21 septembre 2018

Terminator

つい先週、「ターミネーター3」を
テレビで観たばかりだったのですが、
今朝のニュースでロシアの銃器メーカー
カラシニコフが自動銃発射システムを公開した
と聞いてゾッとしました。

それって、つまりは自律型ロボット兵器。
このシステムではAIが目標を定め、
発射までの工程を自動的に行うのです。
人の手をまったく使わない兵器だよ。

兵士の心理的負担を軽減する
なんて言っちゃってるけど、
罪悪感なくして人を殺すなんて
これ程恐ろしいことはありません。

AIの技術は凄い勢いで発達していて
日本のメーカーでも水陸両用の
蛇みたいな形のロボットを作っています。
水の中も生き物みたいに素早く動くんだけど 
曲がったパイプの中も楽々移動するの。

あれに武器を搭載したら潜水艦も攻撃できるし
ダクトを伝ってビルの1室を
ピンポイントで攻撃することも可能です。 
当然海外の武器メーカーなどが目をつけている。
AIは開発者の道徳心が問われると
そのメーカーの社長が言ってた。

「ターミネーター」は1984年に公開され大ヒット。
それを受けてシリーズ化され、
「新起動/ジェニシス」まで5作品があります。
暴走したAI「スカイネット」と人間の闘いの話で
84年に1作目を観たときは架空の世界でした。

でも、今朝目にした兵器やロボットは
もはやSFの世界ではなかった。
私、サラ・コナーの気分になっちゃったわよ。
人類を救わなくちゃって。

2045年問題については前にも書いたけど
AIの技術がこのまま進化し続けると
やがてAIがAIを連鎖的に作り続け
爆発的なスピードで自己進化するときが来る。
その分岐点が技術的特異点と呼ばれるもので
2045年と予測されています。

人間の頭脳レベルでは予測不可能な未来。
今ある職業の半分はAIに取って代わられるので
職業難が増加するのはもちろん
AIの暴走によるサイバー攻撃も懸念されている。
まさに「スカイネット」ではないですか。

科学技術は、必ず軍事目的に使われます。
人間同士が争ってきた結果、
開発されたAIが人間を攻撃するようになる。
そんな世界が目前に迫っているのかもしれません。


                                                  

ポチしてくださると励みになります♡           


20 septembre 2018


心配性の人っているでしょう?
人一倍感受性が強いのだと思いますが
心配の種をわざわざ探してる感じもする。

友だちにもそういう人がいるんだけど
見なきゃいいのに
子猫の里親探しのサイトを毎日見ては
心配で心配でやきもき心を痛めたりする。

一事が万事その調子だから
「心配するのが好きなんだね」って
ご主人にも言われるらしいです。

ホント、何かを心配せずにいられないんだけど
そういう人に限って本当の心配事も降って来る。
親の介護とか相続問題とか。

心配ばかりしてるから心配事がやってくるのか
心配事があるから心配性になるのか。。。
どっちとも言えるよね。

私は介護をする前に親が亡くなったので
その心配は永遠にないし、
財産なんて元々ないから争う必要もなかったし、
定年退職後、3度の食事を
心配しなくちゃならない夫もいなくて自由。

50代以降の女性が遭遇しそうな諸問題は
既にクリアしちゃってるのよね。
というか、人より荷物が軽いんだね。

そりゃ、ハチャメチャな娘がいるから
心配しようと思えばいくらでも心配できるけど
基本、彼女の人生ですからね、
私が心配しても仕方がないと思ってる。

この前取材した女性は
寿退社して以来ずっと専業主婦だったんだけど
50歳の時にお母さんを75歳で亡くして
「あと25年しか生きられないとしたら…」
と考えちゃったんだって。

振り返った25年なんてあっという間です。
で、「もっと自分らしく生きたい!」と
パーソナルコーディネーターの資格を取り
大好きなお洒落をそのまま仕事にして
生き生きと暮らしています。

そうでなくっちゃ。
自分以外のことばかり心配してたら
気付いたら死んじゃってるからね。 

なので、余計な心配はしないで
もっとリラックスして
楽しいことばっかり考えて
生きていったらいいと思うの。 


19 septembre 2018


仕事でハイアットリージェンシー東京の
38周年記念のパーティーに行きました。

広い宴会場では
全てのホテルレストランがブースを構えて並び
シェフ総動員で自慢の料理を振舞います。
ライブパフォーマンスもあって超豪華。
こんな役得は年に1度しかないのよ。

大人気だったのは、10月1日にオープンする
「鉄板焼グリル」。
シェフの出身地埼玉県で飼育される
希少な武州和牛が食べられるからです。

つい最近その店の記事を書いたばかりの私も
長蛇の列に並んでいただくことにしました。
相変わらずステーキには興味がないんだけど
書いた者の責任として食べておかなくちゃ。

私たちのすぐ後ろには
日本料理の「佳香」があります。
お刺身や焼き魚が美味しそう。
スッポン入りのだし巻き玉子があったので
1ついただきました。

でも慣れないものは口にできない私は
せっかくのスッポンを避けちゃった。
はい、美味しいだし巻き玉子でしたよ。
スッポンはぷるんとしていたらしい。

去年はトリュフのムースで失敗したんだ。
なんかすごーくトリュフで。。。
なので今年は欲張って3大珍味とかいわないで
食べ慣れたものだけを選ぶことに。

その場で揚げてる天ぷらが
めっちゃ美味しかった。
松茸と車エビの天ぷらに
川エビの唐揚げ。

「翡翠宮」の中華は間違いないですね。
どれを食べても美味しかった。
一番気に入ったのは
八角を利かせた魚の唐揚げ。
私、前菜が好きなのよね、中華も洋食も。

さて、「鉄板焼グリル」の武州和牛。
比較的あっさり目と聞いていたけど
霜降り肉だからあっさりはしていない。
柔らかくジューシーで
肉好きには堪らないと思うけど
私にはやはりちょっとヘビーかな。
でも美味しかったですよ、モチロン。

スイーツもありとあらゆるものが
美しく並べられていて目移りします。
グラススイーツを3個も食べちゃった。
ケーキ類はお腹がいっぱいだからパス。

代わりにフルーツをたくさんいただきました。
ここぞとばかりに普段はなかなか口に入らない
シャインマスカットもね。

もうお腹パンパンであります。
豪華賞品が当たる抽選会は社員全員玉砕したし
私はクルマで行ったから
美味しそうなシャンパンは飲めなかったけど
何もかも美味しくて大満足でした。
ホテルってステキ!


                                                  

ポチしてくださると励みになります♡          



18 septembre 2018


運勢を占うことにはさして興味はないのですが
何回か手相を見てもらったことはあります。
娯楽としてね。

で、急に思い出したんです。
横浜中華街にはたくさんの手相見がいるんだけど
10年程前に道を歩いていたらある女性に
「サービスするから」と呼びこまれ
暇だったから見てもらったことがあるんです。

その人は四柱推命もやるみたいで
手相と併せてそっちも見てくれたのね。
その時に言われたことがね、
悉く当たってるの。

私は悩みを相談するわけじゃないから
黙って手を出したら何を言われるかな
という好奇心で座るんだけど、

家庭や職業的なことなどはドンピシャリだったし
ハッキリと年齢を指して言われたことが
2つあったんです。

1つは「2014年に人生の転機が来る」
これは離婚という形でその通りになりました。
あら、離婚して4年も経つんだわね。
いつも2年前とか言ってたけど。

もう1つは
「2019年に今までやってきたことが花開く」
その時は全然違うことを想像してたんだけど
どうやらパリの展覧会だったみたい。
こっちかーって感じ。
あの占い995円だったのにスゴイよねえ。

でもその時にはまだ覇王線はなかったの。
いつの間にかこんな風になったけど
手相って変わるのよね。

覇王線って、億万長者も夢ではない
最強の金運を持つ珍しい相なのだそうです。
いやだぁ、ついに億万長者?笑

「私ってツイてる」って口癖のように言ったら
本当にどんどん運が良くなって
ついに最強の運の持ち主になったらしい。

私、神様に養われてるからさ。
神様って宇宙なんだけど。

こっちは、そう信じてたというよりも
起きることを考えたらそうとしか思えない、
何かが私を養ってくれている。
何かが私を素敵な場所へ連れて行ってくれるって。

だから私は宇宙を信頼して身を預けているし
自分を絶対的に信頼しているの。

ここまで望みが叶うなんて笑っちゃうけど
秘訣は子どもみたいに暮らすことなのよね。
物事を愉快に受け取ってお気楽に生きてたら
きっと誰でもそうなるんだよ。


                                                  

ポチしてくださると励みになります♡          



17 septembre 2018


樹木希林さんが亡くなって
安室ちゃんが引退した日。
ついでに家出していた次女が戻ってきた日。

安室ちゃんが14歳でデビューした頃、
近所の人が盛んに言っていました。
「お宅のチビちゃん安室ちゃんに似てる!」
色黒でおでこが広くて目が離れてるからね。
確かに沖縄にいそうな顔をしてた。

その次女は仕事以外何もかも投げ出し
1週間行方をくらましていたのですが、
夕べ前触れもなく現れて理由を説明しました。

彼女は男運が悪い(と本人は思っている)。
それについて色んなことを言ってたけど
彼女が辿り着いた結論はカルマ。
業だから受け入れるしかないなんて
わかったようなこと言ってた。

私の目から見れば
すべて彼女の選択であり
時間をかけて考えずに行動に移してしまう
衝動的な態度の為せる技です。
自分でも言ってたけど、
彼女は多動に偏ってるからね。

樹木希林さんも業の深い人でした。
彼女は言うまでなく
素晴らしい才能を持つ大女優だったし
飾らない生き方はかっこよくて好きだったけど
業の深さを思うと少し切なくもある。

娘もそうなんだけど、
なんでそっちを選ぶかなあ、
なんでもっと楽な道を選べないのかなあ
と思うほど面倒臭い方を選んでいますね。

私たちは白地図を持って生まれてきます。
それは宿命だから
地図にないところには行けないけど
持っている地図の中ならどこにでも行ける。

アメリカを選ぶのか、
中国を選ぶのか、
フランスを選ぶのか、
シオラエオネを選ぶのか、
それは自分が選択する運命なんだよね。

いつも面倒臭い方を選んじゃうのは
カルマではなく思考の癖。
そこに気づかない限りはいつまでも
同じ所を行ったり来たりするだけです。

娘なんかさ、妙に計算高いくせに
そもそも計算式が間違っているから
無茶苦茶なことになっちゃう。
あの思考パターンは変わらないのなかなぁ。

安室ちゃんは爽やかに
スターの座を捨てて芸能界から去っていきました。
まだ40歳。人生の第2ステージを創り上げるのに
十分過ぎるほどの時間があります。

安室ちゃん、お疲れさま。
樹木希林さん、安らかに。
そして娘よ、早く気づいておくれ。


                                                  

ポチしてくださると励みになります♡          



16 septembre 2018


誰にでも安心な場所があると思います。
物理的に安全というのもあるけど
それよりもハートが安心できる場所。

家庭円満なら
家はどこよりも安心できる場所ですね。
家族のいる場所が自分の居場所。

子どもの頃の家は安心できる場所だったと思う。
友だちと喧嘩したり大きい子にいじめられても
家に帰れば安心だった。
あったかいご飯があって。

大人になっても安心な場所は必要だけど
それは必ずしも物理的な場所ではないですね。
私にとっての安心な場所はどこだろうと考えると
突き詰めれば自分の中にある
としか言いようがない気がします。

でもそれは閉鎖的な意味ではなく
自分という存在に対する信頼があるからで
それは環境が変わっても決して揺るがない
絶対的なものです。

シアワセになるには
愛を自家発電する愛の人になるしかない
と私は思っているのですが、
愛の人になれば安心も手に入るよね。

この前ある場所で会った人は
子供の頃にお父さんが怖かったのがトラウマで
自分の家族に物を言えないのだそうです。
夫と話している時にトイレに行きたくても
「ごめん、ちょっとトイレ」
って言えなくて我慢するくらいなのだそうです。

「なんで?」って聞いたら
「自分を守るため」なんだって。
プロテクトしている状態が心地いいんだって。

きっと相当なトラウマなんだと思うけど、
本当はどこにも敵なんかいなくて
自分を守る必要なんてないのだと
いつか素直に思えるようになればいいよね。

てかさ、本当に安心な自分があれば
多少攻撃されても愛のシールドが跳ね返すから。
もしくは抵抗なくスーッと通り抜ける。

自分の世界は自分で作っているというのは
比喩でも何でもなく本当のことです。
思考の癖をやめれば世界が変わります。


                                                  

ポチしてくださると励みになります♡          



15 septembre 2018


一昨日のこと、ある団体から 
Japan Expo Parisへの御出展依頼」という
メールが届きました。

突然のご連絡失礼致します。

この度、梨水様の墨絵を拝見致しまして、
来年度パリで開催されますJapan Expoに

御出展いただきたくご連絡差し上げました。

会期は74日~74日間、
パリ・ノール・ヴィルパント展示会場で行われ、
25万人の日本ファンが訪れます。云々


おー、ついに来たか?!

 

このところ仕事が面白くてすっかり忘れていたけど
私は墨絵のアーティストなのであります。
そして夢はパリで個展を開くことだったんだわ! 

海外の美術展はいくつかあって

一般公募もしているので

資料を取り寄せたこともあるんだけど、
なんだかピンと来なくてそのまま忘れていました。


ジャパンエキスポって
東京ドームでやってるイベントみたいに
ブースに仕切って展示するタイプらしい。
フランスには日本のアニメオタクが多いから
そういう展示はすごい人気なのよね。

 

この団体は私のホームページを見たらしく

問い合わせの欄からのオファーでした。

詳しい話を聞いてみないとわからないけど

月初なら仕事が忙しくないから休めるし

タイミング的には絶好なのよねー。


わーい、パリだ、パリだ。

大好きなパリで展覧会だー!
てかさ、夢って叶っちゃうもんだわね。
びっくりしちゃうよ。
 

私は引き寄せの名人なので
願って叶わなかったことは1つもないんだけど、
パリの展覧会はちょっと遠いと思ってたのです。

だって海外でギャラリー探すのは簡単じゃないし
現地に知り合いがいなければ何かと不安。
作品の輸送費やら何やら
お金も相当かかりますよね。

でも今回は依頼されてるから出品料は不要。
作品の翻訳・輸出入・税関手続きなどで
諸費用がかかるということですが、
翻訳なんてフランス語も英語も
ハニーがいるから必要ないし。
輸出入と税関手続きだけってことよね。

つまり最も少ない経費で
パリの展覧会が実現するというわけです。
私ってつくづく強運の持ち主だわ。

そういえば去年、
ワケあってドリームマップを作る
ワークショップに参加したことがあるんです。

私は思いのままに生きているので
その地図に書き込むネタを探すのが大変で
唯一遠いと思っていたパリの展覧会しか
思い浮かばなかったのね。

で、ルーブル美術館の画像を見つけて
特別展の旗に自分の墨絵を貼り付けて
まるで私の展覧会のようにして持って行ったんだ。
あのバカバカしい画像が
ちゃんと働いてくれたのかしら。。。
ということは、札束の山の画像も働くか?笑

そうだ、きっとJapan Expo で

私の作品を観たルーブル美術館の人が

ぜひ欲しいと高額で買い上げてくれる。
そしてルーブル美術館に展示される、
という展開になるんだわ。
それで両方一度に叶うではないかwww

そんなこんなで、墨絵仲間とも盛り上がり
みんなでパリに進出しようという話にもなって
漠然とした夢がぐっと現実味を帯びてきました。
みんなで旅行なんて楽しそう!

それにしても、面白ーい。
地雷女の娘が失踪事件を起こしたかと思えば
こんな夢のような話が飛び込んで来たりして
今週はまるでジェットコースターのよう。
まさに陰陽が入り乱れています。

この激しい波動、
きっと地球がそういう感じなんだな。

                                                  

ポチしてくださると励みになります♡          



14 septembre 2018


私、自分の身の回りに起きたことを
誰かに相談することはないんです。
どうしたらいいかわからないって相談したことは
多分今まで1度もないと思う。

何故かというと、悩んだことがないからです。
悩む前にどうするか選択・決断しているので
どうしようって考える時間もないの。

基本「どうにかなるさ」と思っているし
実際どうにかなってきたので
問題が起きても焦らないのね。
普通にいつもの生活を送ることができます。

今回の娘の件も友だちやハニーに話はするけど
相談しているわけじゃないのね。
悩んでるというのとは違うから。

起きた出来事がいつも頭の中を支配している
ということはないし
どう対処するかは自分で考えてるので
ただ「こんなことがあったのよー」と
事実を共有しているだけなんです。

本当は誰でもそうなんじゃないかな。
答えは既に決まっている。
私はそれを自覚しているだけだと思うの。

昨日も仕事中にハニーからラインが来て
「娘はどうした?」と聞かれました。
「まだ家出中」と現状を説明すると
ハニーはそんな娘とは縁を切った方がいい
なんて厳しいことを言います。

心配してくれるのはありがたいし
できれば私だってそうしたいくらいだけど
It's easy for you to say...
そう簡単にはいかないよねえ。

もちろんそうは言わないで
「ごめん、今から取材に出るんだ。
  相談に乗ってくれてありがとう」
と早々にラインを切り上げました。
仕事中だったしね。

でもね、自分で書いた
「相談に乗ってくれてありがとう」が
後から見たらやけに新鮮に映りました。
多分、生涯で初めて言った言葉だったから。
なんたって相談したことないからさ。

言われることはよくあるのにね。
なんか不思議な気分だわ。
そしてなんか気持ちいいかも。

                                                  ポチしてくださると励みになります♡          


13 septembre 2018

IMG_5345

鎌倉に住んでいる友だちが
こんな雲を見たと教えてくれました。

すごーい、キレイ!
朝陽や夕陽で雲が鮮やかに色づく彩雲です。
慶雲とも瑞雲とも呼ばれ
吉兆とされていますね。

都内から鎌倉に移住した彼女は
昼夜を問わず空を見上げるようになったそうです。
わかるなぁ。
海の近くだから空が面白いもんね。

この写真を見て、8月末に話題になった
ラピュタ雲に似ていると思いました。
多分同じ種類の積乱雲なのでしょうね。
だから吉兆といっても雲の下は多分大雨。

それにしてもラピュタ雲はすごい迫力でしたね。
DlhIl2OVsAAlEC5
UFOの襲来みたいでもある。
レーザービームでビビビビビーッ! って感じ。

この種の積乱雲は雲形分類では
「かなとこ雲」というそうです。
金属加工で用いられる「金床」に似ているのが
名前の由来とか。

昔の人がこんなのを見たら
天の怒りに触れたと思っちゃうよねえ。
かなとこ雲は成長した積乱雲で
ゲリラ豪雨の際に現れる危険な雲なんですね。

空を見上げると
様々な形の雲が浮かんでいるように見えるけど
実はたった10種類しかないそうです。

巻雲、巻積雲、巻層雲、高積雲、高層雲
乱層雲、積雲、層積雲、層雲、積乱雲。
そういえば大昔に理科で習ったような。

でもその10種類が気象の条件によって
色んな姿を見せてくれます。

IMG_5354
UFOにしか見えないこんな雲とか

IMG_5357
空に浮かぶ不気味な巨大パイプとか

IMG_5359
不思議な雲のミルフィーユとか

IMG_5361
別の次元の出入り口みたいなこんな雲とか。
これコワイわ。吸い込まれそう。

こんなの見たら現代人でも
不吉なことの前兆と思っちゃうよね。

これらは自然現象ですが
地震の前に見られる地震雲というのもあるので
観察から地上の様子を推測することもできます。
 
私が空を見るのは単に好きだからですが、
そんなチェックも兼ねてるんだよね。

                                                  ポチしてくださると励みになります♡          


12 septembre 2018


次女は感情のコントロールができません。
付き合っている相手とすぐに喧嘩するし
喧嘩をするとどんどんエスカレートして
畳み掛けるように攻撃します。

そうなったときの彼女は恐ろしく頭が冴えて
理詰めでガンガン攻めてくる。
とても太刀打ちできないの。

後でよく考えれば彼女の理屈は
全然理屈になっていないのだけど、
一旦火がつくと手がつけられなくて
こちらの言うことなど耳に入らなくなります。

そしてとことん相手を打ちのめすような
決定的なことを口にしちゃうのです。
これだけは言っちゃいけないようなことを
平気で口にするので相手は傷つきます。
今回もそんな感じで喧嘩して家出したらしい。

あの激しさがどこから来たのか
まったくわからないのですが、
私も人格を全否定されたことがあるから
婚約者の彼が怯んだ気持ちはわかる。

彼女の中には多分、男性不信があるのです。
なので不安を感じると攻撃する。
猛然と攻撃する。
なので相手は娘を怖いと感じる。

離婚した彼女の元夫は
娘と同じように激しい人だったから
2人の喧嘩はそれは凄まじいものでした。
あんな風にキレちゃうのはなぜだろう。

その話をハニーにしたら
彼も以前はそういう感じだったって。
うん、わかる。容易に想像がつく。
彼女と凄まじい喧嘩してたもんね。

最近の私はそういうタイプの諍いを聞くと
なんだか弱っちゃうんです。
自分のことじゃないのに傷つく。
娘もハニーと同様 "HATE" 担当なんだな。

ハニーが日頃の生活について
また心無いことを言うので
私は彼の背中に手を当てながら言いました。

愛情深い人になりますように。
愛が全身にあふれますように。

ハニーは黙って聞いていました。