13 octobre 2019


台風が通り過ぎていきました。

あちこちで一級河川が氾濫して
大変な被害を出していますが、
毎日通勤電車で渡る身近な多摩川が
氾濫したのはショックでした。

普段はバーベキューなどで賑わい
花火大会も行われる二子玉川の河川敷。
あそこが全部濁流で覆われるなんて
考えただけで恐ろしい。
そして私もよく通る道路を超えて
あふれてしまうなんて怖すぎる。

多摩川の氾濫というと連想するのは
昭和49年の堤防の決壊と「岸辺のアルバム」。
家のほかにアルバムを失ったことがショックだった
という被災者の話を基に
山田太一が新聞に連載した小説がドラマ化。
最終回には実際の報道映像が流れたよね。

あの時流された家の1軒が
友だちの先生の家だったと今日聞いて驚いたけど。

多摩川はあの水害で堤防を強化したので
以来水害は起きていなかったんです。
大雨が降って濁流で川幅が広がることはあっても
道路を超えるまで水が増えるなんて
想像もできませんでした。

台風が大型化しているのは
日本付近の海水温が高いからで
地球温暖化の影響であることは明らか。

温暖化の原因が何であるかは諸説あるけど
温室効果ガスがその一端なのも事実です。
人間にできることはしておかないと
結局は自然にしっぺ返しされることになります。

スウェーデン人の高校生環境活動家が
毎週金曜日に学校をボイコットして
議会に温暖化対策を訴えたことから
若者による抗議活動が世界中に拡大しました。

日本人はそういうことに無関心で
喉元過ぎるとすぐ忘れてしまいますが
何か起きてから対処するだけでは
子どもたちに安全な環境を残すことは
できないよね。

そのためには便利を捨てる覚悟が必要。
まずはスーパーのレジ袋やペットボトル、
過剰包装をなくしてほしい。
あれはゴミを増やすだけです。

私も財宝温泉の水を頼んでいるので
ペットボトルはゼロではないけど
それ以外では極力買わないようにしてる。

今週行くフランスはレジ袋はないので
エコバッグを持つのが当たり前です。
私もいつもエコバッグをバッグに入れています。
そのくらいのことは誰でもできると思うの。

                       


12 octobre 2019


かつて経験したことがないくらいの
大雨、高潮、強風を伴った台風が接近中です。
こんな台風が関東を直撃するのは
昭和33年以来ということで
緊張感が高まっています。

去年関西を直撃した台風を経験した
ニュースキャストの男性が
盛んに警戒を呼び掛けています。
荒川が氾濫して地下鉄が浸水する
シミュレーション映像が流れています。

地下鉄があんなことになったら
都市機能は完全にマヒしちゃう。

NYでは地下鉄が水没する可能性があるときは
前日に運行を中止して車両を全部
地上に上げるのだそうです。
それでも完全復旧まで1週間かかるらしい。

東京の地下鉄はあちこち乗り入れしているから
ただでさえ山間部で雨が降ると
遅れたり止まったりします。
都心は海抜が低いし500ミリも雨が降ったら
河が氾濫しなくても雨が流れ込むよね。

でもニュースを見ても地下鉄の入り口を
土嚢でガードしている様子はないし
準備が悪い感じがするなぁ。

昨日は台風に備えるために
会社を早く上がるようにと言われ
全員が5時前に退社しました。 

買物を済ませて家路につくと
家の近くで珍しい光景を見ました。
うちの目の前では中央新幹線の
非常口の工事をしていて
いつも何台もの大きなクレーンが動いています。

その巨大クレーンが全部地面に置かれて
きれいに並んでるの。
あれ、どうやって外すんだろ。

家に帰るとベランダの鉢を中に入れて
排水溝の掃除をしました。
水やりのときに少しずつ土が流れて
いつの間にか排水溝の周りに溜まってた。

Facebookでは都内のスーパーに食べ物がない
という投稿をいくつか見ました。
うちの近くのスーパーは通常通りでしたが
棚の食品がなくなるなんて
プチパニックになっているんだね。

私は日頃から備えているので
水も食料もあるし、
非常用のランプもロウソクも
スマホ充電用のソーラーバッテリーもあるから
お風呂に水を溜めるだけで大丈夫。

スマホに緊急速報が流れ始めました。
雨足が強くなってきたよ。



11 octobre 2019

20191008200218395-09045841

一昨日の夕方、小さな地震がありましたね。
ドンドンと小さく突き上げるような縦揺れが
ほんの短い間あっただけですぐ終わったけど
震源が「東京都23区」というので驚いた。

同僚がすかさずネットで調べたら
震源地は西荻窪だって。
なんじゃ、そりゃ。
西荻窪はよく知ってる場所だけど
あんな何でもないところが震源地って?

よく見たら明け方にも小さな地震があって
それは震源が千葉県北西部だった。
私が気になっている千葉県東方沖ではないけど
なんかイヤな感じがするなぁ。

実は、私はこれまでに
クルマを駅に忘れたことが数回あるのですが
その後に必ずどこかで大きな地震があるの。
3年前の今頃もこんなことがありました。
まあ、今は何の予感もしないから大丈夫だけど。

インターネットで
地震に関する過去の記事を読むと
政府の地震調査委員会が発表する数字も
それを伝える週刊誌の見解も
あてにならないなぁと思う。

例えば2015年1月に書かれた某週刊誌の記事。
首都直下型地震の発生確率が見直され
それ以前より確率が上がったことを伝え
こんなことを書いているのです。

「思い切って、いますぐ首都圏を逃げ出し、
今回の地震発生確率の低い北海道や
山陰地方(松江2%、鳥取5%、山口4%)、
九州(福岡、佐賀、熊本8%、長崎5%)に
移住することを真剣に検討してもよい段階だろう」

実際には
翌2016年に鳥取、熊本で大地震が起きました。
地震予知は不可能と言われますが
事前に知るのは本当に難しいんですね。
なので今や日本国内どこでも危険度は同じ。

私がドジると地震が来る
という基準の方が余程確率が高いかも。

 久しぶりに地震に注目しましたが
それより今は台風19号ですね。
なるべく被害が少ないことを祈るのみです。



10 octobre 2019

IMG_0056

水引といえば冠婚葬祭の袋についた
結び切りや蝶結びのものか
不祝儀の結び切りですね。
あとはお正月飾りかな。

いずれにしても普段の生活の中では
あまりお目にかからないものですが
だからこそ、その特別感が私は好きなんです。
紅白のキリッとした水引って美しいなぁと思って。

日本における水引は、
遣隋使あるいは遣唐使が持ち帰った献上品に
紅白の紐が結ばれていたのが始まりとか。
それが贈る人と贈られる人を「結ぶ」
日本独自の水引折型に発展しました。

今ではそれを飛び越えて
こんなすごいものを作る作家さんもいるんだって。

uchino_photo1

水引はもともと贈り物に添えるものなので
「包む」ことがもれなく付いてきます。
それが折型ですが、これも美しいですね。

私たちが普段見かけるものは
水引も折型も平面的ですが
金沢の「加賀水引」では
ふっくらと華やかに「包む」、美しく「結ぶ」、
贈る理由や贈り先の名前を筆で「書く」
の3つを基本とした何とも豪華なものです。

article_art001746_3

さすが加賀百万石という感じですが
立体的な水引が考案されたのは大正時代。
それまでは伝統的な平面の水引で、
贈ることに込められた美しい心が
加賀の伝統工芸なのだそうです。

祝儀袋はプリントされてるものもあるけど
私は祝儀も不祝儀も水引が付いたものを使います。
金額が少なくてもそれなりの水引がある方が
プリントより丁寧だしお洒落だから。

いつか銀座の田中貴金属のギャラリーで
墨絵のグループ展をやったとき、
階下の部屋で水引の展覧会をやっていました。
それが実に見事で感動したのですが、
記念に買ったのがお正月の祝箸。

梅や鶴、亀の水引が付いた
とてもステキな祝箸でした。
その飾りはお正月が終わっても取っておいて
しばらく大事にしていました。

FullSizeRender

それを教えてくれる人を見つけたので
今月の会社のセミナーでは
祝箸の箸袋を作ることになりました。
簡単な折型を教えてもらって水引で梅を作るの。

紅白の水引を3本使って作るんだけど
上の写真みたいに色の順番によって
雰囲気が随分違うの。赤一色も可愛いなぁ。
色を変えればアクセサリーも作れるね。

そんなわけで、
女子力アップセミナー&ランチ
よろしかったら一緒に水引作りましょ。



9 octobre 2019


実は今、ひどい化粧品かぶれなんです。
10年くらい前までは顔に何をつけても
まったく平気だったのに
最近よくかぶれるよねえ。

少し前も新しく買ったものが合わなくて
顔が真っ赤になって返品する羽目になったばかり。
今回は目の周りだけが赤くなって痒い。
お化粧を落とすと赤目のパンダです。
昨夜なんて痒くて夜中に目が覚めてしまったよ。 

皮膚科に行く時間がないから
以前もらった皮膚炎の薬を塗ってるけど
本当はお化粧しない方がいいんのよね。
平日はそういうわけにはいかないけど。

今回かぶれた化粧品はクレンジング。
以前使ったことがあるから大丈夫だと思ったのに。
そういや前回かぶれたのもクレンジングフォームだ。
そうか、落とすものにデリケートってことか。
浮気するとロクなことないな。
ファンケルに戻そう。 

こんな風に肌荒れすると途端に不細工になって
お肌の状態が見てくれの良し悪しを
大きく左右することを実感します。
お肌がキレイな人はそれだけで美人に見えるもん。

中学生のときはおでこのニキビが酷かったんだ。
プロアクティブがない時代。
つい潰しちゃって母に叱られたっけ。

40代半ばくらいからは乾燥肌も解消されて
歳を重ねてからの方が肌の状態が良かったの。
お手頃価格の無添加化粧品に変えてからの方が
高い化粧品を使っていた頃より調子良かった。
 
こんな風になるとは思いもよらなかったけど
この様にブサイクになったとき
メガネのお陰で腫れた目元が隠れるのですね。
老眼鏡も悪くないわ。笑
そして目が悪くなってよく見えないと
必要以上に気にならないというメリットも。

というわけで顔がかゆ〜い私です。



8 octobre 2019


10月に入ってもまだ暑いけど
それでも大好きな秋はやって来ました。
食欲の秋、スポーツの秋、
そしてファッションの秋♡

日曜日、よく行くショップをのぞいたら
店員さんがニットのワンピースを着ていました。 
その日は最高気温が23度だったのですが
私はうっかり半袖で出てしまって
1日寒い思いをしたの。
なので店員さんのニットが素敵に見えました。

お店の中ももうすっかりウールです。
コート類も出揃っていてなんだか嬉しい。
私、コートが好きなんです。
コートを見ると萌える。
やっぱりお洒落は秋冬よね。

そんな中、初秋のコットンのジャケットが
2割引きになっていました。
おや、これは以前から気になっていた
ジャケットではないか。
ナイロンとの混紡なので張りがあってお洒落。

パリの気温は15℃らしい。
カーフのジャケットを持っていくつもりだけど
このジャケットの下にニットでもいけそう。
この手の秋物といえば、かれこれ15年着ている
カーキのジャケット1枚だけ。
この際買っちゃおうかな。

旅行前にお金は使わないつもりだったのに
つい買っちゃうよね。
パリの街角に似合いそうな服を
イメージしちゃうじゃないね。

現地で合流することになった友だちが
ムーランルージュのショーとか
バトームッシュのセーヌ川ディナーとか
私の到着日のプランを考えてくれていて
ワクワクしちゃいます。

パリは3回目ですが
そういうのは行ったことないんだ。
今までは美術館や教会以外
行き当たりばったりだったから。

今回はみんなに遊んでもらえて恵まれてる。
現地の知人が2組展示会に来てくれるし
最終日には友だち夫婦とディナー。
お洒落なビストロを予約しておいてくれるって。
超リッチな夫婦だからゴチだな。笑

ああ、嬉しいな。
出発まであと9日。



7 octobre 2019

FullSizeRender

下北沢のアキちゃんから
「多岐のイチジクでフィーカしませんか?」
とお誘いがありました。
フィーカというのは北欧のお茶タイムです。

なんでも島根の多岐イチジクは美味しいらしい。
皮のすぐ近くまで赤いんだって。
多岐のイチジクって食べたことないわ。
イチジク好きの私が断るはずがありません。
日曜日の昼下がりのフィーカ、いいですね。

いつも素敵な器でもてなしてくれるアキちゃん。
今日の器は堀川貴永さんです。
西武拝島線「武蔵砂川駅」すぐの
「器屋 陶工房 己流庵」の庵主。

FullSizeRender
IMG_0024
IMG_0026

1人の作家さんの器でテーブルを飾るというのも
なかなか良いものです。
お菓子もパンも全部アキちゃんの手作り。
イチジクのお菓子はモチロン、
シナモンのパンもすごく美味しかった。

ベビーリーフの下にはヒジキ・トマト
カボチャが入ったケーキ・サレが隠れています。
これも美味であるよ。
食いしん坊を極めてるアキちゃんは天才だと思う。

この日は堀川さんの器も販売していて
器からは足を洗ったはずの私もつい。。。
見ると欲しくなるのは器好きの性です。
誘惑に負けていくつか買ってしまいました。

アキちゃんは遠からず
故郷の島根でオーベルジュを開きます。
今日は図面も見せてもらいました。
でもまだこれから練るんだって。
一世一代の大仕事だから
納得のいくものを作りたいそうです。

オーベルジュの窓からは
一面のサクラが見えるそうですよ。
私が最初のお客さんになるからよろしくね。



6 octobre 2019


先週の金曜日は直行でした。
この日の朝は台風から変わった温帯低気圧のせいで
嵐のようなお天気でした。

濡れるの嫌だなぁ。
行くのは大江戸線の勝どきだから
青山一丁目で乗り換えた方が楽よね。
あざみ野駅までクルマで行っちゃおうか。

雨も風も台風並みで、駐車場まで行くだけで
太腿から下がびしょ濡れになりました。
うー、冷たいではないか。
パンツの裾から水がしたたってる。

それでも駅前の駐車場に着いたら
雨はすでに小ぶりになっていて
もう少し遅く出ればよかったと後悔。
30分は余裕があったのに
いちばん酷い時間に出ちゃったんだねえ。

直行先の勝どきに着いた頃にはすっかり晴れて
傘を持っているのが恥ずかしいくらいでした。
お客さんと打ち合わせを済ませ、
社長と待ち合わせて次の打ち合わせに向かい
実のあるミーティングをして帰社。

この日はページ物を複数抱えていたので
事務所に戻ってからは忙しく記事を書き
定時を少し過ぎて事務所を出ました。
あー、今日も楽しく働いたわ。

金曜日だからお花を買って帰ろうと思い
いつもの駅前のお花屋さんに寄りました。
ちょうどポイントが貯まっていたので
1000円引きで支払いを済ませ、
ブーケを片手にルンルンと電車に乗りました。

さて、昨日は朝から
墨絵のホームページの更新作業をしてたんだけど
これに手こずって結局夕方までかかりました。
どうしてもアップできない画像があってね、
そのままにするのは気持ち悪いけど
そうこうしているうちにドコモショップに
機種変更に行く時間になりました。

新しいスマホのことを考えるとドキドキする。
希望の機種があるかなぁ、などと思いながら
足取りも軽く駐車場へ。

ところが、
クルマがない。。。なんで?

一緒パニックになりましたが、
そこでよーく考えた。
私はいつクルマを使ったんだっけ?
そして思い出したんですね、
昨日の朝クルマで駅まで行ったことを。

ああああ、クルマ忘れたー!
またやっちゃった。
クルマを忘れて帰ったのは久しぶりではあるが
これで何回目?

駅前の駐車場は半日で1000円だけど
かれこれ33時間止めてるよなぁ。
ふぅー、クルマを忘れてバスで帰るなんて
ほんと、マヌケだわ。。。



5 octobre 2019


今使っているスマホはiPhone6なんだけど
少し前からバッテリーの減りが異常に早くて
何かと不便を感じていたのです。

ドコモショップに勤めている長女に聞いたら
バッテリーを交換するくらいなら
買い換えた方がいいとのこと。

パリに行くまでに何とかせねば
不自由で仕方ありません。
何しろ方向音痴なのでグーグルマップが頼り。
友だちとはラインで連絡を取り合うことになるし
いざという時にバッテリー切れでは困る。

それにカメラを持って行かないので
撮りたい時に写真が撮れないのも困るし。

本当は家のPCもだいぶ怪しくなっていて
買い換えたいところなんだけど
7月に買い換えたばかりの会社のMacを
半分私物化してるから当面は問題なし。
なので換えるならスマホと思ったわけ。

前回フランスに行った時は
PCを持って行ったんだけど
今回は置いて行こうと思います。
新しいスマホがあればPCは要らないしね。

で、問題は機種です。
今1番新しいiPhone11にしようか
それとも10にしようか迷うところ。
娘は両方持ってるけど11はまだ日が浅いから
どっちがいいか比べられないって言うし。

いくらドコモショップのお姉さんだからって
なんで両方持ってるんだろ。
何かと無駄だと思うけどねえ。

「混んでるから予約することをお勧めします」
と言われて夕方の時間を予約しました。
娘はその時間はいないんだって。
でも相談するなら他人の方が親切だよね。

というわけで、来週には新しい機種に
変わってる予定ですが、
在庫あるかなぁ。。。



4 octobre 2019


若い人たちは知らないと思うけど
昔、丹波哲郎という俳優がいて
『大霊界』という本がベストセラーになるなど
死後の世界の研究家としても知られていました。

会ったことはないんだけど
彼は母方の親戚でね、
母の苗字も丹波です。

母の父親(つまり私の祖父)は
孫文の影響を受けた中国人の革命分子を
密かに支援する弁護士でした。
辛亥革命ね。

京都御所のすぐ近くにあった屋敷で
祖父たちは毎晩のように密談をしていましたが
その家には隠し部屋があって
憲兵が踏み込んできたら地下のトンネルから
脱出できる造りになっていたらしい。

「忍者屋敷みたいだった」
と祖母が言っていました。

革命分子を匿うことはもちろん犯罪です。
彼らも捕まれば拷問されて殺されるでしょう。
なのでお互い命がけだったわけです。
そんな中で革命は成功し、
中華民国が樹立したのが1912年。

その後も祖父は中国と深く関わっていて
何度も中国に渡っていたようです。
母が生まれたのは1933年だけど
その2年前には満州事変が起きているから
日本と中国の関係は悪化していたのね。

祖父は危険と隣り合わせの生活だったので
何かあった時に家族に被害が及ばないように
祖母とは事実婚という形をとっていました。
母も生まれた時から1人戸籍でした。

実際、祖父は母がまだ赤ちゃんの頃に
中国に行ったきり行方不明になりました。
恐らく殺されたのだろうという話。
でも真相は藪の中です。

さて、私が20代の頃のことですが
妹が祖父のことを調べようとしたことがあって
その時に丹波哲郎に手紙を書いたんです。
祖父の消息を知っていたら教えて欲しいって。

結局行方はわからなかったんだけど
奥さんが丁寧に対応してくれて
丹波家の家系図をくれました。

それによると丹波家の家系図は
2000年前まで遡ることができて 
中国の霊帝に辿り着くのだそうです。
霊帝というのは後漢の人ね。

2000年も前の人なので
その子孫は何100万人もいると思うけど
我が家もその末裔ということなのよ。
私が中国の文物に興味があるのは
それが理由なのかなぁ、なんて思ったりして。

でも私は漢民族よりむしろ
満洲族に興味があるんだよね。
私はチンギスハンの時代に中国にいたと思うの。
騎馬民族の衣装を見ると魂が震えるから。
こちらは魂の記憶の話。

だからどうってことはないんだけど
なんか面白いでしょ?