24 novembre 2018


美容室には2か月に1度行きます。
もう20年以上お願いしている美容師さん。 
20代だった彼女も45歳だって。

彼女からは会う度に刺激を受けます。
教えられることも多いの。
美容師としての腕は抜群なので
私は彼女のセンスにお任せしています。

長年のベリーショートからボブにしたのも
彼女が「飽きた」と言ったから。笑
私の気分を適切にキャッチして
おフランスな感じにしてくれたのも彼女。
彼女なしでは生きていけません。

さて、私は彼女のところに行くと
カットとカラーをお願いします。
色に関しても彼女にお任せ。
今回はいつもより赤く染めてくれた。
ピンク系と言ったらいいのかな。
すごく可愛い色なんです。

でね、染めながら彼女が言ってたこと。
「最近グレイヘアが流行ってるらしいわね」
とお客さんによく聞かれるらしいんだけど
そんなの全然流行ってないし
グレイヘアには反対だって。

美容師さんが反対するのは
グレイヘアにする人の動機が
「染めるのが面倒くさい」
ということだからだそうです。
美に「面倒くさい」はナシだから。

それにグレイヘアが似合う人は
ごく限られています。
痩せている人がやると病人みたいになるし
余程お洒落な人でないと貧相になります。

皮膚が弱くて染められない人は別として
白髪は染めた方がきれいです、圧倒的に。

私が髪を染めるのは
主にお洒落のためですが
もちろん白髪を染める目的もあります。
もみあげの辺りなんか
結構気になりますからねえ。
白髪ってなんで顔の周りに出るんだろう。

後ろの方は殆どないからって
美容師さんは顔の周りとそれ以外を
別の薬で染めてくれます。
後ろはお洒落染め、生え際は白髪染め。

色も、顔周りはダークな方が締まるので
生え際だけ少し暗い色にしてくれます。
今日も耳より後ろはピンク系の明るめ
生え際は地毛に近い色に染めてくれました。

出来上がりの後ろ姿を鏡で見せてもらい
全体をチェックしたら、いい感じ!
美容室に行くと気分が上がります。
髪の色に合わせて口紅が欲しくなった。



23 novembre 2018


パトリス・ジュリアンの言葉です。
元々フランスの外交官だった彼は
レシピ本を出版する料理人でもありますが
彼の高い美意識はジャンルを超えて
多くの人々に影響を与えました。

彼の著書にあるこの言葉
「カップルは子供を作りなさい」とは
人間の子供を指すわけではありません。
2人で育てていく何か、
共通の目標を作りなさいということです。

パトリスが当時のパートナーと一緒に作った
白金台の一軒家レストラン
サントル・フランス・デ・ザールは
彼らの子供でした。

ボロ家をリノベーションして
庭を自分たちできれいに整え、
インテリアもメニューも一緒に作り
大切に育てた子供だったんです。

庭の草花でもいい、
イヌやネコなどの動物でもいい、
共に育てる何かがあれば
カップルはそれをかすがいに
仲良くしていられるということ。

もちろん人間の子供でもいいです。
子供は最高の宝物になります。
一緒に慈しんで育てれば
素晴らしい家族になるでしょう。

ハニーと私も今子供を育てています。
仕事という子供をね。
いつの間にかこんなことになって
いいんだか悪いんだかわからないけど
とにかく一緒に仕事を始めました。

そしてパトリスの言う通り
仕事を始めてからますます
彼にとって私はなくてはならない
存在になりました。
なんか巻き込まれた感じだけどね。

一世を風靡したパトリスのレストラン
サントル・フランス・デ・ザールは
時代の流れとともに消え去り
彼は当時のパートナーとも別れ
2010年には帰国しましたが、

4年前に再び来日、
相変わらずの美学を携えて
何か新しいことを始めている模様。

ハニーと私の子供がどう成長するか
まだまだ未知数ですが
これは「彼の」仕事だと思っているので
私はあくまでサポートです。
いつか彼が1人でできるようになるまでの
サポートね。

私の1番得意なポジションを
ハニーはうまくつかんだね。
ポチしてくださると励み になります♡            

22 novembre 2018


人間関係って何でもそうですが
距離感が大事ですね。

たとえ夫婦であっても、いくら親友であっても
朝から晩まで一緒にいなくていいし 
何から何まで共有している必要はない。
共有していない部分の中にも
自分にとって大切なものがあるから。

特に長く居れば居るほど
適度な距離感というものが必要になります。
着かず離れず、何となく同じ方向を見ていれば
それでいいんじゃないかな、と思うけど
そこがなかなか難しいところです。

女性が自立するのは賛成だし
すごくいいことだと思う。
私も仕事は大好きだし楽しい。
でも、女性があまり立派になり過ぎると
家庭がぎくしゃくするのが世の常です。

男女が同じようにバリバリ働いて
経済的にリッチになっていくと
離婚する人が多いのも事実。
家の中に男が2人になっちゃうからですね。
主婦が2人いると揉めるのと同じです。

男性は概してプライドが高いから
妻が夫より稼ぐようになるのは嫌だと
深層心理では思っているんですね。
だからといって好きな仕事に打ち込むのを
止められないのが辛いところ。

もちろん逆転してうまくいっている夫婦もある。
男性に柔軟性、妻に思いやりがあれば
妻が外でバリバリ働いて
夫が専業主夫というのもあり得ます。
実際そういうご夫婦を知っているし。

「共通の価値観」というのも曖昧なものです。
普遍的な部分で共通の感覚を持っているのは
大切なことだと思いますが、
共通の価値観を探すより
違う価値観を面白がって
認め合うことの方がずっと大事だと思う。

一心同体なんてあり得ませんからね。
お互いの好きなことを遠慮なくできる
程よい距離感を模索しながら
バランスをとっていくことが
大切なのだと思います。

一方的にどちらかが我慢していると
いつか不満が募って爆発します。
思ってることを話し合える時間と環境があれば
いつまでも仲良しでいられると思うな。
ポチしてくださると励み になります♡            


21 novembre 2018

FullSizeRender

世界で1番美味しいといわれる
カンボジア産の胡椒の塩漬けをいただきました。
ひと粒口に入れると爽やかな辛さと
程よい塩気に思わず「旨っ!」。

お料理はとどのつまり
新鮮な食材と美味しい調味料で決まると思う。
この美味しい胡椒があれば
お肉を焼くだけでご馳走になります。

美味しい塩、美味しいスパイス、
美味しい味噌や醤油、油、砂糖、みりん。
もちろん無添加でなければなりません。
無添加の美味しい調味料があれば
素材の味がうまく引き出せることになってる。

普通の家には必ずありそうな調味料で
私の家にないものがいくつかあります。
それはケチャップ、マヨネーズ、ソース。
揚げ物をしないのでサラダ油も買わない。

因みにサラダ油というのは日本独自のもの。
サラダ油という名前に騙されそうになるけど
生活習慣病には一番危険な油です。

精製の過程で脱色、脱臭などの
手が加えられている上、
過剰摂取で健康被害を招くリノール酸、
海外では禁止されているトランス脂肪酸、
高温精製で発生するヒドロキシノネナール
が含まれます。
これは認知症やうつ病の原因にもなります。

太るからと油を気にする人は多いけど
油は量ではなく質です。
脳の60%は脂質なので質の良い油は必要。
サラダ油などリノール酸を多く含むオメガ6系は
外食などで知らない間に摂ってしまうので
家には置かない方がよいといいます。

使うならオリーブオイルなどのオメガ9系、
そしてえごま油、亜麻仁油などのオメガ3系を
積極的に摂ることが血管の健康には必須です。

さて、私はいわゆる美食家ではないので
「美味しいものを食べに行きたい!」
という欲求はないのです。
それに最近は小食なので健康的なものを
少しだけ食べればいいという感じ。

ただ茹でただけの野菜やサラダ
ただ焼いただけの肉や魚が好きなんだけど
そういうときにモノをいうのが
美味しい塩や胡椒、ビネガーです。

今日はカジキマグロをソテーして
いただいた胡椒の塩漬けを乗せて食べました。
それに和野菜入りラタトゥイユを添えてね。

友だちに教えてもらった
ニンニクとしらすのオリーブオイル漬けも
ハニーに大好評で、彼はバゲットに付けて
オリーブオイルをきれいに食べてた。

五感を磨くのは大事なことですが
味覚から磨くのが1番いいかもしれない。
無添加の調味料に舌を慣らすと
添加物の味がわかるようになります。

すると食の好みも変わってくる。
体が要求するものがわかるようになります。
そういう感覚を磨くのは
健康のためにも美容のためにも大事です。
ポチしてくださると励み になります♡            


20 novembre 2018

img_829fb82e2e31abaad4706124f430076460966

フランスのマクロン大統領が
パリで開かれた第1次世界大戦終決100年の式典で
「古い悪魔が再度目覚めつつある」と
世界で高まるナショナリズムの兆候に
警鐘を鳴らしました。

トランプが自国主義を表明してからというもの
欧州も内向きの政策に遠慮がなくなりましたね。
では日本はどうかというと、
欧米のような過激なナショナリズムとは違うけど
基本的にとても閉鎖的です。

外国人と交流がないと気づきにくいですが
大手企業で働くサラリーマンは別として
日本で暮らす外国人は西洋人も東洋人も
色々な場面で差別や偏見を感じています。

ハニーもいつも言うけど
どんなに素晴らしい資格を持っていても
どんなにいい仕事をしても
日本の外国人はセカンドクラスの市民
という扱いを受けてるって。

アメリカの差別は酷いけど
日本も同じくらい酷いって。
ニコニコしながら差別するから余計嫌だって。

彼の話を聞いていると
なるほどそうだ、と思います。
基本排他的なんですね。
特に大学病院のように上下関係が厳しく
政治的要素が大きい場所は尚更です。

アジアからの技能研修生に至っては
同じ仕事をしても日本人の半分しか
お給料をもらえなかったりする。
暴力を受けたことがある人も多いらしいです。
逃げ出すもの無理はないよねえ。

今審議されている「入国管理法改正」も
5年間は家族の帯同を認めないなど
外国人労働者の人権を無視したような内容。
人手不足を外国人の手を借りて補おうというのに
全然やさしくない。国の品格が疑われます。

ウィンウィンの気持ちがなければ
これからの時代はやっていけないのです。
相手を敬う気持ちなしに労働力だけを求めたら
いつかしっぺ返しされる日が来る。
暴動だって起きかねないです。

法律の話は専門家に任せるとして
私たち市民は人として
外国人と温かい気持ちで接したいですね。
特に介護など日本人がやりたがらないような
キツイ仕事をしてくれる人には。

気持ちよく働いて貰うことが
お互いの理解を深め、結果みんなの利益になる。
そうやって共存共栄することでしか
安定した世界を作ることはできないんだよね。
ポチしてくださると励み になります♡            


19 novembre 2018

IMG_5753

街に気の早いイルミネーションが灯り始めました。
職場のある新宿新南口付近もこの通り。
季節の風物詩になったこの光景を目にすると
私も釣られて家の中をクリスマス仕様に
変えたくなります。

何だろうね。
もうクリスマスに浮かれる歳でもないのに
何となくウキウキしてしまう。
娘たちが小さかった頃は
一緒にツリーを飾るのも楽しかったけど
今はそこまでする意欲はありません。

いえ、
むしろやるなら大きなもみの木を買って
盛大にオーナメントを飾り付けたいくらいで
昔飾っていたような小さなツリーには
あまり興味がないのです。

そうだ、
いつか大きいクリスマスツリーを飾ろう。
パリで買ってきた素敵なオーナメントが
たくさんあるんだから。

でも今年はお花屋さんで見つけた
赤いクリスマスツリーを飾ることにします。
隣には北欧の木彫りのサンタを添えて。

FullSizeRender

サボンにシャンプーを買いに行ったら
ギフト用の素敵な箱があったので
思わず買ってしまいました。
こんなキレイな箱が500~600円だった。
置いておくだけでもクリスマスっぽいでしょ?
これもどこかに置こう。

FullSizeRender

一時期はクリスマスというと
若いカップルが(というより男子が)
盛大にお金をかけて分不相応なお祝いをする
というイメージがありましたが
最近はそういうのもなくなって
シティホテルも集客に苦労している模様。

なんでも最近の若い子の間には
恋愛ご法度の空気があって
好きな人ができても内緒にするんですって。

良い大学、良い会社に入ることに集中するべきで
恋愛に現を抜かすのは愚か者ということらしい。
バレたら仲間外れにされるって。
もちろんこれは女子の世界。
つまんないよね、そんなんじゃ。

イブにホテルが満室になるのもやり過ぎだけど
年頃の女の子が恋をしないのは不健康。
好きな人がいて、
クリスマスにささやかなプレゼントを交換する。
そんな素敵なことが心を豊かにするのにね。

さて、私は玄関にもツリーとお揃いの
赤いリースを飾りました。
気分が上がるわぁ。 
ポチしてくださると励み になります♡             


18 novembre 2018

201811170000876-w500_0

フィギュアスケートのロシア大会。
直前のケガの中、羽生選手が優勝しましたね。
数日前、試合に向けてのひと言を求められて
彼が言った言葉にしびれた。

「やるだけのことをやったので
  あとは自分の期待に応えるだけ」

"みなさんの期待" ではなく "自分の期待" 。
やっぱり一流の選手は違うわぁ。
今回の演技は本人には不本意だと思いますが
自分で自分に期待することって
すごーく大事なことだと思う。

他人の評価より自分の評価。
誰に何といわれようと
自分で自分にオーケーを出せるかどうかが
1番大事という感覚。

私たちは多かれ少なかれ
人の価値観を基準にして生きています。
みんながそうしているから、
そうするのが普通だから、という理由で
何も考えずになぞっていることが多いです。

それが自分にとって価値のあることなのか
本当にそれでいいのかを考えずに
ただみんなと同じようにしています。

島国の農耕民族という遺伝子のためか
日本人は足並みを揃えるのが好きです。
人と違うことをしたら仲間はずれになる
という不安があるんですね。

なので、なんか違うと思っていても
それを声に出すことはできないし
黙って人と同じように行動します。
そして思考停止状態になってしまう。
そのように仕向けられているとも気づかずに。
日本はどんどん悪くなっているよね。

スポーツ選手は海外で暮らす人も多いし
そうでなくても外国人コーチや海外の文化と
日常的に触れています。
私たちは「さすが日本人!よくやった」と思うけど
ごく若い頃からそういう生活をしている彼らは
日本人であっても感覚が日本人ではないのね。

彼らは個人主義で生きています。
確固たる自分の価値観を持っていて、
自分が決めて目指す高みに向かって
全身全霊で取り組んでいます。
自分に期待して、自分の可能性を信じて。

私たちも同じです。
自分の軸、自分の価値観で生きること、
自分の人生を生きることは
何より大切なことです。
人の評価なんて自分の評価に比べたら
大したことないから。

自分に期待して何かを成し遂げて
自分にオーケーが出せたときに
本当の満足を味わうことができるのです。
子育てでも何でもね。

そういう毎日の積み重ねが
豊かな人生につながるのだと思います。
ポチしてくださると励み になります♡            


17 novembre 2018

IMG_5760

私はコーヒーが好きです。
1日に3、4杯は飲むかな。

普段は近所の自家焙煎の店で
ブラジルサントスを買いますが、
ミルがないので挽いてもらいます。

それでも焼き立て・挽きたてのコーヒーは
十分に美味しくて
私のコーヒーはみんなが褒めてくれます。
ハニーも私のコーヒーが大好きなんだ。

会社の制作室長も
コーヒーをこよなく愛する1人です。
何でも好きなことをしていいといわれたら
カフェを開きたいんだって。

室長は生の豆を買って自分で焙煎します。
私がコーヒー好きだと知っているので
時々自分で焙煎したコーヒーを
持ってきてくれるの。

昨日も焙煎したてのブラジルを
プレゼントしてくれました。
室長は豆の状態でくれるので
私はそれを挽かなくてはなりません。

で、少し前に買ったのが
「グリグリ」という道具。
陶器でできたすり鉢のようなものですが
中に筋は入っていません。
でもゴマやナッツから油が出るまですれるの。

そのグリグリでコーヒー豆を挽きます。
小さいからせいぜい2杯分くらいしか入らず
挽くのにもすごく時間がかかる。
15分以上グリグリやらないと
コーヒーを淹れられる状態になりません。

でも、夜好きなテレビを観ながら
ゆっくりとグリグリするのも悪くない。
豆を潰すようにグリグリ、グリグリしていると
段々といい感じになってきます。

お湯を沸かしてドリップの準備をします。
私は必ずハンドドリップで淹れます。
以前はコーヒーメーカーを使っていたけど
一度ハンドドリップにしたら
もう二度とコーヒーメーカーには戻れない。

コーヒーに最初のお湯を注ぎます。
豆がふぅっと膨らんでいきます。
そこにまた少しずつお湯を注いでいきます。
いい香りが立ってきた。
丁寧に、丁寧にコーヒーを淹れます。

さあ、極上のコーヒーができました。
透明で薫り高く最高に美味しい1杯。
これは専門店レベルだわ。

豆をグリグリしながら気づきました。
コーヒーはまさに "挽く" ものなんだわ。
機械を使うと粉砕するわけで
砕くのと挽くのとは違うのよね。
室長も言ってたけど、
豆は潰すと香りが出るのです。

室長が丁寧に焙煎してくれた豆を
私が丁寧に挽いて丁寧に淹れたのです。
たった1杯のコーヒーに
つきっきりで30分近くかけたのだから
美味しいに決まっています。

そうなんだ。
こんな風に丁寧にすれば
何でも美味しくいただけるんだね。
私は自分で淹れた極上のコーヒーで
しあわせな気持ちになりましたとさ。
ポチしてくださると励み になります♡             


16 novembre 2018

shutterstock_253913110-835x437

ハニーと仕事を始めて数か月。
この前初めて2人で青山の事務所に
営業に行きました。

私は秘書のようなものですから
先方に渡す書類を用意して横に控えていて
ハニーが頑張って営業してました。
彼は本当に日本語が流暢なので
私は事務的なことを説明するだけでよかった。

私が制作会社にいるのは
ハニーにとってもラッキーなことです。
制作物は仕事の合間に作れるし、
ロゴなどのデザインは
デザイナーさんの手が空いているときに
チャチャッとやってもらえます。

そういう体裁が整っていると
企業は安心して話を聞いてくれます。
仕事をするには形が大事だったりします。

今週はめまぐるしかったのです。
こういうことはあまりないんだけど
取材のスケジュールが詰まってて
書くのに全然余裕がなかった。。。

おまけにハニーに頼まれて
ヤフオクで同じ本を10冊探し落札するという
しちめんどくさい作業をしたり
直接仕事とは関係ないことで
手紙を頼まれたりして雑用も忙しかった。

こんな時ってカラダは疲れるんだけど
生きてるって感じがして
気持ちはイケイケになります。
その、脳が興奮した感じが結構好きなんだ。
アドレナリン中毒。

この前妹に瞑想を勧められてね。
こういう時こそ瞑想でクールダウンすると 
いいのかもしれませんが
私は1人で瞑想をする習慣がなくて。

グーグルも採用しているくらいだから
私もマインドフルネスを取り入れたいけど
1人じゃなんか上手くできない。

代わりに私は花を買ってアロマを焚いて
お風呂に入ってリラックスします。
ふぅーって力が抜ける感じになれば
どんなやり方でもいいかなと思って。

てか、お風呂で瞑想の練習
してみようかなぁ。

ポチしてくださると励み になります♡            


15 novembre 2018

20170301s00041000450000p_view

私には2つ違いの妹がいます。
彼女は子どもの頃から人に見えないものが
見えていました。

祖母も見える人だったので妹は早い時期から
「あなたに見えているものは
  他の人には見えないのよ。
  だからそういうことを人に言ってはダメよ」
と言われていたそうです。

なので、妹は小さい頃からいつも
自分は一体何者なのだろう、
自分には何故こういう力があるんだろう、
自分は何のために生まれてきたんだろう、
と考えていました。

私も幼稚園の頃から
哲学的なことを考えていましたが
妹のように何かが見えるわけではないので
もっと現実的な部分でものを考えていたな。

その妹は今は京都に住んでいるのですが、
1、2ヶ月に1度くらい泊まりにきます。
仕事で東京に来るのです。
泊まりに来るとつい話し込むことになるので
翌日は大抵寝不足です。

さて、小学生の頃私たちは
妹の担任の先生がご主人と主宰している
コロンビアすずらんコーラスという
児童合唱団に所属していました。
コロンビアのスタジオは赤坂にあって
年に数回レコーディングや撮影に行ったり
どこかのステージで歌うこともありました。

妹はソロだったので私たちとは別に
1人で赤坂のスタジオに行くことがありました。
小学校2年生くらいだったけど
1人で電車に乗ってね。
帰りは母が迎えにいっていました。

スタジオに子どもがいるのは珍しいので
現場でタレントさんたちに会うと
結構可愛がってもらったのですが
そんな中にかまやつひろしさんがいました。

ある日、妹が1人でレコーディングを待っていると
かまやつさんがやって来て言いました。
「Iちゃんは何のために生まれてきたと思う?」

妹は言いました。
「それがわからなくていつも考えているんです。
  教えてもらえますか?」
するとかまやつさんが言いました。
「それは僕には教えられないんだよ。
  でもいつか必ずわかる日が来るから」

いつかわかる日が来る...
ずっと考え続けていてわからないことも
いつかわかるようになるんだ。
その言葉がなんだか胸に刺さったんだって。
きっとかまやつさんには見えていたんだね。

昨夜、夜中までそんな話をしていました。
布団の中でずっとおしゃべりして
幼い頃のことを色々思い出して