23 juillet 2019

FullSizeRender

日本画では動物ばかり描いていますが
これがあまりにもハマり過ぎて
アートが止まりません。

最新作は「ネコの愚連隊」。
愚連隊なんて死語だけどね。笑
まだ途中だから右端の1匹は輪郭だけ。
他のネコたちもまだ色を足します。

愚連隊だから目つきは悪いのよ。
青いのはボスネコ。
ひと際悪そうでしょ?
いっぱい並べて描いたら
いきなり日本画らしくなりました。

絵を描くとき、
大きく分けると2つのタイプがいます。
描きながらイメージを固めていくタイプと
はじめから頭の中に絵があるタイプ。

墨絵の大先輩でもあり
稀有な才能の持ち主だった伯母は
最初は何を描いているのか本人にもわからず
描き進むうちに形になっていくと言っていました。
私の生徒さんも1人はこっちだな。

私の場合、墨絵でも日本画でも
いつでも明確なイメージが先にあります。
頭の中に既に絵があってそれを再現する感じ。

それでも墨絵では墨が滲んだり
墨色がきれいに出ないこともあって
思い通りにならないことが多いです。
逆に偶然生まれる表情というのもある。

でも日本画にはそれがまずありません。
色は見たままで出るし、滲むこともないので
頭の中にあるイメージ通りに描けるの。

なので骨描き(輪郭を描くこと)をしたら
あとは塗り絵をしている気分です。
岩絵の具の使い方にも慣れたので
作業が格段に早くなった。

イメージ通りに仕上がると気持ちいいので
次々と調子よく描いているけど、
ここまできて思うのは
やっぱり墨絵は永遠のテーマだということ。
極めるべきはこっちだな。

でも目下のところは日本画に夢中。
当面は動物シリーズでいくけど
本当は人物も描きたいのよ。
男性の顔がいいんだけどモデルがいないしな。
自画像はきっとチョロいけど
そんなの飾りたくないしねえ。



22 juillet 2019

IMG_7302

最近巷では老け顔になる
「FaceApp」というアプリが流行っているとか。
テレビでも芸能人を老け顔にしていたけど
妙にリアルで驚きました。
上の写真もすごくない? 本物みたい。

このアプリ、ロシア製らしいのですが
ダウンロードすることで
「肖像、音声、ペルソナ、名前および
  ユーザーコンテンツを商業目的仕様のために
  無償で譲渡することに同意する」
と利用規定に書いてあるらしい。

アプリを利用するときに
ちゃんと利用規定を読んでいますか?
私は取説が読めない女なので
評価が良ければダウンロードしちゃう。。。

FaceAppのCEOはワシントンポスト紙に対して
写真は48時間以内にサーバーから削除されるし
ロシア政府はユーザーコンテンツに
アクセスできないと話しているそうですが
なんか気持ち悪いよねえ。

Facebookのフィールドに
誰かがシェアした心理テストや占いなどが
流れて来ることがありますね。

「あら、面白そう」と
試してみたくなることもありますが
名前や生年月日などの
個人情報を入力する必要があるものは
試したことがありません。

今の世の中、
個人情報なんてダダ漏れだとは思うけど
リスクは少ないに越したことはないのでね。

お子さんの写真をSNSに載せるのも
気をつけなくちゃいけないと思うのよね。
フォロワーが5000人とかいる人は
特に気をつけなくちゃと思うけど
意外と皆さん無防備な気がする。

大勢の人に注目されているということは
その中に味方も敵もいる可能性がある
ということだと思うの。

海外ドラマの事件モノばっかり観ていると
イカレたフォロワーに子供が誘拐される事件を
散々目にします。
ああいうことが起こらないとは限らない
と思っちゃうんだよね。



21 juillet 2019


世界はこのところ煙臭くて
嫌な感じだなぁと思うのです。
ホルムズ海峡の問題然り、日韓関係然り。

このままでは戦争にもなりかねない状況ですが
世界はなぜトランプを止められないのか
不思議に思うんだよね。
直前にイランと会談していた日本は
どういう態度を取るつもりなんだろう。

トランプは国内でも
人種差別発言が問題になっているけど
言いたい放題の暴君のような態度や
差別を煽り指示を取り付けようとするやり方は
ハッキリ言って人として最低だと思う。

そもそも人間の中には
他人との比較の中で自分を確認する心理があって
排他、不寛容、差別は悲しいかな人間の本能。
誰でも生まれつき持っているものです。

本能は煽られたら逆らえない。
だからこそ煽ってはいけないし
教育によってそういう心を
抑えなければならないんですね。
それをやめてしまったら社会の秩序は壊れます。

アメリカ社会には問題が多いけど
日本社会も問題だらけですね。
生涯に渡って安心して暮らせる社会は
誰かが作ってくれるのを待っているのではなく
自分たちで作り上げていくものです。

だから選挙は大事。
貴重な1票を無駄にしたらダメだよね。
当然のことだけど、私は選挙権を持って以来、
すべての選挙で投票に行っています。

娘も意識が高いから選挙には必ず行きますが
彼女の友だちの中には30過ぎてて子供もいるのに
「選挙って行ったことがない」
と平気で口にする人もいるらしい。
それって恥ずかしいことだと思うの。
子供の将来が心配じゃないの?

私たちの世代は色んな意味で
「逃げ切っちゃう組」かもしれないけど
若い人こそ将来のことを真剣に考えなくちゃね。
それは今から始めなければ間に合いません。
でさ、世界に誇れる日本にしたいじゃないね。

というわけで、私もこれから投票に行ってきます。



20 juillet 2019

FullSizeRender

どんよりとした梅雨空が続いています。
東京では26年ぶりの梅雨寒と日照不足。
6月28日から7月18日までの日照時間は
平年の14%だそうです。

こうなると体調を崩す人も多いですね。
私も身体がだるいし何だかふわふわします。
湿度が上がると血圧が下がります。
若いころは低血圧だったので
梅雨時には上が70代というのも珍しくなかった。

それがこの季節の自分の普通だし
生活には特に支障がないので
雲の中を歩いているような感覚を
「気持ちいい」くらいに思っていたのですが、
ふわふわするのはめまいの一種なんだってね。
知らなかったわぁ。

友だちが教えてくれたんだけど
彼女もずっとふわふわしていて
あんまり調子が悪いから病院に行って
脳のMRIまで撮ったらしい。
もちろん脳に異常はなくて
要するにお天気病みなんですね。

こんなどんよりしたお天気が続くと
自律神経が乱れます。
私はここ数日掌や皮膚の表面が
ムズムズしてすごく気持ち悪いんだけど、
これも自律神経の乱れが原因で
梅雨が明ければ治るとわかってる。

日照時間が少ない国ではうつ病が多いそうです。
当然という気がするよね。

日照不足だと、気分が落ち込み無気力になる、
集中力が低下し、普段慣れた仕事に時間がかかる、
人付き合いが億劫になるなどのうつ様の症状に加え
「いつも眠い」
「食欲が増し、甘いものや炭水化物を欲する」
といった特徴が加わるのだそうです。

私が最近やたらと食べてばかりなのも
そのせいなのか??
マズイではないか。

体調不良の時はじっとしてると気になるから
何かしてた方がいいよね。
幸い今日は日本画のレッスンなので
お絵かきで気を紛らわそうと思います。

梅雨明けまであと一週間かな。
明けたら明けたで猛烈な暑さが待っているけど
それでも太陽が恋しいよね。
ベランダの朝顔と一緒に
思いっきり光合成したい私です。



19 juillet 2019


誰かと惹かれ合うのって気持ちいい。 
思いが絡み合う感覚。
 
相手が自分のことを思っていることがわかって
自分も相手を思っている時、
離れていてもエネルギーを感じて
全身が満たされた感じになります。

不思議だよね、
「思い」は時空を超えて相手に伝わるの。
目に見えなくても想念というエネルギーになって
相手のところに飛んでいきます。

自分の中に愛があふれている状態は
それ自体が気持ちいいんだけど
相手のエネルギーと絡まり合うと
なおさら気持ちよくなります。快感。

これは恋愛の場面において
最も顕著に現れると思うけど、
親子や友だち同士など好きな者同士の間でも
同じような現象が起きます。
 
相手が自分を好きかどうかは
離れていても感じるでしょ?

思いが双方向になった時、
意識の海に張り巡らされた回線が
シナプスが繋がるように次々と繋がって
相手のところに思いが届く。
そんな感じがするんだけど。

「そろそろ会いに行こうかな」
と思うと向こうから訪ねて来たり
電話しようと思ったら
相手から架かってきたりね。

会ったことのない人でもその人の好意は
インターネット越しでも伝わります。
つまりお互いに意識を向けると
それだけで瞬時に思いが繋がるということ。

当然悪意も伝わりますね。
好意は好意で返ってくるし
悪意は悪意で返ってくるものだから
むやみに悪意を持つというのは
天に向かって唾を吐くようなものです。

もし悪意を感じた時は
そっちに意識を向けないようにするといいよね。 
意識を向けると繋がっちゃって
自分の中にも悪意が芽生えちゃうから
さらっと流して見ないようにするのがいいと思う。 

どうせ思いが絡まり合うなら
「好き」という気持ちの方が
ずっと気分がいいでしょ。


18 juillet 2019


私って、努力をする才能がないんです。
好きなことには一所懸命になれるけど
そうでないものに努力することはできないの。

なので、高校の時なんか好きな科目だけいい点で
苦手な理数系は全然ダメ、赤点でした。
試験勉強しないんだから当然です。

私が勉強しないと言ったら本当にゼロだから。
試験勉強ゼロ時間でも全然平気。
そして興味のない科目がどんなに悪い点でも
全然気にならないからタチが悪い。笑

今にしてみれば
物理も化学もちゃんと勉強しとけばよかった
と思わないでもないけど
勉強したかったら今からでも遅くないしね。

さて、仕事で色んな人と関わると
色んな才能を目にします。
人の才能を見つけるのが上手い人、
頭がキレキレで文章がめちゃくちゃ上手い人、
人の悩みを解決する道を開いてあげる人。

そういう人たちを見るとカッコイイなぁと思うし
私もそんなことができたらなぁ
と思ったりもするけど、
同じことを目指すことはしません。

何かを成している人ってみんな持久力があるの。
これと思ったものをずっと追求し続ける力。
自分では努力してると思ってないかもしれないけど
側から見ると大変な努力をしている。
それこそが才能だと思うんだ。

私は体力的にも精神的にも瞬発力しかないので
持ち合わせた能力の範囲内で
どれだけ成果を出せるかしか考えていません。

そういうタイプっているでしょう。
小学生の頃オール5だったのが
後から普通になるタイプ。
地頭だけで勝負していて努力しないから
そのうちみんなに抜かされちゃうの。

基本的に怠け者ですからね。
苦しいことや辛いことは嫌いなので
楽しいことだけにエネルギーを使ってる。

でも自分がそういうタイプだと認識していると
それでもこうやって仕事にも困らず
生きていけちゃうんです。
ただし一流にはなれないね。 

でも、私の場合はさ、
そこそこの人生でいいと思ってるの。
そこそこ楽しく生きていければ
それでいいかなって。 



17 juillet 2019


休みの日に珍しくワイドショーを見ていたら
北海道の主婦が堀ちえみのブログに
「死ね」などと執拗にコメントを書きこみ
脅迫罪で書類送検されたというニュースが
取り上げられていました。

相手が誰であろうと
そんな書き込みをするなんて人格を疑うけど
堀ちえみが病気の告白をしたり
手術後の報告をした記事に対してだから
なおさら悪質です。

その主婦は
ブログの下に出て来るリンクを
梯子して読んでいくうちに
根も葉もない話を鵜呑みにして
悪意を持つようになったらしい。

この話はあまりに悪質で
件の主婦の程度の低さに呆れるばかりですが、
インターネットの落とし穴を
教えてくれる事件でもあると思うの。

インターネット上では
嘘も事実も噂話も同列に並んでいます。
また誰かの意見であっても
事実であるかのように受け取られがちです。

なので、まことしやかに書かれていることも
疑ってかかる必要があるんですね。
目にした情報が事実なのかどうか
常に問い続けることが大事よね。

情報があふれている時代だからこそ
他人からの情報を鵜呑みにせず
色々な可能性を考えた上で判断する
という能力が問われると思うんです。

私が書いていることだって
あくまでも私の意見であって
真実というわけではないからね。
なので気になることがあったら
自分でちゃんと調べてみてほしいの。

インターネットは今や
私たちの生活になくてはならないものです。
だからこそ、あふれる情報を吟味し
取捨選択することが本当に必要だと思う。

そうでないと人を傷つけたり
間違った情報に踊らされてしまったり
知らないうちに洗脳されていたり
何かに煽動されたり、ということが起こります。

何より大事なのは自分で考える力を養うこと。
自分なりの意見を持ち
情報に流されないことが大切です。

そして、
他人に対して優しい気持ちを持つことを


16 juillet 2019


外国の映画やドラマを観ていると
別れた夫婦が子供を介して
顔を合わせる場面がよくあります。
普段はママと暮らしていて
週末はパパのところに行く、みたいな。

時にはお互いの新しいパートナーを交えて
子供と食卓を囲むシーンも目にします。
さすがにそれはレアケースかもしれないけど
お互いに幸せだったら過去は関係ないからね。

子供がいなければそれっきりだろうけど
親子の関係は一生続きますから
人生の節目節目に親という立場で会うこともある。
それはごく自然なことですね。

さて、学生時代の友だちが集まると
元夫とも顔を合わせることがあります。
私は、離婚しようが彼が再婚しようが
普通に接したらいいと思うんだけど
どうやら向こうはそうではないらしいの。

別に憎み合って別れたわけでもないし
娘たちの親であることは変わらないんだから
フランス人みたいに "別れても友だち" で
いいと思うんだけどそうはいかないのかな。

顔を合わせたら「やあ、元気?」
ぐらいあってもいいと思うんだけど
そういうのがなくてね。
どう接していいのかわからないのかもしれないけど
挨拶もなしなんてなんか寂しいよね。

もう1組の再婚組は、
最近新しい奥さんを連れて来るようになって
すっかりみんなに馴染んでいます。
それでこの前集まった時は遠くの席で
「連れてくればいいじゃん」
と元夫が言われているのが聞こえてきました。

このグループは一生続くし
彼にとっても私にとっても大事な仲間なんだから
いっそ奥さんを連れて来てもいいと思うのよ。
そんで挨拶ぐらいしようよ。

いつか私だって新しいフランス人を見つけたら
堂々と連れて行っちゃうし、
そんな日本人らしくないお付き合いも
面白いと思うんだけど、無理なんだろうか。



15 juillet 2019

20170725_paris_r-w960

あっという間に月日は流れ
7月も半ばになりました。
パリの展示会まで3か月余り。
いい加減航空券やホテルを予約せねばね。

参加するアーティスト向けに
エージェントが企画しているツアーもあるけど
無駄に高いのでパス。31万円だって!
自分で予約したら半分位で行けるよ。

まだまだ先と思ってのんびりしてたけど
10月は観光シーズンだから
早く予約した方がいいと何人かに言われ、
ようやく本腰を入れてホテル探しを始めました。
どの辺りにしようかな~♪

アートイベントの初日は
主催者による招待客やコレクター、
ジャーナリスト、美術評論家、キュレーター
ギャラリストが訪れるヴェルニサージュ。
出品者にとってはこの日が1番大事なの。
私は着物を着て行っちゃうわよ。

ツアーで行く出品者は
宿泊するホテルのロビーで待ち合わせて
一緒に会場まで行くみたいなので、
私もちゃっかりそこに混ざろうと思います。

彼らのホテルはオペラ座の近くなので
私もその界隈のホテルを予約しました。
57%オフのところを見つけたから
1泊約10,000円だ!

あの辺りは便利だしルーヴル美術館も近いから
何かと都合がいいのです。
モンマルトルにも素敵なホテルがあって
アーティストとしてはそっちも惹かれたけど
便利な方を選びました。

次は航空券です。
スカイスキャナーで調べたら
エールフランスの直行便で往復96,882円。
税・手数料・サーチャージを入れて128,511円。
ホテル代と合わせて178,000円だから
まあいい線だよね。

ついに予約したわぁ。
パリが近づいて来た♪



14 juillet 2019


先週は打ち合わせで外出することが多くて
なかなか仕事が捗りませんでした。

通常の仕事以外のものも重なって
ページでいうと5ページ分抱えてるんだけど 
資料が揃わないまま中途半端に手を付けてるので
自分でも何をやってるのかわからなくなってきた。

そこにセミナーの連絡だとか
細かい仕事のやりとりが入ってきて
あああああ、もう何から書いたらいいのだ?
ゲシュタルト崩壊しちゃったよ。

どうしたものかな、と思っていたら
そのうちの1つのクライアントさんが
午後打ち合わせに来たいというので
これで1つは方向性が決まるとホッとしました。

大手の不動産会社の人なんだけど
これが面白い人物でね、
彼の話にはいつも刺激を受けるんです。
凄い物知りで、世の中の流れを
私が知らない方向から教えてくれます。

ただしおしゃべりなので
話し出すと止まらないのよね。笑

夕方その人が会社にやって来ました。
「喉が渇いちゃったから」と
スタバのモカフラペチーノを
私の分まで持って来てくれました。

私は捻くれ者なのでスタバが好きじゃなくて
普段は全然行かないんだけど
ちょうどお昼休みにフラペチーノの話が出て
飲んでみたいと思ってたんだ。

その人は相続対策の不動産売買の専門家で
一緒にモカフラペチーノを飲みながら
最近扱った相続がらみの話を
色々と聞かせてくれました。
もちろんそれは記事にするためなんだけど
いやー、めっちゃ面白かった。

彼は不思議な人でね、
不動産業界に何十年もいるのに
全然いやらしさがなくて
根底にあるのが共生の心、愛なんです。
なのでちょっと普通の人と違う。
なんか前世から知り合いだったような気さえします。

予想通り長いミーティングでしたが
実のある話が聞けて見通しが立ちました。
頭が整理できたから連休中に記事を書くかな。