23 janvier 2018


人格形成に最も影響を与えるのは母親です。
どういう母親にどう育てられたかで
その人の一生が決まるといっても
過言ではありません。

そりゃそうですよね。
子供が一番長く過ごすのはお母さんで
お母さんの考え方や感性が
そのまま子供に投影される。

母親は自分の理想を子供に刷り込むために
繰り返し繰り返し同じことを言います。
また無意識に何度も口にしていることが
子供にネガティブな刷り込みを与えることもある。

母親は完璧ではありませんから
知らないうちに子供を傷つけることもあります。
でも子供にとって母親の存在は巨大ですから
傷ついても傷ついても母親に着いていきます。
私もそういうことしちゃったと思うわ。

セラピストが言うには
悩みの殆どの原因は直接的にも間接的にも
実はここあることが多いそうです。

でも母親もまたその母親の影響を受けていて
それは延々遡るものなので
これは言っても仕方のないことともいえる。

私自身、大いに思い当たることがあります。
良くも悪くも母の影響を受けている。

子供の頃に散々言われたのは
「教養を磨け」「品性が大切」というようなこと。
本人は大した教養も品性もなかったのにねえ。
教育ママで何かとうるさかったけど
お陰で勉強が好きになりました。

大きくなってからよく聞いた言葉は
「お金はいっぱい稼いでいっぱい使うもの」
お金を回すことは経済に貢献するけど
私が貯金できないのはそのせいよ。笑

私がある時期まで女性性を閉じ込めていたのは
母の中に女を見るのを嫌悪していたからです。
それは私の潜在意識の中にあったことで
気づいたのは母が亡くなってからでした。

分析すればこんな風に
誰の中にも母親の影響はあるのです。
でも、だからといってどうってことはない
と私は思っています。

なぜなら人はいつでもその気になれば
変わることができるからです。
イメージはいつでも書き換えられるから。

第一、いい大人になって
自分が何かをできないことを
親のせいにするなんて情けないもんね。

今どんな立場にいようと
母親からどんな影響を受けていようと
それはこの先に続く未来とは全然関係ない。

大切なのは今からどう生きるかです。
自分の無限の可能性を信じ
人生の主役として力強く未来を選択することが
満足のいく人生を送る秘訣なんじゃないかな。




22 janvier 2018


予報通りの雪。
寒い。ブルブル...(((( ;゚д゚)))

これほどの寒波は気象予報士になって初めてと
お天気お兄さんが言っていましたが、
ロシアではマイナス67度の所があるんだって。
一方オーストラリアは猛暑で気温は43度。
同じ地球上で100度も気温が違うなんて驚きです。

ところで、長らく議論されている地球温暖化問題。
これは本当に人為的なものなのでしょうか。

諸説ありますが、どうやら2000年までの温暖化は
1900年代後半の活発な太陽活動によるもので
人為的に排出したCO2によるものではないらしい。

なぜなら過去6億年をみても
宇宙線強度と気温には相関関係がありますが
CO2濃度と気温には全く相関がないからです。

現在CO2濃度は403.3ppmですが
古生代には10倍の4000ppmでも氷河期はあったし
今より3割も少ない280ppmでも
気温が7度高い時期がありました。

地球の温度は太陽の影響を大きく受けます。
太陽の活動周期は約11年の小周期と
約100年の大周期があり
さらに6000年の大周期があって
現在の温暖化もこの周期の中で起こっている
と考えるのが自然です。

因みにインフルエンザのパンデミックは
すべて太陽黒点の11年周期の極大期
(太陽活動が極大になる時期)に起きています。

また1900年代半ばの太陽活動が1番活発な時期に
M9クラスの地震が3回立て続けに発生し
その後もM8.5以上の巨大地震が頻発しています。
これも太陽磁気が地球磁気に影響を及ぼした
結果ではないかと考えられています。

これは当然といえば当然のこと。
太陽の質量は地球の約33万倍もあるのです。
その周りを回っている地球は
太陽のご機嫌次第で温暖化もするし寒冷化もする
運命共同体なのですね。

太陽の100年周期のうち最初の11年周期の
極大期の黒点数を比較すると
1700年代では約96、1800年代では約76、
1900年代では約105であるのに対し
2000年代では約173になっています。

このことから予想されるのは
今後の太陽活動が過去300年間の平均の
2倍以上になるということ。
今までにない影響があることが想像できます。

結局のところ、
地球の気候を変えるほどの力を
人間は持つことができないということだと思う。
それ程宇宙は雄大で人間はちっぽけ。
人間が排出したCO2なんて地球にとっては
蚊に刺されたようなものだと思うわ。

それを知った上で私たちは
育み養ってくれる地球に敬意を払い謙虚になって
環境を考えていくことが必要だと思うのです。



21 janvier 2018

FullSizeRender

百貨店からバレンタインチョコレートの
プレス向け試食会の案内メールが届きました。

来月号では私の担当ページでも
チョコレートの特集をするし、
有名ショコラティエのチョコを食べ比べられるし
「社長、これ行きたいです!」
私は思いっ切り手を挙げました。

こういうイベントの案内はよく来るのですが
どういうわけか今まで誰も行かなかったのよね。
プレスとして招待されているんだから
何でも行ってみればいいのにね。

「いいよ、行っといで」
社長に許可をもらい、
チョコレートに目がない同僚と2人で
行くことになりました。
嬉しいなー、役得だわぁ。

会場の小さな部屋はプレス関係の人でいっぱい。
テレビのカメラも3台ほど入っていて
中はごった返しています。
担当者をつかまえてメモ帳を片手に
取材をしている人もいます。

その人たちを横目に
私たちはまっしぐらにチョコレートに向かいます。
百貨店のことは弊社もWEBで紹介させていただく
予定ではございますが、
まずは食べてみないとね!

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

ずらりと並んだチョコレートは圧巻。
試食会ですから、どれを食べてもいいんです。
みんな美味しそうで目移りしちゃう。
どれから食べようかな。

気になるチョコを味見しながら部屋全体をチェック。
和のチョコレートにはネギが入っていたり
みりんや甘酒が使ってあったりするのですが
全然違和感がないの。

有名どころのショコラは勿論おいしいし
百貨店限定というのは試してみなくちゃだし
1時間半ほどの間に一体何個食べたんだろう。
普段水分を摂らない私もペットボトルの水を
おかわりしないと先に進めません。

そして、あるところまで来たら突然
体内に糖分を取り込める限界値を超えて、
もうひと口も入らなくなりました。
ギブアップ。

子どもの頃、チョコレートを食べ過ぎると
鼻血が出るって言われませんでしたか?
私は鼻血を出したことはないけど、
チョコレートって刺激物ですから
なんかのぼせた感じにはなりますね。

特にこういうちゃんとしたチョコは
成分が濃いから尚更です。

その日お腹を下しました。
食べ過ぎた。。。



20 janvier 2018


独身の友人の1人が言いました。
「自分がこの世に生きた証を
   何らかの形で残したい」

ある年齢になると
誰もが思うことかもしれません。
独身の人は特に男性でも女性でも
そういう思いが強いかもしれない。

こんな風にブログを書いていると
ライブドアがブログ機能をやめない限り
私が死んでもインターネット上には
このブログが残るわけで
100年経っても誰かに読まれる可能性がある。

また、私は墨絵を描いていて
幾つかはお買い上げいただいているので
それも形として残ります。
あ、墨絵のHPも残るわね。

でも、不思議とそういうものが
生きた証になるという感じがしないのです。
一番わかりやすいものなのにね。

なんでだろうと考えたのですが
多分私の中に生きた証を残そうという
意識がないからなのだと思います。

亡くなった身内のことを思い浮かべました。
たとえば伯母は書や墨絵の作品を
たくさん残しました。
でもそれ以上に私の中に
伯母が教えてくれたものが残っている。

母はどうだろう。
母はただがむしゃらに生きた人でした。
私の中に残っているのは母の思い出だけ。

祖母に至っては
覚えているのは私の世代までですから
私たちがいなくなれば祖母を知る人は
誰もいなくなるでしょう。

でもそんな風にみんなの記憶が薄れて
いつか忘れ去られてしまってもいいと思うの。
そうやって順繰りに忘れられて
それでいいんじゃないのかな。

だから生きた証を探すのではなくて
この瞬間の命を燃やすことの方が
ずっと大事なんだと思う。

結果として誰かの記憶に残り続けて
それが生きた証になるかもしれない。
でもそうでなかったとしても
この世にいなくなった後の自分にとっては
大した意味はないのよ。

消えていくことの方が
美しいと思うんだな、私は。
人の一生は流れ星のようなものです。
一瞬輝いて、やがて宇宙に吸い込まれていく。

私もただ心の赴くままに
ブログを書いたり墨絵を描いたり
ハニーとラブラブしたりして
自分のエネルギーを燃焼させています。

その瞬間が美しいのだし
それがいつか消えていくから美しいのです。

                                                    
そんな死生観。
ポチしてくださると励みになります♡     


19 janvier 2018


目立つタイプや目立つ立場にいることって
いいような悪いようなですね。
本人に何の落ち度がなくても
反感を持たれることがあります。

妬み嫉みの対象にもなりやすいので
陰口を言われたり裏切られたりすることもある。
「仲良くしていたのに」
「信じていたのに」
何故?と思うかもしれません。

そんな時どうしたらいいか。
まずは気にしないことです。
謂れのない中傷ならさらっと流して
去る者は追わず。

それから、あまり有頂天にならないように
気をつけることも大事だわね。
自分にはそういうことが起きる可能性があると
日頃から意識していた方がいいです。

いいコトがあった時に喜びを表すのは
もちろん悪いことではありませんが、
有頂天になるにも加減が必要。
人間関係を円滑にしようと思ったら
周りを気遣う余裕がほしいところ。

私も決して地味な方ではないので
小中学生の頃はたまに理不尽な目に遭いました。
同じことをしても私だけ先生に叱られるとか
人がしたことが私のせいにされるとか
上級生に目をつけられていじめられるとか。
逆に先生に贔屓されることもあったけどね。

私は気の強い女の子だったので
それでへこたれることはありませんでしたが
理由なく攻撃されるのは
愉快なことではありません。

担任の先生が公平な判断をしてくれないことで
先生というものに幻滅したし
上級生から逃げ回るのは面倒なことでした。

で、大人になるに連れて学んだのは、
闘うよりオーラを消す方がずっと簡単
ということでした。

30~40代の頃はPTAや職場などで
悪目立ちしないように気をつけてましたよ。
見た目を地味にするとかではなくて
オーラを消して溶け込んじゃうんです。
透明人間になっちゃうのね。

オーラって両手を広げた辺りまでらしい。
結構大きいですよね。
なので、その範囲に人が入ると何かを感じるし
影響を受けます。
満員電車なんてそういう意味では最悪よね。

外側にあるものの影響を受けないようにするには
雪を固めるようにオーラを固める方法があります。
上下左右、もちろん前後も
オーラをギュギュッと固めて
その中に何も入って来られないようにします。

オーラを消すのはそれとはチョット違うんだけど
とにかく保護色になって隠れる感じ。
それでもある職場では関係のない隣の部署の人に
すれ違う度に睨みつけられました。

数字に追われる職場だったのに
私のグループがいつも楽しそうで
へらへらしているのに成り立っているのが
お気に召さなかったようです。

私は鈍感なので
意地悪されても全然気にならないんだけど
私が反応しないことが
却って相手の神経を逆なでしたりして
面倒臭い人っているんだなと思いました。

今はもう何でも許される年齢になったので
そういうことに気を遣う必要はなくなりました。
オーラも全開にしています。
年を重ねるっていいことだわ。




18 janvier 2018


フレンチシェフの松嶋啓介さんが
"男の胃袋を掴む" ということについて
面白いことを言っていました。

女性はいつだって張り切ってお料理しますね。
「あなたのために頑張ってる」って
パートナーにアピールしたくて
毎日素晴らしいお料理を作って
彼の帰りを待ちます。

でも男性が疲れて帰って来たときに食べたいご飯は
"ほっと" させてくれるようなもの。
「慣れ親しんだ味」と「おふくろの味」
この2つだというんですね。

納豆、ご飯、味噌汁があれば十分。
そこにおふくろの味的なお惣菜があれば100点。
間違ってもビーフストロガノフみたいな
"キラキラご飯" を出してくれるなって。

シェフは言い切ります。
「特別なイベントを除いて
  大抵の男はキラキラご飯が嫌いなんです!」
おお、嫌いなのか!

考えたら私自身がそんなんでいいのだから
みんな同じといえば同じ。
帰りが遅い人ならリッチな洋食は胃がもたれる。
寝る直前にビーフストロガノフはキツイよね。
男性が結婚すると太るのはそのせいでもあるし。

松嶋シェフ曰く、

  男は外でがむしゃらに働いているから
  家に帰ったときには "ほっと" したい。
  彼の体調を知り、彼が望む食事を出すことを
  "胃袋を掴む" というのです。
 
  料理はあなたの自己PRタイムではありません。
  特別な時はあなたが作ってくれた
  "キラキラご飯" はとても嬉しいし、
  素直な気持ちで「ありがとう」と言える。

  でも、毎日食べたいのはアッパー系の
  "キラキラご飯" ではありません。
  疲れているときほど、ダウナー系の
  "ほっとするご飯" を男は欲しています。

それならそうと言ってくれなくちゃ
わからないよねえ。
手の込んだお料理の方が喜ばれると
思っちゃうもんね。

ハニーは家では和食ばかりで嫌なんだって。
ごはんよりパンがいいし
朝から味噌汁なんて飲めないって言うの。
そりゃそうだよね、フランス人だから。

なので私はフランスの家庭料理を意識して
シンプルな洋食を作るようにしています。
サラダはたっぷり目にね。
時々彼が好きそうなチーズも用意するけど
つい勧め過ぎて「ゆっくりでいい」と言われます。

"キラキラご飯" はたまにしか作らない。
私たちが食事をするのは大抵午前中なのでね、
朝からキラキラは流石のハニーにもヘビー。
でもたまにビーフシチューとか出すと喜ぶよ。
たまにだからいいのだと思います。

ごはんと納豆と味噌汁でいいなら
楽ちんでいいじゃないね。
健康にもいいしね。


17 janvier 2018

FullSizeRender

ハニーが仕事に出かけていった夕方
窓の外に夕焼けが広がっていました。 
うちの窓は南西向きなのです。

冬の夕暮れは美しい。
雲がピンク色に染まり始め
やがてそれが燃えるような赤に変わって
徐々に暮れていきます。

ああ、この瞬間を墨絵に描きたい。
感動しながらその様子を見ていたら
突然ユーミンの「朝陽の中で微笑んで」が
頭に浮かんで口ずさみました。
夕陽を見ながら朝陽。笑

急に聴きたくなってYouTubeで探しましたが
Hi Fi-Set のしか出てこなかった。
でも久しぶりに聴くHi Fi-Set もよかったわ。
ユーミンって本当に天才だと思う。
特に荒井由実時代が私は好きです。

  宇宙の片隅でめぐり逢えた喜びは
  うたかたでも身をやつすの
  朝陽の中で抱きしめて
  かたちのない愛を包み込んで

歌の歌詞に自分を重ねるなんて
若い子みたいで恥ずかしいけど、
なんかしみじみ思ったのです。

ハニーと私は宇宙の片隅で
めぐり逢ったんだなって。
それってやっぱり奇跡のようなもので
素直に喜んでいいことなんだろうなって。

私たちは宇宙の小さなかけらで
一生なんてほんの一瞬の煌めきです。
その一瞬の間に出逢える人の数なんて
たかが知れています。

その中で磁石のように惹かれ合う人は
やはり特別な何かを持っているんだ。
そんな風に思いました。

急にハニーが愛しく思えた。
そして感謝の気持ちがあふれました。
ハニー、存在してくれてありがとう。
そして出逢ってくれてありがとう。

この美しい夕焼けが見られることも
それ自体ありがたいと思いました。
地上で何が起きていようと陽は昇り沈んで
私たちにこうして感動を与えてくれる。

生きているって素晴らしいことだわ。
私たちが経験することはすべて本当に素晴らしい。

夜になってハニーからメッセージが来ました。
「少し前に帰ったよ。
   今日はありがとう。
   ジュ・テーム」




16 janvier 2018


英語学習グループの発起人が
とてもいいことを書いていました。

どんなことにも言えるけど
何かに取り組むとき「気持ちをアゲる」というのは
とても大事なポイントになります。
その大前提として
毎日を健やかに過ごす気分が大切。

すなわち、
「生きていてシアワセ」
「人生は上手くいっているし、
  これからも上手くいきそう」
と思って毎日を過ごすことが
生きていく上での一番大切な土台だということ。

あたりまえのことだけど、
ここがちゃんとしていないと
すべのことがスムーズでなくなります。

健やかに過ごす、というのは
心身ともにということです。
元気でいつもご機嫌よくいられるということ。

ご機嫌でいるためには
目の前の出来事にいちいち反応しないことです。
メールの返事が来ないことに苛立ったり
ホームで人にぶつかられてムッとしたり
誰かに言われた何気ないひと言に傷ついたり。

そこで起きる感情はただの反応。
何でもなく通り過ぎていくはずのものに
反応しちゃうから不機嫌になる。
些細なことに反応しない鈍感力が欲しいよね。

誰かが自分のことをこう言っていた、とか
芸能人の誰々が不倫した、だとか
自分の魂が汚れるような
どうでもいいことを気にしないことも大事ね。

その上で、目指すことに向かって
無邪気に妄想できる人が目標を実現できるのです。
妄想できる=疑わないということだから。

たとえば英語学習だったら、
英語がペラペラで嬉しい、満足している自分を
イメージしながら学習に取り組む。

恋愛成就なら、
素敵な彼とラブラブな毎日を送っている
幸せな気持ち、満足感、喜びを先取りしながら
過ごしてみる。

仕事だったら、
その仕事で豊かになって
素敵な人に囲まれてイキイキ働いている自分、
理想の住まいで好きなものに囲まれて
満足して生きている自分になりきって
日々の課題に取り組むのです。

秘訣って、簡単で単純なものなのよ。
大人はなかなかそこに行けないんだけどね。



15 janvier 2018


眼科の待合室。
1人の女性が座って順番を待っていました。

年の頃は40前後だと思います。
濃紺の地に大人らしい花柄のワンピースに
黒いカーディガンを羽織っています。
足元は黒いタイツに黒のスニーカー。
なかなかお洒落です。

その女性がね、
2つ折りにした大判のハンカチを
膝に乗せていたんです。
ハンカチはセンスのいいプリントに
幅5センチほどのレースの縁取りが
付いています。

多分スカートが膝丈だったのでしょうね。
足はきちんと揃えられていましたが
それでも膝を隠す姿が
とってもエレガントに映りました。

私は普段あまりスカートを穿かないし
最近は実用的なタオルハンカチばかりで
薄手のハンカチを使っていません。

なので食事以外のシーンで
こんな風に膝にハンカチを置くという
発想すらなかったので
新鮮な驚きを感じました。

電車の中ではよく
短いスカートなのに足を開いていて
見ているこちらがヒヤヒヤするような
お行儀の悪い女性を見かけます。

それに比べてなんと美しい仕草。
眼科の待合室の片隅で
しゃんと背中を伸ばして優雅に座る姿に
女性の育ちの良さを感じました。

レディはああでなければね。
自戒を込めてそう思いました。

女性はきっと手を拭くためのものと膝用と
ハンカチを2枚持って歩いているのだと思う。
ハンカチにはシワひとつなかったから。
多分バッグの中も整理されているはずです。
でなければハンカチがシワになります。

そういうことまで一瞬にしてわかる。
だからこそ、見えないところに気を遣うって
大事なことなのですね。

私も素敵なハンカチを買おう。
そしてあんな風にハンカチを使おう。
心の中でそう決意し、
その足で駅前のデパートに向かいました。



14 janvier 2018


広辞苑の第7版が出版されて、
巷では辞書が話題になっています。

中でも面白いのがユニークな語釈で有名な
三省堂の『新明解国語辞典』。
 第4版の「恋愛」の項が笑えるんです。

「恋愛:特定の異性に特別の愛情をいだいて、
二人だけで一緒に居たい、
出来るなら合体したいという気持を持ちながら、
それが、常にはかなえられないで、
ひどく心を苦しめる
(まれにかなえられて歓喜する)状態」

合体!爆
恋愛は、常にはかなえられず
ひどく心を苦しめるものなのか?
まれにしかかなえられないのか?
どんだけモテないのだ?笑

これが第5版になると
以下のような表現に変わります。

「特定の異性に特別の愛情をいだき、
高揚した気分で、二人だけで一緒にいたい
精神的な一体感を分かち合いたい、
できるなら肉体的な一体感も得たいと願いながら
常にはかなえられないで、
やるせない思いに駆られたり、
まれにかなえられて歓喜したりする状態に
身を置くこと」

これは「恋愛」というより
「恋わずらい」ではないのだろうか。。。
それにやっぱり常にはかなえられないんだ。笑
"合体" の文字がなくなったのは残念。

さらに第6版と最新版の第7版では、
「特定の異性に対して他の全てを犠牲にしても
悔い無いと思い込むような愛情をいだき、
常に相手のことを思っては、二人だけでいたい、
二人だけの世界を分かち合いたいと願い、
それがかなえられたといっては喜び、
ちょっとでも疑念が生じれば不安になるといった
状態に身を置くこと」

お、なんだかまともになっちゃったぞ。
でも、恋愛の現実には近づいたな。

因みに第1版ではこんな感じでした。
「一組の男女が相互にひかれ、
ほかの異性をさしおいて最高の存在としてとらえ、
毎日会わないではいられなくなること」

いやぁ、面白い。
それにしても、第4版の
「出来るなら合体したい」という表現。
第5版の「肉体的な一体感も得たい」などより
ずっと臨場感があると思うわ。
好きで好きで1つになりたくなる感じは
"合体" しかないでしょう。

正直、私は国語辞典というものを
もう何年も引いたことがありません。
多分大半の人がそうなのではないかと思うけど
わからない言葉はググっちゃうから。

でも『新明解国語辞典』は読み物として面白そう。
で、何十年かぶりにアマゾンでポチりました。
届くのが楽しみだわ。