15 août 2018

916478b7

麩まんじゅうは夏の和菓子の代表選手です。
ぱくっとひと口かじった瞬間の生麩の独特の感触、
そして口の中に広がる青海苔の香りと餡の甘さ。
よくこんなユニークなお菓子を考えたものです。

麩まんじゅうを見ると
亡くなった墨絵の先生を思い出します。
先生は麩まんじゅうがお好きでした。

毎月のお稽古では終わった後にお茶の時間があって
皆が持ち寄ったお菓子とともにお茶をいただきます。
夏場は麩まんじゅうが登場することも多く
先生は「あら、美味しそうねえ」と
水羊羹ではなく麩まんじゅうを選ばれました。

普段はあまり間食をされないので
お稽古のときのお菓子は
先生のお楽しみだったのです。

その麩まんじゅうですが、
私は自分で買ったことが殆どありません。
子どもの頃に食べる習慣がなかったからですが
多分母があまり好きではなかったのだと思います。
食の好みというのは親の影響を受けますね。

私が食べないから娘たちにも馴染みがないようで
いただきものの麩まんじゅうを
娘と食べていたら面白いことを言いました。

「麩まんじゅうって不思議な食べ物だよね。
なんで海のものをお菓子に入れちゃったんだろう。
ヨモギの方が合うと思うけどね」

そうねえ。。
でもあのクニュッとした感触と青のりの磯臭さが
妙に合っている気もするし、
少し塩気のある青海苔風味の生麩が
熱くなった身体を鎮めてくれるのかも。

さて、お稽古の後のティータイム。
独り暮らしの先生にとっては
生徒とのおしゃべりが特別な時間でした。

私たちにとってもそれは同様で、
先生の学生時代の話や関東大震災の体験談、
戦争の話、ハルピンでの生活など
まるで小説のような話に驚くばかりでした。

先生の世代は多かれ少なかれ
ドラマチックな体験をしていますが
先生のお話は特別にロマンチックでした。
ハルピン、ロシア人、オルゴール、
ダンスパーティー。

そんな世代の人が周りからすっかりいなくなり
もはや戦争体験を聴くこともなくなりました。
今日は終戦記念日。
麩まんじゅうを食べながら
私はそんなことを思い出しています。

                                                  ポチしてくださると励みになります♡              

14 août 2018


私、若い頃は全然モテなかったんだけどね、
普通に考えたらおかしいと思うのよ。
だって若いんだから今より可愛いはずだし
性格は明るいから一緒にいると楽しいしね。
モテそうなタイプだったと思う。 

でも全然モテなかった。
付き合って欲しいと言われたこと
高校の時には1回あったかな。
ホント、それだけなのです。

なぜか。

答えは簡単。
私にモテる気がなかったからです。
彼氏いるしね、
モテないって決めていたので
「近づいて来ないでね」
というオーラを放ってたんです。 
ただそれだけのことです。

彼氏が欲しいけどできない、とか
結婚したいのに相手が見つからない、というのは
深層心理で本当は男なんていらないって
思ってるからです。

理由は色々あると思います。
1人暮らしが長すぎて1人の方が楽、とか
過去の恋愛のせいで臆病になっている、とか
コンプレックスのせいで勇気が出ない、とか
自分の女性性を否定している、とかね。

その理由に自覚があれば
そこを乗り越えるのは簡単です。
ただそれをやめればいいだけだから。
ところが潜在意識の中に
理由が閉じ込められていると
なかなかそこに気づきにくいですね。

どんなことでも本気で望めば
叶うことになっています。
モテないって決めたらモテないし、
モテるって決めたらモテるようになる。
本気になったら言葉も行動も変わるから。

その証拠に私も今はモテモテ。 
独身になったんだから絶対に恋愛するって
しかも相手はフランス人って決めた。
なのでその通りになった。

年齢とか関係ないよね。
本気出したら出会いなんていくらでもあるし。
モテたいのにモテない人は
自分の本当の気持ちを探してみたらいいよ。

                                                  ポチしてくださると励みになります♡              

13 août 2018

images (1)

「自然という書物は数学の言葉で書かれている」
と言ったのはガリレオ・ガリレイですが、
自然界には神秘的で美しい法則があります。

たとえばフィボナッチ数列。
1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233...
前の2つを足した和が次の数字になる並びですが
自然界の多くはこの数字でできています。

ロマネスコは実に不思議な野菜で
円錐の相似形で構成されるフラクタル形状ですが
円錐形の列は右周りでも左回りでも13列。
13はフィボナッチ数列の数です。

多くの花びらの数もフィボナッチ数列。
ニチニチソウは5枚、クレマチスは8枚、
マーガレットは21枚というように
どれもフィボナッチ数です。

松ぼっくりの笠は螺旋を描きながら
回転しています。
右回りに13列、左回りに8列。
サボテンの棘は右回りに13列、左回りに21列。
ヒマワリの種は右回りで21列、
左回りで34の螺旋構造を持っています。

pic2
yjimage-1
美しい螺旋構造はオウムガイの断面にも見られます。
黄金比1:1.6の長方形は正方形で構成されています。
その割合もフィボナッチ数列で、
その正方形をなぞってできる対数螺旋は
オウムガイの螺旋構造と同じです。

同じ螺旋構造は、台風の渦巻にも
遥か宇宙のおおぐま座の渦巻き銀河にも
見られます。 
d0063814_1647812

yjimage-3

こんなにきっちり作られているなんて
宇宙って本当に不思議だよね。

                                                  ポチしてくださると励みになります♡             


12 août 2018

267419

西荻窪に「魯山」という面白い店があります。
器や骨董を扱う雑誌には
必ずといっていいほど載っている有名店で
骨董と作家モノの器を置いています。

西荻には骨董店がたくさんありますが
この店の器は値段が手頃なのが魅力。
「うちは食器屋だから」と高いものは置かず
明治の印判やキズがあっても魅力的な器を
提供しています。
プレスガラスや石皿も豊富。

店主は今どき珍しい頑固オヤジなんだけど
作家さんを本気で育てる愛があるから
色んな人が寄ってきます。
その中からコレという人の個展を開く。
若手作家の登竜門になってるんだよね。

私が骨董に凝っていた頃からのおつきあいだから
かれこれ四半世紀になりますが
私はこの頑固な店主の美意識が好きです。
そして彼の美学も好きだなぁ。

古伊万里ブームだった頃、
他店では無傷の器が何万円もで出てたけけど
その頃からこの店では使える骨董を選んで
置いていました。

器は美術品じゃないからね。
本人も男前なら置いている器も男前。

久しぶりに店をのぞいたら
ちょうど二人展が終わったばかりという
内田好美さんの作品が並んでいました。
辰砂の濃いピンクがなんとも素敵で
思わず手に取ってしまいました。

外側に辰砂がかかっているお茶碗も
素敵だったけど
窯瑕のある楕円皿がとても良くて
久々に食指が動きました。

頑固オヤジの店主はスマホを持たない、
PCも使わないというアナログ人間です。
当然カードも扱っていません。
持ち合わせがなかった私はお取り置き。
「来週来るので取っておいてください」
器は増やさないという決意もどこへやら。。

彼が言ってたけど
最近の若いお客さんは
カタログでモノを買う感覚で
骨董を買いに来るって。

骨董なんてものはたくさん見て触って
はじめてわかるもので、
素性を知るからなおさら好きになる。
色合いや感触に時代を感じるからこそ
価値が生まれるものだと思うのね。

江戸か明治かなんて見ればわかるのに
それを勉強もせずに来て
「これは骨董ですか?」とか聞かれると
頑固オヤジは意地悪したくなるらしい。
そんなおしゃべりも楽しかったよ。

久しぶりに彼のセンスに触れて
ああ、やっぱり好きだなぁと思った。
そしてやっぱり器が好きだなぁと思った。


                                                  ポチしてくださると励みになります♡             

11 août 2018



この "That's What Friends Are For" いいなぁ。
この歌大好きなんだけど、
才能があったらこんな豪華な友だちと
こんなに風に楽しそうに歌うことができるんだね。
ミュージシャンって楽しそう。

ミュージシャンといえば、
この前サザンの40周年の特番の中で
桑田クンが言ってたけど
彼は音楽を仕事のようにやりたくないんだって。
いいね、私が彼らを好きなのは
そこなんだと思った。

青学時代にデビューしてからずっと
音楽好きが集まって遊んでるって雰囲気のまま
部活の延長みたいにここまで来たもんね。
もちろん曲を生み出すのは大変なことだけど
なにせサザンは楽しそうよね。
歳を重ねても全然変わらなくてさ。

"仕事のようにやりたくない"

そういう感覚ってすごく共感できる。
私も遊ぶように仕事をしていたいから。
遊ぶようにというのは
いい加減という意味ではなく
それ自体を楽しむということね。

私、こう見えても
仕事に向かう姿勢は人一倍真面目です。笑
使命感に燃えるタイプだからね。
でもだからといってムキになりたくないの。
変にマジになりたくないというか。
仕事は好きだけど人生の目的じゃないから。

人生の目的はこの命を存分に楽しむこと。
なので、仕事も恋愛も趣味もムキにならず
すべてに真面目かつ軽いノリで臨みたい。
「楽しーい!」って感じで。
そしてその方が色々とうまくいくんだ。

遊ぶように生きていれば余裕が生まれます。
いつか誰かが困ったときに
助けてあげられるかもしれない。
そのときこそこう言いたい。
"That's What Friends Are For" 


                                                  ポチしてくださると励みになります♡             

10 août 2018

FullSizeRender

靴買っちゃった。
踵のパイソン柄が気に入って。
爬虫類好きなのよね。

夏の初めにちまちまと
安いトップスやワンピースを買ったので
セールでは何も買わないと決めていたのに
ふらっと寄ったのが運の尽き。
50%OFFに誘惑されました。

でね、下駄箱から靴がはみ出した。
仕方ないからいい加減整理するか、と
下駄箱上段に積まれた箱を開けたら
どれも草履なんだな、これが。汗

滅多に着物なんか着ないのに、
そしていつも気に入った同じ草履ばかり履くくせに
素敵な草履が10足ほど。。。

こんなのはもちろん
IMG_5234

こんなんとか
IMG_5238

こんなんとか
IMG_5237

こんなんとか
IMG_5236

なにせ凝るととことんのタイプなので
着物にハマっていた頃に
「足元は大事よね」とか言って
ヤフオクで揃えたんだわ。
夏は着物を着ないのに
夏物のパナマの草履まであって。

IMG_5240

私、靴も好きですけど
草履も好きだったんだわ。
そしてマニアックな草履が好きだったんだ。
紬か江戸小紋しか着ないので
なおさらマニアックに走ることに。

こうしてみてもパナマは素敵だけど
今となっては宝の持ち腐れ。。。
こりゃ、メルカリ行きかなぁ。

                                                  ポチしてくださると励みになります♡             


9 août 2018


友だちの中に心臓の持病を持つ人がいます。
病気に罹ったのは10年以上前。
一時は心臓が止まって死にかけたのですが
手術で一命をとりとめて現在に至ります。

彼女が言いました。
「私は何を学ぶためにこの病気になったんだろう」

身の上に大変なことが降りかかったとき
そこに意味を求めようとするのは
自然なことかもしれません。
こんな目に遭うなんて何か意味があるはずって。

でもね、意味なんかないんだよ。
理由なんかないの。

植物が花を咲かせて実を結び
種がこぼれて芽を出し、また花を咲かせる
人が生まれて生きて死んでいく
そういう自然の営みの中の1つとして
ただ病気に罹っただけなんだよ。

そして生存率30%を生き伸びて回復し
今こうして元気に生きている、
ただそれだけのことなんだよ。

災害で家や家族をなくすことも
意味があって起きることではなく、
ただそれが起きただけなんだよ。

虐待される子どもがその親の元に生まれたのも
意味があったわけじゃない。
ただその親の元に生まれちゃっただけなの。
そこから何かを学ぶためじゃない。

理由なんてないんだよ。

でも、特別な境遇から立ち上がった人は
その経験から得た何かを
自分の力にすることはできるよね。
そうできなかったらそれでもいいよね。

物事はね、ただ起きるだけなの。
理由も意味もないんだよ。

                                                  ポチしてくださると励みになります♡             


8 août 2018

777_ext_03_0_L

牛肉って何故か興味がなくて
日頃あまり食べることはありませんでした。
豚肉は好きですがハニーが食べないので
お肉といえば鶏肉が殆ど。

別に牛肉が嫌いなわけではないんです。
ただ積極的に食べていないというだけ。
ステーキもあまり興味がないので
わざわざ食べる機会がなく
牛肉といえばたまに食べる焼肉くらい。
焼肉は大好きなんだ。

ところが、最近気づいたんだけど
私はローストビーフが好きだった。
この前猛烈に暑い日に友だちと食べたのが美味で
突然目覚めてしまったのです。

昨日はハニーが来る日だったので
自分で作ってみようとお肉を買ってきて
初めてローストビーフに挑戦しました。
これがね、なかなか美味しくできたんだ。

ローストビーフって買うと高いじゃない?
でも作ると安上がりだし簡単なんだね。
ハニーも「旨い、旨い」と喜んでくれたよ。

ローストビーフなんて考えたことなかったけど
もっと早く思いついていれば
パーティーメニューに華を添えることができたね。
テーブルにどーんと出てきたら盛り上がるよね。

どうせならもっと美味しくできる作り方を
研究してみようと思いますが
多分肉の質がすべてなんだろうね。
シンプルなお料理ほど素材がモノを言うから。

日頃小動物のような食生活をしている私が
いきなりローストビーフに目覚めたのは
カラダが要求したからです。
この異常な夏を乗り切るには
さすがの私もお肉が必要だったのね。

カラダって正直だと思うわ。


                                                  ポチしてくださると励みになります♡             


7 août 2018


家族をシアワセにしたい、
誰かの役に立ちたい、
世界の平和に貢献したい、と思うなら
まず自分を満たすことが必要です。

どんなに高い志を持っていても
自分が満たされていなかったら
人をシアワセにできるはずがないのよ。
順番を間違えたらうまくいかないのね。
なのでまずは自分。

自分を満たそうとするとき
大事なのはココロが自由であることです。 
使命とか理屈とか取り払って
自分のココロを裸にして
今本当にしたいこと、好きなことをして
自分の魂を喜ばせてあげる。

子どもが遊ぶみたいに心の底から楽しめて
理屈とかジャッジとかのない世界。
完全に解放された状態で
心おきなく好きなことをする時間が大事。

別に大層なことでなくていいのです。
美味しいものを食べることでもいい
お洒落をすることでもいい
何かを表現することでもいいし
カラダを動かすことでも勉強でもいいです。

例えば私は絵を描いていると満たされます。
お洒落をしたときに満たされます。
友だちとバカ話をしているとき満たされます。
ただただ楽しい。魂が喜ぶ。

そういう時間を十分楽しんでるとね、
満たされた分、愛があふれてきます。
愛を自家発電できるようになる。
そこで初めて人様のことができるのよ。

満たされていればアイデアも浮かぶ。
満たされているから寛容になれる。
ネガティブな感情が生まれなくなり
いつでもご機嫌でいられる。

最終的には
自分の好きなこと、やりたいことは
すべて体験した方がいいと思います。

私は自分のしたかったことは
全部経験済みですから
もう思いっきり気が済んでいて
今日死んでも1ミリの悔いもありません。

自分のことを我慢して人のために何かする
というのは基本ムリなのよ。
シアワセに犠牲は要らないのよね。
みんなシアワセになればよくて
そのためにはまず自分ということ。 

                                                  ポチしてくださると励みになります♡             


6 août 2018

IMG_5206

友人に誘われて
お煎茶と表千家のコラボお茶会に行きました。
浴衣茶会というカジュアルなものなので
無作法な私も気軽に参加できます。

お客さんの殆どが夏の薄物か浴衣。
夏の着物は実に涼し気で素敵です。
でも着ている本人は暑いのよー。
それをすました顔して着るのがカッコイイ。
夏は帯を締めるとお腹がかぶれてしまう私は
ワンピースでの参加です。残念。

お茶の雰囲気は大好きなので
ゆる~いお茶会で遊んだことはありますが、
本物は初めてです。

お茶会というと敷居が高くて
近寄りがたいイメージですが
今日はカジュアルなお茶会&モダンなお茶室。
表千家の家元の男性の足元も5本指ソックスで
ちょっと安心しました。

FullSizeRender

畳の部屋ではなく、こんな立礼棚でのお点前です。
お席も椅子なので楽ちん。
お抹茶をいただいた後は
畳の部屋に移動して今度はお煎茶のお点前です。

茶道は武士の文化ですが
煎茶道は文人の文化なので、
床の間には文房四宝が並べられています。

IMG_5225

もう1つの床の間には
白い磁気の鮎が青モミジの下で泳いでいました。
お軸は「蓮にカワセミ」の墨絵です。
実に涼やか。

こんな風に小物で季節を表現するのが
日本文化の美しいところですね。
こちらの水差しには金魚が泳いでいますよ。

IMG_5214

私は堅苦しいうんちくや型も好きですが
文化というのは美しさこそが大切。
お道具類も来歴云々よりも
美しいかどうかの方が大事だと思います。

久しぶりに触れた日本文化どっぷりの世界。
こんなにたくさんの着物姿を見たのは初めてかも。
やっぱりいいよね、美しいよね。

お茶って本格的に学ばなくてもいいけど
ちょっぴりかじるくらいはした方がいいと思う。
お茶の中には日本人として知っておくべき
礼儀作法のすべてが入っているからね。

秋のお茶会に呼ばれたら
今度は着物で参加しよう。

                                                  ポチしてくださると励みになります♡