った時に言われました。
「2人がエレベータから降りてきた時、
あまりのオーラに思わず振り向いたの。
そしたらあなたたちだった」

私たちは余程特殊なオーラを放っていたらしい(笑)

別に目立つ恰好をしていたわけではないし
あの時は墨絵のお稽古の後で疲れてたし
そもそも私たち、代謝は悪いし体力ないしねぇ。

でも、そういうのとは関係ないところで、
ある種のエネルギーが満タンなのはわかります。
遊ぶことばっかり考えているエネルギーとか
楽しそうなことを追いかけるエネルギーとか。
そういうのだけは常に満タンです。

幸運の女神はそういうエネルギーが好きらしい。
従って私たちにラッキーが寄って来る。
エネルギーの仕組みはそんな風になっているようです。

だから、自分のエネルギー値を上げるのが
運を掴む一番の近道だと思うのであります。
 


いつもポチしてくれてありがとうございます💛


22 septembre 2015


昨日は墨絵のお稽古でした。
生徒さんの2人は私と同世代で
2人ともAB型の1人っ子。
どちらもすごく個性的です。

面白いことに
1人はやる事が大雑把なのに絵は繊細。
もう1人は繊細なのに絵は大胆。
まるで正反対です。

絵や書には性格が出ます。
だから、絵を描くと自分でも気づかなかった
別の面を見ることになります。
そこが面白いところで、
描けば描くほど自分が見えてきます。
だからセラピーでも絵が使われるのね。

私は型破りに見えるかもしれませんが
絵や書を見ると全然違う。
枠からはみ出る大胆さはありません。
それが自分ではもどかしいのですが
残念ながら根が真面目なのでこれは仕方ない。

それが私の個性であり
私らしさだと思っています。
つまり、私の中にも
大胆さと真面目さが混在している。

「自分らしさがわからない」と
ある友だちが言いました。

そんなこと考えたこともなかったので
私は少し驚きましたが、
自分らしさって、たとえば
何が好きで何が嫌いか
また、思考の癖や行動の癖や
そういうことですよね。

人は環境に影響されます。
育った地域とかその時代の集合意識とか。
また、遺伝子の影響もあります。

自分らしさの中には
当然そういうものも含まれます。
ある時代のある家庭で育った
何かに影響を受けている自分。
それが丸ごと自分らしさです。

私は自己肯定感の塊です。
なので、自分に起こった出来事は
すべて肯定的に受け入れています。

類は友を呼ぶで、周りに集まる人も
自己肯定感の強い人が多い。

で、そういう人の特徴は、
スピ系の話題は好物ではあるけれど
それはあくまでもおかずで、
主食は自分の感覚や思考だということ。

魔女の私が言うのもなんですが
スピリチュアルは両刃の剣です。
 


いつもポチしてくれてありがとうございます💛


21 septembre 2015


私は超テレビっ子でなので、
毎日海外ドラマ専門チャンネルを観ています。

今一番気に入っている番組は、
AXNで放映されている「アウトランダー」。
ある女性が夫と共にスコットランドに行くと、
途中で訪れたストーンサークルで
200年前にタイムスリップしてしまうという物語です。

時代はスコットランドとイングランドの
緊張が高まる1743年です。
女性はそこで、あるスコットランド戦士と出会い
現代と過去の間で愛と運命に翻弄されながら
激動の時代を懸命に生き抜いていくのです。

これが、実によくできているのです。
そして、どこを切り取っても映像が美しい。
中世の物語ですから、衣装も美しい。
何もかも映画のように壮大です。

ドラマの中ではストーンサークルが
時空の裂け目になっているわけですが、
そういう話は昔からよくあります。

例えば、バミューダトライアングル。
最近ではその名前も聞かなくなりましたが、
100を超える船や飛行機が消えたといわれ、
そこを通過した船の乗組員が
突然何ヶ国語も話せるようになったという
私にとっては羨ましい話もあります。

でも、行ったことのない場所より、
今一番好奇心をそそられるのは
小松左京の『日本沈没』を彷彿とさせる日本です。
もしかしたら、小松左京はタイムスリップして
未来の日本を見たのではないかと思うくらい。

『日本沈没』を中学生の頃に読んだ時は
あんなのはあり得ない架空の話でした。
それが数十年経ってみると、
まるで小説をなぞるように
地震や火山の噴火や水害が次々と起きています。

SF小説や漫画に描かれていることが
後から現実になることはよくあります。
作者はリアリティを出すために
科学的根拠を求めて勉強するはずですが、
未知のことを想像するその想像力たるやスゴイ。

小松左京も、太古の日本列島から近代まで
地質学や火山学や地震学などを
相当調べてから書いたのだと今はわかります。

私も時々、あの小説を読んだ時から
タイムスリップしたような気持ちになります。
本当にそうなる日を見るとはね。
この動きは地球規模だから、
いつか富士山の噴火も見ちゃうんだろうな、きっと。
 


いつもポチしてくれてありがとうございます💛